クサンティッペの憂鬱 さん プロフィール

  •  
クサンティッペの憂鬱さん: クサンティッペの憂鬱
ハンドル名クサンティッペの憂鬱 さん
ブログタイトルクサンティッペの憂鬱
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kusaixanthippe_mama
サイト紹介文ワーキングマザー。年下夫、一人息子と忙しいながらも楽しく日々を過ごしていましたがうかつにも毒母と同居
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供124回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2016/07/24 12:51

クサンティッペの憂鬱 さんのブログ記事

  • 嫌われ者クサンティッペ
  • 無事にSIMフリーに乗り換えたものの、新しいメアドを連絡するのが億劫でたまらない。もともとPCアドレスは普段から使っているし、携帯アドレスを知っている方はほとんどがPCアドレスも知っている。それ以外の方たちはPTA役員時代の連絡先なので、愛息くんが中学に進学した時点で連絡を取ることはなくなっている。しかし、家族、親族には教えなくてはならないよね。ということで、ケメコさん、妹たちにメアドが変わったことを連絡・ [続きを読む]
  • SIMフリーに変えたのだけれど
  • スマホの料金って本当に高いと思います。電話だけならまだしも、データ通信に五千円払っているわけで、何かを購入しているわけではありません。(通信料を購入しているのですが)夫と二人で約2万円。高すぎるけど、子供がいるしやっぱりないと不便。けれど、決心してSIMフリーに挑戦することにしました。ずいぶん大げさに書いていますが、実はクサンティッペのアイフォンはソフトバンクのアイフォン6です。6S以降はSIMフリーに対 [続きを読む]
  • 自分で選んだ人生を生きる
  • ケメコさんの実家は裕福でした。ケメコさんもお金の苦労はしたことがなかったのだと思います。クサンティッペが小さい頃までは祖父も生きていて、ケメコさんへの仕送りも結構あったようです。ところが祖父が亡くなってから祖母は自分自身の生活を立てていくのが精一杯になり、ケメコさんへの仕送りは無くなりました。祖母が上京するときに、少し多めのお小遣いを置いて行くくらい。その頃からケメコさんの欲求不満が爆発するように [続きを読む]
  • 夢を持つ
  • 小学生の頃には夢があった気がします。「漫画家」「小説家」。いつの頃からか、そんなことは忘れてひたすら家を出ることだけを考えていました。「結婚すれば家を出られる」それしか考えられずに高校生の時にはもう結婚相手しか探していませんでした。そんな自分がダメな人間に思えてずっと言い訳ばかりして生きてきた気がします。けれど、このブログで(人によっては親の悪口しか書いていない大人になりきれないワガママ娘のブログ [続きを読む]
  • 母親の存在は大きい
  • 水日更新を目指しているのですが、マッサージチェアの件からケメコさんに会うこともなくネタがありません。残念ですね〜!?ケメコさんと会うことはないのですが(近くに住んでいるのに)やはり毒母の影響は大きく、やはり母親の存在というのはこんなにも大きいものなんだなとつくづく感じております。普通ならこんなに親のこと考えないのでは?日々生活に追われそんなことをくよくよ考えている暇はないのではないでしょうか?結局 [続きを読む]
  • 自分が毒母になっている時
  • 最近、夫に対して色々と思うことがあり夫への見方を変えることにしました。すると今までの自分の行為がすべてケメコさんと被っていることに気がつき愕然・・・・愛息くんに対しては「毒母」になるまいと意識して行動していましたが、無意識に接していた夫にはもう本当に完璧に「毒母」怖い〜。改めて自分を客観的に見るように気をつけていますが、あれもこれも・・・・毒母じゃないですか。はあ・・・・人生やり直したいわ。ダメダ [続きを読む]
  • 幸せの合間に思うこと
  • 日曜日のブログ、予約しておいたと思ったら書いてませんでした。ショック・・・・・・昨日は台風だったので、早朝早々に選挙に行き、10時過ぎには買い物に行きました。給料日前で、お財布はかなり厳しいのですが、カキを見て「そういえばミクくんはケメコさんがいる時にカキフライをよく食べさせてもらっていたな」と思い出し予算オーバーでしたが購入しました。(カキくらいで予算オーバーっていうのも悲しいけれど)クサンティ [続きを読む]
  • 将来の夢
  • 毎週日曜日と水曜日にブログの更新をする事を目標にしているのですが、昨日はできませんでした。なぜならば、ケメコさんがまた電話をしてくるのでは・・・と思い、早々に外出してしまったからです。外出先は、近場の日帰り温泉。日曜日に雨の中、1日地域活動のボランティアに参加をしてからどうも疲れが取れない。金銭的には厳しいけれど、先日お義母さんから頂いたクサンティッペのお誕生日のお小遣いもあるので、ちょっと贅沢し [続きを読む]
  • 怪談より怖い話だと思う
  • 先日のお休みの日、ケメコさんが突然マッサージチェアに乗りたいと言ってきた話です。その日は午前中は、図書館で勉強、買い物など予定を入れていました。ケメコさんが来るならば、午前中はずっと外にいようと決意をして外出。なんで休みの日も自分の家にいられないの?と思いながらケメコさんに会うよりはマシと気持ちを切り替えて、勉強、買い出しに励みました。大荷物を抱えてクタクタになりながら(自転車で買出しなので)、1 [続きを読む]
  • 期待を裏切らない毒母
  • 本日はクサンティッペの休日なり。先週は朝からケメコさんの電話で不愉快になったけれど、今日は自分のやるべきことをきちんとやろうなどと考えておりましたが・・・・・毒母は期待?を裏切りません。朝から電話・・・・・先日愛息くんの学校から電話があったこともあり、慌てて電話を取ろうとすると、なんと電話の相手は毒母・・・またですか。休日を狙って電話をかけてくる。別居して約1年。自由だったのはたったの1年弱という [続きを読む]
  • 月謝を払うと幸せになります。
  • 愛息くんは小学校3年生の時から習い事をしています。月謝は安くありません。今月も無事に払えました。最近は塾もスイミングスクールも全て銀行引き落とし。その習い事は珍しいことに月謝袋。懐かしい。毎月この月謝袋にお金を入れるとき、子供の頃を思い出します。以前にも書いたことだけれど、クサンティッペの子供の頃、月謝の滞納は頻繁にありました。数ヶ月払えないことも珍しくない。それはヤマハの音楽スクールでした。1階 [続きを読む]
  • ケメコさんから電話が来ました
  • 先日の休日。朝からスマホがなりました。こんな時間にしかも休日を狙ってかけてくるのはケメコさんしかいません。案の定、ケメコさんでした。「あのね、手続きのために住民票が必要なの。」「いつまでにいるの?」「期限はまだ先なんだけどね。早くやりたいの。今日休みでしょ。だからと思って」相変わらずです。こちらの都合は全く考えない。役所は遠くないし、時間もあるので、逆らうのも面倒臭いし、即答で返事をしました。「今 [続きを読む]
  • 子供の前で話す時は注意が必要
  • またもやお墓まいりの話。というかその時の道中の話ですね。車の中での会話をここのところずっと書いております。まだまだネタがありますので、お付き合いください。お墓に向かう道のりで、車の話になりました。前回の旅行の話からその流れになったのだと思います。「妹夫婦の軽自動車で空港まで行ったら腰が痛くなった」というケメコさん。そんな話から、夫がたまたま言いました。「そういえば妹さん夫婦の車はいつも駐車場にあり [続きを読む]
  • 旅行に連れて行ってもらった時の話
  • さて、長い道中、(まだお墓まいりの話が続きます)夏休みに妹夫婦に旅行に連れて行ってもらった話になりました。お盆休みの間です。皆さんもご存知でしょうが、料金は高いですよね。突然のケメコさんとの別居(後悔はしておりません)で想定外の大金が出て行く羽目になったクサンティッペ家族には旅行なんてとてもじゃないけれど無理。ケメコさんを誘ってくれた妹夫婦には感謝の思いしかありません。妹夫婦は3年前夫の大病で生活 [続きを読む]
  • 思い出の公園
  • しつこくお墓まいりに行った時の話が続きます。郊外にあるお寺への道のりは遠く、幹線道路を1時間以上走ってから高速に乗ってやっとたどり着きます。長い道のりをケメコさんはずっとしゃべり続けていました。途中にある大きな公園の脇を通り過ぎた時。「ここはよくパパが(未だに自分の夫をこう呼びます。もちろん自分はママです)、あんた達を遊びに連れてきたものよ。覚えてないだろうけど」この「覚えてないだろうけど」には非 [続きを読む]
  • お墓まいりに行ってきました。ぐったり疲れた・・・・
  • 父親の墓まいりに行ってきました。昨年は中学受験があったので2年ぶりか。ケメコさんだけでは気が重いので、ケメコさんお気に入りの甥っ子も誘い、2時間かけて現地へ。ケメコさんは相変わらず。ずっと最近自分がブチ切れた話をしておりました。お墓まいりの後、昼食をとるために近くのステーキハウスに行きました。今日のお墓まいりにかかる費用はすべてクサンティッペが持つ覚悟だったので、5人で1万円あれば食べられるはずと [続きを読む]
  • やっぱり毒母
  • ※誤って1週間前の日付でアップしてしまいました。(本当は明日公開のはずでした)順番が逆になってしまったので、日付を訂正しました。たった一度一緒に外出しただけでブログの記事を3つくらい書けそうです。さすが毒母。今日はその日にあったエピソードを一つ。短いですが、毒母ぶりを発揮してくれました。電話では話していたけれど直接あったのは久しぶりでした。お墓まいりに向かう途中のコンビニでクサンティッペに向かって [続きを読む]
  • 生きていくのが辛い日
  • たまにこんな日があります。「生きていくのが辛い日」人生なんて大げさなものではないけれど。ただただ、生きていくのが辛い日。今日はそんな日でした。どうってことのない1日。愛息くんの、部活の試合があり、近くでの開催ということで、見に行きました。そして、愛息くんの小学校時代のPTA仲間と会い、彼女の素晴らしさ、そして普通さに接して、自分のダメなところ、嫌なところを現在どころか過去を通して見ることになり、生き [続きを読む]
  • 毒母に電話する
  • 今月はお彼岸です。春と秋のお彼岸は父のお墓まいり。そろそろケメコさんにスケジュールの電話をしないと・・・・と思いながら日々が過ぎておりました。ケメコさんに電話をする・・・・それはとても気が重い。20代、クサンティッペが結婚を前提に同棲を始めた頃、何かというとケメコさんから電話がかかってきました。大抵恨みつらみ。その頃、祖母も健在で、時々様子を伺うためにクサンティッペから電話をしていたのですが、祖母 [続きを読む]
  • 同居が成功するためにやるべきだったこと
  • 毒母との同居に失敗したクサンティッペですが、今はもう全てを諦めています。でも、時々、こうすれば成功したかなと思い悩むことも。その中で、絶対そうすべきだったということ。それは「冷蔵庫を別にする」。ミクくんが居たので、完全に別にすることは難しいかもしれませんが、ミクくんの食費だけ渡して、あとは自分たちでやるべきだった。食費をすべて渡してしまったため、ケメコさんの贅沢な嗜好に合わせた食事が中心になり、食 [続きを読む]
  • 卵のトラウマ
  • 昨日のこと、仕事帰りに地元のスーパーに寄りました。必要なものを買ってふと卵売り場を見ると「108円」安い!しかし日曜日に1パック買ったばかりです。お弁当にたくさん使うとはいえ、2パックは多すぎるかな。けれど誘惑に負けて思わず手に取って購入。これはまさしくトラウマです。つまらない話で申し訳ありませんが、ケメコさんと別居してからこのトラウマに襲われるようになりました。ケメコさんと同居して2年半弱。卵を [続きを読む]
  • 夫に対して毒母ぶりを発揮してしまう不愉快な私
  • 先日から仕事でトラブルが発生し、ストレスが溜まりまくっているクサンティッペ。今月は緊急財政ということもあり、レクリエーションでストレスを発散するわけにもいかない。そんなメンタル不安定なクサンティッペは思わず、夫に当たってしまう。愛息くんには当たらない。なぜならば、毒母ケメコさんと同じレベルになりたくないから。子供にあたりまくり、子供は日々母親の顔色を見ながら生きてきた。そんな親になりたくないから。 [続きを読む]
  • 24時間テレビを見ました!
  • 昨日はどこへも行かず、24時間テレビばかり見ていました。夫は「生々しくて苦手・・・・」と言いますが、クサンティッペはどちらかといえば見てしまうタイプです。賛否両論はあるかと思うのですが、やっぱりこういう番組はあった方がいいのかなと思います。仕事でも、障害を抱える方と接することが多く、そして一緒に働いていくことを考えなければいけません。そのためにもこういう番組は積極的に見なければ。実はケメコさんもこ [続きを読む]
  • 「いったいいくらあれば足りるんだ」
  • 「いったいいくらあれば足りるんだ」給料日になると必ず起きる夫婦喧嘩。父親がケメコさんに給料袋を渡す。当時はまだ、現金支給だったのか、当時経営者であった父親が家庭に渡す分だけを現金で持ってきたのかはわかりません。小さな会社で、前の経営者が経営不振から退陣し、そのあと父親が代表になるならば、融資はこのまま続けると言われて代表になったと聞いています。ケメコさんに渡される給料袋。しかめっ面をして受け取るケ [続きを読む]
  • 「ゆとり社員の処方せん」
  • ただいま読んでいる本は「ゆとり社員の処方せん」まだ読み終わっていませんが、2008年に出版された本です。読み始めて感じたことがありました。ここに出てくる「ゆとり社員」のデメリット部分、クサンティッペにそっくり。あれ?クサンティッペってもしかして「毒娘」じゃなくて「ゆとり娘」だった?って思うくらいです。しかし、ゆとり社員のメリットというか良いところはクサンティッペには全くありません。そうか、ゆとり社 [続きを読む]