イオータ さん プロフィール

  •  
イオータさん: HOT-在宅酸素療法な母と
ハンドル名イオータ さん
ブログタイトルHOT-在宅酸素療法な母と
ブログURLhttps://ameblo.jp/loach88/
サイト紹介文2015年7月から母が在宅酸素療法をするようになりました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/07/17 22:37

イオータ さんのブログ記事

  • 介護保険の面談
  • 15:00頃に介護保険の面談の方が病院に来られるので、父と一緒に病院へ。 ほぼ時間通りに病室へいらっしゃり、母の様子やベッドの周りの様子を観察し、母がどのくらい動けるのか、どのくらい記憶がはっきりしているのか(認知症の確認?)を確認した後、家族(父と私)からも状況を聞くということで別室へ。 これまでの病歴などお話し、まあいろいろとお話がありまして…だいたい三週間くらいで介護保険の保険証が送られ [続きを読む]
  • その時その時にできることを
  • 父からの連絡。 気管挿管せず緩和処置だけした場合、半日ももたないかもしれない、と医者から言われたそうです。 会える時に会いに行き、連絡があった場合は迅速に駆けつける。 後は後悔しないよう、その時その時にできることを。 母は柿が好きなので、先日から柿をむいて小さく切ったものを時々持って行っている。明日もまた持って行こうと思う。 [続きを読む]
  • 痰吸引
  • 午前中、母の見舞いに行ったら、病室でポータブルのレントゲン機器で撮影をしているところだった。 その後、医者が来て、機械での痰吸引をしていたのだが、ものすごく苦しそうで、最近の弱々しい声からは想像もつかないような、嗚咽とも叫び声ともつかないような声を出していた。 処置が終わるまで廊下で待っていたのだが、病室内で医者が母に「今日はご主人来る?」と聞いていたのが聞こえたので、処置が終わってナース [続きを読む]
  • 小康状態、と言っていいのか
  • 本日も見舞いへ。今日は日曜日だったので、入れ替わり立ち替わり家族全員が病室へ来ていた。 母はベッドのすぐ脇に置いてあるポータブルトイレで、看護師さんの介助を受けながらも用を足すことができるようになっているようだ。「自力でトイレに行けないと、帰れないもんねぇ」と、本人も取りあえずや気はあるようで、そこはとても喜ばしいところ。だが、今朝も痰が切れずに、吸引で取ってもらったようだ。機械で吸引すると、 [続きを読む]
  • 非常に厳しい
  • 夕方、父と妹から連絡が入る。何やら実家に集合して欲しい、という。(我が家は三人姉妹、私が長女、昨晩の留守電の件と今日連絡してきたのは次女、トンバをプレゼントしたのは三女。) 何かあったな、とは思いつつ、20:00過ぎ頃、父と三姉妹が実家で顔を合わせた。 母の状態だが、精密に調べたところ、かなり厳しい状態だ、と言われたそうだ。血中の二酸化炭素濃度が高い、とのこと。「いつ自発呼吸ができなくなっても [続きを読む]
  • お断り
  • 少々ごたついていたので、ブログ更新できませんでした。しばらく遡っての記事をアップしていく予定です。自分用の記録としても。 [続きを読む]
  • まるで夢の中のよう
  • 今日はとてもいい天気。母の見舞いからの帰り道、駅から自転車を走らせていて、ふと「ああ、なんだか夢の中のようだ」と思ってしまった。 寝不足と、爽やかな風と、暖かい陽射し、これらが合わさってなんだかふわふわと、自転車なので体も軽く、意識や視界ははっきりしているものの、気分的にはまるで夢の中のよう。 本当に夢ならいいのにね。ここ数年、また特にここ数日、いろいろなことがあり、私なりに苦労してきた。 [続きを読む]
  • 今後のこと
  • 昨日、父から連絡があり、家族全員で決定したいことがある、とのこと。次女は予定があるのでその日(11/2)の夜に話をする、私と三女は本日AM、話をしてきた。 要は、もし、母が気管挿管をしなければならない状態になった場合、実際にそれをするかどうか、ということ。  a.気管挿管をする→意識はなく、いわゆる植物状態になる。             そのままの状態で心臓が弱り止まるまで維持。         [続きを読む]
  • 夜のお見舞い
  • 昼間用事があったので、夜になってから母の見舞いへ。 帰りは誰も居ない外来待合室の正面玄関から外へ。「暗くて危ないからタクシー乗るのよ」と言われたので、病院の備え付け電話でタクシーを頼み表で待つ。 誰も居ない病院の玄関前。 少し物悲しくもその時の自分の気持ちに相応しいような情景だった。 [続きを読む]
  • 厳しい数値
  •        2016/10/24  2016/10/26  2016/10/28pCO2      75.6       69.1       73.1pO2       56.1       65.3      113.9  ※基準値(単位)    pCO2 35.0-45.0(mmHg)    pO2  80 [続きを読む]
  • 行ってみたものの…
  • 21:00頃、妹の家電に母から留守電が入っていたそうだ。「救急車で入院した、っていうのに、誰も来てくれなくて寂しい」と。 それを聞いて私、妙にむっかり。だって、その妹、ほとんど実家にも来ず、行っても手伝いなどほとんどせず、自分の言いたいことだけ言って帰ってしまうようなヤツなのに、母はそういう妹の方がこういう場合に電話するほど頼りにしているのか、と。  冷静に考えると、たまたま電話番号メモってた [続きを読む]
  • 入院
  • 母が入院しました。救急車で運ばれたようです。 父の話なので詳細はよくわからないが、明け方頃から、「もうきつくてきつくてたまらない」ということだったからなんだそう。 9月頃からそう言うことが多く、「そんなにきついなら入院したら?」と言ってはいたようだが、主治医に相談したところ、「気候がいい今ではなく、1月とか2月とかにしたら?」と言われて母も一応納得してそのつもりにはなっていたそうだ。 本 [続きを読む]
  • 新兵器
  • すっかりご無沙汰してしまっておりました…バイト掛け持ちにしてしまったので、ペースをつかむまでなかなか余裕が…(はい、言い訳です、すみません) 実家へ行く回数も微妙に減り、それでも週に1〜2回は覗くようにしている。行ってみると、やはり雑然と片付いていないことが多いが、それでも他にやる人がいないと(主に)母が家事などやるわけで、体を動かす分、筋力維持、体力維持にもなるのではないか、とも思うので、あま [続きを読む]
  • あと何回顔を見られるのだろうか
  • お盆シーズン、故郷へ帰られて懐かしい方々と顔を合わせている方も多いのではないだろうか。 今は私の実家から徒歩圏内に引っ越し、週に何度かは顔を見ることができるが、離れて暮らしていた時(と言っても数時間で行き来できる距離)は、年に数回しか実家に帰ってはいなかった。その頃、ふと考えたことが、「あと何回顔を見ることができるのだろうか」ということ。 例えば年に2回(盆と正月)、一日だけ会っていたとし [続きを読む]
  • 調子の良し悪し
  • 今日は買い物ついでに実家に寄り、父母の顔を見てきた。ほんとに顔を見てきただけ、あ、それと少し庭仕事。(水やり、ゴーヤ、ナスの収穫など) 今日の母は少し顔色も良く、調子がいいように見えた。この猛暑の中、散歩はできそうもないけれど、「家の中で何かやっとくよ(運動のこと)」と、気分的にも少し前向きのよう。 母の調子の良し悪しの原因というか基準というか、それがいまいちわからない。どういう状況、環境 [続きを読む]
  • 自分のこと
  • このブログを書いている私自信のことを少し。 アラフィフの既婚子なしの兼業主婦です。兼業主婦、と言いましても、最近やっと(バイトですけど)再就職。ここ数年、いろいろなことがあり、けっこう底近くを徘徊しておりましたが、そろそろ少しは浮上していきたいな、という状況な家庭です。 いろいろなこと↓東日本大震災当時は正社員としてフルタイムで働いていましたが、勤務中に被災し数ヶ月勤務地が異常な状態に(と [続きを読む]
  • ぐりんぐりん
  • 母の酸素濃縮装置、ながーいチューブがついているが、慣れるまではけっこう大変。床を這いまわっているので、踏まないように注意して歩かなければならないし、家具などに引っかかって引っ張られるようで、母もうっとうしく扱い辛そうだった。 それにこのチューブ、歩くのと一緒に動かされるものだから、よくねじれてぐりんぐりんになっている。 (まだ程度のかわいい)ぐりんぐりんの例 これを放置しておくと、ねじ [続きを読む]
  • 火気厳禁な機器のため 3
  • 細かいところだけどもう一つ。 この時期、必要となる蚊取り線香。これも「火」を使うので使用NGのため、今夏からは電気式蚊取り器の購入と相成った次第。 お役御免となった蚊取り線香は、蚊やりの豚さん共々我が家にお引越し。目の前が畑なので蚊が多く、どの程度効いてるかはわからないけど、室内で見つけた時はもくもく焚いております。 電池でノーマット 180日用セット ホワイト×シルバー 電池付【楽天24】[電 [続きを読む]
  • 火気厳禁な機器のため 2
  • 次に困ったのが、父の喫煙。脳梗塞をしたにもかかわらず、相変わらずのヘビースモーカー。まあ本人も言っているように、それでも少し減らしたようだが、私が知る昔の父のタバコの吸い方は、「朝起きた時から吸いっぱなし、出勤時に二箱持って出て、 昼食時帰ってご飯食べたらまた二箱持って行って、 夜帰って来てからもチェーンスモーク」という状況だったので、一日5〜6箱(100本以上!?)、それが少し減ったところでどうよ? [続きを読む]
  • 火気厳禁な機器のため
  • HOT導入時、酸素供給機器の周り半径3m(あれ?5m?)は火気厳禁です、と言われた。 そこで自宅での設備などの見直しが必要となった。まずは、メイン調理器具であるところのガスコンロ。ガスコンロは当然の如く炎があがるものなので使用不可となる。(父が料理などしてくれれば入替えの必要もないのだが、 そんなことはするはずもない父なので問題外。)そこでIHクッキングヒーターの導入が確定したのだが、ビルトインのガス [続きを読む]
  • 母の入院の原因
  • 2015年春、母から突然「入院しました」とメッセージが届いた。少し前から体調のよろしくないことが多い、と聞いていた気はするし、持病の「人にうつらない結核」(と当時は理解していた)のことは知っていたので、それ関係かな、とは思ったが、数日後見舞いに行ってみて、あまりの弱りようにちょっとびっくりした。見舞いに行った時は、すでに酸素吸入をしていたと思う。 入院した経緯は、どうにもこうにも呼吸が苦しく、父に [続きを読む]
  • 自分で気づいて〜〜
  • 先日もちょっとひやっとすることが。母のウォーキングに付き合って、自宅前のワンブロックをゆるゆる歩いた時のこと。 一週目が終わって、「トイレ行きたい」と、一旦戻って、外出用酸素ボンベを室内用の酸素濃縮装置に付け替えてトイレへ。さて、改めて二週目へ、と再び酸素ボンベのカートを引っ張って外に出たのだが、歩き始めて5m程度で「苦しい」と道端に座り込む母。なんだなんだ、と改めて母の様子を観察していると、い [続きを読む]