ワイキキ@第三世界 さん プロフィール

  •  
ワイキキ@第三世界さん: 第三世界的blog
ハンドル名ワイキキ@第三世界 さん
ブログタイトル第三世界的blog
ブログURLhttp://diecast.blog3.fc2.com/
サイト紹介文メジャーからマイナーまで、第三世界的小スケールミニカーの紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供148回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2016/07/18 13:17

ワイキキ@第三世界 さんのブログ記事

  • 台湾発:二十一世紀の翼
  • - wing in 21th century - TCC GLOBAL  RED BULL X2014MADE IN CHINAレ ースゲームに通暁している人なら知らぬ者がない、レッドブルX2014。「グランツーリスモ6」(GT6)に登場するマシンだそうな。同ゲームのXシリーズはレッドブル・レーシングとのコラボにより誕生しており、当代きってのデザイナーであるエイドリアン・ニューウェイ、そしてセバスチャン・ベッテルまでも絡んでいたという本気っぷりだ。天才の名をほしいまま [続きを読む]
  • 二十一世紀のテスタロッサ
  • - obsolete, but... - TOMICA PREMIUM  FERRARI TESTAROSSAJAPAN / VIETNAM二 十一世紀も5分の1が過ぎようとする今日、世界中のどこを見ても、新車市場にリトラクタブル・ライトを有するクルマは存在しない。そしておそらく、これからも、開閉式のライトを備えたクルマは登場しない。だけども、立石こと我らがトミカは、ニューモデルであるテスタロッサにリトラクタブル・ライトのギミックを付与した。二十一世紀のミニカーと [続きを読む]
  • にわかコレクター、疑問を呈す
  • - one question - TOMICA  NISSAN SYLVIAJAPAN / VIETNAMふ と感じた、しょーもない疑問。かねてより当ブログでは、地政学的観点から、取りあげた各モデルについてブランドの本社のある国名や製造国を示すようにしている。たとえばマテル製品なら、USA / MALAYSIA といった具合に。さて、ここで問題提起。トミカ組立工場でこしらえたモデルって、made in Vietnam ではなく、 made in Japan じゃないの?The doorway to Japanese [続きを読む]
  • にわかコレクター、トミカ博に往く
  • - I went to Tomica Expo - TOMICA  MERCEDES AMG GT-RJAPAN / VIETNAM永 遠のにわかトミカコレクターの当方。この日曜日、地下鉄に乗ってパシフィコ横浜まで足を延ばしてきた。我が往くは、トミカ博 in YOKOHAMA。…… …… ……なにをかくそう、トミカ博を訪れたのは場所を問わず今回が初めてで、トミカ関連では、昔々どこかのデパートの催事場で行われていたイベントをのぞいたことがあるぐらいだ。日曜の午前、しかもお盆 [続きを読む]
  • いわくつきのウイング
  • - 1980 Alfa Romeo F1 - POLISTIL  ALFA ROMEO 179MADE IN ITALYポ リスティルが欧州でリリースしていた、マルボロ・アルファロメオのウイングカー。暗い赤色の22番なので、1980年シーズンに参戦した初期型179だろう。見よ、この美しくも先鋭的なスタイルを。ヴェンチュリー効果でダウンフォースを稼ぐため、フロントウイングは省略され、サイドポンツーンは地をこすらんばかりにひたすら低い。ただ実車は、ウイングカーというト [続きを読む]
  • 20年越し
  • - over 20 years - POLISTIL  LOTUS 80MADE IN ITALYつ いに入手したポリスティルのRJ65、ロータス80。最初にその存在を知ったのは、インターネット黎明期の90年代半ばだったと思う。ポリスティルF1の70年代物は子どもの時分から持っていたし、80年代後半のモデルはF1ブーム時に専門店に入っていたので、おおむね手元に揃っていた。大好きな80年代初期のウイングカーもポリスティルにはあるのだろうと予想はしつつも確証はなく [続きを読む]
  • 勇者が往く
  • - Our hero goes - TOMICA STAR CARS  CHEVROLET CORVETTE STINGRAYJAPAN / VIETNAM二 十世紀に誕生した、現代の神話たるスターウォーズ。その「永遠の勇者」、ルーク・スカイウォーカーの名が冠されたのは、C2コルベットこと初代スティングレイ(グランスポーツ?)。ファイアバードといいコルベットといい、トミカのスター・カーズでは、主要なキャラクターにはマッスルカーがあてがわれている。人気のボバ・フェットも古いア [続きを読む]
  • フリークが往く
  • - Star Cars - TOMICA STAR CARS  PONTIAC FIREBIRD TRANSAMJAPAN / VIETNAM我 らがアメリカの友人(架空人物)が、納屋に眠っている74年式のファイアバードを見つけた。亡くなったグランドファザーの持ち物だったらしい。彼はカーマニアの血を丸っきり受け継いでいなかったけども、ファイアバードをレストアすることを思いついた。クルマの代わりにスターウォーズ・フリークで、年一回の全米コンベンションには毎回コスプレで参 [続きを読む]
  • ありえないイタリア
  • - Tricolore italiano - WELLY  ALFA ROMEO 4CMADE IN CHINAや っとこさ手に入れることができた、ウェリーのアルファロメオ4C。同ブランドをターゲットにしている同志諸兄なら、4Cが比較的新しいモデルであることをご承知かと思う。とは言え、そのリリース自体は、マッチボックスや京商よりも早かったと記憶している。我が国では流通ルートが不安定なウェリーゆえ、入手にまで時間がかかってしまったわけだ。海外で出回っている4 [続きを読む]
  • クールなのはホットウィールだけじゃない
  • - fire rescue car - MATCHBOX  CHEVROLET CORVETTE STINGRAYUSA / THAILAND先 日のマッチボックスの記事に対して、海外の同志からメールで意見をもらった。MBの新作、1933プリムス・セダンについて、「あえてポリスカーとしたのは、何か意味があるのかないのか……」と疑問を呈してみた件だ。同志曰く、マテルの中でホットウィールとマッチボックスは差別化されているのだと。ホットウィールはクールなモデルという扱いで、これ [続きを読む]
  • 愛されしランクル
  • - They love Lan-Cru - JOHNNY LIGHTNING  TOYOTA LAND CRUISERUSA / CHINAア メリカン人が大好き、ヨンマルのランクル。かの地の旧車イベントでも人気の一台だそうな。ジョニーライトニングのランクルは、当初06年〜08年にかけてつくられ、一時はJLの中でも、なかなか見つけにくい部類だったけれども、昨2017年、ショップ限定のモデルが数種類リリースされた。祝、復活。そういえばランクルは、アメリカ人同志が来日の際お世話 [続きを読む]
  • 正しき後継者
  • - successor - GREENLIGHT  1971 DATSUN 510USA / CHINAフ ェアレディZでSCCAチャンピオンとなったBREが、次に手掛けたのが510。サファリラリーのワークスマシンだと510→240Zなわけで、マンガチックに考えれば、さらなる勝利に向け、セダンに代えスポーツタイプを投入!といったほうが燃える展開だけど、BREの起用は逆。このあたり、「売れに売れているZの販促はもう十分」「510をテコ入れ」という米国日産の思惑があったそうな [続きを読む]
  • 砂の貴婦人
  • - dessert runner - GREENLIGHT  1973 DATSUN 240ZUSA / CHINA北 米でのZカーの活躍はサーキットだけではない。砂塵渦巻くオフロードのバハ500にも出場し、レジェンダリーな一台となっている。我が国でWRCでの活躍ほど知られていないのは、日産広報室の力の入れ具合か。そういえば、数多つくられたショップ特注トミカのZにも、バハ仕様はないよね。The doorway to Japanese collectors ↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • トーキョーって言われても
  • - Where did Datsun come from? - GREENLIGHT  DATSUN 240ZUSA / CHINAア メリカの自動車レース史にその名が残る、BREのZカー。1970年〜1971年にかけて、SCCAのチャンピオンに輝いた。ミニカーとしての出来はさておいて……「TOKYO TORQUE」なんてシリーズ名、いったい誰の琴線に触れるんだろう?フロム東京ってイメージじゃないんだよな、ダッツンって。The doorway to Japanese collectors ↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • 普通のクルマ
  • - ordinary car - MATCHBOX  PLYMOUTH SEDAN 1933USA / THAILANDマ ッチボックスの最近のお気に入り。30年代に好評を博した大衆車だそうな。後世に語り継ぐべきデザインや性能を持った名車ではなく、T型フォードのようなマイルストーンでもない。アメリカの中産階級が自動車を手にすることができるようになった時代の、ごくごく普通のクルマ。あえてポリスカーとしたのは、何か意味があるのかないのか……。The doorway to Japan [続きを読む]
  • 憧憬の飛虎隊
  • - the admiration of HK fellow - TINY  TOYOTA LAND CRUISER PRADOMADE IN CHINAネ オ香港物の一角、TINYによる覆面パトカー。かの地で飛虎隊、Flying Tigersと呼ばれる、香港警察特殊任務部隊SDU(Special Duties Unit)仕様だそうな。グリルやフロントライトを丁寧に作っていたり、実車に即したホイールを履かせたりと、コレクティブとしての要素はしっかりおさえている。その割に価格は安め。パケによると、パトライトのついた [続きを読む]
  • 言葉狩りの一事例
  • - word hunting - SPARKY  PORSCHE 956MADE IN CHINAス パーキーによる83年のルマン・ウイナー。フロントカウルあたりが、なんかのっぺりしていると思ったら、ロスマンズのロゴがない!あ、そうか。人類目線での公衆衛生学的な意義は、全面的に賛同できる。ただ、言葉狩り、とだけは言っておいてもいいよね。まあ、ポルシェのレーサーを心底愛するマニアだったら、自分でデカール貼るよ、うん。そういう意味でも、スパーキーはい [続きを読む]
  • ガルフ・カラーが好き
  • - I love Gulf - HOT WHEELS  PORSCHE 917LHUSA / MALAYSIA世 界にはガルフ・カラー好きというピープルがいて、彼らを当て込んだミニカーブランドの企画もチラホラ目につく。何をかくそう、当方もその一人だ。世代的に、ガルフ・カラーの917やフォードGTの活躍をリアルタイムで知るわけはなく、好きになったきっかけは、プラモだったかな。ここ数年温めてきたアイディアで、ガルフ・カラーの〇〇・〇〇〇〇〇〇〇〇をこしらえる [続きを読む]
  • 我が同志のインプ
  • - The car of my comrade - HOT WHEELS  SUBARU IMPREZA WRXUSA / THAILAND昨 年末リリースされた Cars & Donuts シリーズの一台。第三世界的にホットウィールは、海外の同志から定期的にまとまって送られてくるので、半年ぐらいラグがあっても当たり前の状態となっている。どうしても欲しくてたまらないモデルがあったら、懇願するんだけどね。2代目インプレッサのWRXは、たしかその同志の愛車だったはず。オーナーとして、出 [続きを読む]
  • マテルに、何かが起こった…?
  • - Something Happened - HOT WHEELS  LAMBORGHINI COUNTACH PACE CARUSA / MALAYSIA不 条理小説「キャッチ=22」の作者として知られるジョセフ・ヘラーに、「何かが起こった」という長編がある。(原題:Something Happened)今、まさにそんな気分。なんで、ホットウィールなのに、こんなにスタイルがいいんだろ?ガンディーニの魂をなきものとする、腰高の、もっさりとしたカウンタックばかり30年間作り続けてきたマテルが?Som [続きを読む]
  • そして、さらなる混迷
  • - confusion - RENNO  MAZDA???MADE IN ARGENTINA こ のたび入手した、もう一台のアルゼンチンのRENNO。前回のエントリーの後、「RENNO」と印刷されたシールが貼ってあることに気がついた。ナントイウコトカ。さて、もうひとつシールで表示しているのは、おなじみ「MAZDA」のロゴ。1975〜1992年に使われていたデザインなので、RENNOを80年代物とするアルゼンチンのオークションの出品物と符合する。だけどこのモデル、ご覧の通り [続きを読む]
  • そして、南米の黄色いカオス
  • - unknown - ???  ???MADE IN ARGENTINA南 米からやってきた、謎めくモデル。シャーシーに、スペイン語で「INDUSTRIA ARGENTINA」と刻印されている以外、一切情報なし。譲ってくれた前の持ち主も、由来を把握されておられなかった。Aピラーから長いノーズまで一気に傾斜したシルエットは、ジアジアーロ・デザインを思わせないでもない。だが、リアのほうは、どう見てもへしゃげて、不可思議な段々がついている。さて、当方が、独 [続きを読む]
  • 黄色いカオス
  • - chaos in Spain - PILEN  BRABHAM BT48MADE IN SPAINか つて我が国に輸入されたスペインのピレンは、1/43にしても小スケールにしても、デフォルメ感の少ない、割とかっちりとしたつくりのモデルだった。ところがどっこい、ここ10年ぐらいの間に出回った情報によると、我々が知っているのはピレンの一面に過ぎず、日本にやってこなかったモデルは、結構ラフだったり、他社製品を参照している向きがあったりと、いかがわしさやカ [続きを読む]
  • 黄色いヴィンテージ
  • - one of the first Guisval - GUISVAL  SEAT 850 COUPE RALLYMADE IN SPAINス ペインのギスバルから1967年にリリースされたキャスト。ギスバル社がオリジナルキャストのCampeónシリーズを売り出したのが同年だから、創成期の一台ということになる。トミカと言えば黒箱最初の6台、マテルで言えばスウィート16にあたるわけだ。ただし、ラリーカー仕立てなので、この個体そのものは1970年以後のものかな。フロントライトが欠品な [続きを読む]