みき☆ さん プロフィール

  •  
みき☆さん: アラフィフ〜のんびり再開ピアノ☆
ハンドル名みき☆ さん
ブログタイトルアラフィフ〜のんびり再開ピアノ☆
ブログURLhttp://nonbiripiano.seesaa.net/
サイト紹介文アラフィフになり大好きなピアノの練習を再開しました。ピアノへの想いをのんびりつづりたいと思います。
自由文現在アラフィフのピアノ大好きな女子です。
ピアノは子どもの頃はあまり好きでないままやめてしまいました。けれども、大人になりなぜかピアノが大好きになってしまい、ものすごく下手くそですが、少しずつ練習しています。
そんな私の、ピアノへの想い、日々の日記をつづっていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2016/07/20 08:58

みき☆ さんのブログ記事

  • かぐや姫〜天人の音楽が気になって
  • 先日、テレビでかぐや姫の物語のアニメが放送されました。それを何気なく見ていたら、最後の方で月から天人たちが、かぐや姫を迎えにくる場面があるのですがその時の音楽が耳について離れなくなってしまいました。悲しい場面なのですが、音楽がやけに明るすぎて・・・。その明るさが、怖くもあり、美しくもあり。天上の楽園の音楽であると同時に、「月=黄泉の国、死の国」の音楽でもあるわけですよね。悩みもなく、苦しみもない・ [続きを読む]
  • ジャズ音楽マンガ『BLUE GIANT』を読んでみて
  • 最近、『坂道のアポロン』を読んでジャズも面白い!と思ってしまったので次にジャズ音楽マンガでは有名な『BLUE GIANT』も全巻読んでみました。これも面白かった!少女マンガの坂道のアポロンとは違って、絵柄がごつくて男性向けではあるけれど、ぐいぐいとひきこまれていくストーリー展開に、ページをめぐる指が止まらなくなります。そして、読んだ後は、思いきりピアノが弾きたくなる!!【在庫あり/即出荷可】【新品】BLUE GIAN [続きを読む]
  • 最近ジャズに目覚めました
  • 少し前に、『坂道のアポロン』という映画が公開されたのですが映画は観ていませんが、原作マンガを読んだらすごくおもしろかったです!ピアノの上手な男子高校生と、ドラムの上手な男子高校生の友情や青春の物語なのですが心の内面がすごく丁寧に描かれていて、久しぶりに感動しました。坂道のアポロン(1)【電子書籍】[ 小玉ユキ ]価格:432円(2018/6/5 10:49時点)感想(0件)そして、このマンガをきっかけに、ジャズの魅力に初めて [続きを読む]
  • ピアノの経験があるとパソコン入力が速い?
  • 私の場合、ピアノは習ってはいたものの社会人になったころには「エリーゼのために」も怪しくなっていてほとんど弾けなくなっていました。だから、ピアノがなにかに役だったこともないし収入に結びつくようなこともありませんでした。けれども、唯一、仕事に役だったかもしれない、と思うことがあります。それは、「パソコンのハーボード入力の速さ」です。今でこそ、誰でもパソコンができる時代なので今の時代では、ほとんどの人が [続きを読む]
  • モアナと伝説の海
  • 先日「モアナと伝説の海」を観てきました。公開前から、テーマソングがすごく気に入っていてもう絶対観に行くって決めていたのですが実際に映画を観てみて、本当に、本当に素晴らしかったです!観る前は、もしかしたら子ども向けかも?と思って、正直、あまり内容は期待していなかったけれど大人でもすごく面白かったですよ。お話しはシンプルなのですが、とにかく画面が豪華なんです。海の水は本物みたいだし、どの場面をとっても [続きを読む]
  • 星野源「恋」のしっとりピアノバージョンが素敵な月刊ピアノ3月号
  • 月刊ピアノ3月号を買いました!なぜかといえば・・・星野源さんの「恋」のしっとりバージョンが掲載されているんです。出だしはこんな感じ。中級レベルと書かれていますが、初級レベルの私でも、ゆっくり弾けば初見でも弾けました。それになんと言っても、響きがすごくきれいで、しっとりとして弾いているだけで幸せになってしまいます〜!原曲はどちらかと言うと、ノリノリな感じの「恋」ですがそれがこんなにしっとり素敵な曲に [続きを読む]
  • ピアノのあるカフェ♪
  • 先週末は娘と一緒に買い物に行ったのですが途中つかれたのでカフェでひと休みすることにしました。どこがいいかなあと探しているとピアノ演奏をしているカフェがあったので、初めて入ってみました。客席のまん中には、大きなグランドピアノがあり少し待っていると演奏が始まりました。いい感じにリラックスできそうなゆったりした曲が流れてとてもいい気分でした。曲目は、カフェに似合うようにポップスなどをゆったりアレンジした [続きを読む]
  • 1日15分程度の練習もチリも積もれば山となる
  • 半年以上前から練習を始めて、1日15分、途中体の故障で弾けない期間も長くありましたがやっとノクターン2番がだいぶ形になりました。最後のトリルだけはまだ、ちょっとひっかかるけど前よりはなめらかに、速く弾けるようになりました。楽譜を全く見ないで弾くのだけどきちんと暗譜というよりは、指が形を覚えてしまって自動演奏みたくなってるからこれは毎日引き続けていかないとそのうち忘れちゃうね。特に左手。だけど、最初 [続きを読む]
  • ピアノを置いたら家が傾いた話し
  • これは10年ほど前に住んでいた家の話しですが結婚して最初に住んだ家は主人がもともと建ててあった2階建ての家でした。若いうちは田舎暮らしをしてみたいということでずっと住むつもりではなく、一時的に住むだけのつもりの家で、まだ築何年かしか経っていない新しい家でした。そのリビングに私のアップライトのピアノを置きました。そこには、3年ほどしか住まなかったのですが3年の間に、最初はゆがんでいなかった床が見た目 [続きを読む]
  • イマドキの中学の音楽内容が高度になっていてびっくり
  • もうじき息子の中学の定期テストがあるのですが音楽のプリントの宿題がわからないから教えてというので音楽ならまかせなさい!と思ってプリントを見たら、え? なにこれ?ぜんぜん知らな〜い!!っていう内容のことばかりだったのでイマドキの中学では、こんなに難しいことを中学生に教えているんだ〜!と非常におどろきました。なんて書いてて、知らないのは私だけ?だったら恥ずかしいのですがバッハの「小フーガト短調」を教材 [続きを読む]
  • ピアノ小説『蜜蜂と遠雷』が直木賞
  • 以前記事でご紹介したピアノ小説の『蜜蜂と遠雷』が直木賞をとりましたね!大好きな小説なので、すごくうれしいニュースでした!蜜蜂と遠雷 [ 恩田陸 ]価格:1,944円(2016/11/15 08:24時点)感想(1件)この本、かなり分厚いのですが夢中になって読んでしまうので、あっという間に読めてしまいます。本屋さんで見つけた時も、平積みのコーナーで残り1冊しかなく次に見たときは、また平積みになっていたのに2週間後には、また残り1冊 [続きを読む]
  • やっぱり才能なさすぎ
  • 前の記事でピリスの奏でるノクターンがあまりにも素敵で気に入ってしまいショパン:夜想曲集 ピリス(P)[CD]価格:1,836円(2017/1/19 09:37時点)感想(0件)また最近はノクターン2番を練習しているのですがほとんど上達はしていません。このノクターン、いつから練習し始めたっけ?たぶん昨年の5月くらいかな?独学で1日15分くらいしか練習してないけど今はもう8ヶ月が経過・・・。最初は譜読みするだけで、かなりの時間がかかり [続きを読む]
  • ピリスの「ノクターン第2番 作品9の2」に聴きほれる
  • ここしばらくショパンのノクターン2番ばかりを聴いていました。ピアノと言えば、このノクターンというくらいあまりにも有名な曲ですね。有名すぎて、軽んじられる曲でもありますが私はやっぱりこの曲が大好きです。それで、ネットの動画などでいろんなピアニストがノクターン2番を弾いているのを聴きくらべたりしていたのですが私が好きだなあと思ったのはフランソワとピリスの演奏でした。世間では、ルービンシュタインの演奏も [続きを読む]
  • 易しいけど素敵な曲ばかりの楽譜集〜『ショパンへの道』
  • 久しぶりの更新になりましたがこの間に、すごく素敵な楽譜集を見つけてしまいました!『あこがれのショパンに近づくために ショパンへの道』音楽之友社レベルは初級〜中級となっていますが本当に易しくて、それなのに大人っぽい洒落た曲がたくさん入っています。曲の長さも1〜2ページのものばかりで、すごく弾きやすいです!1番のおすすめは『ポロネーズ さらば祖国よ』オギニスキ作曲出だしから切なくて雰囲気のあるメロディ [続きを読む]
  • ピアノ小説『蜜蜂と遠雷』がかなり面白い
  • 恩田陸さんの本格的ピアノ小説『蜜蜂と遠雷』を読みました。この小説は、たぶんピアノ音楽を扱ったものとしては、あらゆるものの中で、最も抜きんでているのではないでしょうか。これだけピアノやビアノ曲に関する知識と実際にそれを弾く人の想いなどが豊かに語られている本は今までなかったと思うのです。これまでも、ピアノ小説やピアノ漫画はたくさんあったけれどそれはミステリー小説+ピアノという枠組みであったりピアノを弾 [続きを読む]
  • 上白石萌音さんの歌声に癒される
  • 『君の名は。』の主人公の女の子の声で一躍有名になった上白石萌音さんですが歌声も素晴らしいですね!テレビで流れた「なんでもないや」の透明感あふれる歌声が耳からはなれなくて改めてCDで聴きました。chouchou [ 上白石萌音 ]価格:1,800円(2016/11/10 08:44時点)感想(2件)テレビとはちがって、音だけだとすごくしっとりした感じがしました。なんていうんだろう、あくまで私個人の感覚ですが少しアンニュイな雰囲気がただよっ [続きを読む]
  • ピアノ音楽が美しい新海誠監督の『言の葉の庭』
  • 『言の葉の庭』は、『君の名は。』で話題になっている新海誠監督の過去の作品です。私はDVDで観たのですが、ずっとしっとりしたピアノの音が流れていてすごくきれいですよ。例えるなら、素敵なレストランか、カフェでゆったりと流れているピアノの演奏みたいな・・・。「世界一美しい」と言われる映像美をピアノのキラキラした透き通った音が、さらに引き立てています。ストーリーは、大人向けの、とても落ち着いた深みのある作 [続きを読む]
  • ポリーニの英雄ポロネーズ
  • 私は指を非常に痛めやすいのであまりピアノを練習しないように気をつけているのですが指を痛めるきっかけになってしまったのがショパンの「英雄ポロネーズ」です。こどもの頃は英雄ポロネーズなんてそういう曲があることすら知らなかったのですが17歳の時に、初めてショパンのポロネーズ集を聴いて衝撃を受けました。演奏は、ポリーニでした。ポリーニは、「正確無比、人間コンピューター、機械のように冷たい演奏」などとも言わ [続きを読む]
  • ハロウィンにぴったりなピアノ曲(子ども・初級者向)
  • 10月末はハロウィン♪ということで、ハロウィンの雰囲気に合うピアノ曲を探してみました。簡単に弾ける子ども向け・初級者向けの曲を中心としました。まずは、『はじめてのギロック』からピアノ 楽譜 ギロック | レッスン 教則 教材 教本 | はじめてのギロック(ビギナーのためのピアノ小曲集)価格:1,404円(2016/10/27 08:24時点)感想(0件)発表会でもよく演奏される「おばけの足あと」同じく「真夜中のふくろう」も夜の神秘的な [続きを読む]
  • 私より小中学生の方がピアノが上手
  • 昨日は子どもの中学の参観会でしたがクラスごとに合唱の発表があったので聴いてきました。本来は、合唱がメインのはずですが私はやっぱりピアノの伴奏の方に目も耳も行ってしまいピアノの方ばかり見ていました。中学生だけあって、伴奏もすごく上手な子ばかり。中でも、1人飛び抜けて演奏の卓越した子がいて「なにこの子! すごい上手い! 」などと思いながらもうくぎ付けになって演奏に聴き入っていました。一曲数分で終わって [続きを読む]
  • 初級レベルで弾けるショパン「ワルツ19番 イ短調」
  • 「ピアノ初級レベルでも弾けるショパンの曲」と言えばいくつかありますが「ワルツ19番 イ短調 遺作」は中でも特に弾きやすく短調の旋律なので、大人が弾いても楽しめる曲だと思います。もともとは、うちの小学生の子どもにショパンの曲をひとつくらい教えたくてなにかないかと探していて見つけた曲なのですが自分もこれは本当に弾きやすくて、気晴らしによく弾いています。「ワルツ」の曲はどの曲もたいていそうですが、他の形式 [続きを読む]
  • 風邪と「雨だれのプレリュード」
  • ずいぶん久しぶりの更新になってしまいましたが前回の記事を書いた後すごくひどい風邪をひいて記事を書くことができませんでした。子どもからうつってしまったようなのですが寒気から始まり、腹痛・嘔吐下痢、39度近い発熱、鼻水、喉の痛み、ひどい咳・・・と風邪のあらゆる症状が全部まとめてやってきました。そして、最後はとうとうレントゲンで肺が一部白くなっており軽い肺炎にもなってしまいました。どうも、風邪にしては非常 [続きを読む]
  • うつ病とピアノの音
  • 今朝は主人と子どもたちを送り出したあと1人になったら、涙がぽろぽろ、とまらなくなりました。先週も娘がまた熱を出し咳が毎晩激しくつづいて看病している私も、全く眠れない日々がつづきその上、義母の介助や、通院などもあり体調がわるくて学校を休んでいる娘をひとりぼっちで留守番させて介助なしでは歩けず、認知症でお医者さんと話しもできない義母を病院に連れていったり義母の病院から帰ったら、すぐに今度は娘を小児科に [続きを読む]
  • リウマチ検査
  • 先日リウマチ検査に行ってきました。もう何年か前からずっと指の痛みや、あちこちの関節の痛み、こわばりなどがあり1〜2年に1回検査を続けています。念のため、リウマチとよく似た膠原病や、繊維筋痛症、痛風などの検査も合わせて行います。検査の内容は、血液検査、レントゲン検査、体のあちこちを押して痛みがあるかの検査などで、費用は6000円ほど。でも、毎回結果は、陰性なんですよね。今年も、やっぱり陰性。「症状だけ [続きを読む]