ゆーち さん プロフィール

  •  
ゆーちさん: モラトリアムなわたしの日々
ハンドル名ゆーち さん
ブログタイトルモラトリアムなわたしの日々
ブログURLhttps://36moratorium.blog.fc2.com/
サイト紹介文自分をうまくあつかえないわたしは、自分をみつけ自分らしく生きることを模索しはじめました。
自由文社会でうまくやろうとあの手この手がんばってやってみましたが、自分のなかの万策つきて、こころとからだのバランスが大きく崩れてしまいました。
30代折りかえし。本当に生きたいように自分らしく生きることを模索しはじめました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2016/07/17 19:52

ゆーち さんのブログ記事

  • 緊張をほぐしてこう。 〜カラダから心をほにゃほにゃに
  • 〈緊張は こまめにほぐそう〉。最近、ひとつ加わった、わたしの課題です。なぜなら、わたしの場合、慢性的緊張で、女子のカラダとは思えないほどめちゃくちゃガチガチだからです。一日のなかで、こまめにストレッチなどを入れてあげないと、すぐにガチッ!と硬直します。徐々に 結構ほぐれてきた感覚だったんですけど、実際はまだまだ全然足りてなかった。苦笑そもそも本当に力がぬけてリラックスしている状態がどんなものかわから [続きを読む]
  • 自立支援医療費制度申請 〜安心してよくなっていこう
  • 先日から、自立支援医療費制度の利用を開始しました。文明の利器と、双極性ブロガーさんたちに、感謝です。こんな制度があることも、わたしでも利用ができることも、知らなかったので…先人たちの知恵をいただいて、早速申請をしてきました。ちゃんと、わたしにもできました。どのくらいのおつきあいになるのかわからないですが、スムースに寛解される人であっても、年単位の時間は要するみたいですしね。現状、生活も実家だから何 [続きを読む]
  • −双極Ⅱ型障害という病−
  • 数か月ぶりに、双極性障害関連の本を読みました。医学用語がちょこちょこ出てくるので、ちょっとわたしには読み進めるのが難しい部分もありましたが、自分の体質の理解を深めるのには、とてもいいご本でした。自分が誰かにわかってもらえたら嬉しくて救われるけどうまく表現できない部分や、まさかこういったことも体質の影響だったの!という発見のある部分まで、実にうまいこと文章にしてくださっていて、読んでいて安らぎに包ま [続きを読む]
  • たくさん笑おう。 〜心をほぐして生きかえろう
  • 〈気づいたら、笑うようになっていた〉最近、気づいたんです。”わたし、ちゃんと笑ってる!”自然に出るようになっていた!笑顔が。ちょっとまえまでの自分を思うと、すごい進歩なのです。無理をして笑おうとしてすごく苦しかった時期がうそのように、気づいたらちゃんと笑える自分が、もどってきました。本当に、すごくびっくりしています。抱腹絶倒。笑いで涙がとまらないわたし。ニンマリしちゃうわたし。笑顔でおはなししてる [続きを読む]
  • 〈白いわたし〉〈黒いわたし〉 〜心の境界線をつくる
  • 今、心の境界線を引く作業をしているような状況です。思春期に反抗期らしい反抗期がなかったからか、大人になってから反抗期のようなものを経験したのですが、うまく処理しきれませんでした。反抗期は、自分と他者は別々なものだという気づき・実現のためにとても大切なことだけど、結局、自分という存在がどんなものかわかっていなかったし、そもそも他者と区別をすること自体に罪悪感・違和感があって、思春期でも大人になっても [続きを読む]
  • 脳みそバランス 〜精鋭メンバーをそだてるゾ
  • 最近読んだ 脳に関する本に、興味ぶかいことが書いてありました。自閉症スペクトラムなどの先天的な症状でも、腸内環境を整えることで体内常在菌も改善され、症状を緩和させることができるというものです。(参考:できない脳ほど自信過剰 ※密林につながります)まだまだ研究は必要なんでしょうけど、食餌療法で身体が変わることでさまざまな病気が治ったり改善したりしていますし、脳のアンバランスを抱えている身としては、大き [続きを読む]
  • すきなことを本気で、すきなように。 〜過去からの脱出
  • 今年に入ってから、折々のタイミングで少しずつ、今までの、自分だけが知っている自分の歴史のピースと、周りの人だけが知っているわたしの歴史の情報のピースが、わたしの下に集められ、パズルのようにはめられていきました。自分では覚えていない幼少期の話を聴くことがあったり、物心ついたころ〜つい最近までの、周りからの視点でのわたしのエピソードを聴くことがあったりして、わたしの今までの人生のパズルが、完成されてい [続きを読む]
  • こころがくもり模様の日
  • 最近きづいたのが、沈みモードになっていると、フラットな時などは全然気にならないこと・すんなりと素直にできることが、受け容れづらい。ということです。沈みモードになっていることで、もう頭が対応できなくなっているのか、そこに追い打ちがかかると、イライラが出てしまうようだということに、気づいたのです。今までは、イライラまみれ・沈みまみれだったからでしょうね、イライラモード・沈みモードの自覚が全くなくて、周 [続きを読む]
  • 維持3週間チャレンジ・継続
  • 無事に?維持3週間チャレンジがおわりました。一度イライラが抑えられない日3日ほどつづいて出て かんしゃくがおこったのですが、それ以外はわりと穏やかな3週間でした。イライラは「生理の影響もあるかもね」とのことです。やっぱり、月のものって、からだのなかではすごい忙しいことが起こってるのかもしれませんね。笑「いまそっち(薬対応)にかまってらんないよ!!」みたいな。笑一過性のものだろうから、イライラが抑え [続きを読む]
  • 生きかたをかえていく
  • ”自分をとりもどすために、これをしよう!”と、意識して生活をはじめてから1年ちょっと経ちました。はじめたときには、こんなことをリストにあげていました。 2016.08.07のブログより ●朝日を浴びる ●なんなら、浴びながら歩いたり、読書したり、庭掃除、土いじりしたり。する ●無理をしない ●運動をする(主に、緊張で固まったのをストレッチ+筋肉をつける目的。有酸素運動も) ●玄米+できるだけかたよりのない食 [続きを読む]
  • 慢性的メランコリー 〜そー・うつ の波にもまれて
  • そーうつ関連の書籍『よくわかる双極性障害(躁うつ病)』から、そーうつとひとことでいっても、さまざまな発現があることをしりました。そーとうつを行ったり来たりする場合や、基本うつうつがあって そーが出てきたり引っ込んだりする場合。その転換する時期の長さも、人それぞれ長い短いあるようです。わたしの場合は、基本うつうつ+そーが出たり引っ込んだりしていたと思います。うつうつしたネガティブな自分がいつも付きま [続きを読む]
  • 維持3週間チャレンジ
  • 薬事療法が始まって、ひとつきが経ちました。最初の2週間は、最少量でチャレンジ。次の2週間は、少し増やしてチャレンジ。しました。その増量チャレンジの量が、今のところちょうどいい感覚なので、このまま維持していくことにしました。今度は少しだけ間隔がひらいて、『維持3週間チャレンジ』です。増量チャレンジをした2週間は、先日のブログの通り、ネガティブな情態から上がっただけでなく再度陥ることなく、イライラや急 [続きを読む]
  • 自分の体質を知るのに参考になった本
  • 早速、双極性障害(躁鬱病)関連の書籍を読んでみました。まだ2冊なのですが、とても参考になります。1冊は、『双極性障害の人の気持ちを考える本(加藤忠史 著)』で、もう1冊は、『よくわかる双極性障害(貝谷久宣 著)』です。どちらも、イラストとわかりやすい説明、読みやすく親しみやすい文字で書かれています。不安と緊張があったわたしには、そこまで深刻にならずに受け止める余力を作ってくれる、とてもやさしい説明書 [続きを読む]
  • 増量2週間チャレンジ
  • ダイエット食品かなにかのようなタイトルをつけてしまいました。笑処方していただいた薬との相性がいいのか、とても生活が楽になっています。恩恵なのかな?と感じているのは、 ・気分の底上げと、上がりすぎの抑制 →ジェットコースターに例えると、fujiyamaのようなコースターから、下がりすぎず上がりすぎずしかも速度もゆるやかなお子様向けコースターになるような、おだやかさがあります ・それによって、かんしゃくや怒り [続きを読む]
  • 気づけば、1年がめぐりました
  • このブログを開設してから、気づけば先月で1年がめぐっていました。はやいです。”はやい”と感じるのは、少し前進して余裕ができてきた証拠なのかもしれませんね。良い傾向。去年の頭、メンタルクリニックにお世話にならざるを得ないくらい追い詰められた情態になって、門をたたいてはみたものの、一進一退 二の足を踏んでいるような状態が結構続いて、先がおぼろげにさえも見えなくて、何やってるんだろうと自己嫌悪、どうなっ [続きを読む]
  • 薬事治療 〜もうすぐ2週間
  • 脳のアンバランスを補助するための薬を飲みはじめて、もうすぐ2週間になります。今のところ、わたしの生活リズムに支障を感じるほどの副作用はでていません。頭痛やのどの渇きや頻尿(のどが渇くから飲むせいでしょうか)、飲んで数時間は身体がポッポと温かくなるくらいです。※飲みはじめたときに、こちらでちょこっと書いた『お通じがいつもよりいい』は、数日で収まってしまいました〜。ざんねん!これがどう効いてくれている [続きを読む]
  • モラトリアムなわたしはこう完成した 〜フラットな自分がいない
  • なぜ自分自身をうまく扱えないのか、自分自身に辟易するのか、、、理由がわからずに、ただただ生きづらさを感じて生きてきました。先日やっと、体質的に脳の中で伝達物質がうまく処理できないために、自分のことがうまくコントロールできないのだということがわかりました。わたしの場合は、うまく処理できない症状が、そー(ハイ)とうつ(ロー)という感じで出ていて、自分の意思とは関係なく脳の中で勝手にそれが切り替わるので [続きを読む]
  • やっぱり理解はされたい 〜たまに顔出すめんどくさいわたし
  • そううつ(←どうにか、重々しくなくかわいく?表現したい)の症状があるようだということと、わたしの場合は生まれ持っての体質的なものだということを指摘され、早速、薬事療法をはじめたところです。〈母にも報告する〉今のところ一番の理解者である母にも、早速報告をしたところ…どういう意味かはわかりませんが、「やっぱりね。」と一言。生まれつきのことといわれたら、自分のできることの範疇を超えた、それはそれは巨大ス [続きを読む]
  • 躁うつ。体質ならば、きっと改善できる
  • 生まれ持っての体質だと指摘された、躁うつ。クリニックから帰って早速調べてみると、躁うつ『病』と表現されていたり、双極性『障害』と表現されていたりして、病のレッテルを張られるって、結構わたしにとってはこわいものがありました。ずっとハイテンションとローテンションを繰り返して、自分の扱いに困ってはいたけれど、もうずっと昔からの、自分では性格だと思い込んでいた明るさ(ハイ)や神経質さ(ロー)で、病って表現 [続きを読む]
  • 2回目〜 ちゃんと伝えることができた!
  • 2回目の診察を受けてきました。初診から2回目が訪れるまでの約3週間ほど、初診では、自分の状況をうまく伝えることができず撃沈したので、もう一度、状況の整理を試みてから臨みました。〈何度もしてきた 整理作業〉”前の2軒の先生以上にシンプルに説明しないと、先生だって理解できない”と、たくさんの困っている事の中で、どれが一番困っているのかを、気を取り直して自分に問い直してみたのです。どうしても、説明をしよ [続きを読む]
  • わかってもらえない は、当たり前のこと
  • 基本的に、見た目は堂々としているそうなのですが、心臓がチキンのわたし。いい風に言えば、平和主義者。権力とか苦手、『上から』の人苦手、圧力とか苦手。機械的な感じはとても苦手。病院だとかお役所(とか、お店とか)は、つい最近はそんなこともないけれど、中途半端な上の方の立場の人は、やっぱりそういう傾向がまだまだ強いという印象が個人的にはあって、病院選びって、本当に『腕』を見極めたいと思うのですが、その中に [続きを読む]
  • 初診日 〜うまく説明できずもんもんとする。
  • 発達に関しての相談をしよう!と、大人の発達障害を診ている病院へ行きました。去年他の病院へお世話になりましたが、今回は最初から発達のことに詳しいようにホームページに書いているクリニックへ。やっぱり、初めて行くところ、初めて会う人というのは、とても緊張しますね。初診が終わってみて、どの病院の初診でも感じた「うまく伝えられなかった」気持ちがこみあげてきて、危うくネガティブのドツボに入りそうになりました。 [続きを読む]
  • 問診票準備中なのです
  • メンタルクリニックにかかりたいと思う時って、やっぱり生命活動の根本の不調だから、当事者にとっての深刻度とか緊急度って、結構高いような気がします。だから、用意されている問診票も書くことがけっこうあるけれど、それを伝えるために与えられる問診票を書く時間自体は、受診当日の診察前の時間だけという場合が多い印象があります。不慣れな場所というだけでも、ちょっといつもと違って緊張やら不安が出やすく、集中力が散漫 [続きを読む]
  • 聴覚過敏 その後
  • そうこうしているうちに、ひと月巡ってまいりまして、いよいよあのイベントが…。女性のひと月のホルモンバランスの変動は、人によっても様々あると思うのですが、わたしの場合、感覚過敏に磨きがかかることに気づきました。今まで無自覚だったことなので、来月以降の自分を観察しつつデータを蓄積していきたいところです。それから、イヤーマフを生活に取り入れたことで、感覚の感度に『ゆらぎがある』ことにも気づきました。イヤ [続きを読む]