reizan さん プロフィール

  •  
reizanさん: reizanのブログ
ハンドル名reizan さん
ブログタイトルreizanのブログ
ブログURLhttp://b-log-b-log.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文尺八師範と包丁研ぎを生業とする料理好き男性の日常。男の料理、レシピ等。毎日更新。
自由文尺八師範と包丁研ぎを生業とする料理好き男性の日常。男の料理、レシピ等。毎日更新。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2016/07/20 09:23

reizan さんのブログ記事

  • ラ・フランスもスターカット
  • 知り合いの方から、ラ・フランスをいただきました。西洋梨を買ったことがないので、いただいたときに食べるぐらいの経験しかありません。前にいただいたときは普通に皮を剥いて食べたのですが、これをリンゴと同じようにスターカットにしたらどうなるだろうと思ってやってみました。先ずは1.5cmの厚みに切ります。そしてケーキの抜き型で芯と種の部分を抜きました。結果はリンゴと同じようにきれいに抜けました。ところが、そこで [続きを読む]
  • 煮豚の煮汁の煮玉子
  • reizanの煮玉子を食べてくださった方から煮豚の煮汁を使うと美味しいというアドバイスをいただいたので作ってみました。煮豚を作ったのは既報ですからその先を報告します。100%煮豚の煮汁でやるのはどうかと思ったので、reizanの煮玉子レシピに煮豚の煮汁を加えることにしました。といってもどの程度の割合で加えたら良いのかわかりませんので、大さじ1ずつ加えては味見をして、結局、煮豚の煮汁大さじ3を加えました。あとは、rei [続きを読む]
  • 食パン2斤
  • 我孫子に尺八のレッスンを受けに行ったとき、ちょっと早く着いたので駅近くのイトーヨーカドーのなかを覗いたら、パン屋さんがあって、なま食をすすめるポップの脇のかごに厚めに切った試食用の食パンがたくさん置かれていました。素通りしかかったのですが気になって、後戻って、一ついただきました。トーストしないで食べてくださいということだと思うのですが、確かに、パンに甘みがあってそのまま食べた方が美味しそうです。1 [続きを読む]
  • もつ鍋の季節
  • カレンダーの上では、まだ11月上旬ですが、駅の近くの居酒屋さんの店頭に忘年会・新年会のチラシが置かれるようになりました。つい先日、新年会をしたばかりのような気がするのですが、歳をとるとあっというまに1年が過ぎていきます。また、仲良しの人たちと「もつ鍋」を食べたいけど、まだちょっと早過ぎるような気もします。 [続きを読む]
  • 豚丼の弁当
  • 生涯大学校の昼食には、曲げわっぱ弁当を持参することが多いのですが、今回は汁が出るのでプラスチックの弁当箱にしました。メインは豚丼です。本当は牛丼にしたかったのですが、冷凍袋に品名を書かない人がいるものですから、何の肉かわからずに解凍したら豚だったという次第です。野菜は塩茹でにしました。リンゴは蜂蜜薄め水をくぐらせているので実の色が変わっていません。玉子焼きはいつもの通りです。牛丼でなくても美味しか [続きを読む]
  • アンコール
  • 養護老人ホームの芸能ボランティアで、一人尺八を吹いたらアンコールの声ををいただきました。初めての経験で嬉しかったです。グループで演奏するときに、最初からアンコール曲を決めておいて、司会者が暗にアンコールの声が出るように仕向けるケースは体験したことがありましたが、自然発生的にアンコールを受けたのは初めてです。今回の施設訪問は生涯大学校の授業の一つで、午前中は特別養護老人ホームで職員の方からレクチャー [続きを読む]
  • しゃくスコア
  • reizanが所属する尺八団体の会報で、五線譜から尺八譜に変換できる「ShakuViewer」のことを知って、reizanのブログで紹介したことがありました。このソフトの制作者は、都山流所属のラズバン・べウランさんというルーマニア出身の方でした。ところが、今度は琴古流の方が五線譜から尺八譜に変換できるソフトを公開されているのを見つけました。「ShakuScore」といいます。基本的な機能はShakuViewerに似ていますが、琴古流の方が作 [続きを読む]
  • 睡眠導入
  • 眠らないといけないときに限ってなかなか眠れないものです。そういう時に睡眠薬を使うというのも一つの手ですが副作用が心配です。reizanの場合は、副作用のないBGMを睡眠導入剤の代わりにしています。気に入った曲をCD−Rディスクにコピーして、それをCDラジカセのスリープタイマーをセットしたうえで、ぎりぎり聴こえるぐらいの小音量で流すのです。最近使っているのは、尺八の入っていない「千鳥の曲」、尺八の代わりに胡弓が入 [続きを読む]
  • 放送事故
  • 2018年10月31日の午後、テレビを見ながらザッピングをしていたら、最近では珍しい放送事故に遭遇しました。実際に待たされたのは最長(この前から見ていた人)で3分1秒らしいですが、もし1時間以上もこんな画面が続いたら怒るでしょうね。「恐れ入りますが、このまましばらくお待ちください。」の文言は、昔は画面が小さかったから「このまましばらくお待ちください。」だけだったような気がします。昔は恐れいってなかったのです [続きを読む]
  • 疲労骨折
  • 実は、左足親指の付け根の辺りを骨折してしまいました。ちょっと見苦しいので、見たくない方が目にせずに済むように写真は最後に置きます。負傷したのは生涯大学校の登校日です。いつもは、自宅近くからバスに乗って、最寄りのJR駅から一駅電車に乗って、そこから20分歩きですが、最近は気候が良くなって少し長く歩いても大汗をかくことが無くなったので、途中のバス停で降りて学校まで50分かけて歩いています。この日も途中のバス [続きを読む]
  • 駅弁フェア
  • 近所のスーパーのチラシに駅弁フェアの案内があったので買いに行きました。でも今回は駅弁ではなくて空弁です。新千歳空港名物と書かれています。交通費をかけて現地に行ったら相当高いものにつくはずですが、それが近所で気軽に買えるというのはありがたいことです。こういうのはどんどん買ってあげるべきだと思います。買えば次の企画につながります。売れ残ったりしたら需要がないのだと見限られてしまって、毎日同じものしか並 [続きを読む]
  • すあま
  • reizanが小学校上学年の頃にテレビが普及し始めて、行ったこともない各地のことを知るようになりましたが、北九州八幡生まれのreizanが関東に出てくるまで知らなかったものの一つが「すあま(素甘、寿甘)」です。九州人の目で見ると、これは蒲鉾です。初めて食べたときは、その甘さとねばりで見た目とのギャップに驚いたものです。材料的には、「ういろう(外郎)」と同じもののようです。いただきものの上新粉がありますので、い [続きを読む]
  • 味の大発見
  • 先日、生涯大学校の昼食用に塩鯖サンドを作ったときに大発見をしました。塩鯖に添える野菜は千切りキャベツで、大量の千切りキャベツをボウルに入れ、少量のレモン汁とマヨネーズを混ぜたものをつなぎとして使います。よくかき混ぜた所までは良かったのですがキャベツの量が多すぎて残ってしまいました。捨てるのは勿体ないので小鉢に入れて冷蔵庫に入れておいて、帰宅してから食べることにしました。でもそれだけでは味が薄そうな [続きを読む]
  • 両さんに会ってきました
  • お箏の先生から社中の発表会のご案内をいただいていたので東京の葛飾区亀有まで聴きに行ってきました。《画像 で拡大、← で戻る》reizan宅から会場までは片道3時間(新幹線だったら東京を出て大阪に着いている)もかかるので、「秋風の歌」から「風に聞けPartⅡ」までを聴かせていただきました。「風に聞けPartⅡ」は20年ぐらい前に滋賀県にいた時に、大津市のライブハウスで作曲者ご自身の演奏を聴いたことがあり [続きを読む]
  • 種なしリンゴ
  • reizanがリンゴを食べるときはスターカットにします。縦に切るのではなく横に切るのです。今回もそうやってリンゴの高さの中ほどを切ったら本来あるべき種が見当たりませんでした。種なしリンゴです。種なしブドウは一般的になりましたが、種なしリンゴは初めてです。ネットで検索したら同じような写真がありました。(ここ)でも、農業関係者の方の報告が見当たりませんでしたので多分偶然のものでしょう。可食部分は増えています [続きを読む]
  • 小学5年生用尺八
  • 小学校の邦楽体験ボランティアのために、小学5年生でも吹ける尺八を作ってもらいました。reizanが使っている尺八を貸してあげるのではダメかというとダメなんです。なぜなら、小学5年生はまだ発育途中ですから、指が細い、指の間隔が狭い、腕が短い、顎が小さい、と尺八を操作するのに不都合な条件がそろっています。それでも本物に触れさせたいという三曲関係者の気持ちがありますから、大人が使う尺八を持たせてあげるのですが、 [続きを読む]
  • なんて読むのだろう
  • 韓ドラを観ていたら、男優さんがヤクルトに似た飲み物を飲むシーンがありました。韓国にもヤクルトがあるのだろうかと興味を持って調べてみました。ドラマの画面に映ったのはこれです。Google翻訳でチャレンジしても、角度が悪いのと情報が少ないので上手く訳せませんでした。ネットで画像検索したら似たのがありました。これをGoogle翻訳したら「とプロバイオ」と翻訳されました。「と」の部分は言葉の終わりですから、左の方はも [続きを読む]
  • 煮豚にチャレンジ
  • 煮玉子が旨いと評判の葛西のラーメン屋さんをはじめ、煮玉子が旨いと評判を聞くと食べまくってきましたが、今までにreizanレシピの煮玉子より美味しいのに出会ったことがありません。そこで、reizan宅と同じく門司のヤマニ醤油を使っておられるご夫妻に、reizan作の煮玉子とセブンイレブンの煮玉子を差し上げて食べ比べていただきました。評価は、コンビニの煮玉子は人工甘味料的、reizanのは味が引き立っている。でも、我が家のは [続きを読む]
  • カレーうどん
  • スーパーで袋入りカレーうどんを買ってきて作ってみました。初めに人参と玉ねぎを炒め、そこに指定通りの水を加え、添付のカレー粉を溶き、沸騰したところにうどんを加えて2分間煮込みました。加熱時間の人参と玉ねぎをほぼ同時に入れたため、どちらにも焦げが出てしまいました。家人からは肉も少し入れたらとダメ出しがありました。その反省を踏まえて、数日後に再チャレンジしました。最初に肉を炒めて一旦取出し、次に、人参は [続きを読む]
  • お昼は塩鯖サンド
  • 最近の生涯大学校登校日の昼食は曲げわっぱ弁当が続きましたが、ちょっと気分転換で、「塩鯖サンド」にしてみました。使用した食パンは8枚切りですのでたくさん出来てしまったので同じ班の皆さんにもお裾分けしました。塩鯖をサンドイッチに使うことが珍しいらしく皆さん驚いておられました。味は美味しいとの評価をいただきました。お世辞半分以上でも嬉しいです。千切りキャベツを塩もみしていると推理された方がいらっしゃいま [続きを読む]
  • 料理教室の最終回
  • ガス会社主催の料理教室に通っていましたが、毎月1回、全5回のコースが終了しました。最終回のメニューはこれです。お昼からイタリアンのミニコースみたいです。しっかり勉強したので、どれも自分で再現可能です。オニオングラタンスープを作るとき、女性が長い時間をかけて炒めていたのですが、疲れたし目に滲みたから変わって欲しいとHELPの声を聞いて、reizanが変わって差し上げました。ちょっと火加減をいじって、チャチャッ [続きを読む]
  • ヤマト運輸からLINEが
  • 携帯からスマホに切り替えて良かったことの一つがLINEを使えることです。友だち登録をした個人やグループと、無料で、通話やメールや写真・動画・音声のやり取りができます。大変便利ですが、登録の範囲を広げると鬱陶しいことになりそうなので、自分なりにブロックをしています。だから、知らない人からいきなりLINEが飛び込んでくることはないと思っていたのですが、LINEの通知音が鳴ったので画面を開いたら、いきなりこんなのが [続きを読む]
  • 国民文化祭
  • 現在(2018年)、大分県で第33回国民文化祭が開催されていることを知りました。期間は10月6日〜11月25日で、大分県の各所で164ものイベントが開催されるようです。実は、1998年(20年前)にも大分県で第13回が開催されていて、大分で勤務していたときに邦楽の部門に参加して森岡章さんの曲を演奏した思い出があります。《画像 で拡大、← で戻る》当時のイベントの数が38でしたから、それが164とは随分盛大になった [続きを読む]
  • もつ煮込み
  • 寒露の候となりましたので、コンビニに寄ったときに「ピリ辛もつ煮込み(煮玉子入り)」というのを買ってみました。昨年の暮れに、ふるさと納税の返礼品のお裾分けでいただいた「もつ鍋」が美味しくて、それを先取りで食べようという魂胆だったのですが、期待は見事に裏切られました。色を見ただけでもわかりますが、博多もつ鍋とは全く別物でした。煮玉子も確かに煮た卵ではありますが、reizanのイメージする半熟卵を調味液に浸け [続きを読む]
  • 幽霊が・・・
  • 「幽霊」と「お化け」の違いて、死んだ人が成仏できずにこの世をさまよっているのが「幽霊」で、「お化け」は異形のもののことですから全く別物です。だから幽霊屋敷とお化け屋敷では出てくるものが違うはずです。そういえば、昔、起業祭(官営八幡製鉄所の創業を記念した祭りで、11月18日は旧八幡市全域の学校が休みでした。)にお化け屋敷の小屋がかかっていました。中学生の頃に怖いもの見たさで一人で入ったことがありますが、 [続きを読む]