オクー さん プロフィール

  •  
オクーさん: また、本の話をしてる
ハンドル名オクー さん
ブログタイトルまた、本の話をしてる
ブログURLhttp://okuubook.hatenadiary.jp/
サイト紹介文おすすめ本の紹介や書評、出た本出る本など、本関連の最新ニュースを届けます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供187回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2016/07/23 13:53

オクー さんのブログ記事

  • 【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.8/2週)
  •  さて、出た本。いろいろと話題も多い柴崎友香さんの新作「公園へ行かないか?火曜日に」出てました。いいタイトルだなぁ。内容もなかなか興味深い。アマゾンの紹介文を引用してみましょう。アメリカにいるから、考えること。そこにいないから、考えられること。2016年11月8日、わたしはアメリカで歴史的瞬間に居合わせた、はずだった――。世界各国から作家や詩人たちが集まる、アイオワ大学のインターナショナル・ライティン [続きを読む]
  • 【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.7/5-8/1週)
  •  このコーナー、先週は個人的にめぼしい本がなかったのでお休みでした。今週もあまりないけれど、ちょっとだけ。出た本。「最後から二番目の恋」「ひよっこ」、そして現在は「この世界の片隅に」の脚本を担当している岡田惠和。彼が銀杏BOYZの7つの詞曲を元に、書き下ろした青春小説「いちごの唄」が5月に出ていました。峯田和伸(銀杏BOYZ)描き下ろしの絵も収録。7つの曲は次の通りです。「漂流教室」「東京」「愛してるっ [続きを読む]
  • 【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.7/3週)
  •  出た本。直木賞を受賞した「下町ロケット」の第2弾、池井戸潤「下町ロケット ガウディ計画」が文庫になりました。2015年のTBSのドラマでは5話までが「ロケット編」で6話から「ガウディ編」になっていました。ロケットから人体へ、佃製作所が新たな戦いの場に挑む設定がおもしろかったです。ま、池井戸潤の小説はどれもおもしろいのですが。未読の人はぜひ!下町ロケット ガウディ計画 (小学館文庫)posted with ヨメレバ池 [続きを読む]
  • 【新刊案内】出る本、出た本、気になる新刊!  (2018.7/2週)
  •  出た本。文庫化が2冊。村田沙耶香「消滅世界」が文庫になりました。「コンビニ人間」以前の作品ですが、村田沙耶香のスゴさが分かるパラレルワールド小説。これはぜひぜひ!僕の感想はこちら。消滅世界 (河出文庫)posted with ヨメレバ村田沙耶香 河出書房新社 2018-07-05Amazonで調べる楽天ブックスで調べる もう1冊の文庫化は絲山秋子の「薄情」、高崎を舞台に地方都市に生きる若者を描いた傑作小説。絲山ワールドが [続きを読む]