プラアンズ さん プロフィール

  •  
プラアンズさん: ケセラセラ    おばさんバックパッカー放浪旅
ハンドル名プラアンズ さん
ブログタイトルケセラセラ おばさんバックパッカー放浪旅
ブログURLhttp://praanzu.hourou.info
サイト紹介文早期退職をして夫婦で海外を放浪します。 VISAを取得しながらいずれは世界一周?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2016/07/23 12:18

プラアンズ さんのブログ記事

  • タイが好かれる理由は
  • 今日はメーホーソーンからチェンマイへ戻ります。昨日の内に女将さんに伝えた為か7時前には食事の準備をして下さいました。トゥクトゥクのおじさんも時間より速く迎えに来てくれた様です。そうなると焦ってしまうのが、日本人なのですが、女将さんはトゥクトゥクのおじさんにもコーヒーとトーストを用意して下さり、心配せずにゆっくりと食事をする様にと言って下さいます。本当にきめ細やかな心遣いをして下さいます。トイレとシ [続きを読む]
  • メーホーソーンの見どころは
  • 今回の宿は『Baan Mai GH』ダブル、エアコン、共同シャワー、朝食付きで500バーツ、約1600円です。宿に着くと女将さんがコーヒーとフルーツを出して下さいました。そして観光スポットを教えて下さいました。街の北側にはフィッシュケイブと言う洞窟があり沢山の魚がいるのだそうです。近くにはバンブーブリッジがあり水田の上に渡された竹の橋を渡って行く事が出来るのですって。そこから2キロ程離れた所には泥パックが出来る場所 [続きを読む]
  • 説明を聞いてお釣りを忘れ無い様にしましょうね
  • 今日はパーイからメーホーソーンへ移動します。朝8時半の便ですので、早朝から起き出し、庭に置かれた椅子で寛ぎながら時間まで過ごす事にしました。今朝は御主人は近くに居ないのか、スマーフちゃんが遊びに来ています。おじいさん犬なのでしょうね。宿には誰もいませんが、宿代は既にクレジット決済してありますので、鍵をフロントへ返して出発する事にしました。バスターミナルに着くと早速バックパックをミニバンの後部座席に [続きを読む]
  • パーイの街を軽く散歩します
  • バスターミナル横にある『Wat Klang』と言うお寺に寄ってみる事にします。いきなりお堂の中です。1階が駐車場になっており外観的には余り目立った感じはありませんかね。宿からナイトマーケットへ行く途中にあるこちらは『Wat Luang』です。『Wat Pa kham』パーイ滞在最終日には近くの山にある『Wat Pra That Mae Yen』と言うお寺を訪れてみる事にしました。バスターミナルの前を通って行きます。そこからは1キロ程あります。お [続きを読む]
  • タイの人々を動物にたとえると
  • 今回の宿は『PAIBUREE GH(パーイブリーゲストハウス)』ダブル プラス シングルベッド、エアコン、温水シャワー、冷蔵庫付きで426バーツ、約1370 円です。既に午後3時を回っていますが、荷物を置いて、買い物に出掛ける事にします。ところが、少し前に停電になってしまったそうで、自家発電のないセブンイレブンではレジが動かない為、断られてしまいました。自動扉も開かないのですが、この子、このお店の番犬でしょうか?頭がド [続きを読む]
  • チェンマイからパーイへ続く山道はくねくね道です
  • バックパックも修理が終わり、漸く一安心出来ましたので、少しチェンマイ市内を散策する事にしました。チェンマイ市は四方を城壁で囲まれた旧市街とその外側の新市街があります。有名無名に関わらず沢山の寺院が点在しており、昔ながらの風景を損なう事なくお洒落なお店が軒を連ねています。山に囲まれ落ち着いた雰囲気もあり、何となく日本の京都を思い起こされ、長居をするのであればチェンマイは最適かも知れません。これは『 [続きを読む]
  • 値段には相応の理由がありますね
  • お店に着き早速、スーツケースを見せるとコロコロ1個400バーツだけれど、4輪全て変えると1200バーツ、約3900円になるそうです。1つにつき300バーツになります。受け取りは明日になるけれど、200バーツ支払うと今日中に宿まで届けてくれるのだそうです。多分、仕事帰りに届けてくれ彼の臨時収入になるのでしょうね?それは兎も角夫に付き合って貰っていますので、また取りに来るよりは配達して貰った方が良いでしょうか。結局、合 [続きを読む]
  • チェンマイでカバンの修理は『Mr. Bag-fix』があります
  • 今回の宿は『サンキューチェンマイホテル』ダブル、エアコン、温水シャワー、朝食付きで420バーツ、約1350円です。宿に着くと迎えて下さったのはイタリア人男性、アレキサンドロさんとタイ人の女性、モンタンさんです。二人はつい最近新しくオーナーになったのだそうです。ロビーでツアーの案内などをして下さったのですが、今は体調が良くない事を告げると、時間は過ぎているにも関わらず朝食を出して下さいました。申し訳ありま [続きを読む]
  • だいたい、なのですね。
  • 今日はラムプーンからチェンマイへ移動します。ところがっ!またまた、私のバックパックが壊れている事に気が付きました。今度はコロコロのゴムが壊れています。ナンデ、ですか?これはタイに入ってから購入した物でまだ10日位しか経っていませんよ?ホント、どうなっているのでしょうか?今日は移動ですし、取り敢えずはこのまま使い、チェンマイへ行ってから、修理屋さんを探さなければなりません。しかし、修理屋さんなんてあ [続きを読む]
  • 耳栓が平気な人にはオススメな宿です
  • この宿はアパート形式になっており、空いた部屋を宿として貸し出しているのだと思います。こう言うタイプの宿は実際に暮らす人々の為の設備が整っていますのでお勧めの宿ではあります。夕方になり、食事に出掛けようと扉を開けると、目の前にはビックリする程沢山の学生さん達が、ウヨウヨ、あちこちでたむろしています。思わずたじろいでしまいます。この宿の直ぐ目の前には学校があり、夕方になると一斉に生徒さん達が下校を始 [続きを読む]
  • オチャメなのね
  • これ、日本ではお馴染みのサンリオのキャラクター達ですが、タイのセブンイレブンで、現在50バーツ毎の買い物に1ポイント付く時にくれるシールです。商品によっては3ポイント付き、これがある程度貯まると規定の商品と交換するか1ポイント1バーツ分として換算されセブンイレブン内で買い物が出来るのです。ロビンソンと言うショッピングモールでスーツケースを買った時などで会員割引を使えば軽く500円は浮いた筈なのに、そういう [続きを読む]
  • タイのトゥクトゥク2020年までに電動化?
  • 宿で過ごした二日後の夜に部屋で寛いでいると筒抜けになっている話し声の中にイープン(日本人)、ハーローイ(500バーツ)と言っている声が聞こえて来ました。?これはまずい予感ですか? アゴダの口コミには始め400バーツを支払った後アゴダの手数料だ!と言って1泊につき60バーツ請求されたそうなのです。宿の外にある看板には確かに400バーツと書いてあります。しかし私達はbooking.comのバウチャーに記載されている1泊460バーツ [続きを読む]
  • 笑顔の先にある物は
  • プレー市街二日の滞在後、今日はラムプーンへ移動します。朝食を済ませ、直ぐ近くのバスターミナルへ向かいます。ナーンからチェンマイ行きのグリーンバスがこのバスターミナルに寄るのです。二階建ての豪華なバスです。プレーからラムプーンまでは180キロ程で、3時間掛かり、料金は一人149バーツ、約500円です。私達は9時発の便に乗る事にしました。席に座るとペットボトルに入った水のサービスがありました。距離の長い人には他 [続きを読む]
  • プレーでお勧めの宿は
  • 今日はロンクアンからプレーの市街へ向かいます。朝食を済ませ、宿の前でソンテオを捕まえる事にしました。夫の話しではここを通るソンテオが市街まで行くそうなのです。ここに来る為に利用したグリーンバスでも行ける様ですが、ソンテオの方が本数も多いでしょうし、手軽に乗る事が出来ます。すると直ぐに赤いソンテオがやって来ました。夫がプレーのバスターミナルまで行きたいと言うと頷いています。早速乗り込みます。今回タ [続きを読む]
  • マイトレーヤ的な存在になれれば
  • タイに入国して早、1週間が経ちますが何だかタイの様子が変じゃ無いですか?何時もの様に大きな音楽を掛けている人もいませんし、街全体がシーンと静まり返っています。タイらしい天真爛漫な陽気さが見受けられません。やはり前国王の崩御に伴い喪に服している為でしょうか。カンチャナブリーやベトナムのドンハで感じた様な緊張感があります。地方の街ではバンコクで見られる様な黒服を着ている人は殆ど見掛けませんが、前国王の [続きを読む]
  • ココナッツオイルは旅人の大きな味方です
  • ルアンパバーンで食あたりにあってからひと月近く経ちますが、体調を崩したままなかなか快復しません。それにしても夫だけがこの様な目に合ってしまったのでしょうか?他のお客さんも同じ症状が出てもおかしく無いのですが、分かりませんもんね。もしこれが日本であれば大変な事になっていますよ?ひょっとして、毒を盛られたとか?夫に何かしたんじゃ無いの?と聞くと、何にもしとらんがやぁ〜!と言っています。そうですよねェ [続きを読む]
  • ロンクアンでのお勧めの宿は
  • 翌日、朝食を取りに行くと、誰もいません。やはり私達以外に朝食に拘る人はいないのでしょうか。パンも少しパサついていますし、昨日の残りがそのまま置いてあるのかも知れませんね。しかし、パンは日持ちがしませんので、もし3日も4日もそのままであったとしたらカビが生えていてもおかしくありませんから、せいぜい昨日の残りぐらいだと思いますが、心配なのはバターとか、ジャムなど簡単には無くならない物です。やはりと言う [続きを読む]
  • ロンクアンにもセブンイレブンはあります
  • 今日はナーンからプレーへ移動をします。朝食を取りデポジットを忘れず受け取った後、女将さんが何処へ行くのか?と尋ねています。プレー!と言うと、バイクタクシーでバスターミナルまで行く様に!と教えて下さいました。宿の前で待っていると、オレンジ色のベストを着たバイクタクシーのおじさんが通り掛かったので声を掛けてみます。料金は一人30バーツだそうです。同じおじさんに往復して貰い一足先に私が乗って行く事にしま [続きを読む]
  • 音を立てずに食事をするには
  • 欧米人の人達と同じ宿で食事をすると彼らのマナーの良さに驚かされます。確かに隣のテーブルには料理が運ばれて来た筈なのに、食べている気配が全くしませんよ?何故でしょうか?日本人の食事と言えば、お箸を右手にお茶碗は左手に持ちそして時折お味噌汁をズズッとすすったりしますよね。そして最後は残りのご飯をお茶碗の端っこにカチャカチャとかき集め残さないように丁寧に頂きます。しかし、こちらはお皿にご飯が乗っており [続きを読む]
  • めまいや吐き気の原因は
  • この頃の体調不良の所為なのか私は何だか気持ちが悪いのです。軽い吐き気は少し前からありましたし今日はめまいもするのです。それにずっと頭痛がしていました。自律神経失調症の疑いもありますが、もしも脳梗塞の前兆だったらどうしましょうか。随分前から指先に綿が詰まった様な感覚があり、薬などの小さな物をポロポロ落としてしまう事があるのです。これはかなり危険じゃないですか?まだ、年齢的にはそんな歳ではないだろう [続きを読む]
  • 使ってしまったら補充は重要ですよね
  • 薬は兎に角、良く分かりませんから、勧められる薬を摂取する以外に方法がありません。タイにもフランス製の高価な物から、自国製の比較的安価な物まで様々なタイプの薬があります。下手に通じ無いからと高い薬を見せてしまうと、安い物は出してくれなくなってしまいますよ。更に値段を聞く時に失礼な事を言ってしまうと自国製の物でもとんでもなく高い値段を提示されてしまいます。英語が流暢に話せる人にタイ語で『タオライ?(幾 [続きを読む]
  • やはり細菌性の風邪でしょうか
  • 漸く宿に辿り着く事が出来、ゆっくり休みたいです。私は体調がすこぶる悪いですが、夫は抗生物質が効いたのか、随分良くなっています。もし、夫の風邪が移ったのであれば、私も抗生物質を飲んだ方が良いでしょうか?イブプロフェンと抗生物質の併用は余程酷く無い限り避けたいのですが、原因が細菌である場合はイブプロフェンでは効果はありませんから、飲むのであれば体力が落ちる前に摂取しておかないと、酷くなってしまってか [続きを読む]
  • 飛行機のタラップって移動式なのですね。
  • 飛行機に乗り込むと今回は別々の席になりました。私の席は窓際なのですが、既に通路側の席に座っている女性二人に挨拶してちょっと避けて欲しい事を告げると、前を通って!と言っています。すみません!と横歩きで狭い席の間に入り込むと、おばさん、私のお尻を押してますよ?押さないで下さいね!何せ、狭いですから。おばさんが通って、って言ったのに。これが男性であれば、席を退いてくれたりするのですが?ドンムアンからナ [続きを読む]
  • プライオリティーパスで『Miracle』と言うラウンジも使えます
  • ターミナルに着くと、直ぐに荷物を赤外線に通す様に言われます。随分チェックが厳しいと思っていたのですが、ここは国内便しかありませんので、預け荷物だけ先に検査する様です。やはり構内は寒い位に冷房が効いています。パーカーのフードを被ると少しはましですが、完全に頭のイカれたおばさんですね。エアーアジアは最近機内に持ち込む荷物の重量の基準を厳しくしたそうで、手荷物全部の合計が7キロまでになりました。夫は重量 [続きを読む]
  • 慌ただしい移動が続きます
  • 今日は飛行機を使いサコーンナコーンからドンムアンを経てナーンへ移動をします。8時半の便ですので5時には起き始め準備をします。夫はまだ熱がある様ですし、どうやら私も風邪をひいてしまった様です。夫の風邪が移ったのでしょうか。イブプロフェンを飲みイソジンでウガイをします。今日は一日中空港内にいますので上着を用意しておきますが、空港内は冷房が効いて寒いですから、二人共、更に体調を崩してしまわないか心配です [続きを読む]