百華茶苑 さん プロフィール

  •  
百華茶苑さん: 廃材木工
ハンドル名百華茶苑 さん
ブログタイトル廃材木工
ブログURLhttp://nenrinmokume.blogspot.jp/
サイト紹介文伐採樹木や解体家屋廃材より見つけた 珍しい杢や年輪・木目を活かした作品
自由文樹木や家屋の梁、柱などをチェーンソーで切り出し薪にして乾燥させています。その中の珍しい木や面白い木目、年輪などの木を木工で作品にしています。ゴミになるはずの木々が生かせることが楽しいです。少しづつ作品を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2016/07/22 17:34

百華茶苑 さんのブログ記事

  • 古民家廃材の梁から木製コースターを作る
  • 古民家の梁や柱を大量に玉切りした。薪ストーブの燃料としてなのだが廃材木工での作品を考える。輪切りにしてコースターにしてみたがしっくりこない。幾年月の歴史を刻んだ証のシミなどがある一番の問題は、ひび割れが中心まで刻まれていることです。コースターの大きさ(11?角)に切り出だすも必ず割れ目が残る。割れ目をそのまま生かせる方法を考えるしかないそこで木工技術のちぎりを使ってみることにして何種類かのちぎりを [続きを読む]
  • 楠(スポルテッド)名刺入れを作る
  • 4月3日【木製名刺入れ開閉部分の補強】の続き強度補強したらバイスとクランプで各部材を圧着する。全体に均等な圧力をかける。翌日にベルトサンダーで大まかに研磨してから開ける。初めて開ける時に不具合があると割れたり、接合がずれたりしていたら失敗作になる。一番緊張する時です。開けた時に中にある木片は、部材を切り出した時に役立つと説明したものです。圧着する時に、中に何もないと中央がへこみます。更に、かなりの [続きを読む]
  • ゴム銃を組み上げる
  • ★3月30日【ゴム銃の素材(女竹)を調達する】からの続きまだ乾燥していないのですがこれ位が加工しやすい。必要な部材を適当に切り出す。作りながら調整していくので最初から設計図はありません。各部材を加工する竹は均一な太さでなく曲がっていたりするのでその都度角度など微調整していく。不思議なことですが小学校3〜4年のころに作っていたことを忘れずに次々にできるのです。あの当時に、相当の数を作っていたので体に [続きを読む]
  • 木製名刺入れ開閉部分の補強
  • ★3月28日【スポルテッドで木製名刺入れを作る】の続き切り抜いた部材で強度が必要な部分を強化する。開閉部分の強度が不足すると閉める時にパチンと良い音がしない。使い続けると折れる事可能性もある。竹ひごを両端の開閉部分に貫入させる。焼き鳥用の竹串を使用しています。大きさは不揃いですから使えるものを選ぶ。ボール盤を使い慎重に穴を開けるドリル径は2.1?を使います。材質が弱く細い部分の所は、ゆっくりと少し [続きを読む]
  • 最近作ったステンレス名刺入れの紹介
  • 廃棄樹木や古民家廃材から見つけた珍しい樹木や年輪などを木工の素材に使っています。最近作った作品を紹介します。-------------------------------------------------------委託販売サイト【クリーマ】ステンレス名刺入れ(檜)詳しくは、画像を して下さい古民家を解体した時に回収された大きな檜の柱から切り出しました。緻密な年輪がありますので銘木だったと想像できます。民家を長い間支えた歴史と経年変化により材 [続きを読む]
  • 昔懐かしいゴム銃を作る
  • 薪を集めている園芸業者の作業場に竹が自生していた。子供のころにゴム銃を作ったことを思い出し数本切り取って来た。久しぶりに子供に戻って思い出しながら作ることにする。名称は、女竹と呼ばれ農作業の支柱など使用される身近な竹です。余談ですが竹と呼んでいますが正確には笹になります。成長して皮が落ちるのが竹で落ちずに残っているのが笹です。カッターで皮を取り除き表面の汚れなどを落とす。昔は、子供たちで焚火の火で [続きを読む]
  • 楠のスポルテッドで木製名刺入れを作る
  • ★3月20日【遂に見つけたスポルテッド】の続きバンドソーで3枚に切り出す。一番慎重な作業になります。少しでも厚みが不揃いになれば失敗です。両側の2枚は厚さ3?、真ん中は5?薄く切ると微妙に歪みや反りがでる。3?の板は上部を切り分ける。(名刺れの蓋の部分)中の5?の板を切り抜く。切り抜いた中の木片を全体的に小さくしてこれからの作業に使います。需要な役割がある。切り抜いた形にはこれまでの試行錯誤の末た [続きを読む]
  • バンドソーのブレード(ノコ刃)を銀ロウで接合する
  • 廃材木工で使用頻度が多いバンドソーのブレード(ノコ刃)は消耗品ですが安くはない。3月14日(ブレードの目立て)紹介したブログの様に根気よく目立てをすれば切れ味も戻り使用できます。折れたブレードの場合は、廃棄していた。しかし 勿体ないので接合できないか調べてみた。修理機材は、ホームセンターで揃えられるものでした。・銀ロウ 熔解して接合する・フラックス 銀ロウを金属に溶着させる溶剤・業務用バナー 銀ロ [続きを読む]
  • 遂にスポルテッドが見つかった
  • 長年廃棄樹木を薪にしています。その中から廃材木工に使える珍しい木目や樹木、杢など見つけ切り出して作品を作っている。以前から長年やっていれば必ず出会うと思っていたスポルテッドを遂に見つけたスポルテッドとは樹木の亀裂などから雨水が染みこんだ際に、内部にカビや細菌などが繁殖して黒く筋状に変色して出来た造形的に美しい模様。全くの偶然でできるので杢より出会うことが少ない。昨年の薪集めをしていた途中で、伐採さ [続きを読む]
  • 廃材木工の作品を紹介
  • 廃棄樹木や廃材の中から見つかる杢を切り出した廃材木工の作品を紹介します。捨てられている廃材の中には素晴らしいお宝があるのです。-------------------------------------------------------委託販売サイト【クリーマ】木製名刺入れ(もちの木)波杢詳しくは、画像を して下さいもちの木から切り出した波杢平面なのですが光の当たる角度でより波が立体的(3D)で見えます。かなり大きな枝の下に出来ていました枝の重 [続きを読む]
  • バンドソー刃の目立てを自分でする
  • 薪から木片を切り出すのに欠かせないバンドソーですが切れなくなってくるとドリフトは出てくるし切断面は汚くなるなど弊害が出てくる。加えてヤニもこびり付いて切れない原因にもなる。替刃は安い物ではないので自分で目立てをすることにした。揃える道具はクラインダーと万力、虫メガネと本人の根気万力でしっかり固定いたら上刃をグラインダーで研ぐ最初は研磨した部分を虫メガネで確認してグラインダーの角度や削り具合を確認す [続きを読む]
  • 欅の木製名刺入れを作る
  • 薪ストーブ用の薪作りの途中で見つけた木目の綺麗な欅を1年間乾燥して板材に加工した。ほとんどは薪になるのだが木工に使える素材が時々見つかる。-------------------------------------------------------薪ストーブの苦楽・暖かい炎のゆらぎを見ていると癒されるブログ-------------------------------------------------------芯材(赤い部分)と辺材(白い部分)の境目を木目の方向など組み合わせてデザインする上下を決めて [続きを読む]
  • 栴檀で見つけた波杢
  • 民家にあった樹齢80年程の栴檀で見つけた波杢薪サイズに割って入る表面にシワの様なものが出来ています。皮を剥ぐとはっきり見える場合がある。内部は、表面のシワが内部まで同じように続いている。大きな木の重量の圧力により成長の段階でこのような変化を連続して受けて出来るようです。板目で切り出すと波模様が表れます。柾目で切る場合や切る角度で出てくる杢の模様が違います。良い杢が取れるか切ってみないと解りません。良 [続きを読む]
  • 木工集塵装置の改良
  • 前回紹介した下記画像の装置にて微粉末の除去は概ね上手き行きました。水に微粉末は吸収されているようです。水を除くと微粉末が泥の様に底に溜まっている。最初の概ねと記述したのは掃除機に少し水が移動している状況が時々起こる事でした。改善策として蓋つきバケツの底を抜いて ポリバケツに繫いで更に植木鉢用にトレイに穴を開けて取り付けました吸引力は落ちずに掃除機にもほとんど吸い込まれなくなりましたこれで稼働して様 [続きを読む]
  • 古民家の梁を輪切りにした
  • 先日は大きな柱を輪切りにしたのですが今回は梁を切ってみた。長い年数と民家を支えてきた歴史を感じる委託販売サイト【ミンネ】4枚組セット連続してきりだしたので割れやキズもよくわかる経年変化によるヤニやシミが出ている長期間の年数は材を固くしますが縮み割れが出来る委託販売サイト・廃棄される樹木や廃材から作った作品です一度ご覧ください。木製名刺入れ、コースター、かんざし、ステンレス名刺入れ【クリーマ】    [続きを読む]
  • 栴檀のテーブルが割れた
  • 薪ストーブ用に切り出していた栴檀の大木をチェンソーで苦労して輪切りにしてからテーブルにしていたのですが割れました直径は80?程ありました。伐採後1年位して輪切りにし割れ止め剤で処理押して更に1年乾燥させたのですが少しずつ割れてきて1年でこれだけの割れ目になりました。覚悟していたのでこれを同じ栴檀で補修するか思案中ですこちらは、同じ栴檀から柾目を切り出して歪みと割れの出にくい組み合わせにして作ったテーブ [続きを読む]
  • 古民家の檜柱を輪切りにする
  • 先日古民家に梁を輪切りにしたので今度は柱を切ってみた20?角に普通では見かけない大きな柱です年輪も細かく節などがほとんどありません。これだけの柱を切り出すには相当大きな檜だったと想像できます。当時でも厳選した材木だったのでしょう。切り込みは、柱の表や予期しない部分にひび割れが出ない様前もって中心に向けて溝を切っています。大工さんなら当たり前のことの様です。厚みは1.8?程ですがコースーターでは大きすぎ [続きを読む]
  • 桜と貝塚伊吹の薪集め
  • 薪集めもそろそろ終わりに近づいてきました。今回は庭の垣根に使われていた貝塚伊吹と桜です。桜は切り口を見ると菌に浸食された様に見えるので枯れる前に伐採したのでしょう。年輪の部分の変化が面白いので乾燥させて来年にはどうなっているか楽しみです老木の桜の芯材作った木製名刺入れです。年輪が墨流しのようで風情があります。委託販売【クリーマ】https://www.creema.jp/item/5251648/detail※廃棄される樹木や廃材から作 [続きを読む]
  • 古民家の廃材からコースターを作る
  • 薪ストーブ用に頂いた古民家の廃材大量に玉切りしているのですが何か使えないかと考えて先日紹介した木製名刺入れ(檜)は作りましたがそれ以外の利用方法を考えていました単純に輪切りにしてコースターや飾り台、トレーDIY、内装の素材など自由に使っていただけるのではと試しに作ってみた。おおよその大きさですが最長18.5? 最短14.3? 厚み1.5?です。樹木の輪切りと違って長い間民家を支えて来た古材の雰囲気が出ていま [続きを読む]
  • ステンレス名刺入れ
  • 檜(ひのき)とステンレス古民家に使われていた柱から切り出した。長年家を支えていて経過した歴史や年輪の細かさやから相当に良い材木を使っていたことが解る委託サイト【creema】ステンレス名刺入れ(檜)楠とステンレスの融合無垢の木製では強度が保てずコンパクトに仕上がられなかったのですがステンレスを内装にすることで解決できました委託サイト【creema】楠杢のステンレス名刺入れ 桜の古木芯材を使いました桜は手触りが [続きを読む]
  • 3Dカードケース(木製名刺入れ)
  • 貝塚伊吹芯材の赤と辺材の白が混ざり面白い模様になっている木目に対して斜めに切り出して変化を付けた。普通に垣根として植えられている庭木です。枝が多いので節も多くなり加工しやすい部分が少ない。楠一本だけ赤い木目を見つけたキラキラ光るリボン杢に差し色の赤い線を入れた。立ち枯れた大きな楠を昨年切り倒して乾燥させていた中から切り出した。もちの木波模様が3Dの様に浮き出て見える木目に対して交わる様にできる波杢 [続きを読む]
  • 3Dカードケース素材探し
  • 槙の大木まだ玉切りしていないのですが大木に見られる杢が数か所確認できました直径が40?近くあるので苦労しそうです。槙の杢根に近い部分には、シワが見えます。このような部分を切り出すと杢が表れる事があります。切り出すまで解りませんがその時に楽しみです。槙の杢残りの箇所のシワも杢か取れそうです。切る角度を間違うと全く杢が出ない場合もあります。切る出す時は慎重に角度を決めます。---------------------------- [続きを読む]
  • 3Dカードケース(木製名刺入れ)
  • もちの木名刺入れ昨年切り出して乾燥していた木から切り出して作成斜めに伸びる波杢が綺麗に出ていて少し緑ががった木色が良い雰囲気を醸し出しています。杢はフィギュア(figure)とも呼ばれ柾目とも板目とも異なって稀に現れる平面なのに複雑な3D模様が浮き出てくる委託販売【Creema】もちの木名刺入れ縦に入った波杢が鮮やかに出ている木の手触りも良く出来栄えの良い作品となりました杢(もく)とは木材の木目・木理のうち、 [続きを読む]
  • 木製かんざし(ヘアスティック)
  • 木製かんざし古民家の梁に使用されていた松木目模様を楽しめる様に削ってみましたヘアスティック強度を確保するために軸は7?〜8?前後の太さにしました軸の真ん中を少し太くして髪から抜けにくくしましたかんざしとヘアスティックを参考にしてデザインしました。玉かんざし風飾りの部分は、玉かんざし風にして三段重ねにした色んな形を作ってみて皆様の反応を見てみたい。下記の委託サイトで販売していますので覘いて見て下さい [続きを読む]
  • 貝塚伊吹の木製名刺入れ 
  • 貝塚伊吹(カイズカイブキ)の名刺入れ庭の塀囲いに植えられていることが多い樹木です芯材と辺材が入り混じり木目の変化が面白い材質が比較的脆いので慎重に作業した面倒な貝塚伊吹(カイズカイブキ)薪にするために切り出すのですが枝が多く幹は凸凹で切りにくい木です。更に薪割り機でも綺麗に割れず手古摺ります。木目の変化切り方により色んな模様や木目の変化が出てくる木肌は滑らかで赤紫色から白まで節や木目が加わり多彩な [続きを読む]