Tamako さん プロフィール

  •  
Tamakoさん: 山水画の世界と古き良き中国を訪ねて
ハンドル名Tamako さん
ブログタイトル山水画の世界と古き良き中国を訪ねて
ブログURLhttp://tamako0in0china.blog.fc2.com/
サイト紹介文2016年9月、トラピックスにて中国の貴州省と桂林を旅しました。その時の記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2016/07/22 11:39

Tamako さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • お金のこと
  • いつもひっそり旅に出るので配るためのお土産など買い込む方ではないのですが、現在住んでいる町ではご縁を多く頂いたので珍しく自宅用ではないお土産を買いましたね。それも含めて何かの参考になるかも知れないので、旅先での出費を記録しておきます。まず、旅行社からは「出発前に空港にて必要分を両替しておいて下さい」と言われていました。そこで羽田空港の "みずほ銀行" で20,000円分を両替することに。ところが100元札しか [続きを読む]
  • 08) 【3日目】肇興の人々
  • 少数民族の方々を撮ってもいいのか、事前に添乗員さんに確認していたのですが、答えは「嫌がらないなら構わない」とのことでした。しかし実際には、カメラを構えると顔をそむける人も多くて、現地ガイドさんに言ったら「ああ、それはお金ですね」とのこと……お金を渡せば良かったのか……でもそこまではしたくないかも(^_^;この記事では、肇興散策で撮った写真のうち、村人にスポットが当たっているものだけを集めて載せました。 [続きを読む]
  • 07) 【3日目】肇興の風景
  • トン族最大の村、肇興 (ちょうこう) のホテルにチェックインを済ませ、40分ほど休憩時間となりました。9月も半ばですが、気温は高く蒸していて、夏服なのに汗びっしょりでした。ホテルの外廊下からの眺めは素晴らしく、私たちは休憩もそこそこに、写真ばかり撮って過ごしました。※以下の写真は "Nikon D750" というデジイチで撮影したものです。瓦屋根が波のように連なっている仁団鼓楼がよく見えた唐辛子を干している様子が味わ [続きを読む]
  • 05) 【3日目】貴陽→車江の三宝鼓楼
  • 今日は貴陽市を離れ、同じ貴州省内の "黔東南ミャオ族トン族自治州" 黎平県にあるトン族最大の村「肇興 (ちょうこう)」に向かいます。途中、榕江県車江にある「三宝千戸侗寨 (天下第一侗寨)」を見学予定です。起床は06:15、朝食は06:30からですが06:50に昨日と同じレストランに下りました。出発は08:00で、スーツケースは自分でバスまで運びます。※以下の写真は "Panasonic LUMIX TZ70" というコンデジで撮影したものです。他の [続きを読む]
  • 06) 【3日目】車江→肇興
  • 車江のレストランを出発したのは13:40でした。午前中に走ってきた国道76号=廈蓉高速道路を、また1時間半ほど東へドライブです。行き先は肇興 (ちょうこう)、榕江と同じく黔東南ミャオ族トン族自治州ですが、県は違って黎平県になります。実は、トラピックスの "旅のしおり" では、肇興の読み方を「けいこう」としていましたが、現地ガイドさんとも相談して、このツアーメンバー間では「ちょうこう」と読むことにしました。漢字辞 [続きを読む]
  • 03) 【2日目】貴陽→天星橋景勝区 (9/17)
  • 今日から、いよいよ観光が始まります。我が家の通例として、旅の朝の起床はツアー集合の1時間半前。余裕をもって決められた時間の15分前にロビーに降りるとして、この日の起床は06:15でした。連泊ですのでスーツケースをまとめる必要はなかったのですが、私の中にはまだ、中国のサービス業従事者への信用が熟成されていなかったので、きっちり全てを仕舞っておきました。※以下の写真は "Panasonic LUMIX TZ70" というコンデジで撮 [続きを読む]
  • 04) 【2日目】黄果樹大瀑布→貴陽 (9/17)
  • 今日の昼食は、黄果樹大瀑布景勝区の端にある「黄果樹賓館」というホテルのレストランです。食事の席についた時刻は12:50でした。※以下の写真は "Panasonic LUMIX TZ70" というコンデジで撮影したものです。黄果樹のバス停からけっこう歩くホテル&レストラン「黄果樹賓館」ロビー:左奥がレストランまだペースの掴めぬツアーの観光初日であり、想像を超える蒸し暑さへのストレスもあって、かなり疲れていたのですが……食卓を見 [続きを読む]
  • 01) 【1日目】羽田→広州 (9/16)
  • 集合時刻:08:45集合場所:羽田空港国際線旅客ターミナル3F     出発ロビー Z団体カウンター     「阪急交通社」受付カウンター 出発便:中国南方航空 CZ-3086便出発時刻:10:45これまで色々と海外ツアーには参加してきましたが、実は羽田空港からは初めてでした。私たちが今住んでいる北関東の町からのアクセスは想像以上に悪く、試行錯誤の末、結局は前後泊するはめになりました。成田へは直行バスが出ているだけに残 [続きを読む]
  • 02) 【1日目】広州→貴陽 (9/16)
  • 香港や台湾にも行ったことのない私の中華圏への第一歩は、広東省の広州となりました。タラップを降りると、9月中旬なのに空は青く陽光は白く、まるで真夏の雰囲気です。蒸して暑く重い空気は、いつもなら帰国時の成田で感じるものに似ていました。※写真はすべて "Panasonic LUMIX TZ70" というコンデジで撮影したものです。タラップより乗ってきた飛行機広州白雲国際空港">広州白雲国際空港は、中央の本館を挟んでA翼とB翼に分か [続きを読む]
  • 添乗員からの挨拶コール
  • 出発日の3日前、女性添乗員Fさんから "挨拶コール" がありました。まず注意事項を聞き、それからいくつか質問して答えて頂きました。・気候は、今の関東と同じくらいで20〜30℃、山間部は15〜25℃くらい。・歩きやすい靴と、雨具の用意を。・飛行機ではタオルケットのサービスがないと思われるので、羽織ものを。・マッチ、ライター、ナイフは没収の可能性が高いので持たないか、惜しくないもので。・トイレ休憩は綺麗めのところ [続きを読む]
  • 最終旅行日程表が来た!
  • 出発のちょうど1週間前に、宅急便で「最終旅行日程表」が届きました。いつものように、ステッカーやバッジ、荷物タグ、留守宅用連絡先リスト、お土産カタログや海外Wi-Fi レンタル等と共に、中国旅行者に特化した注意事項リストが入っていました。盗難や押し売り、コピー品のこと、渋滞やトイレ事情などは想像の範囲でしたが、飛行機に持ち込める荷物についての制限はこれまで経験のないものでした。甘く考えていたせいで、かなり [続きを読む]
  • 旅の持ち物
  • さて、旅の持ち物の準備です。初めての中国、噂の中国(笑)ですので、いつものような準備だけでは心配ですね。ツアーなのでホテルなどもそこそこだとは思うのですが、肇興など相当な田舎での宿泊もありますしね。衛生状態に関してはかなり寛容なタイプですが、最低限の自衛も必要でしょう。と言うことで、下記のモノを「いつも」に買い足しました。・やわらかポケットティッシュ→移動中のトイレ用 ・速乾性トラベルタオル→どのホ [続きを読む]
  • 外務省からメールが来た
  • 出発前に、外務省「たびレジ」からメールが来ました。たびレジとは、海外での緊急時に情報を知らせてもらえる国のサービスです。私も今回は、ツアーとはいえ旅先が "普通" が日本と違う中国なので、在広州日本国総領事館と在重慶日本国総領事館に登録しておきました。全部で5回メールが来ましたので、貼っておきます。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::最近の日中関係に [続きを読む]
  • ガイドブックはこれにした
  • 今は何でもインターネットで分かる時代ですが、やはりガイドブックも欲しくなります。ところが今回の旅のガイドブックは余り選択肢がありません。「地球の歩き方」の中国は、地域ごとに何冊も出ていて、桂林はありましたが貴州省が載っているものはないようです。結果的に日経BP企画「旅名人ブックス」という絶版になったシリーズの「桂林・貴州省・海南島 ー山水画の世界と民族文化の旅」(定価1,600円+税/中古795円) を中古で購 [続きを読む]
  • 旅行保険のこと
  • 私の持っているクレジットカードには、海外旅行保険が含まれていません。ですので、ここ数年の海外旅行では、いちおう最低限の保険に入ってから旅に出ていました。よく利用していたのがエイチ・エス損害保険株式会社の「スマートネッとU」です。掛け金が安いことと、同行者の保険も代表者のみで手続きできる "グループ加入" の設定があったからなのですが、今回は旅先が中国ということで、内容を厚めに見直すことにしました。中国 [続きを読む]
  • 日々の移動距離を調べる
  • 今回は、移動のチェックです。1日のうち、どれくらいの距離と時間を移動に費やすのかは大事なポイントです。観光の濃さを推し量れるだけでなく、バスに持ち込む荷物内容や服装にも影響しますしね。1日目【羽田空港→広州白雲空港:約1,822マイル(2,915km)=4時間40分】 1日目【広州白雲空港→貴陽竜洞堡空港:1時間40分】2日目【貴陽市→黄果樹瀑布:131km=1時間44分】3日目【貴陽市→車江 (三宝千戸侗寨):248km=3時間24分】3 [続きを読む]
  • 中国地図のどこ? 地理的なこと
  • そういえば私、中国国内の地理は、まるで把握していませんでした……場所はもとより、都市名ですら有名どころだけ(^_^; せめて行く周辺くらいはきちんと知りたいと思い、ざっくり調べてみましたが!その過程で、まず中国の行政区の単位が、日本とは違うので戸惑いました。大きくは「省級>地級>県級>郷級 」に分かれていて、日本人に分かりやすく言えば「省―市―県―郷 (鎮)―村」という序列だそうです。また、中国の「市」に [続きを読む]
  • 広西チワン族自治区のこと
  • <概況>・広西チワン族自治区の略称は "桂"、省都は南寧市。・南は海南島のある欽洲湾に面して海岸線は1,500kmほど、西はベトナムと隣接し国境線は1,020km。・紀元前8〜2世紀の春秋戦国時代には百越に属し、秦代には桂林郡と象郡、漢代は交州、 唐代には嶺南道、宋代で広南西路、清での広西省を経て、1958年、広西チワン族自治区が成立。・面積は23.8万?、南寧/柳州/桂林/賀州/百色/河池など地級14、県級109、郷級1396があ [続きを読む]
  • お天気チェック
  • 個人予報が禁止になったと言う中国の天気予報、精度はどうなのでしょうね? とりあえずメジャーそうな予報サイトをリンクしました。天気ばっかりはなるようにかならないですし、でも気になるし……悩ましいですね(^_^;今回の旅の前半に訪れる貴州省は、亜熱帯モンスーン(温帯夏雨)気候とのこと。1月の平均気温は4℃ (東京5℃)、7月で24℃ (東京29℃)、年間降水量は1200mm (東京1500mm)で特に夏は涼しく「中国避暑の都」と言われて [続きを読む]
  • 貴州省のこと
  • <概況>・貴州省は "黔(けん)" あるいは "貴" と略称し、省都は貴陽。・中国の西南部に位置している。・紀元前8〜2世紀の春秋戦国時代には楚の黔中および且蘭、夜郎のあたり、漢代は荊州、益州に属し、 唐代には黔中道を設置、宋代には原住民らが矩州(くしゅう)を率いて中央に帰順した。その後、 方言から転じて "貴州" に呼び方が変わった。明代は貴州布政使司を設置し、清代に貴州省になった。・面積は17.6万?、黔東南ミャオ [続きを読む]
  • 宿泊ホテルを調べる!
  • なるべく早く済ませたい持ち物のリストアップですが、リストの長さはホテルグレードにだいぶ左右されるので、宿泊先チェックは速攻で済ませます。こういうツアーは、使用するホテル群があらかじめ提示されているので、とりあえず全部調べてホテルの傾向を把握しておくことが多いです。今回のホテルは、トン族の村以外を除けば近代的なホテルのようですから、ドライヤーやルームスリッパ、タオルなどは持参しなくてもよさそうです。 [続きを読む]
  • はじめに
  • みなさん、はじめまして!普段は「デジイチ始めました」「Nikko Photo Life」という写真ブログを、旅をした時は「バルセロナ滞在記」「クロアチア・スロベニア旅行記」など、単発で旅ブログを管理しています Tamako (たまこ) と申します。このたび、幸運にもまた海外旅行の機会を得まして、その旅の記録としてのブログを新規に立ち上げました。旅が終わって写真と記憶を整理し、記事を全てアップしましたら、完結ブログとして時間 [続きを読む]
  • 過去の記事 …