ワイキキ@第三世界 さん プロフィール

  •  
ワイキキ@第三世界さん: 第三世界的blog
ハンドル名ワイキキ@第三世界 さん
ブログタイトル第三世界的blog
ブログURLhttp://diecast.blog3.fc2.com/
サイト紹介文メジャーからマイナーまで、第三世界的小スケールミニカーの紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供148回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2016/07/18 13:17

ワイキキ@第三世界 さんのブログ記事

  • スペインの屋根付き
  • - complete body - MIRA  LANCIA 037 RALLYMADE IN SPAINい つぞや紹介したMIRAのランチャ・ラリー。ようやく屋根付きのモデルも入手できた。あいかわらずフロント周辺の造形が怪しさ満点だけども、屋根がつくと、けっこうランチャ・ラリーらしく見える。80〜90年代において、欧州各国で流通しているようなメジャーブランドが、ことごとくランチャ・ラリーをスルーしたのは、同志諸兄ご承知の通りだ。もちろん、日本でも、アメリ [続きを読む]
  • 古きマッチボックスのロングセラー
  • - too good condition - MATCHBOX  SALADIN ARMOURED CAR 6X6MADE IN ENGLANDマ ッチボックスのレギュラーホイール物として最も寿命が長かったのが、67aのサラディン装甲車。その製産期間は59年から67年の8年間にわたる。※今のミニカーでは8年なんてザラだけども、金型技術がまだまだ発展途上だった50年代のモデルということに留意すること。これまで、砲塔の欠けたジャンク品しか持ってなかったので、この夏、アメリカの同志 [続きを読む]
  • アイスクリームとアンテナと
  • - Ice cream and Antenna - MATCHBOX  COMMER BF VANMADE IN ENGLANDか つて、イギリスを代表する商用車の一つだったのがコマーのBFバン。マッチボックスは63年に2種類リリースしている。奥にある青いのはイギリス名物、アイスクリームバン。英語版Wikipediaによると、BFバンは、アイスクリーム販売車への改造例が多々あるそうな。我らが同志ねこざかなさんのところで、マッチボックスの歴代のアイスクリームバンについて解説さ [続きを読む]
  • DDRの王、と言っても東ドイツじゃなし
  • - King of DDR - MATCHBOX  KENWORTH SUPER BOSSMADE IN CHINA十 代の時分には、スーパーファストばりの架空車だと思ってスルーしていたSUPER BOSS。日本市場ではかつて、マッチボックス100シリーズの黄色いボックスに入って売られていたと記憶している。MADE IN MACAOと刻印されていた頃のものだ。だけども、SUPER BOSSのオリジナルキャストはレズニーマッチボックス最後の年につくられたもので、実物は未見ながら、ENGLAND刻印 [続きを読む]
  • スタンダード・ナンバーとしてのシェビー・バン
  • - Jazz standard - MATCHBOX  '95 CHEVY VANUSA / THAILAND昨 年にリリースされた、95年式の三代目シェビー・バン。救急灯らしきディテールが見られるのは、当初、MBX Heroic Rescue の一台だった名残だろう。マッチボックスでは2007年にもシェビー・バンをリリースしている。正確には70年代のキャストをモディファイしたもので、2013年までその金型を使っている。ちょっと間を空けて、ふたたび新金型で登場させるなんて、三代目 [続きを読む]
  • セレブ御用達
  • - celebrity selection - MATCHBOX  '15 CADILLAC ESCALADEUSA / THAILANDこ の夏手に入れたマッチボックスの一台。まずは、2018のニューモデルである現行キャディラック・エスカレードを見てみる。四代目エスカレードの小スケールミニカーは、マッチボックス以外のブランドでは出ていないはず(GMのノベルティをのぞく)。先代、先々代エスカレードをリリースしたホットウィールその他も、四代目は手掛けていない。このゴツいな [続きを読む]
  • 50周年、その時マッチボックスは?
  • - 50th of Matchbox - MATCHBOX  VW DELIVARY VANUSA / CHINAこ の夏最大のトピックと言えば、はじめてトミカ博を訪れたことではない。マッチボックスの未入手キャストを、50年代物から最新のモデルまで30数台補完したことだ。毎年恒例、ニューメキシコ州のアルバカーキで開催されるマッチボックス・イベントに同志が参加すると言うので、リストを渡して、探し出してもらった。(GREAT THANX!)で、時代を超えて今回最もいいお値 [続きを読む]
  • 恥ずかしきジェイの誤謬
  • - J sent J to J - JADA  TOYOTA SUPRA USA / CHINA米 JADA、JDM TUNERSシリーズの一台。JADAの場合、長い間数多の日本車を手掛けているだけに、マテルの成功の後追いとは言い切れないのではないか。そもそも、今回JDMについて考察することになったのは、当方の無知っぷりがきっかけだった。あちらの同志J氏からの問い合わせに、トンチンカンな答えを返してしまった。(大意)同志J 「JDMで持ってないモデルがあったら、手に入 [続きを読む]
  • ブームをもたらしたもの
  • - Great nostargia - HOTWHEELS  DATSUN 510WAGONUSA / MALAYSIA賢 明なる同志諸兄ならお気づきのことと思うけども、昨今の米国ブランドにおける日本車(JDM)のラッシュは、我が国の市場を当て込んだものではない。日本各地のトイザらスでどんなに国産旧車ミニカーの争奪戦が繰り広げられようが、静岡発の暴走族スタイル・モデルにプレミアがつこうが、米国ブランドは我が国の状況なんて気にしちゃいない。そして、小スケールミ [続きを読む]
  • 業界の大立者
  • - at Walmart - ADVENTURE FORCE(MAISTO)  CHEVROLET CAMARO SSMADE IN CHINA世 界最大のスーパーマーケットチェーン、ウォルマートに並んでいる玩具ブランド、ADVENTURE FORCEによる2016年型シボレー・カマロSS。パケには記されていないけども、シャーシーを見ると、お馴染み、MAISTOの刻印が入っている。米国はもちろん、各国のウォルマートで取り扱われていたり、マテルになり代わりフェラーリのライセンスを握っていたりと、 [続きを読む]
  • ジャガー・レーサーにまつわる大いなる訂正
  • - big mistake - TOMICA  JAGUAR XJ-S GROUP ANADE IN JAPAN先 だってのグループAジャガーのエントリーについてご指摘をいただいた。#52の元ネタは、1986年に富士スピードウエイで行われたインターTEC(国際ツーリングカー耐久レース)の出場車ではないかと。……あ、なるほど!念のため調べてみたところ、JAFの国内競技結果リザルトでも、Youtubeにあがっている動画でも#52のXJ-Sが確認できた。ドライバーの一人は、やはりデニ [続きを読む]
  • いきなりのフィアット
  • - povero 500 - TOMICA PREMIUM  FIAT 500FJAPAN / VIETNAMか わいそうなクルマの話をしよう。その名はフィアット500。戦後のイタリア、ひいては欧州を代表する大衆車の一つでありながら、長らく小スケール化には恵まれなかった。各国の名車をフォローしたトミカの青箱シリーズでも、ビートルや2CVはラインナップに加えていたけども、フィアット500はスルーしたのはご承知の通りだ。このたびのトミカによるフィアット500のリリー [続きを読む]
  • トミカによるビッグキャットの出自
  • - In which race did this big cat compete? - TOMICA  JAGUAR XJ-S GROUP ANADE IN JAPANワ イドホイールにより、グループA仕様に仕立て上げられたトミカのXJ-S。発売当時(1987年)は、カラーリングだけの安易なレーサー化にしか感じられなく、買いはしたものの、冷ややかな目で見ていたことを憶えている。当時買った物はどこかにしまっちゃってあるけども、最近、傷まみれの個体を偶然手に入れて、ふと考えた。このブリティシ [続きを読む]
  • 台湾発:二十一世紀の翼
  • - wing in 21th century - TCC GLOBAL  RED BULL X2014MADE IN CHINAレ ースゲームに通暁している人なら知らぬ者がない、レッドブルX2014。「グランツーリスモ6」(GT6)に登場するマシンだそうな。同ゲームのXシリーズはレッドブル・レーシングとのコラボにより誕生しており、当代きってのデザイナーであるエイドリアン・ニューウェイ、そしてセバスチャン・ベッテルまでも絡んでいたという本気っぷりだ。天才の名をほしいまま [続きを読む]
  • 二十一世紀のテスタロッサ
  • - obsolete, but... - TOMICA PREMIUM  FERRARI TESTAROSSAJAPAN / VIETNAM二 十一世紀も5分の1が過ぎようとする今日、世界中のどこを見ても、新車市場にリトラクタブル・ライトを有するクルマは存在しない。そしておそらく、これからも、開閉式のライトを備えたクルマは登場しない。だけども、立石こと我らがトミカは、ニューモデルであるテスタロッサにリトラクタブル・ライトのギミックを付与した。二十一世紀のミニカーと [続きを読む]
  • にわかコレクター、疑問を呈す
  • - one question - TOMICA  NISSAN SYLVIAJAPAN / VIETNAMふ と感じた、しょーもない疑問。かねてより当ブログでは、地政学的観点から、取りあげた各モデルについてブランドの本社のある国名や製造国を示すようにしている。たとえばマテル製品なら、USA / MALAYSIA といった具合に。さて、ここで問題提起。トミカ組立工場でこしらえたモデルって、made in Vietnam ではなく、 made in Japan じゃないの?The doorway to Japanese [続きを読む]
  • にわかコレクター、トミカ博に往く
  • - I went to Tomica Expo - TOMICA  MERCEDES AMG GT-RJAPAN / VIETNAM永 遠のにわかトミカコレクターの当方。この日曜日、地下鉄に乗ってパシフィコ横浜まで足を延ばしてきた。我が往くは、トミカ博 in YOKOHAMA。…… …… ……なにをかくそう、トミカ博を訪れたのは場所を問わず今回が初めてで、トミカ関連では、昔々どこかのデパートの催事場で行われていたイベントをのぞいたことがあるぐらいだ。日曜の午前、しかもお盆 [続きを読む]
  • いわくつきのウイング
  • - 1980 Alfa Romeo F1 - POLISTIL  ALFA ROMEO 179MADE IN ITALYポ リスティルが欧州でリリースしていた、マルボロ・アルファロメオのウイングカー。暗い赤色の22番なので、1980年シーズンに参戦した初期型179だろう。見よ、この美しくも先鋭的なスタイルを。ヴェンチュリー効果でダウンフォースを稼ぐため、フロントウイングは省略され、サイドポンツーンは地をこすらんばかりにひたすら低い。ただ実車は、ウイングカーというト [続きを読む]
  • 20年越し
  • - over 20 years - POLISTIL  LOTUS 80MADE IN ITALYつ いに入手したポリスティルのRJ65、ロータス80。最初にその存在を知ったのは、インターネット黎明期の90年代半ばだったと思う。ポリスティルF1の70年代物は子どもの時分から持っていたし、80年代後半のモデルはF1ブーム時に専門店に入っていたので、おおむね手元に揃っていた。大好きな80年代初期のウイングカーもポリスティルにはあるのだろうと予想はしつつも確証はなく [続きを読む]
  • 勇者が往く
  • - Our hero goes - TOMICA STAR CARS  CHEVROLET CORVETTE STINGRAYJAPAN / VIETNAM二 十世紀に誕生した、現代の神話たるスターウォーズ。その「永遠の勇者」、ルーク・スカイウォーカーの名が冠されたのは、C2コルベットこと初代スティングレイ(グランスポーツ?)。ファイアバードといいコルベットといい、トミカのスター・カーズでは、主要なキャラクターにはマッスルカーがあてがわれている。人気のボバ・フェットも古いア [続きを読む]
  • フリークが往く
  • - Star Cars - TOMICA STAR CARS  PONTIAC FIREBIRD TRANSAMJAPAN / VIETNAM我 らがアメリカの友人(架空人物)が、納屋に眠っている74年式のファイアバードを見つけた。亡くなったグランドファザーの持ち物だったらしい。彼はカーマニアの血を丸っきり受け継いでいなかったけども、ファイアバードをレストアすることを思いついた。クルマの代わりにスターウォーズ・フリークで、年一回の全米コンベンションには毎回コスプレで参 [続きを読む]
  • ありえないイタリア
  • - Tricolore italiano - WELLY  ALFA ROMEO 4CMADE IN CHINAや っとこさ手に入れることができた、ウェリーのアルファロメオ4C。同ブランドをターゲットにしている同志諸兄なら、4Cが比較的新しいモデルであることをご承知かと思う。とは言え、そのリリース自体は、マッチボックスや京商よりも早かったと記憶している。我が国では流通ルートが不安定なウェリーゆえ、入手にまで時間がかかってしまったわけだ。海外で出回っている4 [続きを読む]
  • クールなのはホットウィールだけじゃない
  • - fire rescue car - MATCHBOX  CHEVROLET CORVETTE STINGRAYUSA / THAILAND先 日のマッチボックスの記事に対して、海外の同志からメールで意見をもらった。MBの新作、1933プリムス・セダンについて、「あえてポリスカーとしたのは、何か意味があるのかないのか……」と疑問を呈してみた件だ。同志曰く、マテルの中でホットウィールとマッチボックスは差別化されているのだと。ホットウィールはクールなモデルという扱いで、これ [続きを読む]
  • 愛されしランクル
  • - They love Lan-Cru - JOHNNY LIGHTNING  TOYOTA LAND CRUISERUSA / CHINAア メリカン人が大好き、ヨンマルのランクル。かの地の旧車イベントでも人気の一台だそうな。ジョニーライトニングのランクルは、当初06年〜08年にかけてつくられ、一時はJLの中でも、なかなか見つけにくい部類だったけれども、昨2017年、ショップ限定のモデルが数種類リリースされた。祝、復活。そういえばランクルは、アメリカ人同志が来日の際お世話 [続きを読む]
  • 正しき後継者
  • - successor - GREENLIGHT  1971 DATSUN 510USA / CHINAフ ェアレディZでSCCAチャンピオンとなったBREが、次に手掛けたのが510。サファリラリーのワークスマシンだと510→240Zなわけで、マンガチックに考えれば、さらなる勝利に向け、セダンに代えスポーツタイプを投入!といったほうが燃える展開だけど、BREの起用は逆。このあたり、「売れに売れているZの販促はもう十分」「510をテコ入れ」という米国日産の思惑があったそうな [続きを読む]