wk-p さん プロフィール

  •  
wk-pさん: wk-pの心が軽くなるブログ
ハンドル名wk-p さん
ブログタイトルwk-pの心が軽くなるブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/wk-p/
サイト紹介文現実と格闘しては上手くいかない日々に疲れてませんか?あなたが素敵に楽に生きるヒントとなれば幸いです。
自由文はぢめましてWK−Pと申します。
いろんな出来事と日々格闘しておりましたが、ある日を境にゆる〜く、ふわ〜とした毎日を送るようになりました。
何故か思い通りにならない毎日を、少しでも楽に生きるため、ヒントとなれば幸いです。
皆さんの生活にたくさんの 「いいね!」ありますように。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2016/07/18 20:14

wk-p さんのブログ記事

  • ねぇ…
  • WK-Pでございます。<(_ _)> 生きるって何?死ぬって何?生きる意味は?死に意味は?死なないために生きるの?死にたくないから生きるの?生きてるから死ぬの?死ぬために生きるの?生きるって素晴らしい?死ぬってみすぼらしい?生は尊い?死は卑しい?死なないの?死ねないの?生きてるの?生かされてるの?ねぇ… にほんブログ村人気ブログランキング [続きを読む]
  • 人は
  • WK-Pでございます。<(_ _)> 人はなぜ泣くのでしょう?人はなぜ笑うのでしょう?人はなぜ怒るのでしょう?人はなぜ哀しむのでしょう?人は何に涙するのでしょう?人は何に微笑むのでしょう?人は何に怒りを抱くのでしょう?人は何に痛みを覚えるのでしょう?人は… にほんブログ村人気ブログランキング [続きを読む]
  • お詫び<(_ _)>
  • WK-Pでございます。<(_ _)> 本来であれば今が大事だょ!の続きをお届けする予定で記事も書き上げておりましたが…今回は本当ゴメンなさい。今までご覧になって頂きありがとうございました。続きを楽しみにされてた方には大変申し訳ございません。今の私にできる精一杯の言葉を綴ります。スピリチュアルは本当に誰かを救えるのでしょうか? にほんブログ村人気ブログランキング [続きを読む]
  • 今が大事だょ!
  • WK-Pでございます。<(_ _)> ご覧いただきありがとうございますっっヽ(●´∀`)人(´∀`●)ノと、いうわけで…なんとか軌道修正も終わりまして…!?(;゚O゚)今が大事だょ!って所に無事(笑)落ち着きました。σ(^◇^;)当たり前と言えば当たり前でなんですが…私たちは今にしか存在できません。((((;゜Д゜))))過去も未来も今ここにはないんだから目の前にある今をもっと大切にしよう!ってことなんですよね。実はずぅっっっっと続 [続きを読む]
  • 今に生きる
  • WK-Pでございます。<(_ _)> ご覧いただきありがとうございますっっヽ(●´∀`)人(´∀`●)ノ私たちはずっと今ではなく、ここではない何処かに求めてる幸せがあると信じてきたのです。(゜◇゜)それが生きる道標だったのです。だからこそ我々は日々進歩を積み重ねてきたのです。まだ見ぬ幸せな未来のために必死で頑張ってきたのです。それが決して悪いことだと言いたい訳ではありません。むしろ生きるエネルギーとして我々に活力を [続きを読む]
  • WK-Pでございます。<(_ _)> ご覧いただきありがとうございますっっヽ(●´∀`)人(´∀`●)ノどうやら…過去も未来も変えられないって話になってしまったので…(;゚д゚)最後の望みを「今」に託します!今なら変えられるはずですよね???ω??)?だってみんな…そうやって頑張ってきたんですよね?いつだって望みを叶えるため、より良い未来のため、今を変えようと努力してきたんですよね?(゜◇゜)今を変えていくことで私たちは [続きを読む]
  • 未来はきっと…
  • WK-Pでございます。<(_ _)> ご覧いただきありがとうございますっっヽ(●´∀`)人(´∀`●)ノ一生懸命考えてみましたが、過去を変えるなんてこと…どうやら私にはムリみたいです。(;゚д゚)誰かがタイムマシンを発明しない限りは不可能な感じです…。((((;゜Д゜))))まぁ過去は変えられないってのが世間一般の普通な考え方なのでしょう。それが時間の流れって事ですな。( ̄○ ̄)覆水盆に返らずとか諸行無常とか昔の人だって言って [続きを読む]
  • 過去から未来へ
  • WK-Pでございます。<(_ _)> ご覧いただきありがとうございますっっヽ(●´∀`)人(´∀`●)ノ皆さんは時間についてどの様に感じてらっしゃいます???ω??)?過去から今、今から未来へと時間は一定の速度で進んでいくもの。それは過去から未来への一方通行であり決してその流れが変わることはない。そんな感じでしょうか?まぁ未来から過去へと流れてると仰る方もいらっしゃいますけどそれは見方の違いであって一方向の不可逆な [続きを読む]
  • 手放す必要なんてない
  • WK-Pでございます。<(_ _)> ご覧いただきありがとうございますっっヽ(●´∀`)人(´∀`●)ノ実は今回、一番お伝えしたかったのはどんなネガティブな感覚であれ手放す必要なんてないってことなのです。な、何を言ってるノー!?(;゚O゚)それじゃ意味ないっしょ?(;゚д゚)あなたがネガティブを嫌なもの悪いものという目で見てしまう限り手放したいという呪縛から逃れられることはないでしょう。( ̄○ ̄)あなたがどれだけ頑張ったところ [続きを読む]
  • ただ気付くだけ
  • WK-Pでございます。<(_ _)> ご覧いただきありがとうございますっっヽ(●´∀`)人(´∀`●)ノいかがでしたでしょうか?「手放す」ということについて長々と書いて参りましたが…。(笑)何か伝わりましたかネ?へ?サッパリですって…?(;゚O゚)「ネガティブを手放す」その手段や方法に拘ってしまう気持ちも分からないでもないのですが…σ(^◇^;)大事なのはあなたが感じてる感覚以外にも他に捉え方があるということ。むしろそっち [続きを読む]
  • 物言わぬお喋りさん
  • WK-Pでございます。<(_ _)> ご覧いただきありがとうございますっっヽ(●´∀`)人(´∀`●)ノ自分の内側にある思考のお喋りに気付いていないということがあなたの中にあるものを生み出すのです。そう、これが思い込みと呼ばれるものなのです。( ̄∇ ̄)思い込みとはあなたの世界だけに通用するあなた独自の思考回路なのです。そしてこれが時にあなたを縛る楔となってしまうのです。ネガティブといった形で…(゜ロ゜;)思考のお喋り [続きを読む]
  • 思考のお喋り
  • WK-Pでございます。<(_ _)> ご覧いただきありがとうございますっっヽ(●´∀`)人(´∀`●)ノ普通、私たちは日常的に体験してる出来事(現象)と今ここにある感覚は直結していて密接に関わっているものだと考えます。( ̄○ ̄)つまり自分の感覚(認識や捉え方)とは起きる出来事によって決まるものだとほとんどの人が思っています。ところが実際は自分の中で無意識の内に行われている思考や感情の組み立てによって今ある感覚(認識 [続きを読む]
  • 途中経過
  • WK-Pでございます。<(_ _)> ご覧いただきありがとうございますっっヽ(●´∀`)人(´∀`●)ノ どうです?やってみました?気付くということ。??ω??)?あなたの内側にあるものに意識を向けることはできましたか?あなたが何かを体験する度に内側では様々な思考や感情が浮かんでく。そのことに気付けましたか?(・∀・)何気ない日常生活の中でさえ無意識な思考たちの会話は休むことなく繰り広げられていることに驚きませんでし [続きを読む]
  • 手放すために…
  • WK-Pでございます。<(_ _)> ご覧いただきありがとうございますっっヽ(●´∀`)人(´∀`●)ノ 昨日は少し遊びすぎちゃったので…?今日は真面目!?にいきますょ。(笑)ヽ(´▽`*)ゝあ〜ぃ!手放すために何もしない!では何も解決にならないみたいですから…(ホントはそれでイーんですけど…)(分かる人には伝わってるはず!?(^o^;)どしてもご納得頂けない皆さんに一つご提案がございます。誰でも簡単にできることですょ。( ̄∇ ̄ [続きを読む]
  • 贈る言葉
  • WK-Pでございます。<(_ _)> ご覧いただきありがとうございますっっヽ(●´∀`)人(´∀`●)ノどうでした?引っ張ったあげくの…次回に続く(笑)σ(^◇^;)ふざけんな!こっちは真剣なんだよ!ネガティブを今すぐ手放したいんだよ!イライラさせんじゃないよ!(`ε´)なんて少しお冠の方もいらっしゃる…?チョットした茶目っ気じゃないですか?そんな目くじら立てて怒ってたらシワ増えちゃいますょ?( ̄∇ ̄)シワとシワを合わせ [続きを読む]
  • どうすればいいの…?
  • WK-Pでございます。<(_ _)> ご覧いただきありがとうございますっっヽ(●´∀`)人(´∀`●)ノ内側にある様々な思考や感情…それらを自分自身の手で判断してるのは分かった。シンプルに考えるなら好きなのか?嫌いなのか?ただそれだけのこと。その最終的な判断を下してるのはいつだって自分自身。ネガティブは嫌なもの、ポジティブは好ましいと決めてるのも自分。…そこまでは理解できる。じゃあ結局のところ嫌だと感じてるネガテ [続きを読む]
  • 判断を下す
  • WK-Pでございます。<(_ _)> ご覧いただきありがとうございますっっヽ(●´∀`)人(´∀`●)ノいかがでした?手放したい理由、考えてみました???ω??)?辛いから?苦しいから?嫌だから?悪いものだから?何の得にもならないから?不必要なものだから?…まぁいずれにせよあなたにとっては恐らく好ましくないものなんでしょう。好きなものであれば手放そうだなんて考えないですよね。σ(^◇^;)じゃあ何で好ましくないと感じる [続きを読む]
  • 手放すことへの執着
  • WK-Pでございます。<(_ _)> ご覧いただきありがとうございますっっヽ(●´∀`)人(´∀`●)ノ精神世界にのめり込んでく人たちの多くは「手放す」ということに逆に執着してるように思えます。(゜ロ゜;)嫌なものは手放すべき…手放せないから苦しいんだ…手放すことで幸せになれるはず…いつかきっと手放すことができるはず…そうやって何でもかんでも悪いもの、不要なものだと決めつけて消し去ることばかりに夢中です。( ̄○ ̄)手 [続きを読む]
  • 手放す?
  • WK-Pでございます。<(_ _)> ご覧いただきありがとうございますっっヽ(●´∀`)人(´∀`●)ノ皆さんはネガティブを「手放す」と聞くとどのように感じます?ネガティブな感情から離れられる…とかネガティブな思考が浮かばなくなる…とかそんな風に考えるのではないでしょうか?つまり「手放す」とはネガティブな思考や感情そのものが完全に消えることだと思ってません???ω??)?まぁ全くの間違いって訳ではないんですがこの [続きを読む]
  • ちょっとしたトラップ
  • WK-Pでございます。<(_ _)> ご覧いただきありがとうございますっっヽ(●´∀`)人(´∀`●)ノ意識が内側に向かい始めて「何だか行けそーな気がするぅ〜!」ってなった時にハマっちゃうちょっとしたトラップ?があるのです。ネガティブの存在です。無意識の思考たちに目を向けてみるとネガティブって奴はやたらと目立つのです。その存在感たるやまるでゴーヤチャンプルのゴーヤです。よ、余計分かり難いか…(汗)誰だってネガティ [続きを読む]
  • 本当の望み
  • WK-Pでございます。<(_ _)> ご覧いただきありがとうございますっっヽ(●´∀`)人(´∀`●)ノあなたが本当に求めているものっていったい何なんでしょう???ω??)?お金?名誉?幸福?平穏?愛?・・・まぁ人によって様々なんでしょうけど、それを手に入れるためにみんな頑張っているのでしょうネ。( ̄∇ ̄)それが当たり前で普通のことなんでしょう。でもね…果たしてそうなんでしょうか?本当にそれが普通なんでしょうか?そ [続きを読む]
  • ネガティブを手放す
  • WK-Pでございます。<(_ _)> ご覧いただきありがとうございますっっヽ(●´∀`)人(´∀`●)ノというわけで、私(゜∀゜)…ブロック解除もネガティブを手放すのも大して頑張ってません。(。・ ωろくにやってもないのに必要ないだなんてとんだ勘違いヤローだすな…。(;゚д゚)べ、別に否定してる訳じゃないですよ。((((;゜Д゜))))それをやることで不要な思い込みに気付き手放せる方もいらっしゃるのでしょうから。実行できる強いメン [続きを読む]
  • ネガティブに向き合う
  • WK-Pでございます。<(_ _)> ご覧いただきありがとうございますっっヽ(●´∀`)人(´∀`●)ノこのブログの人…大丈夫?結局…何が言いたかったの?サッパリ???って思われた方、安心して下さい、私もですから。(笑)はて?…何なんでしょう???ω??)?自分の内側に意識を向けることが大切!無意識な思考、思い込みに気付くのが大事!…なんて言っておきながら、ネガティブな感情は掘り下げなくていい、自分を責めるのは止 [続きを読む]
  • ネガティブにサヨナラ
  • WK-Pでございます。<(_ _)> ご覧いただきありがとうございますっっヽ(●´∀`)人(´∀`●)ノブロック解除とはあなたが無意識の内に自らに課してる思考の制限に気付くことです。そうやって真の原因を一つ一つ見つけ出し手放していくことを目的としています。つまり昨日の「嫌な人」で言うならばなぜ相手のことを嫌に感じてしまうのか?そもそも、どういった処が嫌なのか?ではなぜその部分が嫌なのか?なぜそんな風に感じるのか? [続きを読む]
  • 嫌な人
  • WK-Pでございます。<(_ _)> ご覧いただきありがとうございますっっヽ(●´∀`)人(´∀`●)ノ例えば嫌な人っているじゃないですか?「そんな人いないわ。すべてが愛なのだから…?」って方はどーぞそのまま突き進んでチョ。特に申し上げたいことはありませぬ…。σ(^◇^;)嫌な人ってやっぱりどっからどーみても嫌な人ですよね?いつでもドコでもどんな場面でも(笑)じゃあその嫌な人は最初から嫌な人だったんでしょうか?生まれ [続きを読む]