ワイキキ@第三世界 さん プロフィール

  •  
ワイキキ@第三世界さん: 第三世界的blog
ハンドル名ワイキキ@第三世界 さん
ブログタイトル第三世界的blog
ブログURLhttp://diecast.blog3.fc2.com/
サイト紹介文メジャーからマイナーまで、第三世界的小スケールミニカーの紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供153回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2016/07/18 13:17

ワイキキ@第三世界 さんのブログ記事

  • マリオカートのメルセデスはシクが最も手に入れやすいか
  • - too late - SIKU  MERCEDES AMG GLA 45GERMANY / POLANDマ リオカートに登場したことで任天堂ファンの間でも知られる、メルセデスのGLA。一番ホットなAMGバージョンの小スケールミニカーはシクにしかない。※ノーマルのGLAならノレヴにあるけども、ちょいと入手難。さて、今我が国で最も盛り上がっている小スケールミニカーの三大ブランドを上げるとしたら、「トミカ」「ホットウィール」は言わずもがな、プラス「マジョレット [続きを読む]
  • ドイツからSの登場
  • - Turbo S : 580ps - SIKU  PORSCHE 911 TURBO SGERMANY / POLAND歴 代のポルシェ911をモデル化してきたシクによる、現行のタイプ991ターボ。991ターボの小スケールミニカーは、京商やシュコー、台湾セブンイレブンのPAO FENGなどから出ている。だけども、マイナーチェンジ後に580psとなった、ターボSモデルと特定できるのはシク版だけだ。昨年の秋、ここ一年ばかりの間に出たシクのニューモデルを11台ほど入手した。起亜ソレン [続きを読む]
  • ドイツ人による韓国車
  • - Korean stylish car - SIKU  KIA SORENTOGERMANY / CHINA世 界第6位の自動車輸出国でありながら、小スケールミニカー化に恵まれない韓国車。起亜は40年以上乗用車を製産している韓国ナンバー2の自動車メーカーで、2017年には売上高がマツダやスバルより上位だった。2016年にはルノーやプジョーをも上回っていた。だけども、起亜の小スケールミニカーは、シクが昨年リリースした三代目ソレントが初だ(※)。※少なくとも、イン [続きを読む]
  • ソウル、北京、そして世田谷
  • - Seoul, Beijing, and Setagaya - XCARTOYS  BEIJING HYUNDAI ELANTRAMADE IN CHINAこ れも中国で現地製産されていた、北京現代(ヒュンダイ)の3代目エラントラ。中国名、伊蘭特。前回の2代目ジェッタ同様、初の小スケールモデル化だ(拍手)。本家ヒュンダイ・エラントラのセダンは、当方が唯一乗ったことのある韓国車。海外で体験したのではない。数年前に、都内でタクシーをつかまえたときのこと。同乗者が「なんかトラン [続きを読む]
  • 北京から、中国のために
  • - from Beijing, for China - XCARTOYS  VW JETTAMADE IN CHINA小 スケールミニカーとして初のモデル化となる、2代目ジェッタ。レーシングチャンピオンから出ているスポコン仕様のジェッタは95年型の3代目。アメリカ以外の各国ではヴェントという名前だった。なので、日本人に馴染みのあるジェッタのモデルは、このXCARTOYS版が唯一無二ということになる。XCARTOYS(拓意)は2016年設立の新興ブランドで、香港や上海でなく首都 [続きを読む]
  • 指揮ができるか、このベントレー?
  • - fire chief car - CIGIOKI  BENTLEY CONTINENTAL GTITALY / CHINAど う見ても火災現場に持ち込むのがおそろしい、ベントレーの消防指揮車。CIGIOKIは欧州で出回っている安価な玩具ブランドの一つで、ウォルマートのKID CONNECTIONあたりを連想すればよろし。 イタリアの会社が販売し、製造は上海にあるDongbaohong toys factory。ライセンスに関する表記は見られないので、あくまでベントレー風というミニカーという位置づけ [続きを読む]
  • 出会ったのは謎の香港エディション
  • - Hong Kong edition - TOMICA LIMITED VINTAGE NEO  HONDA CIVIC TYPE RJAPAN / CHINAト ミカリミテッド・ビンテージNEOのタイプR。ボンネットがカーボン風に塗られ、通常品とは異なる「カスタム仕様」を銘打っている。どちらかと言うとトミカの相場には興味がない当方なれど、このモデルの高騰っぷりは知っている。TLVには数少ない Hong Kong Edition だそうで、ヤフオクで「香港」を検索条件に入れていると、しょっちゅう引っ [続きを読む]
  • 第三世界的2019年とは?
  • - 2019 - HOT WHEELS  AUDI SPORT QUATRO USA / MALAYSIA本 年度一発目は、先月にサンタさんからもらったHWの最新作。WRCのグループB時代、アウディがマニュファクチャラー王者となった1984年のスポーツ・クアトロだ。グループBのホモロゲーションを取得するため200台のみ作られたスペシャルモデル。当時の実車を再現したカラーリングではなく、WRCのゼッケンのように見えるところには、HWのロゴとともに TERAN CHALLENGE 2019 [続きを読む]
  • 2018年の締めくくり
  • - last of 2018 - HOTWHEELS  BMW 2002USA / THAILANDと はいうものの、やっぱりこういう2002もいいよね。同志諸兄のコレクターライフに、来年も幸あらんことを。The doorway to Japanese collectors ↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • マッチボックス、地味な新作
  • - unexaggerated - MATCHBOX  1969 BMW 2002USA / THAILANDこ れもマッチボックスの最新作。BMWの旧車として人気が高い2002、だけどもMBはエンスー憧れのターボや、スポーティなTiをチョイスしなかった。マッチボックスの2002は、手間暇かけて市販当時のもの以上に美しく飾り立てられたレストア車のようでもなくば、マテリズムのようなクールという名のデフォルメもまったくない。つまり、エンスーが仮託するイマジネーションが [続きを読む]
  • マッチボックス、心温まる新作
  • - British sport car - MATCHBOX  '63 AUSTIN HEALEY Mk2 3000USA / THAILANDマ ッチボックスの最新作は、往年のビッグヒーレー。スーパーカーブーム以前、子ども雑誌やマンガに出てきた標準的なスポーツカー像といえば、オースチン・ヒーレーに代表される英国のロードスターだったと思う。ロンドンに発祥し、イギリス製玩具を世界中に広めたマッチボックスに、今や英国色など皆無。だけども、マッチボックスが英国車を扱うと、 [続きを読む]
  • マッチボックス、驚愕の新作
  • - incredible! - MATCHBOX  NISSAN SKYLINE 2000GTXUSA / THAILANDマ ッチボックスのスカイラン2000GTX。昨年リリースされたキャストだけども、新色のモデルをサンタさんから貰った。ご覧の通り、通常品よりも細かく細部が塗られている。テールエンドに見えるのは、カタカナで「マッチボックス」の文字。一見、M2のAUTO-JAPAN SIRIES あたりの真似かと思いきや、と〜んでもございません。驚愕のボックス。なんと、なんと、黒い箱 [続きを読む]
  • 台湾マセラティの正体とは?
  • - identity of Taiwan - TCV DESIGN  MASERATI LEVANTEITALY? / CHINA台 湾セブンイレブンのマセラティ・キャンペーン。1/60では6車種が用意されたわけだけど、面白いことに、その中に市販車は1台しかない。「地中海を跨いで吹く風」の名が与えられたレヴァンテ。マセラティ伝統のネーミングが施された、同社初となるSUVだ。(そもそも今回のキャンペーン自体、レヴァンテの販促が目的ではないかと……)さて、台湾セブンイレ [続きを読む]
  • マセラティの伝説的レーサー達
  • - legendary - TCV DESIGN  MASERATI 250F(1957)/300S(1955)ITALY / CHINA今 でこそラグジュアリーなイメージばかりで語られるマセラティだけども、かつてはサーキットの雄だった。TCV DESIGNは、50年代の伝説的なレーサーをモデル化した。フォーミュラカーの250Fは46のグランプリに出走し、8勝をあげている。1954年と57年には、ファン・マヌエル・ファンジオがドライバーズ・チャンピオンになった。ナンバー1の250Fといえ [続きを読む]
  • モニュメントとしてのバードケージ
  • - by Pininfarina - TCV DESIGN  MASERATI BIRDCAGE 75thITALY / CHINA京 商CVSシリーズにもあったマセラティ・ティーポ61、バードケージを仮託させたコンセプトカー。2005年のジュネーヴショーで披露された、ピニンファリーナの75周年記念モデルだそうな。10余年前のピニンファリーナ作品ということでピンとくる同志諸兄もおられるかと思うけども、デザインには、奥山清行氏が関わっている。エンツォ・フェラーリを手掛けたこと [続きを読む]
  • 来襲のブーメラン!
  • - 70s concept car - TCV DESIGN  MASERATI BOOMERANGITALY / CHINA百 周年記念のアルフィエーリ以上に驚かされたのが、TCV DESIGNのマセラティ・ブーメラン。ジウジアーロによるマセラティ・ブーメランは、アルフィエーリのデビューを遡ること40余年、1972年のジュネーブショーで実車が披露された。ご覧の通り、70年代のコンセプトカー魂全開のウェッジシェイプ、マセラティのラグジュアリーなイメージをぶち破った異形のフォル [続きを読む]
  • マセラティ、百年の絢爛
  • - design in Italy - TCV DESIGN  MASERATI ALFIERIITALY / CHINAマ セラティ創業百周年の記念モデル、アルフィエーリ。2014年のジュネーブモーターショーで画像のコンセプトカーが発表され、2022年に市販されることがマセラティからアナウンスされている。ご存知の同志諸兄も多かろうと思うけども、アルフィエーリは人名で、創業者であるマセラティ3兄弟の一人にちなむ。フェラーリで言えばエンツォ・フェラーリなみに重要な [続きを読む]
  • 旬のマクラーレン
  • - loved by Japanese - MINI GT  McLAREN SENAMADE IN CHINAマ クラーレン・オートモーティブのうち、今年最も話題になった旬のモデルがセナ。ご覧の通り、香港のMINI GTがいち早くモデル化し、近々マテルからも登場の予定らしい。行きつけの専門店に立ち寄ったらMINI GT版が入荷していたので、すかさず買ってしまった。セナという車名は、説明するまでもなく、故アイルトン・セナからいただいている。おそらくセナは、日本で最 [続きを読む]
  • 寒い国でもブルー
  • - Russian postal car - TECHNOPARK  LADA 2110RUSSIA / CHINAロ シアのコンパクトカー、LADA2110。実車は、かの地では10年ほど前まで作られていたそうな。ボディサイドに描かれた文字は「ロシア郵便」の意。そう、ロシアの郵便車はアメリカと同じ、ブルー。この2110が郵便局の営業車か配達車かわからないけども、いずれにせよ、屋根にランプはいらないんじゃないかな。それとも、かの地には、緊急の郵便車両が存在するのか?The [続きを読む]
  • 寒い国から来た緊急車両
  • - smell gas? - TECHNOPARK  UAZ HUNTERRUSSIA / CHINAこ ちらはロシアのご当地ブランド、TECHNOPARKによるUAZハンター。TECHNOPARKは、一つのキャストに、ノーマル車からタクシー、パトカーその他諸々と、様々なバリエーションを与えている。オレンジのハンターは消防車両とも見紛う色だけど、ロシアの消防車はやはり赤。日本の消防車よりもっと濃い赤をしている。では、この燃えるようなオレンジの車両は?ボディサイドに描か [続きを読む]
  • 寒い国の旧車
  • - Russian old car - WELLY  UAZ-31514MADE IN CHINAウ ェリーによるロシアの小型四駆、UAZ-31514。以前、 ロシア向けのウェリー、AUTOTIME名義で売られていた、同じキャストのUAZハンターを紹介したことがある。今回入手したモデルは、ウェリーの名が明記されたお馴染みの青いパッケージに入っており、車名が31514に代わっている。ハンターと31514は、70年代の軍用車両UAZ-469の流れをくむ兄弟車。ハンターは民間向けの現行車で [続きを読む]
  • SUVとは呼びたくない
  • - Defender - WELLY  LANDROVER DEFENDERMADE IN CHINA四 半世紀にわたり、2016年までつくられたランドローバー・ディフェンダー。前身のランドローバー90/110まで含めると、その誕生は、ちょうどウェリーが市場に登場した80年代初めにまで遡る。ウェリーは、そんなディフェンダーを最近になってリリースした。ついこの間まで作られていた現役車のモデル化と考えるか、旧車枠と考えるか、ちょいと悩ましい。まあ、後者かな。【第 [続きを読む]
  • 麗しきEの不在
  • - absence of the most beautiful car - WELLY  JAGUAR F-TYPEMADE IN CHINAマ ジョレットのカバヤ版が出回ったため、小スケールミニカーとしてすっかりレア感がなくなったF-TYPE。遅ればせながら、念願のウェリー版もようやく入手することができた。さて、ウェリーは、ジャガーの現行車であるF-TYPE、F-PACE、XJをリリースしている。つまり、インドのタタ・モーターズ傘下となった以降のジャガーを最も多くモデル化しているのが [続きを読む]
  • 王室御用達:royal warrant
  • - Luxury SUV - WELLY  JAGUAR F-PACEMADE IN CHINAジ ャガー初のSUV、F-PACE。一昨年のデビューながら、これも個人的に、路上で走っている実車をまだ見たことがない。※当方の仕事場は、トーキョーの中心部にあり、フェラーリやマセラティ、ロールスロイスは当たり前のように見かけるところ。高級SUVという新たな潮流に乗って、英国王室御用達のジャガーが満を持して世に送り出したものの、今一つ注目度が低い。そのためだろう [続きを読む]
  • 先行のNSX
  • - not bottom - WELLY  HONDA NSXMADE IN CHINAひ ょっとしたら、まだ路上で実車を見かけたことがないかもしれないNSX。当方がまだ見ぬうちに、より精悍な姿へのマイナーチェンジが発表されている。さて、ウェリーは、かつて百円ショップでも売られていたように、その登場以来、約40年、ミニカーのボトムラインを担ってきた。もっとチープなミニカーはあれど、ギリギリ、子どもだましにならない程度の実車再現性を、いつの時代も [続きを読む]