sally さん プロフィール

  •  
sallyさん: LOVE&Peace.life
ハンドル名sally さん
ブログタイトルLOVE&Peace.life
ブログURLhttps://ameblo.jp/syaorin7315/
サイト紹介文自分の気持ちと向き合って、豊かに生きるという日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2016/07/19 16:24

sally さんのブログ記事

  • フランス人の40歳からの生きる姿勢
  • フランス人の40歳からの生きる姿勢という本を読みました。 フランス人の40歳からの生きる姿勢1,512円Amazon 今、私の中で、フランスが大ブームなんですね。 しらずしらず、、、 いくつか紹介いたします。 ”フランス人は一日9時間も寝る” 一つには、フランス人はあまりテレビを観ないらしい。 仕事から帰ったら、夕食の支度をして 食事をし、そしてのんびりする。 30分ほど本を読んだり、音楽を聞いたりして 夜の時間を楽し [続きを読む]
  • 女性らしくあるべき
  • フランスでは、フランス流の生活スタイルや、ファッション、 外見にかける情熱が、他の国と比べて 高いといわれています。 だから、私達は、フランスに強い憧れをもっているのでしょうか。 そんな、フランスの秘訣を探ろうと この本を読みました。 セクシーに生きる ― 年を重ねるほどに、フランス女性が輝きを増す秘密1,410円Amazon 女性はみな、週末には特に気合いを入れて おしゃれをします。 ジムに行くような格好をして、週 [続きを読む]
  • ミニマリストになりたーい!
  • ミニマリストになりたーい! この間、コルクの、ウエッジソールの 可愛いサンダルを見つけて、 試着してみたら、ピッタリ♪で履きやすく お値段も、一万円で これ欲しい。 これ、、買おう!と思って、 レジの方へ、一歩二歩、歩き、 途中で引き返して、もとの場所に返し、、、 あきらめました。 ミニマリストとして、特にサンダルに困ってないし 履ける靴は他にも持っている、、、! からホイホイ 買ってしまってはダメ。 ミ [続きを読む]
  • こだわりのない人生
  • いろんな事に、いちいちこだわりのない、人でありたい。 いや、本当はいろいろと、 こだわりがあった方が 格好良いと思っていました。 そうやって、いろいろこだわってきたのですが、 なんだか、疲れちゃう?もしかしてって 思うようになったのです。 あるがままに生きて、 あるがままに死んでゆく、、 モノもヒトも流れてゆく、 ひとつとして、定まるなんてことは ないのではないだろうか。 この人生を愛し、肯定するというこ [続きを読む]
  • ”セクシーに生きる”を読んで2
  • 男は、女を「自分のものにした」と思った瞬間から 彼女への関心が薄れ始めることを、フランス人女性は知っています。 だからこそ、自分の夫に対してさえも、ミステリアスな部分を 残しているのです。 たとえば、 毎日のルーティンを少し変えてみたり、 新しい舞台を観にいったり、 郊外での、コンサートに行ったり!! わたし、今頃気付くなんて、とってもおそかったW 男のヒトって、移り気なんですね。 女性は誰でも、ミステリ [続きを読む]
  • ”セクシーに生きる”を読んで
  • ジェイミー・キャット・キャランさんの フランス人女性の秘密を書いた本 ”セクシーに生きる”を読みました。 セクシーに生きる ― 年を重ねるほどに、フランス女性が輝きを増す秘密1,410円Amazon アメリカ人女性は、一回か、二回目のデートのあとで すべてをはっきりさせたがる。 「わたしたちって恋人同士? あなたはわたしの、彼氏なの? それとも、ただの友達のつもり?」ってね。 フランス人女性はそういうやり方はしない。 [続きを読む]
  • マリリンのように♪
  • 桜が美しい季節になってきました。 みな様、いかがお過ごしですか? やっぱり、春になれば春らしいファッションを楽しみたいし そして、やっぱり 女子力もあげたいし、 うきうきワクワクするような、春を迎えたい。 楽しみが増す季節、いろんな 新しいことをむかえる季節でもあります。 最近のマイブームがあります。 それは、女子力をバッチリあげる方法! それは、自分の女子力が下がってるなって思うときに やってみること。 [続きを読む]
  • ホセ・ムヒカ氏のこと2
  • ムヒカさんは、言いました。 「毎日、太陽が、のぼることに幸せ 人生を愛し、憎まないこと 情熱をかたむける何かが必要。」 どうやって、希望をもつのか、という質問がありました。 「私も気付きました。そういった問題がある。 他の国々でも。 現代の文明は、多くのものを求める 彼らを窒息させる。 現代は冷蔵庫、電子レンジ、、、 多くのものをもたないといけない。 30、35の時、若者は何も成し遂げていない。 私たちは [続きを読む]
  • ホセ・ムヒカ氏のこと
  • 2年ほど前に流行った、ウルグアイの元大統領、 貧しい大統領で、有名なホセ・ムヒカさんのことを思い出しました。 世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ1,728円Amazon 「少なくモノを持つ事」で有名で、ミニマリストを目指していた 私の心にぐっときた元大統領の方です。 ムヒカさんが、インタビュアーにたずねられた。 「幸せに必要なことは、何でしょうか?」という質問の答えが またぐっときます。 それは、 「何のための [続きを読む]
  • ハラのたつことについて
  • そりゃ、生きていれば、誰だって ハラのたつ事もありますよね! それを、どう克服できるのか。 人生はなんなのか。 人生において、怒りってなんなのか。 怒りの心を鎮める練習をしているんだと 思えば良い。 どんなにハラがたっていても、どうにか、かわす! この方法がダメなら、 次はこの方法だと、考え方を変える。 次の手、次の手とやっていって 時々、上手くなる 怒りがスーッと消える時もある。 じっと、我慢した時、、、 [続きを読む]
  • 自分に忠実に生きていきたい
  • 許せない気持ちを抱え込んだまま 人生をさまよっちゃいけない。 自分の怒りに負けたりして 怒りのままに過ごすことだって同じ。 自分を大切に思うなら 他人の人に基準を置くではなく 自分自身に正直に生きてゆこう 無いものねだりをするよりも 自分の好きなモノ(事)に忠実にいよう この時点でできる、精一杯のことをして そして、一生懸命に生きる 自分を誇れるように そうすることで、 私たちは、許せないと思っていること [続きを読む]
  • 家族についてのお話
  • 家族ってすごく大切 でも、身近すぎて、大事なことを見落としてしまう。 自分の人生においても 人生を根こそぎ、変える力をもっていて 良くも悪くも、 すごい影響力を持つ 家族って不思議ですね。 すべては家庭から始まると マザー・テレサは言っています。 まずは、家族から、なんですよね。 良い関係であっても、 悪い関係であっても、 そこから、どう人生を始めるのか そこから何を学んで よりよい人生をつくっていけるのか [続きを読む]
  • 自分自身で選んだ人生
  • 今のこの人生は、良くも悪くも 「自分自身で選んだ人生」 その人生を肯定しなければ 一歩も前に進めないように感じます。 自分が選んだ環境 感謝こそすれ、愚痴や不満ばかり言っていては 幸せにはなれません。 というのも、美輪明宏さんの 「強く生きるために」という本を読んだのです。 人生相談の本なのですが 人生の生きるヒントがちりばめてあって 心にくる言葉がたくさんありました。 この地球というところは、魂の修行場。 [続きを読む]
  • 自分とたたかう
  • 自分とたたかって、 生きていくのが 本当の姿なのでは? 手塚治虫氏ブッダであるシーンがあります。 ブッダの弟子、ダイバダッタは、 ブッダを好きになりすぎ、憎しみの心をもつように なります。 しまいに、ブッダを殺して、 ブッダの教団のリーダーになりたいと 思うようになります。 しかし、自分のあやまちから、死にかけます。 その時、ダイバダッタは、死を目の前にして 「ブッダになりたくて、なれなかった。 ブッダが憎い [続きを読む]
  • ブッダを読んで2
  • お正月明けから読み始めたブッダですが、 ブッダ全12巻漫画文庫 (潮ビジュアル文庫) Amazonブッダを読んで1取り寄せてもらう、とかいろいろあって、今になりましたが 12巻、全部読みました♪ 本気で感動しました。心が動くとかいて感動です! 手塚治虫は、やっぱり天才じゃないか 本物のブッダの物語と、 フィクションの部分を上手く重ね合わせて 極上のタペストリーの様な話の持っていき方に感激しました。 登場人物のひとり [続きを読む]
  • 素敵女子になるために
  • 最近、やけに父親にハラがたつ。 小さな事で怒ってしまう。 しょうもない事なんやけど、むしょうにハラがたつ。 いつものことながら、なんでこんなにハラがたつのだろう。 一つ上のレベルに立って、しょうもない事、言っていても、 相手にしなければ、いいんだけど! 家族というのは、むずかしいもので それが、良い関係であっても、悪い関係であっても それは、私たちがより幸せな人生を歩むための 課題なんだと、受け止めるこ [続きを読む]
  • 日本人として
  • やっぱり、日本人の丁寧さは、他の国より 群をぬいている、と思いました。 図書館に行った時、 予約した本を取ってきてもらうのに 「予約した本が届いていると思うのですが すみませんが、取ってきてもらえないでしょうか?」と 言いました。 予約している本を持ってきてください、でも通じるけれど すみませんが、取ってきてください、と言うことで 相手が、気持ちよく取ってきてもらうという事を 考えて、入れたフレーズ。 も [続きを読む]
  • 戻る場所があるという幸せ
  • いろんな事をやらかして いろんな事に挑戦しても 思うようにいかなかったり、あきらめてしまったり でも、いつも心に夢をもって 生きていきたい。I'm dreamer(アイム ドリーマー) 私には、戻る場所がある 還る場所があるという幸せ 故郷という国のあたたかさ 戻ってきた時のすがすがしさ戻る場所があるという幸せ ここで英気を養って 再起を誓う。 あたたかい場所 家族という名の平和 大切にしたい、と思いました 一度、離れ [続きを読む]
  • 五感を楽しむ
  • 皆さま、こんにちは、いかがお過ごしですか? もう正月から一か月がたち 早2月です。あっという間に、一か月がたった感じがしませんか? きっと2月もあっという間でしょう。28日だしね! 最近、買物をして、ウキウキしてました。 薄手のコートの下に着る、ウルトラライトダウン、とかパーカーとか 買いまして、 ささやかですが、梅シソ味のせんべいを食べる時も幸せ。 なんか小さなことが幸せなんですね。 で、もっと幸せを [続きを読む]
  • ムジュンについて
  • 皆さま、こんにちは、いかがお過ごしですか? 雪も降ってますし、家でゆっくり、読書など、最高ですね。 でも、わたし、最近ムジュンが多くて、困ってます。 それは、 ある人は、「自分探しに、どこまでも、旅を すれば良い」という人と、 「旅なんかは、決っしてするな、幸せは、そばにある」 という人がいて 私は、どっちも本当のような気がして 納得できかねています・・・ 他に、 自分のスタイルを決めるために 「憧れの人を [続きを読む]
  • 魂の話2
  • 人生が好き、スピリットな旅が好き 私達は、人間という肉体に入っていまここに生きているけど 正月、1月2日に書いたように、魂の話1一体全体、魂ってなんだろうって 今年そのことが、テーマみたいになっていて 魂が肉体に宿っているのなら それはなぜ? 生きる意味を、見つける旅のよう。 みたいに思っていて、 重要度が増しています。 生きる意味を探しているならば、 いつか、それが何か、ハッキリわかる時がくるのかもしれな [続きを読む]
  • あきらめない強さを持つ
  • 猫ちゃんたちは、かしこい、、、 そう思うにはワケがあります。 実は、うちの父、猫がキライで、庭に入ってくる猫をみつけると 「やーー」と言いながら、水をかけて追いかけます。 猫もそんな父をわかっていて、父がいると、逃げます。 そして、私たちの知らないうちに 庭にウンコをしていくのです。 エサもくれない、追い払われる、、ここをウンチ場所に決め 「よし、ウンチしてやろう」てなもんですね。 猫のウンチを見るたびに [続きを読む]
  • 自分が自分の一番のファンになろう
  • いつも、思ってることがあります。 それは、私が私であるために 人生に必要なことは、自分を愛する、 ということではないでしょうか。 もっと、簡単に言えば、 自分が、自分の一番のファンになろう! ということです。 まず、その前に、自分の中で気に入らないと思っている事を すべて、リストアップし、 それをすべて捨てよう。 それが、出来たら、 自分の人生、自分の性格 自分である程度、脚本を書き 自分で演じてみる こんな [続きを読む]
  • 手塚治虫 ブッダを読んで
  • 新年、おめでとうございます。 三連休なので、まだまだお正月気分が抜けきらず、、、 おせちも、残りモノを食べいて、ごまめが 歯ぐきにささった私です。 まさかのごまめ!! そんな私ですが、新年早々に選んだ本が こちら ブッダ全12巻漫画文庫 (潮ビジュアル文庫) Amazon 手塚治虫さんのブッダ。 9巻まで読みました。 ”欲のままに、楽しみや遊びにふけることは 低級でおろかだ。 しかし、 自分を苦しめるのに、夢中になる [続きを読む]
  • 新年おめでとうございます・魂の話
  • あけまして、おめでとうございます♪ お正月です。お餅、おせち、食べ過ぎてはいませんか? 私は食べ過ぎ、おナカいっぱいです。 でも、まだいける!正月だけは、ダイエットなしで 許そう。 この間、人間の体は、骨でできているっていう  テレビを見て思ったのですが、 骨って皆、同じような作り、体も、内臓も 皆同じ。 人間って、白人も、黒人も、日本人も 皆、骨って同じなんだ、と思ったら、 めっちゃ、不思議に感じて、 [続きを読む]