naturally彩乃 さん プロフィール

  •  
naturally彩乃さん: 『美容と健康の変態』エステティシャン彩乃のブログ
ハンドル名naturally彩乃 さん
ブログタイトル『美容と健康の変態』エステティシャン彩乃のブログ
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/yves20rocher/
サイト紹介文美容・健康・仕事への情熱が行きすぎて、だいたい変態です。美意識の向上。脱毛の美学。仕事への信念。
自由文『Beautifully made salon naturally』
エステティシャン彩乃の独断と偏見と自らの経験による、美意識の向上。脱毛の美学。仕事への信念。
エステティシャンとしての姿勢、心構えなど。
ありえないレベルで赤裸々に、記載しております。
仕事に対する情熱ゆえ、ブログの内容は至って変態にございますが、本人は至って真剣です。
歳を重ねるごとに、美しく。

健康美の真髄を、あなたに。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供138回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2016/07/19 17:13

naturally彩乃 さんのブログ記事

  • 読み間違いにより2秒くらい心臓が止まった話・後編
  • 5位『エロミルクまんじゅう』6位『エロふっくりんこクッキー』この真相を早急に確認すべく鬼神の如き勢いで二度見したらだって。だってだって。だってだってだって。そこだけ繋げて書いてあるから…他のはスペースが空いてるのになぜかそこだけ繋げて書いてあるから…もう今後そうとしか読めませんよ。どうするんですかこれいやもうひとりですごい焦りましたよね。まるで『ひとり気まずい祭』です。一瞬にしてひとり気まずい祭の [続きを読む]
  • 読み間違いにより2秒くらい心臓が止まった話・前編
  • 読み間違い。聞き間違い。これらは時に恐ろしいまでもの威力を発揮し、いたずらに己の鼓動を速めることとなる。私はこれによりこれまでの人生において、普通の人類であれば耐え切れずに「恥ずか死」んでいたであろう極めて困難な状況下を潜り抜け今もなお生存している、猛者のひとりでもある。事件は突然起きる。己の、まったく予期せぬタイミングで……。どうも。私です。それは先日ふと、食事中に横に貼ってある広告が目に入っ [続きを読む]
  • 嫉妬して妬もうとしたけどやっぱり無理だった女の話
  • 友情なんて終わる時は一瞬で終わるし、終わらない時は何があっても終わりません。一度終わってまた始まることだって、もちろんある。私はそう思います。ペラッペラなものが大嫌い。そんなもの最初からなくたっていい「絶対」なんて、この世にはない。女優さんみたいに綺麗な子だった。知り合ったのは十数年前に高校で。美人で背が高くて色白美肌。完璧だった。それまでとても狭い世界で生きてきた私は、こんなに綺麗な子がいるな [続きを読む]
  • 余力を残しておくことの大切さ
  • ちょっと困っていることがある。私は今、全力でがんばれていない。がんばれていないというかがんばることができないというかがんばってはいけないというか…とにかく私は今、全力でがんばれていない。これは事実。とても歯痒い。でも今はがんばってはいけないのだ。諸事情により。私もそれは納得してるつもり。いろいろ目の当たりにしたしね私の信条は揺るぎない信念は『目の前のことに対して、己の持てるすべてで取り組むこと。 [続きを読む]
  • 意外とよくあるLINE誤爆事件③
  • やめてくれ。『エステティシャンの養成の件で、一度お話できたらと思います』を『エステティシャンの妖精の件で、一度お話できたらと思います』と送ってしまった私の話はやめてくれ。あっ この子すごくメルヘンな子なんだぁ〜と思われるから本当にやめてくれ。私は優秀なエステティシャンを育成したいのであって、決してフェアリーと戯れたいわけではないので本当にやめてほしい [続きを読む]
  • 顔だけを見てその人のパンツを判断するのはよくないと思う
  • そういえば先日、『女性のヒップラインと履くべきショーツについてのこだわりと情熱、またその理由』について複数の年上男性相手に一時間近くも熱く語り倒したはいいけどドン引きされた挙句、最終的にまるで痴女のような扱いを受けたため恥ずかしくてもう外に出たくないよってなったことがあったなぁ。と、今唐突に思い出した。私はやろうと思えば、このネタだけで3本立てのブログを書ける。やらないけど。そもそも 事の発端は「 [続きを読む]
  • 魅力と劣等
  • 私は大嫌いです。お世辞と社交辞令が。とにかく嫌い。言うのも言われるのも。よって、私自身は絶対に言わない。とゆうか顔に出すぎるので物理的に無理。これは相手に対してとても敬意を欠く行為だと思っている。だがしかしその人の、私が好きなところ。それに関しては、ちゃんと口に出して具体的にお伝えするようにしている。普通の人が言わなそうな細かいことなら、尚更。主にマッサージ中に。私、エステティシャンだから。プロ [続きを読む]
  • アラサーバリキャリ女の意地と根性と底力の話
  • 私は自分の限界が見たい。いつも思ってる。胃潰瘍で洗面器いっぱいに喀血して、お医者さんに「今すぐ入院してください」と言われた時も、普通に出勤して契約やらマッサージやらしてた。完全に意地と気力と責任感で立ってたけど。その時、これが自分の限界だとは思わなかった。逆に、「私って喀血しても普通に仕事できるんだ」って思った。全然いけるじゃんって。右手の腱鞘炎は2年隠し通した。病院には行かなかったし、誰にもばれ [続きを読む]