T1957 さん プロフィール

  •  
T1957さん: Ride on a ちゃり
ハンドル名T1957 さん
ブログタイトルRide on a ちゃり
ブログURLhttp://saetta0404.hatenablog.com/
サイト紹介文パワー不足のエンジン搭載ロードバイクの走行記録
自由文1957年製エンジンは、圧倒的にパワー不足で、とにかく遅いです。ヤビツを60分以内で登るのが夢ですが、、、
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2016/07/23 12:26

T1957 さんのブログ記事

  • 奥多摩で撃沈の週末
  • 今週は、「あなたの脚力では無謀です!」と言われかねない遠征を計画していたのですが、週半ばに風邪でダウン、計画変更を余儀なくされました。水曜日夕方から節々が痛くなりはじめ、木曜日午後に発熱、という風邪の典型的な発症プロセスを経て、金曜日は一日中寝込むこととなりました。実は私、30歳前後から風邪に縁のない人生を過して来ました。したがって今回の風邪は30年ぶりの出来事、ある意味、風邪との初顔合わせです。極々 [続きを読む]
  • テーマは夏の海、三浦半島一周
  • 先週は秋を感じたのに、今週は真夏に逆戻りです。いつまで今年は暑いのでしょうか?この暑さでは、中途半端な標高のヒルクライムでは、確実にオーバーヒートを起こしそうです。ならば、平地をサクッと走った方が空冷効果を期待できるだろうと、久しぶりに三浦半島に脚を向けました。今週のテーマは「夏の海」午前10時までに本日のライドを終了させようと、日の出前の3:54@スタートです。マンネリ気味の三浦半島ですので、「夏の海 [続きを読む]
  • 蓼科スカイライン、双子池を経由して大河原峠
  • 今年の猛暑に対抗するには2,000m級の峠しかないと、今週(8/19)も大河原峠(標高2,093m)への遠征を準備していましたが、突然、爽やかな秋の空気に包まれた週末となりました。この気候だと標高2,000mの気温はどうなるんだ?ひょっとして寒い?と、これまでと逆の心配をしなければならない状況です。起点となる長野県佐久市の気温を調べてみると、朝は13℃、日中は27℃です。13℃?かなり涼しいというか、寒いレベルですが、いま [続きを読む]
  • 大弛峠から奥秩父山地最高峰へ
  • 今年は台風の影響で夏休みの自転車旅はワンチャンス、通常の週末ではできないチャレンジを!と色々検討したのですが、結局、暑さを回避するためには高いところへ行くしかないと、大弛峠を目指しました。2年ぶり2回目です。前回、プチ登山の末、辿り着いた夢の庭園からの景色に感動しました。今回は、さらに標高をアップさせて奥秩父山塊の最高峰である北奥千丈岳からの絶景を狙います。5:43@「道の駅まきおか」をスタート。スタ [続きを読む]
  • 夏休み恒例プチ旅行:丸沼高原と日光白根山
  • 夏休みの恒例行事となっているプチ旅行、とにかく涼しいところ!というのが、奥様からのリクエストでした。自転車ルートの下見という私の重要な要件を加味して決定したのが、群馬県丸沼高原(標高1,400m)です。日光白根山登山道から錫ヶ岳そもそも丸沼高原はどこかというと、金精峠の群馬県側、栃木県側は奥日光湯元温泉です。そして、日光から金精峠を越えて沼田へ至る国道120号線(日本ロマンティック街道?)が今回の自転車ル [続きを読む]
  • 涼を求めて滝沢林道 2018
  • この暑さでは、涼しいところでなければ、とても走れませんが、涼しいところ => 標高の高いところ=> 遠いでもあります。先週の嬬恋村も、帰路は渋滞もあり5時間を要しました。さすがと二週連続の長距離ドライブは辛いので、近くて、涼しい、夏の切り札を早くも使ってしまいました。4:00@自宅を出発。今日の目的地は、富士山五合目です。先週、アタフタした食料調達ですが、山中湖畔のコンビニは、6時前でもオープンしていました [続きを読む]
  • 天空散歩パートII:高山の花を楽しみながら標高2,000mの湿原を歩く
  • せっかくの三連休ですが、私の体力を大きく上回る猛暑です。とにかく標高の高い所に行くことしか考えられませんでした。自転車で行くことのできる標高2,000mオーバーのコースというのがありますが、まだ未体験のルートが四箇所あります。コマクサ峠(2,040m)大河原峠(2,093m)御嶽山 田の原(2,180m)富士あざみライン(須走口五合目1,960m)これをクリアするのも私の自転車ライフの大きな目標、今回は、コマクサ峠にチャレンジ [続きを読む]
  • 長い夏に備えて耐久力を鍛えるライド
  • 昨年に続き、今年もまた集中豪雨で大きな被害が出てしまいました。いつも私が走っているような山間の集落や道路が、ここまで破壊されるのかと驚くばかりです。被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。それにしても、線状降水帯とか、記録的短時間大雨情報とか、明らかに20世紀には聞かなかった言葉は、地球環境の変化が加速度的に進んでいることを感じさせます。真剣に考え、取り組んでいかないと駄目だと思うこの頃です [続きを読む]
  • 夏ライド、美ヶ原高原を横断、絶景の連続でした。
  • 美ヶ原高原を横断すると決めたのですが、実はどんな道を行くのか、よくわかっていません。Google Mapの衛星写真では、二次元的にしか確認できません。後は、東は山本小屋、西は自然保護センターが起点歩行区間(自転車は押し歩き)王ヶ頭がコース上の最高地点(2,034m)王ヶ鼻(絶景ポイント)へはちょっと寄り道が必要などの断片情報があるのみでした。saetta0404.hatenablog.com11:43@県道178号線の終端に位置する山本小屋ふるさ [続きを読む]
  • 夏ライド、標高2,000mを目指して美ヶ原高原へ
  • 当初、梅雨の中休みの晴れ間を狙って実行するつもりだったのですが、突然の梅雨明けで、2018年の夏ライド第一弾となりました。目的地は、高原道路の定番、美ヶ原高原です。涼しさを感じられる景色です!美ヶ原高原には、松本から美ヶ原スカイラインでアプローチするのが一般的ですが、朝一番で新幹線輪行しても松本到着は9時過ぎ、このスタート時間では、暑さとの戦いが必至となります。厳しいヒルクライムで有名な美ヶ原スカイラ [続きを読む]
  • 6月の走行記録。梅雨明けしてしまいましたね!
  • 大井川源流域から戻ると予想通り梅雨入りとなり、週末の天気と相談しながら近場をブラブラしています。春のシーズンに予定した未舗装路は一通りクリアしたので、タイヤをグラベルキングSKからグランプリ4シーズンに交換。この交換作業は、タイヤが嵌らず難航、前輪を交換するだけで掌にできた豆が潰れて作業ストップ。一週間がかりの大仕事となりました。こんなことで、路上での修理ができるのか不安になります。曇り空の中、久し [続きを読む]
  • 東俣林道で大井川源流域へ
  • 6月3日(日)、梅雨入り前のラストチャンスを捉え、オクシズ東俣林道へ大井川源流域を巡る探検に行ってきました。今回のコースは往復56kmのフルダートです。スタート地点の畑薙第一ダムが標高970m、折り返し地点の二軒小屋付近は1,410m、標高差は大きくはありませんが、途中に微妙にアップダウンのあるコースです。往路5時間、復路3時間の8時間、プラス休憩1時間で合計9時間というのが、ざっくりした計画です。往路を時速6kmで進め [続きを読む]
  • 東俣林道番外編;オクシズへの道
  • 今年の春シーズンも最終盤です。兼ねてから、シーズンラストは冒険に行くぞ!と、候補地をリストアップして情報収集してきました。そして、最終的に行き先として選んだのは、静岡最北部(通称オクシズ)大井川源流に位置する東俣林道です。畑薙第一ダムから二軒小屋までの、延長26kmに及ぶ未舗装林道。ここに挑戦するためにグラベルロードを導入したようなものです。6月最初の週末は好天に恵まれ、梅雨入り前のラストチャンス、い [続きを読む]
  • 天空のポピーは大渋滞
  • 秩父の桜を見たいと思っているのですが、なかなかタイミングが合わず、いまだ実現していません。この週末は、秩父高原牧場の「天空のポピー」が、ちょうど見頃をむかえるようです。このチャンスを逃すと、これも次は一年後、行くしかありません。秩父高原牧場へのアクセスルートは複数あり、どれを選択するべきかと迷いましたが、中間平→釜伏峠→二本木峠→秩父高原牧場→粥新田峠→定峰峠→白石峠→堂平山天文台と北から南へ縦走 [続きを読む]
  • 丸太の森から明神林道をフルに走ってみました。
  • このブログを読んで、今週のコースは、決定しました。blog.livedoor.jp南足柄から金時峠を経て仙石原へ抜ける明神林道が、6月18日から2020年春まで通行止めとなるニュースです。こりゃー通行止になる前に行って来なければ!と、ルートを検討。地蔵堂から黒白林道経由のアプローチでは新鮮味が乏しいので、林道の起点「丸太の森」からの明神林道全線を走ることにしました。丸太の森に行くのであれば、すぐ隣の大雄山最乗寺に立ち寄 [続きを読む]
  • 新緑の渓流を遡り柳沢峠へ
  • 奥多摩の最深部、柳沢峠へは、大菩薩ライン(国道411号線)で行くのが基本ですが、周辺の林道を組み入れてコースに変化を付けることができます。昨年の秋には、一ノ瀬林道で一の瀬高原に寄り道して、紅葉を楽しみました。saetta0404.hatenablog.com今回は、泉水横手山林道を走って柳沢峠を目指します。この林道、多摩川源流の一つとなる泉水谷を遡上する未舗装路です。先人のブログには、渓流の写真がたくさん紹介されています。こ [続きを読む]
  • 奈良子林道を断念して、奥多摩へ進路変更
  • 12:21@朝8:00に通過したR139の奈良子入口まで戻ってきました。saetta0404.hatenablog.comさて、どうするか。温泉に入って早めに帰宅する深城ダムから真木小金沢林道を上って、あくまでも大峠を目指す深城ダムから松姫峠を経由して奥多摩へ向かうせっかくここまで来ているのに1.はありませんよね。2.は、本日の目標達成でスッキリするのですが、真木小金沢林道で再びトラブルに見舞われる可能性があります。さすがと一日で二回は [続きを読む]
  • 犬越路を越えて丹沢湖へ
  • 神奈川の林道で未舗装であるが故に断念していた林道を一つ一つ走破(押し歩き ^_^; )してきましたが、大物が残っていました。道志みちの青根から山北の丹沢湖へ抜ける犬越路です。最高地点には全長800mの犬越路隧道があり、道志側が神の川(かんのがわ)林道(14.6km)、山北側が犬越路林道(4.5km)となります。そして、神の川林道に未舗装部分が存在します。もはや気楽な身分ですので、今年のGWは9連休、5月2日(水)に犬越路に [続きを読む]
  • 奈良子林道で大峠へ向かったのですが、、、
  • 5月5日7時2分、中央線猿橋駅に到着。最後部の車両からホームに降り立ちます。いかにも輪行の朝という写真ですが、猿橋駅の改札はホーム最前部でした。日中は夏日の予報ですが、朝7時の気温は10℃あるかどうか。風の冷たさに震えながら、重い自転車を担いでトボトボ歩くことから1日が始まりました。駅近くのコンビニで食料を調達し、まずは、観光です。名勝「猿橋」に行きました。「岩国の錦帯橋」「木曽の棧(かけはし)」と並ぶ、 [続きを読む]
  • 新緑の御荷鉾スーパー林道(観能〜八倉峠)<後編>
  • 御荷鉾スーパー林道の後編です。saetta0404.hatenablog.com旋回する猛禽類をセンターに写したかったのですが、、、大仁田ダムには、トイレやベンチなどがあり、休憩場所としてはベストでした。ただし、売店や自動販売機はありません。この先に控える最大の難所に備え、おにぎり1個とたまご蒸しパンを食べてエネルギーエを充填しました。11:17@大仁田ダムを出発。Peek3アタック開始。頑張るぞ〜!気負って出発しましたが、いきなり [続きを読む]
  • 新緑の御荷鉾スーパー林道(観能〜八倉峠)<前編>
  • GWを利用して、昨年から計画してきた御荷鉾(みかぼ)スーパー林道チャレンジを決行。好天に恵まれ、山奥一人旅を満喫してきました。いつものことですが、写真で溢れてしまい、前半、後半に分割してレポートします。Wikipediaからの引用:御荷鉾スーパー林道は、群馬県藤岡市から同県甘楽郡南牧村勧能に至るスーパー林道である。延長約67.1kmであり、関東地方の林道としては最長の部類となる。先週の白銀林道の結果から、グラベル [続きを読む]
  • 白銀林道グラベル修行 <後編>
  • 白銀林道<前編>(小田原〜星ヶ山公園)の続きです。星が山公園ちょうど12:00に星ヶ山公園に到着。公園内を走り始めると、すぐに片浦林道の分岐がありました。通常ルートでは、獲得標高が不足というクライマー向けのオプションですね。お昼を食べるベンチを探して公園内を進みますが、、、緩く右へカーブしていくと林道ゲートが出現。あっさりと公園を突き抜けてしまったようです。帰宅してから地図を眺めてみると、星ヶ山公園は [続きを読む]
  • 新兵器投入、白銀林道グラベル修行 <前編>
  • GWへ向けて、いよいよ最終兵器を導入しました。グラベルキングSK-32Cです。同時に、シューズもMTB用SPDシューズ(Shimano SH-MT3)を購入、押し歩きも万全の体制としました。タイヤ交換に手古摺り、新品チューブに穴を開けまくったのは秘密です。パンクしたら大丈夫か〜さて、タイヤを交換してまで挑んだのは、以前から気になっていた白銀(しろがね)林道です。小田原から湯河原に至る総延長26kmの林道で、未舗装部分がまだ多く残 [続きを読む]
  • 裏湘南国際村を探検
  • 荒れ模様の週末、土曜日は辛うじて日中曇りの予報です。しかし、午後から南風が吹き荒れそうなため、気持ちよくライド可能なのは午前中のみ。遠出は無理です。ならばと、前々から気になっていた湘南国際村の裏側に探検へ行くことにしました。湘南国際村TTのゴール地点を通過後、バスのロータリーをグルッと回って帰路につきますが、その地点に大楠山登山口へ向かう横須賀市道の入口があります。湘南国際村から大楠山への横須賀市道 [続きを読む]
  • 奥多摩ライド-2018春(天空の里「奥集落」編)
  • 「奥多摩ライド-2018春(最強林道対決編)」の続きです。風張峠の駐車場で、おにぎりを食べながら次の行動を考えました。予定通り、奥集落を目指す。数馬まで下り、入山白岩林道を逆方向から走り、どこで間違ったか解明する。この時点では、ミスコースしたポイントがわかっていませんでしたので、2.を選択しかけたのですが、この天気が、奥多摩天空の里へ行け!と強く主張します。奥集落へ行くためには、奥多摩湖畔から400mのヒル [続きを読む]