くりぴょん。 さん プロフィール

  •  
くりぴょん。さん: くりぴょん。のゆるゆるBlog。
ハンドル名くりぴょん。 さん
ブログタイトルくりぴょん。のゆるゆるBlog。
ブログURLhttp://kuryfunky.blog.fc2.com/
サイト紹介文何も考えずに、生きてみないか。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2016/07/22 22:34

くりぴょん。 さんのブログ記事

  • 東京スカイツリー。
  • 12月11日、月曜日。今回は上野駅から出発です。写真は不忍口です。※ JR上野駅東京都台東区上野7丁目  古くからある東京メトロ銀座線に、斬新な色の電車が到着。3駅で浅草駅に着き、地下通路で東武鉄道乗り場に行けます。※ 東京メトロ 上野駅東京都台東区東上野3-19-6  起点となる駅なのに、カーブしていて狭いという、何とも都会らしいひとコマです。※ 東武鉄道 浅草駅東京都台東区花川戸1-4-1思いつきで撮ったので、揺れて [続きを読む]
  • 東京ステーションホテル。
  • 11月23日、勤労感謝の日。  東京駅周辺は気持ちよい晴天です。  何かの警護でしょうか!?、白バイ隊の皆さんがたくさんいらっしゃいました。  JR東京駅の丸の内南口に行ってみました。このクラシカル感、素敵です。  真下と真上を撮ってみました。もはや万華鏡か!?と思える美しさです。  今回はなんと!!、東京駅の一部と言っても過言ではない「東京ステーションホテル」に宿泊です。  丸の内南口からフロントへ向かいま [続きを読む]
  • 太宰治と津軽中里駅。
  •   川倉賽の河原 を出発したオバハン、金木町の町中に向けて歩きます。  町中に入ると、金木郵便局が目に飛び込みました。※ 金木郵便局青森県五所川原市金木町朝日山348-3  郵便局からほどなく、太宰治疎開の家(旧津島家新座敷)です。もとは太宰治の兄・津島文治氏夫婦の新居として建てられた津島家の離れだそうです。※ 太宰治疎開の家(旧津島家新座敷)青森県五所川原市金木町朝日山317-9  ババーンっ!!。大通りが見えた [続きを読む]
  • 川倉賽の河原。
  • 11月4日、土曜日。ふたたび 五所川原駅に来ました。今度は津軽鉄道の「津軽五所川原駅」です。  …!?。隣の部屋から入るようです。  待合所の一角に、切符売り場がありました。昔なつかしい硬券です。  待合所内の改札を抜けると、JR五所川原駅と共同の通路に出ます。日本最北の私鉄です。  津軽鉄道のホームに着きました。懐かしい雰囲気に満ちた乗り場です。私が乗る電車は「走れメロス」号でした。  津軽鉄道の起点は [続きを読む]
  • 五所川原。
  • 高山稲荷神社 からタクシーで移動。五所川原交通様とお別れして、五所川原の市街地にやってきました。立佞武多の館です。  立佞武多の展示だけでなく、軽食やお土産もあります。※ 立佞武多の館青森県五所川原市大町506-10  吉幾三コレクションミュージアムです。思っていたよりコンパクトな建物です。※ 吉幾三コレクションミュージアム青森県五所川原市大町508-4  太宰治「思ひ出」の蔵です。奥まっている小さな場所です。 [続きを読む]
  • 高山稲荷神社。
  • 出来島最終氷期埋没林 から移動したオバハン。何もない田舎道に、突然鳥居がひとつ。さらに進むと、もうひとつ鳥居があります。高山稲荷神社です。境内案内図です。  さっそく本殿方向に進んでみましょう。ほっかむりをしたお狐さまがお出迎えです。  階段を上りきると、たくさんの小さなお社が点在していました。  …かなりゴツいです。本殿です。  先に進むには、せっかく上った分を下りるかのように下ります。  節目 [続きを読む]
  • 出来島最終氷期埋没林。
  • 11月3日、金曜日。  東北新幹線の車窓で、素敵な景色を堪能(盛岡駅付近)し、着いたは新青森駅です。  今回は五所川原交通株式会社様の全面協力(本当です)により、タクシー移動です。まず寄ったのは、異様ともいえる建物。  JR五能線の木造駅です。遮光器土偶がモチーフで、一億円ふるさと創生事業の一環として駅舎に作られました。目が光ったりして、地元では「シャコちゃん」と呼ばれて親しまれているそうです。  次に訪 [続きを読む]
  • 木古内駅。
  • 龍飛崎 から 奥津軽いまべつ駅 に戻ってきたオバハン。  雨が止んで三線軌条がクッキリ見えます。  短期間にたくさん大谷翔平選手ののぼりを見過ぎたオバハン。「大谷ぃ〜、戻ってきたよぉ〜」と口走りそうになりました(笑)。  1日の利用者数が50人とも60人ともいわれるこの駅。でも新幹線の駅です、周りは森でも誰もいなくても装備は立派です。  それではオバハンは新幹線に…。…帰京するのではありません、まだ北へ向か [続きを読む]
  • 龍飛崎。
  • 三厩駅 から、プリント華やかな外ヶ浜町営バスに乗ります。  バスに揺られて約30分、龍飛崎の駐車場に到着です。バス停のすぐそばに、石川さゆり「津軽海峡冬景色」の歌碑があります。ボタンを押すと曲が流れますが、2番だけです(笑)。  振り返ると「階段村道」の看板(今は町道!?)を見つけました。いや、階段国道に対抗しなくても…と笑いつつ進んでみました。ちょっとワイルド。  階段村道を歩くこと数分(迂回路あり)、龍飛 [続きを読む]
  • 青函トンネル入口広場。
  • 10月7日、土曜日。オバハンは リベンジ するべく、朝も早よから大宮駅に登場です。  再び 奥津軽いまべつ駅 です。安定の大谷翔平選手がお出迎え。そして…今度は今別町巡回バスにちゃんと乗れたっ(笑)!!。三厩駅に行く途中にある、浜名稲荷神社の前でバスを下車しました。小雨がパラパラしていました。神社は地域の小さなお社、といった雰囲気です。  浜名地区の海岸です。地域の小さな漁港です。神社から徒歩10分ほどで、目 [続きを読む]
  • 今別町。
  • 奥津軽いまべつ駅 から今別町巡回バスに乗ったオバハン。…なんとっ!!、バスを乗り間違えたっ!!。運転手さんが必死にあれこれ考えてくれて、JR今別駅で下車しました。この日は予定があって帰京を遅らせられず(涙)、なので予定を変更です。  駅からブラブラ歩いてみました。  10分ほど歩くと、今別川の河口と漁港に着きました。青い空、白い雲…水の青も綺麗です。  結構急な崖状態です。  国道280号線に出ると、今別町巡回 [続きを読む]
  • 奥津軽いまべつ駅。
  • 9月16日、土曜日。朝早くから大宮駅に突入したオバハン。のどかな車窓を眺めながら、北へと進みます。初めての駅に到着しました。  北海道新幹線「奥津軽いまべつ駅」です。青森県東津軽郡今別町ですが、新青森より北はJR北海道の管轄になります。  いったん降りると、次は3時間4時間後…ということもあります。  2016年3月26日に開業したばかりの駅です。「自撮り棒をつかわない」等々、説明書きが今時なタッチです。  シ [続きを読む]
  • 七戸十和田駅。
  • バスで焼山まで 戻ってきました。目の前に「渓流の駅おいらせ」があり、おみやげ等の買い物や軽食ができます。渓流の駅おいらせで買える、りんごソフトクリームです。ソフトクリームの形ですが、りんご果汁30%の、味わい深いシャーベット風味です。  相変わらず弾丸なオバハン、帰京の時がきました。「七戸十和田奥入瀬シャトルバス」に乗ってみることにしました。  外も内も、フツーの路線バスです。でも停車するバス停が少な [続きを読む]
  • 奥入瀬渓流、その3。
  • 9月9日、土曜日。  奥入瀬渓流ホテル からの宿泊者用無料バスで、再び奥入瀬渓流に向かいます。今回は★の所を散策します。バスを途中下車。目の前に広がるは、三乱の流れです。  お上品というか女性的というか、どことなく品がある雰囲気です。  川に沿って遊歩道が続くので、歩いて辿ってみます。倒木も葉に射す光も、すべてがアートに感じます。  獣道のような猛々しい部分もありました。  下流から上流に向かって歩 [続きを読む]
  • 奥入瀬渓流、その2。
  • 初日の散策 を終えたオバハン、早々に宿に向かうことにしました。星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル です。  メイン玄関と東館・西館の外観です。  ウッディな雰囲気満載のエントランスです。  この日は予約に空きがあったらしく、部屋をバージョンアップしてくださったようです。いやぁ、一番安いお部屋でお願いしていたので、ただただ恐縮です。モダンツインルームというお部屋に通していただきました。ただ…泊まるのはオバ [続きを読む]
  • 奥入瀬渓流、その1。
  • 9月8日、金曜日。東北新幹線の車窓から、虹が見えました。   今回は、八戸駅を降りてすぐに、JRバス東北「おいらせ号」に乗り込みました。走ること小一時間、奥入瀬ろまんパークで途中トイレ休憩。さらに小一時間走ると…国道102号沿い、奥入瀬渓流にある滝のひとつ「銚子大滝」に着きました。  なにせ行ったのが9月だというのに、緑が褪せていない事に驚きました。もうバスを降りて1分でKOされたオバハン。バスが去った国道 [続きを読む]
  • みちのく鹿島球場。
  • 8月26日、土曜日。今回は福島駅で、東北新幹線と山形新幹線の切り離しを見ました。間近過ぎると、新幹線の音が凄いことを学んだオバハンでした。  新幹線ホームを降りると、福島県内のお祭り紹介がありました。  伝わりにくいのですが、改札口が三角形状になっています。在来線ホームに「とれいゆつばさ」。足湯のある列車です。  福島駅改札を出て、高速バスのりばに来ました。このホーム1つからほぼ全ての高速バスに乗るよ [続きを読む]
  • 石巻市民球場。
  • 8月11日、金曜日。この日は祝日「海の日」でお休みです。…と同時に、カレンダーの並びでお盆初日となってしまいました。はやて355号は盛岡行きですが、前日のままの表示(笑)。JRさんも大変だ。  そのはやて355号は臨時列車なので、通常あまり使わない16番線に到着です。久しぶりにE2系車両に乗ったオバハン。着いたは仙台駅。1駅なので、アッと言う間でした。  バスに乗り換えるのですが、やはり人が多いですね。オバハンは21 [続きを読む]
  • 秋田杉。
  •   賽の河原 から2km余りで、十二湖駅に着きました。これから「快速リゾートしらかみ2号」で帰路につきます。車両は前日と同じ「くまげら」編成でした今回はほぼ 前日 のルートを戻る感じです。  ふたたび、大間越海岸です。写真は、前日とほぼ同じ場所を撮りました。時間と天気が違うと、見え方が全然違います。  ふたたび、東能代駅です。前日とは違うホームに到着しました。  上りホームは、杉プッシュが猛烈でした。奥 [続きを読む]
  • ガンガラ穴と賽の河原。
  • 7月29日、土曜日。青森県西津軽郡深浦町。今回はバスを途中下車し、前回 行けずにいた所を散策しようと思います。  なーんもない地点で降ろされるも、反対側にかろうじてバス停が有りました。目指すは「ガンガラ穴」「賽の河原」です。  途中、五能線の踏切を通ります。リゾートしらかみの3往復を含めても、1日8往復の運転です。  青い空とともに、白神山地の青も綺麗に見えてきました。バス停からは10分ほどで、ガンガラ穴 [続きを読む]
  • ウェスパ椿山、その3。
  • 前回 、リゾートしらかみに乗って足を踏み入れたは…。  ふたたび「ウェスパ椿山」です。前回 来たときは故障中だったスロープカーが、リニューアルオープンした日でした。  思っていた以上にコンパクトに車両に、オバハンちょっと驚きました。  スピードはゆるゆるながら、確実に傾斜を登っていきます。白神展望台に到着しました。  展望台から見た北側・南側です。北側には深浦雪人参の畑や風車、南側からは白神山地が望 [続きを読む]
  • 快速リゾートしらかみ5号。
  • ご無沙汰しております。すっかり更新が遅れました、すみません。随分前の話、真夏の7月28日・金曜日。この旅は、羽田空港から始まりました。埋立地がミニチュアのように見えます。  着いたは秋田空港、初めて降りる空港です。この一週間前に秋田県を豪雨を襲ったため、結構な混雑でした。ド派手なラッピングバスで、秋田駅へ。  秋田駅に着いて、現実を目の当たりにします。大雨で秋田新幹線は一週間ストップしていたのでした [続きを読む]
  • メイプルスタジアム。
  • 7月15日、土曜日。再び、八戸駅 です。  今度は郊外に向けてのバスに乗ります。十和田電鉄バスです。いたってフツーの路線バスに揺られて、あちこちの町へと迂回しながら約50分…。  六戸町中心地への入口、六戸中央に着きました。半端なく暑い…33℃あったようです。  六戸町の木が「カエデ」だそうで、とにかくなんでも「メイプル」。町の施設が集う中心地への道に連なる街路樹もカエデです。秋に通ると綺麗なんでしょうか [続きを読む]
  • 長根野球場。
  • どうも、道楽オバハンです。7月15日、土曜日。見てのとおり、クソ早い時間に新幹線に乗ります。たぶん新青森行きの始発です。着いたは八戸駅です。東北も青森だっつーに、関東より暑い日射しでした。ここから道楽を始めます。八戸駅前からバスで約20分、市街地近くに長根公園という運動公園があります。裏道をブラブラ散策していたら…なんと!!、屋外相撲場がありました。  公園内に入ると、ほどなく野球場が見えてきました。洪 [続きを読む]
  • 青森駅と青森空港。
  • JR弘前駅 で、オバハンが待ったは「快速リゾートしらかみ1号」です。過去にリゾートしらかみに乗った際は、新幹線経由でした。…となると「リゾートしらかみで新青森-青森間を乗っていない」と気付いてしまいました。それを埋めるべく、オバハンは乗り込みました。今回の車両は「青池」編成、そこそこ人が乗っていました。35分ほどで、リアル終着駅が見えてきました。青森駅に到着しました。その昔、青函連絡船があった頃の名残が [続きを読む]