その日暮らし さん プロフィール

  •  
その日暮らしさん: その日暮らしのブログ
ハンドル名その日暮らし さん
ブログタイトルその日暮らしのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/sonohi-kura-shi/
サイト紹介文平成28年度司法試験受験生のブログです。 司法試験受験に役立ちそうなこと等を書きたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/07/23 09:13

その日暮らし さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ロースクール生の民間企業就活 対策編
  • こんばんわ。久しぶりの更新です。最近、後輩や友人から司法試験の勉強のこと等についてアドバイスを求められているので、話に行きます。有難いことに、ローで教室の前に立って話す機会も頂けました。 浪人時代は1年間ずっと自宅で勉強して、家族以外には誰とも会わない生活をしていたので、ここにきて人様に必要とされるのは、非常に嬉しいことですね。 必要とされるうちが華ですので、できる限り人様のお役に立ちたいと思いま [続きを読む]
  • 平成28年度 司法試験成績
  • 本日、司法試験の成績通知が届きました。はっきりいって、成績は悪かったです。非常にお恥ずかしい限りですが成績を公開します。 【論文】 公法系 116点 憲法B 行政法B 民事系 168点 民法F 会社法A 民事訴訟法A 刑事系 103点 刑法F 刑事訴訟法A 労働 57点 論文合計 445点 順位 1134位 【択一】 141点 順位1125位 【総合】 総合得点  [続きを読む]
  • 使用教材
  • 友人にアドバイスをする際に、使用教材についてのレジュメも作成したので、ブログで公開しておきます。 問題集を解くにまえに注意するべきことを2点だけ、先に書いておきます。 ① 目的意識をもって、問題集をやること よくやりがちなのは、「この科目が苦手だから、とりあえず問題集をやろう」だとか、「友達が良いと言っていたから、この問題集をやろう」として、問題集を買ってしまうことです。まぁ。それで [続きを読む]
  • 敗因分析の仕方
  • 最近、お世話になった方々にお礼をに回ったり、書類を提出したり、バイトをしたりで、あっというまに日々が過ぎています。 さて、昨日今年不合格となってしまった友人にアドバイスをしに行きました。その際に、敗因分析の仕方についてレジュメを作ったのですが、せっかくなのでブログでも公開します。自分は、ロー入試でも浪人、司法試験受験でも浪人しているので、今後リベンジを期す方にとっては少しはお役に立てると思いま [続きを読む]
  • 罪滅ぼし
  • 司法試験合格発表から、1日経ちました。周りの方からお祝いの言葉をかけて頂き、徐々に合格した実感が湧いてきました。 さて、このブログを以前からご覧になって頂いた方は、ご存じだとは思いますが私は民事系の再現答案をアップしていません。民法の再現答案作成中に読み間違いを犯していたことに気が付き、作成が辛くなり途中で再現を作成することを放棄してしまいました。 某掲示板では、そのことについて辛口 [続きを読む]
  • 合格していました!
  • 司法試験に無事合格していました!今までブログを読んで下さった方、コメント下さった方、ありがとうございました! 成績も分かり次第、公開したいと思います。また、成績が良い科目があれば、勉強方法なども記事にしてみたいと思います。 取り急ぎ、ご報告まで。 [続きを読む]
  • 内定を頂けました
  • 先日の記事で、「最終面接落ち」と書いた某銀行から内定を頂くことができました。サイレントお祈りだと思っていたのですが、記事を書いた後に連絡を頂くことができました。面接の手応え的に落ちたと思っていたので、内定を頂けて、とても嬉しいです。  一応、内定を貰えたということで、私の就職活動の体験もそれなりに皆さんの参考になるのではないかと考えています。 民間就活の際に工夫したこと等、もし聞きたいこと [続きを読む]
  • 司法試験受験生の民間企業への就職活動 その2
  • 暑い日が続きますね。食欲も失せ、やることもなくゴロゴロとしている日暮です。 さて、民間の就職活動がひと段落しました。結果は、残念ながら内定は頂けませんでした。やっぱり厳しいですね。ご参考までに、もう少し具体的に書きましょう。 某総合商社・・・ 2次面接落ち 某銀行・・・ 最終面接落ち        * 追記 (2016.8.20)        後日、連絡がきて内定を頂くことが出 [続きを読む]
  • 過去の試験成績と感想
  • 某掲示板で話題になったので、過去の試験の成績や手応えをご参考までに載せておきます。 【平成27年の司法試験】公法 80点台前半民事 130点台前半刑事 110点労働 50点台後半択一133点総合2200番台前半です。 【平成27年の司法試験の手ごたえ】憲法・・・壊滅 (本当に分からなかった。ぐちゃぐちゃになってなってしまい途中答案)行政・・・壊滅(設問1で差止めの訴えのほか取消の訴えを検討するというミス、 設 [続きを読む]
  • 司法試験受験生の民間企業への就職活動
  • にほんブログ村 こんばんわ。 司法試験から、2か月以上が経過し、すっかりだれています。基本的にバイトをしているか、ごろごろしており、気が向いたときに勉強しています。これでは、いけないと思いつつも、なかなか勉強のやる気が起きませんね・・・。。 今日は、民間企業の就職活動についての記事です。「せっかく就活してるんだし、色々受けてみるかー」と思い、数社ながら民間企業にもエントリーシートを出し [続きを読む]
  • 司法試験受験生の民間企業への就職活動
  • こんばんわ。 司法試験から、2か月以上が経過し、すっかりだれています。基本的にバイトをしているか、ごろごろしており、気が向いたときに勉強しています。これでは、いけないと思いつつも、なかなか勉強のやる気が起きませんね・・・。。 今日は、民間企業の就職活動についての記事です。「せっかく就活してるんだし、色々受けてみるかー」と思い、数社ながら民間企業にもエントリーシートを出しています。民間企業 [続きを読む]
  • 就職活動 雑感
  • こんばんわ。最近は、バイトやら就職活動やらで外に出る機会も増え、割と慌ただしい日が多かったです。バイトも決まりました。バイト経験が初めてなので緊張しますが、頑張りたいと思います。 就職活動をしてみて、今後司法試験を受ける方に参考になると思ったことを書きたいと思います。 まず、司法受験生の就職活動ですが、学部生の民間企業の就職活動とは若干異なる点があると思います。 私自身は学部時代に就職活動 [続きを読む]
  • 平成28年度 短答式試験
  • 昨日、短答式試験の成績通知が届きました。 憲法 46点民法 61点刑法 34点 合計 141点順位 1125位 という結果でした。刑法が足を引っ張ってしまいました・・・。150点を目標にしていたのですが、達成できずに悔しいです。。  来年以降に司法試験を受験される方へアドバイスをするとすれば、サマクラや事務所説明会の応募をする際に大学の成績・ローの成績のほか短答式試験の成績通知の提出を求める事 [続きを読む]
  • 平成28年度 刑事訴訟法 再現
  • 平成28年度 刑事訴訟法 設問21 下線部①について本件接見指定は適法か。まず、「捜査のための必要がある」といえるかが問題となる。(1)接見交通権は、弁護人依頼権(憲法34条)を実質化するための重要な権利であるので、その行使は自由であり、接見指定は例外的にのみ認められるはずである。そこで、「捜査のための必要がある」とは、弁護人等の意向に沿った接見の申出を認めてしまうと、捜査に顕著な支障が生じてしまう [続きを読む]
  • 平成28年度 労働法 第2問 再現
  • 設問11(1) X組合としては、①Y社の団体交渉拒否や②社長名の声明文の掲示が不当労働行為労組法7条2号・3号)に当たるとして、労働委員会に申し立て(27条1項)をする。労働員会としては、①について団交応諾命令、②についいてポスト・ノーティス命令と声明文の掲載中止命令を下すことが考えられる。(2) また、裁判所に対しては、①について団交を求める地位の確認請求および同地位の保全の仮処分の申立て(民事保全法23条 [続きを読む]
  • 平成28年度 労働法 第1問
  • * 設問2についての思考過程を追記しました(2016年6月25日)  設問11 民法上、期間の定めのない雇用契約を解約ことは当事者の自由である(民法627条1項)。もっとも、使用者側からの解雇は労働者に与える影響が重大であることから、客観的合理性があり、社会通念上相当であるいえる場合に限り許容される(労働契約法16条)。2 まず、本件では普通解雇がなされているところ、就業規則27条4号に該当するかが問題とな [続きを読む]
  • 平成28年度 刑法 再現
  • 乙の罪責1 まず、開錠道具、果物ナイフを購入した行為は強盗予備罪(237条)が成立する。2 次に、V方に入ったことは、Vの意思に反する立ち入りといえるから、「住居」に「侵入」したといえ、住居侵入罪(130条前段)が成立する。3 次に、Vの顔面を蹴ったうえ、ナイフで1回刺した行為について強盗罪が成立するか。(1)「暴行」とは、相手方の反抗を抑圧するに足りる程度の暴行をいうところ、刃体の長さが10センチもあり、殺傷 [続きを読む]
  • 平成28年度 行政法 再現
  • * 設問2についての思考過程を追記しました(2016年6月25日) 設問11 原告適格は、法律上の利益(行政事件訴訟法9条1項)を有する者に認められる。そして、法律上の利益を有する者とは、自己の権利又は法律上保護された利益を侵害されるおそれのある者をいい、根拠法規が不特定多数人の具体的な利益を専ら公益に吸収・解消させるにとどめず、個々人の個別的な利益として保護する場合も含まれる。本件では、処分の名宛人以 [続きを読む]
  • 平成28年度 司法試験 憲法
  • 設問1第1 自己情報コントロール権について1  Aの弁護士としては、法14条、21条、31条1号・2号は、Aの自己情報コントロール権を 侵害し、違憲であると主張する。2 自己情報コントロール権の保障と制約 個人の尊厳を確保するため、人格的生存に不可欠な権利は憲法13条後段によって保障される。そして、個人の情報が行政庁によって収集・管理されている現代社会の下では、自己の情報をコントロールする権利は、自律的な性格を [続きを読む]
  • 過去の記事 …