つばくろ さん プロフィール

  •  
つばくろさん: 時刻表片手に一人旅
ハンドル名つばくろ さん
ブログタイトル時刻表片手に一人旅
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/falcon16_2a
サイト紹介文公共交通機関を使った一人旅の記録です。写真を拡大する場合には写真の上でクリック。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2016/07/18 11:00

つばくろ さんのブログ記事

  • (H30.6)栃木県日光市(鬼怒川温泉)への旅④
  •   3日目で、最終日です。今日も晴れです。寄り道せずに帰宅するだけです。 午前5時になったのでジョグに出掛けました。  跨線橋を2つ渡って駅前経由ジョグでした。             跨線橋から鬼怒川温泉駅方向            「鬼怒川温泉駅前」             墨田川をモチーフにした「粋」編成のスペーシア             駅を出て左手にある川治温泉、湯西川温泉行きのバス停  [続きを読む]
  • (H30.6)栃木県日光市(鬼怒川温泉)への旅③
  •   日光江戸村辺りまでジョグをする予定です。  国道121号線(会津西街道)を南下して行きます。地図は頭の中に入っている間違えることはないと思います。  東武ワールドスクウェア駅まで来ました。昨年、夏休み入りに開業した新駅です。当然、道の反対側は東武ワールドスクウェアです。             「東武ワールドスクウェア駅」             「東武ワールドスクウェア歩行者入口」       [続きを読む]
  • (H30.6)栃木県日光市(鬼怒川温泉)への旅②
  •   2日目です。今日も晴れです。  朝、5時になったのでジョギングに出掛けました。ヒンヤリして気持ち良いです。  駅前を経由して適当に1時間ほど走りました。  駅前には「鬼怒太」がいますが、他にもいろいろな鬼が温泉街に架かる6つの橋のたもとにいます。これら鬼の近くに置いてあるスタンプを集める「七福邪気めぐり」というものがあるので参加するのも面白いです。3時間ほど掛かるので良い運動になります。      [続きを読む]
  • (H30.6)栃木県日光市(鬼怒川温泉)への旅①
  •   6月3日から5日までの2泊3日の温泉に行きました。  先月の温泉の旅は天気に恵まれませんでしたが、今回は3日とも雨の心配はないようです。  使用する切符は期間限定の「えきねっとトクだ値40」です。2年前の7月にも使用した切符で、期間限定で乗車券・特急券が40%割引の切符です。昨夜、旅を決めたので今朝受け取りました。  1日目。晴れです。  いつものように大宮駅から始まります。11番線で電車を待って [続きを読む]
  • (H30.5)福島県福島市・二本松市への旅⑦
  •   駅に戻ることにします。玉嶋屋の前を通ったのですが、「メロンボール」は次の機会にします。2年連続見送りなので、次、見送ったら三振です。  駅に到着しました。もうすぐ上りの電車が来るので、急いで2番線ホームに行きました。  午前11時57分、福島発郡山行東北本線普通電車は発車しました。             二本松駅改札口    午前11時57分の郡山行普通電車  途中、電車内は混 [続きを読む]
  • (H30.5)福島県福島市・二本松市への旅⑥
  •   気を取り直して天守台に向います。  「少年隊の丘」に到着しました。「少年隊の丘」にはブロンズレリーフ「二本松少年隊奮戦の図」や「二本松大壇口弔少年隊戦死墓」があります。この場所には少年たちが砲術の稽古をした道場がありました。  「少年隊の丘」の手前には「智恵子抄詩碑」があり、銅板には「樹下の二人」の冒頭の句が刻まれています。        「あれが阿多多羅山 あの光るのが阿武隈川」        [続きを読む]
  • (H30.5)福島県福島市・二本松市への旅⑤
  •   2日目は天気予報どおり雨でした。 朝食後、温泉に入り、ビールを飲んで、温泉に入っての繰り返しでした。小原庄助さんになったつもり。こんな旅の日があっても良い。  3日目です。  天気は良くありません。  午前10時頃、二本松駅まで送ってくださるというので、自動車で二本松駅まで来ました。有難いことです。         二本松駅       帰りの電車の時間は決まっていないのですが、切符だけは買ってお [続きを読む]
  • (H30.5)福島県福島市・二本松市への旅④
  •   信夫山に登って市内を一望したかったのですが、午後3時4分の電車に乗りたいので福島駅に向かうことにします。  因みに、信夫山に行くなら福島交通バス福島市内循環バスが便利です。福島駅東口乗車、福島テレビ下車。一乗車100円です。今日行った県庁、競馬場、古関裕而記念館、岩谷観音所に行くのにも便利です。歩くのが苦手な人はどうぞ。  信夫山公園を出て、確か福島地方検察庁のある所だったと思うのですが、放射線 [続きを読む]
  • (H30.5)福島県福島市・二本松市への旅③
  •   国道4号線の福島日本赤十字病院前交差点を右折して、古関裕而記念館に向かいます。  100mほど歩いて到着です。ここに来るために長い道のりを歩いて来たのです。いろいろな路線のバスが頻繁に国道4号線を走っているので、福島駅からの交通の便は良好です。  この記念館は福島市音楽堂と同じ敷地にあります。入館料は無料で、展示室は1階と2階です。2階の写真撮影は不可となっています。  館内には古関裕而が作曲した [続きを読む]
  • (H30.5)福島県福島市・二本松市への旅②
  •   県庁通りを歩いているとすぐに福島県庁が見えてきました。この通りの中央分離帯の植え込みに「福島城 大手門跡」の石柱があります。             石柱「大手門跡」  福島県庁です。正面ロータリーには噴水池があります。東日本大震災発生時に池の水がちゃっぷんちゃっぷんし、あふれ出ました。 「福島県庁」  福島県庁は福島城跡に建っています。県庁舎辺りは二の丸で、その東側の紅葉山公園 [続きを読む]
  • (H30.5)福島県福島市・二本松市への旅①
  •   平成30年5月8日から10日まで2泊3日で福島県岳温泉に行ってきました。昨年は同時期に会津若松市、二本松市、下郷町の組み合わせでの旅行でしたが、天気の関係で今年の組み合わせは福島市、二本松市となりました。  今回が今年初めての旅行です。  いつものとおり大宮駅から出発です。30分ほど早く到着したので駅でゆっくり。 新幹線ホームに上がり、上越新幹線、東北新幹線、北陸新幹線の入線してくる車両を見てい [続きを読む]
  • (H29.12)長野県御代田町・小諸市への旅⑪
  •   朝食を取り、部屋でゆっくりして、午前9時30分に出ました。薄日が差し、雪はまだのようです。  散策しなが駅に到着しました。午前10時21分の軽井沢行きの電車に乗るので、切符を買ってから、また駅舎内の野菜販売所で野菜を見ていました。ねぎが欲しいのですが、ねぎを持って電車に乗るのは恥ずかしいです。仕方ないですね。  5分前に改札を入りました。1番線ホームは長いです。特急の停車駅であった時のなごりです [続きを読む]
  • (H29.12)長野県御代田町・小諸市への旅⑩
  •   3日目です。 天気予報では昼間雪が降るとのこと、そして、自宅の方は午後雨。  今日は片道4kmほど歩いて「牛にひかれて善光寺」の舞台となったことで知られる行基創建の天台宗の名刹、釈尊寺(布引観音)に行きたかったのですが、かなりの坂があるということで、膝の状態も心配なので今回は断念します。また、懐古園も今回は断念します。なるべく雪や雨に濡れないように早めに帰りたいと思います。  朝、左膝は痛くあり [続きを読む]
  • (H29.12)長野県御代田町・小諸市への旅⑨
  •   更に虚子の散歩道を上っていくと二叉です。どちらの道も散歩道です。一度左に行ってから戻り、右に行くことにします。  道が分かれる付け根の所に馬頭観世音と道祖神がいらっしゃいます。協力して悪いものが上ってくるのを防いでいただいているようです。手を合わせて。                馬頭観世音石碑                道祖神   左の道を上ってくと、途中で、前々日ジョギングした後、少し [続きを読む]
  • (H29.12)長野県御代田町・小諸市への旅⑧
  •   少し離れていますが、次は与良地区の方に向かって行きましょう。  荒町一丁目交差点から旧北国街道に入り、荒町二丁目交差点を左折し、八幡神社に向かいます。  八幡神社に到着しました。  この神社は1608年、小諸藩初代藩主仙石秀久により中山道八幡神社を勧進されたと伝えられており、いくさの神として祀られました。境内にはケヤキの大木がたくさんあり、葉が生い茂る頃は見事なことでしょう。  また、本堂の左の方 [続きを読む]
  • (H29.12)長野県御代田町・小諸市への旅⑦
  •   大門小路を戻り、旧北国街道に復帰します。  見ての通り旧北国街道は、光岳寺の所で東西から南北に折れます。  光岳寺です。1624年、徳川家康の母の「お大の方」を弔うため、ひ孫の小諸藩第三代藩主松平憲平が建立したもので、阿弥陀如来を祀る浄土宗の古刹です。  境内には成田山のお堂があり、大晦日には二年参りの人たちで賑わうそうです。  光岳寺の入口には小諸城から移築された足柄門があります。正面両側の柱に [続きを読む]
  • (H29.12)長野県御代田町・小諸市への旅⑥
  •   養蓮寺です。脇本陣(粂屋)の裏手にあります。  このお寺は1493年に開かれた浄土真宗のお寺で、江戸時代の相撲取りであり、最強力士の呼び声高い「雷電為右衛門」の生家の菩提寺があります。雷電はこのお寺で水汲みをしていたという言い伝えがあります。また、この雷電が江戸から着物のたもとに入れて持ち帰ったとう「たもと鐘」があります。損傷が激しいため一般公開していないようです。  お寺に入るとすぐに本堂があ [続きを読む]
  • (H29.12)長野県御代田町・小諸市への旅⑤
  •   朝食後、少し部屋で休憩してまち歩き開始です。懐古園行きがなくなったのでゆっくりまち中を見たいと思います。  昨日、観光交流館にある観光局で資料をいただいたのですが、駅にある観光案内所に寄ってから始めます。              小諸駅  午前9時30分、観光案内所の営業時間になったので声掛けして中に入り、いろいろな説明を受けてパンフレットをいただきました。そして、昨日観光局でいただいたマップに [続きを読む]
  • (H29.12)長野県御代田町・小諸市への旅④
  •   2日目です。晴れの予報です。  今日はまず懐古園を見学する予定なのですが、観光客が来る前に料金所の外にある三の門などの写真を撮っておきたいのです。  そこで、お腹は空いていますが、朝食前の運動を兼ねて懐古園まで散歩することにします。  懐古園は小諸城があったところで、小諸駅の西側すぐの所にあります。しかし、駅には西口がないため、一度駅を出てから線路の反対側に行かなければなりません。行き方ですが、 [続きを読む]
  • (H29.12)長野県御代田町・小諸市への旅③
  •   最後に浅間縄文ミュージアムに行きます。御代田町役場の先に浅間山が見えます。いろいろな所で浅間山の写真を撮ったのですが、電線とともに写る浅間山になっています。  5分ほどで到着しました。この交差点の先、左側にあるのがホールや図書館を併設した文化施設「エコールみよた」で、この中に浅間縄文ミュージアムはあります。  ここで目についたのが、交差点の先に見える建築中の建物です。ホテルのような、高齢者施設の [続きを読む]
  • (H29.12)長野県御代田町・小諸市への旅②
  •   公共交通機関で軽井沢に来るのは初めてなので、電車の時間まで駅を見て回ることにしました。旧軽井沢駅舎は時間があれば帰りにでも見ることにします。                  軽井沢駅 ※相変わらずの逆光                  北陸新幹線からいつも見るスキー場                   旧軽井沢駅舎  まずはしなの鉄道の改札口を確認しておきます。駅舎内に入ると「ここはどこの [続きを読む]
  • (H29.12)長野県御代田町・小諸市への旅①
  •   12月。ほぼ3ヶ月ぶりの旅(全ての旅行計画を延期)です。9月初めの旅ではくやしい思いをしたので、この3ヶ月間体力増強に努めました。前日、左膝に痛みを生じたのが気掛かりです。さて、どうなることやら。  今回の旅は3月に計画していたものの一部を実行するものです。3月に小諸、上田、別所温泉、戸倉上山田温泉辺りを旅する計画を立てていたのですが、風邪をひいてしまい、咳が止まらなかったため、実行されないまま [続きを読む]
  • (H29.9)岩手県奥州市水沢区(旧水沢市)・北上市への旅⑥
  •   午後4時22分、仙台駅に到着しました。  仙台駅で下車することにします。仙台駅でやまびこの車内はガラガラになりました。  駅を出て駅前を歩いて見ると、若い人が多いですね。意外と歩きスマホをしているモノはほとんどいませんでした。この点は好感。  仙台駅は駅前だけで疲れてしまいます。                 仙台駅                 西口駅前                 駅西口 [続きを読む]
  • (H29.9)岩手県奥州市水沢区(旧水沢市)・北上市への旅⑤
  •   北上川です。薄い象牙色の橋は珊瑚橋です。そして、対岸には北上景勝地が広がっています。  盛岡の開運橋から見る岩手山との2ショットもいいけど、この眺めも大河という感じで良いですね、    若者たちはボートの手入れを丁寧にしていました。これから川にボートを浮かべるのでしょう。   珊瑚橋を渡り、戻って来ます。  珊瑚橋も水沢の小谷木橋と同様道幅が狭いですね。珊瑚橋は昭和8年竣工で、国見山の北側にある珊 [続きを読む]
  • (H29.9)岩手県奥州市水沢区(旧水沢市)・北上市への旅④
  •   午後1時7分、北上駅に到着しました。  駅西口に出てみました。閑散としています。  駅前のビルには北上観光コンベンション協会が入っています。観光の方が何人か協会の入口のラックに置いてあるパンフレットを選んでいました。あまり良いパンレットが置いてないですね。入口のガラス越しに中を覗いて物色したのですがなさそうです。ドアをオープンにしておかないと入りづらいでしょうね。皆さんそのまま帰られていました。 [続きを読む]