くりぴょん。 さん プロフィール

  •  
くりぴょん。さん: くりぴょん。のゆるゆるBlog。
ハンドル名くりぴょん。 さん
ブログタイトルくりぴょん。のゆるゆるBlog。
ブログURLhttp://kuryfunky.blog.fc2.com/
サイト紹介文何も考えずに、生きてみないか。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2016/07/22 22:34

くりぴょん。 さんのブログ記事

  • 快速リゾートしらかみ1号 と 新青森駅散歩。
  • ウェスパ椿山駅に 戻ってきた オバハン。なんと天気は小雨っ!!。2月の青森県で雪でなく、雨に遭うとは思いませんでした。今度はリゾートしらかみ1号に乗ります。3度目の新型橅編成です。午前中と夕方では、景色の見え方が違います。次の停車したのは、深浦駅です。  駅舎と車庫です。  ほどなく鰺ヶ沢方面から、新型青池編成のリゾートしらかみがやって来ました。  すると双方の車両から人が出てきて、思い思いに写真を撮っ [続きを読む]
  • 黄金崎不老ふ死温泉。
  • ウェスパ椿山駅 に到着したオバハン。さっそく目の前に止まるバスに乗り込みます。  クネクネと海と山を眺めて走ること10分弱。  「黄金崎不老ふ死温泉」に到着です。(施設HPより抜粋) とにかく建物が長いです。  オバハンが泊まるお部屋へは、階段での移動です。そして長い廊下を延々と歩きます。  オバハンが泊まる221号室です。部屋番号下のマグネットは何なんだろ!?、どの部屋にも付いていましたが…。  お部屋から [続きを読む]
  • 快速リゾートしらかみ4号、その3。
  • 2月9日、金曜日。今回の道楽は、JR新青森駅からスタートです。  駅前ロータリー横にあるモニュメントです。人の腰位置近くまで積もる雪に埋もれるわ、足跡でアートになっているわ…(笑)。東口出口そば、新青森駅1階に「あおもり旬味館」があります。  おみやげゾーンと、軽食ゾーンと2つの構成になっています。どちらも雰囲気あふれるスペースになっています。※ 新青森駅ナカ あおもり旬味館青森県青森市大字石江字高間140-2 [続きを読む]
  • 陸前高田の震災遺構、その2。
  • 【注意】このページには、震災遺構の写真があります。苦手な方は、写真を大きくせずにスルーしてください。旧気仙中学校 からまた川を渡って戻ってきました。  どう見ても工事中な雰囲気満載な中に「奇跡の一本松」の看板を見つけました。近づくには、徒歩でしか進めない状態になっています。  途中になんと、仮設トイレがあってビックリしました。  道なりに右に左に曲がり進むと、松の木も少しずつ大きくなってきました。 [続きを読む]
  • 陸前高田の震災遺構、その1。
  • 【注意】このページには、震災遺構の写真があります。苦手な方は、写真を大きくせずにスルーしてください。1月27日、土曜日。今回はJR一ノ関駅で、東北新幹線を下車しました。  改札口に向かおうとすると、ドドーンと鎮座するピカチュウ!!。いやぁ、ビックリした。  広い連絡通路を通り、在来線ホームに向かいます。床に示された表示が親切です。  在来線ホームに着きました。ついさっき通った新幹線ホームと連絡通路が、な [続きを読む]
  • 久慈と二戸を結ぶ。
  • 久慈駅 に着いたオバハン。  駅前に建つ昭和感満載の「駅前デパート」です。NHKの朝の連続テレビ小説「あまちゃん」に出てきた場所だそうです。※ 駅前デパート岩手県久慈市中央3-42「あまちゃんハウス」です。「あまちゃん」のロケ風景の写真や、実際に使われた小道具を展示しています。※ あまちゃんハウス岩手県久慈市中央3-28  シャッターの絵柄も「あまちゃん」を意識しています。のんびり10分ほど歩くと「道の駅くじ や [続きを読む]
  • リゾートうみねこ。
  • 年が明けて、2018年1月6日、土曜日。  3連休の初日で大宮駅は人がたくさんで、臨時お弁当売り場も出ていました。  今回乗ったのは、臨時列車の「はやて373号」です。  グリーン車に乗り、車内と座席を撮りました。臨時列車のせいか!?、あまり混んでいなくて、静かに過ごせました。大宮駅から約2時間半、八戸駅に到着です。  新幹線から在来線・青い森鉄道に乗り換える際は、いったん改札を出ます。  在来線・青い森鉄道 [続きを読む]
  • 遠野探訪、その4。
  • カッパ淵 から戻ってきました。  伝承園の敷地横にある「安全太郎」です。これもカッパです。  いよいよ「伝承園」に入ってみましょう(有料)。  時代がスリップしたような空間です。天皇陛下・皇后陛下も、ご覧になった場所です。  園内に移築された「菊池家曲り屋」です。1750年頃に建てられたといわれる、最も古い時期の南部曲り家です。  曲り屋の奥に「御蚕神堂(オシラ堂)」があります。靴を脱いでおじゃまします。 [続きを読む]
  • 遠野探訪、その3。
  • 12月30日、土曜日。あえりあ遠野 をあとにして、散策を再開です。「遠野市役所」です。東日本大震災で市役所が全壊し、平成29年9月に再開したばかりの市役所です。  年末で市役所は閉まっていましたが、門構えだけでも木の温もりを感じます。※ 遠野市役所遠野市中央通り9番1号  すぐ裏に「遠野ショッピングセンターとぴあ」があります。2階の東側半分が、遠野市役所とぴあ庁舎となっています。9月に新しく開庁した遠野市役所 [続きを読む]
  • 遠野探訪、その2。
  •   前回 から「新奥の細道」を散策しているオバハン。鳥居がある地点で突入します。  いくつも鳥居が見えては登り、また鳥居を見つけては登ります。  半ば獣道のような雪道をまだまだ登りながら進みます。お清めの水さえ凍っています。  いったいいくつ鳥居を抜けたやら、10数分登ってやっと到着です。向かって右手のお社は「程洞稲荷神社」です。  左手には何か別のお社があります。サッカー日本代表で有名になった「八 [続きを読む]
  • 遠野探訪、その1。
  • 12月29日、金曜日。大宮駅の新幹線ホームは、帰省や旅行をする人達でいっぱいです。  今回は東北新幹線やまびこ号に乗って北へ向かいます。車窓から見る朝焼け、理屈抜きに綺麗でした。やまびこ号で2時間半程で、新花巻駅に到着しました。ここから在来線に乗り換えるのですが…  なんといったん駅の外に出て、在来線改札に向かいます。  在来線・JR釜石線の新花巻駅です。高架にドドーンと東北新幹線を見上げる構造です。※ [続きを読む]
  • 東京スカイツリー。
  • 12月11日、月曜日。今回は上野駅から出発です。写真は不忍口です。※ JR上野駅東京都台東区上野7丁目  古くからある東京メトロ銀座線に、斬新な色の電車が到着。3駅で浅草駅に着き、地下通路で東武鉄道乗り場に行けます。※ 東京メトロ 上野駅東京都台東区東上野3-19-6  起点となる駅なのに、カーブしていて狭いという、何とも都会らしいひとコマです。※ 東武鉄道 浅草駅東京都台東区花川戸1-4-1思いつきで撮ったので、揺れて [続きを読む]
  • 東京ステーションホテル。
  • 11月23日、勤労感謝の日。  東京駅周辺は気持ちよい晴天です。  何かの警護でしょうか!?、白バイ隊の皆さんがたくさんいらっしゃいました。  JR東京駅の丸の内南口に行ってみました。このクラシカル感、素敵です。  真下と真上を撮ってみました。もはや万華鏡か!?と思える美しさです。  今回はなんと!!、東京駅の一部と言っても過言ではない「東京ステーションホテル」に宿泊です。  丸の内南口からフロントへ向かいま [続きを読む]
  • 太宰治と津軽中里駅。
  •   川倉賽の河原 を出発したオバハン、金木町の町中に向けて歩きます。  町中に入ると、金木郵便局が目に飛び込みました。※ 金木郵便局青森県五所川原市金木町朝日山348-3  郵便局からほどなく、太宰治疎開の家(旧津島家新座敷)です。もとは太宰治の兄・津島文治氏夫婦の新居として建てられた津島家の離れだそうです。※ 太宰治疎開の家(旧津島家新座敷)青森県五所川原市金木町朝日山317-9  ババーンっ!!。大通りが見えた [続きを読む]
  • 川倉賽の河原。
  • 11月4日、土曜日。ふたたび 五所川原駅に来ました。今度は津軽鉄道の「津軽五所川原駅」です。  …!?。隣の部屋から入るようです。  待合所の一角に、切符売り場がありました。昔なつかしい硬券です。  待合所内の改札を抜けると、JR五所川原駅と共同の通路に出ます。日本最北の私鉄です。  津軽鉄道のホームに着きました。懐かしい雰囲気に満ちた乗り場です。私が乗る電車は「走れメロス」号でした。  津軽鉄道の起点は [続きを読む]
  • 五所川原。
  • 高山稲荷神社 からタクシーで移動。五所川原交通様とお別れして、五所川原の市街地にやってきました。立佞武多の館です。  立佞武多の展示だけでなく、軽食やお土産もあります。※ 立佞武多の館青森県五所川原市大町506-10  吉幾三コレクションミュージアムです。思っていたよりコンパクトな建物です。※ 吉幾三コレクションミュージアム青森県五所川原市大町508-4  太宰治「思ひ出」の蔵です。奥まっている小さな場所です。 [続きを読む]
  • 高山稲荷神社。
  • 出来島最終氷期埋没林 から移動したオバハン。何もない田舎道に、突然鳥居がひとつ。さらに進むと、もうひとつ鳥居があります。高山稲荷神社です。境内案内図です。  さっそく本殿方向に進んでみましょう。ほっかむりをしたお狐さまがお出迎えです。  階段を上りきると、たくさんの小さなお社が点在していました。  …かなりゴツいです。本殿です。  先に進むには、せっかく上った分を下りるかのように下ります。  節目 [続きを読む]
  • 出来島最終氷期埋没林。
  • 11月3日、金曜日。  東北新幹線の車窓で、素敵な景色を堪能(盛岡駅付近)し、着いたは新青森駅です。  今回は五所川原交通株式会社様の全面協力(本当です)により、タクシー移動です。まず寄ったのは、異様ともいえる建物。  JR五能線の木造駅です。遮光器土偶がモチーフで、一億円ふるさと創生事業の一環として駅舎に作られました。目が光ったりして、地元では「シャコちゃん」と呼ばれて親しまれているそうです。  次に訪 [続きを読む]
  • 木古内駅。
  • 龍飛崎 から 奥津軽いまべつ駅 に戻ってきたオバハン。  雨が止んで三線軌条がクッキリ見えます。  短期間にたくさん大谷翔平選手ののぼりを見過ぎたオバハン。「大谷ぃ〜、戻ってきたよぉ〜」と口走りそうになりました(笑)。  1日の利用者数が50人とも60人ともいわれるこの駅。でも新幹線の駅です、周りは森でも誰もいなくても装備は立派です。  それではオバハンは新幹線に…。…帰京するのではありません、まだ北へ向か [続きを読む]
  • 龍飛崎。
  • 三厩駅 から、プリント華やかな外ヶ浜町営バスに乗ります。  バスに揺られて約30分、龍飛崎の駐車場に到着です。バス停のすぐそばに、石川さゆり「津軽海峡冬景色」の歌碑があります。ボタンを押すと曲が流れますが、2番だけです(笑)。  振り返ると「階段村道」の看板(今は町道!?)を見つけました。いや、階段国道に対抗しなくても…と笑いつつ進んでみました。ちょっとワイルド。  階段村道を歩くこと数分(迂回路あり)、龍飛 [続きを読む]
  • 青函トンネル入口広場。
  • 10月7日、土曜日。オバハンは リベンジ するべく、朝も早よから大宮駅に登場です。  再び 奥津軽いまべつ駅 です。安定の大谷翔平選手がお出迎え。そして…今度は今別町巡回バスにちゃんと乗れたっ(笑)!!。三厩駅に行く途中にある、浜名稲荷神社の前でバスを下車しました。小雨がパラパラしていました。神社は地域の小さなお社、といった雰囲気です。  浜名地区の海岸です。地域の小さな漁港です。神社から徒歩10分ほどで、目 [続きを読む]
  • 今別町。
  • 奥津軽いまべつ駅 から今別町巡回バスに乗ったオバハン。…なんとっ!!、バスを乗り間違えたっ!!。運転手さんが必死にあれこれ考えてくれて、JR今別駅で下車しました。この日は予定があって帰京を遅らせられず(涙)、なので予定を変更です。  駅からブラブラ歩いてみました。  10分ほど歩くと、今別川の河口と漁港に着きました。青い空、白い雲…水の青も綺麗です。  結構急な崖状態です。  国道280号線に出ると、今別町巡回 [続きを読む]
  • 奥津軽いまべつ駅。
  • 9月16日、土曜日。朝早くから大宮駅に突入したオバハン。のどかな車窓を眺めながら、北へと進みます。初めての駅に到着しました。  北海道新幹線「奥津軽いまべつ駅」です。青森県東津軽郡今別町ですが、新青森より北はJR北海道の管轄になります。  いったん降りると、次は3時間4時間後…ということもあります。  2016年3月26日に開業したばかりの駅です。「自撮り棒をつかわない」等々、説明書きが今時なタッチです。  シ [続きを読む]
  • 七戸十和田駅。
  • バスで焼山まで 戻ってきました。目の前に「渓流の駅おいらせ」があり、おみやげ等の買い物や軽食ができます。渓流の駅おいらせで買える、りんごソフトクリームです。ソフトクリームの形ですが、りんご果汁30%の、味わい深いシャーベット風味です。  相変わらず弾丸なオバハン、帰京の時がきました。「七戸十和田奥入瀬シャトルバス」に乗ってみることにしました。  外も内も、フツーの路線バスです。でも停車するバス停が少な [続きを読む]
  • 奥入瀬渓流、その3。
  • 9月9日、土曜日。  奥入瀬渓流ホテル からの宿泊者用無料バスで、再び奥入瀬渓流に向かいます。今回は★の所を散策します。バスを途中下車。目の前に広がるは、三乱の流れです。  お上品というか女性的というか、どことなく品がある雰囲気です。  川に沿って遊歩道が続くので、歩いて辿ってみます。倒木も葉に射す光も、すべてがアートに感じます。  獣道のような猛々しい部分もありました。  下流から上流に向かって歩 [続きを読む]