マリカリ625 さん プロフィール

  •  
マリカリ625さん: アウトプットがシェアになって広がる
ハンドル名マリカリ625 さん
ブログタイトルアウトプットがシェアになって広がる
ブログURLhttps://ameblo.jp/marikari625/
サイト紹介文インプットをアウトプットすることで一日一日を前向きに、自分向上と同時に多くの人の向上にもつなげていく
自由文コーチング・ファシリテーションをはじめとしたコミュニケーションツールを活用して、
自分ができるスキルWebマーケティングやマーケティングのノウハウを活用して、
自分が関心のある社会貢献(フェアトレードやプロボノ)あk集うを通して、
必要な人に、届けられるブログにしたいと考えています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2016/07/23 22:02

マリカリ625 さんのブログ記事

  • 【完結編】沖永良部紀行―シメはやっぱりこれで-Vol.3
  • お世話になりました。むがむがダイビングさん。 お世話になったむがむがダイビングさん。ショップがキャンピングカー!おしゃれイントラの浜本さんは豪快に笑うTHE海の男!という感じの人でした。 そこからの眺めがまた海の島だわ〜〜〜て感じ。台風の時は、そりゃ想像できないくらい大変なんだろうな。 最終日は島内観光でもっと島を知る。 飛行機搭乗まで18時間(安心のためには24時間)、間を開けないといけないので今日 [続きを読む]
  • 【ダイビング編】沖永良部紀行―潜り納めは透明度30M!-Vol.2
  • Entry直後の透明度に息をのむ。 息をのむとはこういうことでした。誰に何を伝えたくとも、海の中ではなんにもできず。自分と自分と自分と、この透明度30Mを、静かに静かに味わう。 でも、カメラのスキルの無さをこういうときに嘆く。30Mのすばらしさを全く伝えられない。これはこれでキレイな海なのですが、Entry直後はもっと光が差し込んでいて、明るくて、青くて、透明で、水の中感がまったくなくて、本当に空を飛んでいるよう [続きを読む]
  • 【出発編】沖永良部紀行―初訪なのにちょいちょいデジャヴ-Vol.1
  • 2017年潜り納めは沖永良部島。本島出身の知り合いがいて、いいとこなのでぜひ来てください!と言われて、ぜひ行ってみました。 鹿児島空港で乗り換えて、沖永良部空港へ。(羽田08:05 ⇒ 鹿児島10:20 ⇒ 沖永良部11:50)空路、思わぬハップンで、遅延したけれど、沖永良部行きは待っていてくれました。 鹿児島行きが、フライトは順調でしたが、着陸直前(着陸態勢に入っていて、滑走路も見えていたくらいのタイミング)で、天 [続きを読む]
  • こっぱずかしいけど、逐語録のすゝめ
  • 逐語録を起こしたことはありますか?恐らく、営業トークのロープレやインタビューなどで使われることが多いです。私も営業時代、やれやれ言われたこともありましたが、録音した自分の声が余りにも、自耳で聴く音声と違うので、二度と聴くもんか!と決意してから、やったことがありません。でも、いよいよやらざるを得ない状況に陥りました。だってやらなきゃ試験を受けられない。ま、そういうことです。避けて通れるならば、無条 [続きを読む]
  • モヤモヤ解決の壁は意外なところで出くわす
  • 相談しにきてくれてありがとう。相談を受けることがあります。それが時に愚痴だったりもする。愚痴の裏には、必ず「こうしたい」が隠れているはず。でも、本人がそれを言い出さない限りは、私から無理矢理引っ張りだすことはしない。さて、本人が言い出した場合。こうしたいああしたいという未来への希望を言い出した場合。私は一緒にその未来へ近づく方法を、その人が方法を考えること手伝う。一緒に考えてほしいと言われればも [続きを読む]
  • 「合格」はスタート。ゴールではありません。
  • 通学1日目。 始まりました国家資格取得への学び。 通学と通信、両方やらんといけん。 手前は通学用テキスト。奥は通信用テキスト。 「1日目はA4のバインダーが入るバッグできてください」 とあるもんだから、これから積み上げ式でテキストが増えていくのね、と思いきや、いきなり100%の量でバインダーを渡される。 約4カ月でこいつらをやっつけるのだという。 いろんなバックボーンの受講生 それはもう、想像していた専門職 [続きを読む]
  • 強み発見プロセスで意外なところに立ち返る
  • YouTubeって、いいな。観たい動画が観たい時に観られる。って、既知であることをあえて発してみました。強み発見しながら立ち返ったとある体験会に参加。そのカリキュラムの一つである強み探し。それにまつわるいろいろなカリキュラムで、自分の過去を振り返る。振り返ると、普段、記憶のなかから呼び出しているできごとが浮かび上がる。ネガテイブもポジティブも。そしたら、ふと、本当にふと、思い出したことがありました。中学 [続きを読む]
  • ビジネルモデルキャンバス×競合比較=?
  • 最近、社内の若手社員向けに勉強会を催しています。勉強してるのは、私もなんです。準備期間が、一番の勉強の時間です。私のアウトプットが中途半端だったら、彼らの頭の中もフリーズしてしまうし。もちろん完璧ではない。幸いにも、私の不足しがちな部分でさえ、彼らは考えながら、自由に発言しながら学んでくれています。あまりに自由すぎるときもあるけど、それが彼らのチームとしてのカラーなので、チームビルディング視点で [続きを読む]
  • マイナスからゼロをはさんでプラスへ
  • 最近コーチングをやりはじめている理由は、筋肉とおなじ、使わないとへたれるから。やってて気づくこと。コーチングは、基本的にはゼロからプラスに向かうための手法なのですが、いきなりゼロには一緒に立てません。私の場合。ゼロのスタートラインに立つのですが、まず、マイナスへ向かいます。コーチングとしては、逆走している感じです。マイナスを共有して、相手方を知って、そこからスタート。相手を知る前に、実はまだやる [続きを読む]
  • 2017/08/17
  • 1+1+1=3以上。小さなイノベーションか?これは本日のメインディッシュ妄想マインドマップ自分のまったく意味の分からない、勝手に伸びて延びて枝分かれするような妄想を、記憶に留めておくのではなく、アウトプットする。マインドマップでアウトプットしてみる。そこから、なんか出てくるかLet's Go自由な発言のかけ算に感謝です。以上ありがとうございます//私が『変わる』を実感したきっかけ から、Pay It Forward 精神で無料の [続きを読む]
  • 感謝感謝感謝 Dear スーパースター!どうか伝えてください。
  • ピーポーピーポー経験者にとっては、とるに足らないお話。 でも、私にとってはタイトルで表現するくらいの、大きなできごと。 だから、これを読んででくれた人で、周りに『職業=救急隊員』がいる人、ぜひ、伝えてほしいのです救急隊員のみなさまは、本当にスーパースターだった!!お世話になりました。少し前に、救急車にお世話になるできごとがありました。このとき、迅速に手配とかしてくれた友人にだって、すごくすごく感謝 [続きを読む]
  • お昼御飯後のホッとカプチーノがいい
  • 本日のランチ後のお茶。お茶は、何を飲もうか迷っていたら、「カプチーノがお勧めですよ??」と。なので、カプチーノにしたら、これうん。こーゆーコミュニケーションが好きですしかし、この相方、紙ナプキンのバレリーナを知らなかったかあーーー紙ナプキンバレリーナ再登場ま、これで1人、認知度アップ。お盆中のひとときに感謝です。以上ありがとうございます//私が『変わる』を実感したきっかけ から、Pay It Forward 精神 [続きを読む]
  • 沖縄の旅、締めくくりはタクシーで手品。
  • アメ(キャンディ)率100%写真はイメージ「おう、アメ食べるか!?」私が乗り込んだ、タクシーの運転手のおじちゃん。以前、沖縄でタクシーに乗ったときにも同じことを言われ、今回二回目のタクシー乗車。沖縄のタクシーは、アメを出してくれるものなのか、と。アメ率100%。『シュワッと檸檬』というアメがあったから、サッパリしたのが食べたいなと思い、「サッパリの檸檬もらうね!」すぐ口にほおばった。「おう!もっと酸っぱい [続きを読む]
  • 国家資格を射程圏内に置いてみた
  • 決意??????コンサルタントという国家資格を取ります。ちょっと種明かしはまだできませんが、徐々に、身近な方々に、お酒を飲みながら(私はボチボチの量で)、お話をしていきたいと、考えています。なぜ、決意?最近、いろいろな方にコーチングをやらせてもらっています。やりながら、コーチングもさることながら、プラスアルファのことも提供させてもらっているような気がしていました。テーマがそこにあるような気がしてい [続きを読む]
  • 金箔入りのまかないこすめ【GOLDAYS】使用スタート
  • 化粧品の新作発表会に招待されまして。株式会社ディーフィット様から新商品がリリースされました。まかないこすめ、GOLDAYS 。金箔といえば、金沢。世界で初めて、金の細胞活性効果を実証した天然由来成分100%の金箔スキンケアシリーズです。金箔が入ってるんですオシャレなパッケージにあの方も驚き???さて、新作発表会に招待いただきました。小ジワが気になり始めてる私としては、なんてナイスなタイミングでご招待いただけ [続きを読む]
  • 『気合い入れますから!』に学んだ
  • Dear M.Uイギリスに拠点を移して長いこと居る後輩の女の子がいる。その子は、たぶん私より10歳くらい年下。初めて出会ったのは、私が23-24歳くらいか。その子とは同じプロジェクトをラインで動かすような、部署は違うけど仲間みたいな感じ。カッコつけようとしたとき、ときどき彼女のことを思い出す。(最近はそんなに無かったんだけど、ふと思い出した)その子から学んだこと。それまでの若かりし自分は、とあるコトにおいては、カ [続きを読む]
  • こんなこと本当にあるんだ。〜唄を聴いた。
  • 中島みゆき「糸」おそらく記憶には残ってない。唄を聴いて涙することがかつてあったかどうか。涙がでそうな心震えたことは何度かあったけど、涙が実際に出ることはなかった。と思う。Youtubeでたまたま見つけたこの中学生の唄。中島みゆきさんの『糸』を唄っています。https://youtu.be/pOr2n5_Xfdc『男子中学生の歌う、中島みゆき「糸」』唄を聴いて初めてやられた不意打ちもあったのかな。冒頭からやられた。なにこの歌唱力。男 [続きを読む]
  • コーチングから離れたくなったこと
  • コーチングから離れたくなったとき。コーチングとの合わせ技でマネジメントをしながら、分からなくなってきた。そもそも、コーチングもマネジメントもしていたのか?とすら疑問符の嵐。目の前にいる人の、自分は何を聞こうとしてるのか、何を提供しようとしてるのか、分からなくなって。いろんなことに縛られている感も否めず、その枠にあてはめようとしていまして。何〜にも上手くいかなくなって、誰にとっても、自分にとっても [続きを読む]
  • 褒美はカッサと水ようかん大福
  • 二ヶ月ぶりのカッサ、東久留米へ。失態を犯しつつも時間をずらして施術してくれたSさんに感謝ですm(_ _ )mそれもそのはずなのです。この二週間、からだは絶不調。カッサで何かが出るか、は分かりませんが 、からだのメンテナンスは、欠かせない時期でした。※下の方に痧(シャ)の出ている写真があるので、少し見苦しいかも。。驚かぬよう。お店をチェックしながら買いに走ってくれた数年前、いつものように施術後に出してくれる [続きを読む]
  • バラとドレスの美術館 Vol.2〜ウエディングドレスイベント〜
  • プロボノのプロジェクトでお手伝いをさせていただいたVivat Veritasさん。 イベントのご案内をいただきましたので、わずかながら告知のお手伝いをさせていただきます。 Vivat Veritasについて世界に2つとないオリジナルのドレス(ウエディングドレスなど)をデザインして作り上げてくれます。デザイナーのChieさん、とてもチャーミングな方です 【イベント】バラとドレスの美術館 Facebookイベントページはコチラ。 社会貢献に [続きを読む]
  • テンションあがることを集めてみると①
  • テンションがあがってしまうことを集めてみる。ふと思いついたから、やってみる。 まずは、飛行機。最近、ちょくちょくお世話になっている。 ①加速してる時の、カラダにGがかかるとき。 もっと細かくいうなら、加速した瞬間。加速した1秒後くらい。 「お、Gだ!」 と思う瞬間が一番テンションあがる ②そしてフワッと浮かんだ時がテンション第2弾。 連チャンでテンションUPがくるもんだから、嬉しい 窓を見ながら、加速 [続きを読む]
  • 捨てる神と拾う神〜後編
  • 前編命題。何かを捨てなければ、何かは手に入らない?何かを捨てれば、何かが手に入る?捨てる神と拾う神についての記事をちょっと前に書きました。捨てる神と拾う神〜前捨てる神と拾う神〜中一度に書くと長ったらしくなるので、三分割。どんなプランニングになったか?【結論】この段階で結論が確定してないことが結論しかし、これまでいろいろな方と話をして、話を聞いて、それらを繰り返すことで、多視点の意見やアドバイスを [続きを読む]
  • オシャレ気取り日常は飾らなくて良い人と。
  • オシャレ気取り万歳友人に、オシャレ気取りだけどここのパンケーキがオススメだと言われて行こうかと思ったけれど、他に紹介してもらったお店へ、長年の親友とそのご家族とお昼ご飯に行ったのでした。このお店でもじゅうぶんに、おしゃれを気取ることができましたシェ・リュイ注意。オシャレ気取りは、私のこと。決してお店のことではないです。必ず年に一度は会ってくれるし、時間を作ってくれる。大好きな親友私がズボラなもん [続きを読む]
  • NPO法人パラキャンさんの講演会って、体験!!!
  • 今年の6月から、理事をさせていただくことになったNPO法人パラキャンの講演会にきております。パラスポーツを通した講演のメッセージとある中学校での講演。体育館に椅子を並べるのかな?と考えながら現地へ乗り込むと、椅子なんてない。いつもの「講演」だと思っちゃいけない。生徒さんたちが、体操着で体育をやるかのごとく、講師である障がい者アスリートの方々と、触れあっています。講演なので、伝えるメッセージはあります [続きを読む]