アニータ江口 さん プロフィール

  •  
アニータ江口さん: 集客セールスライター・アニータ江口のブログ
ハンドル名アニータ江口 さん
ブログタイトル集客セールスライター・アニータ江口のブログ
ブログURLhttp://aiegc.hatenablog.com/
サイト紹介文《1ヶ月で月間申込数45.5倍!5395万円受注》売上集客UP・広告宣伝の豆知識/書き方/伝え方
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2016/07/25 01:27

アニータ江口 さんのブログ記事

  • 小林製薬の「わかりやすさ」は人助け
  • 小林製薬のネーミングセンスは秀逸だ。「熱さまシート」「サカムケア」「ケシミン」「アットノン」など笑ってしまうような商品名が多いが覚えやすく、商品名を聞いただけで、いつ・どこで・どんな時に使う商品なのかピンとくる。CMもテレビショッピング並みに単純明快だ。芸能人に依存せず、ど直球で良い意味でオシャレ感のないCMはなかなかない。  いくら格好良い商品名やパッケージにしても気づいてもらわなければ意味がない。 [続きを読む]
  • 大阪王将の羽根つき餃子CMの被害者は誰か?
  • 大阪王将の冷凍羽根つき餃子のCMで「腰つき」が下品だと炎上しているらしい。問題のCMがこれだ。youtu.be個人的には特に問題はないと思うのだが、それなりに被害はあるようだ。下品で不快になったと言う顧客、勘違いされて苦情の嵐の餃子の王将、CMを打ったことで叩かれる大阪王将、下品と言われる鈴木奈々、一体誰が被害者なのだろうか?鈴木奈々は被害者か?どんなにエロいものなのか期待したのに全くエロさを感じない。むしろ子 [続きを読む]
  • 「悪質クレーム」対応に便利なセリフとは?
  • www3.nhk.or.jp11月9日、NHKのニュースで取り上げられたのが上記内容だ。スーパーマーケットや百貨店などの流通業界で働く人の70%が客から暴言や説教などの悪質なクレームを受けた経験があるということがわかった。(労働組合が初めて行った実態調査より)あくまで上記の結果は、労働組合が初めて行った実態調査だ。小規模チェーン店や個人店では労働組合はないと考えられるので被害にあった経験がある人の割合は、実際70%より [続きを読む]
  • 「クレーム」の扱い次第で「人気商品」に変えられる
  • 「お風呂でサウナ気分」こちらはお風呂でサウナ気分が味わえる商品。テントの中は湿度が上がって保湿力が抜群に。温度調節用の窓もついていて快適に過ごせます。上記のように、NHKで放送された便利グッズを紹介するコーナーNHKまちかど情報室「入浴タイム有効活用」編で紹介されていたのは、下記の商品だ。BIBILAB (ビビラボ) テント式サウナ ぼっちてんとサウナ BT1-13出版社/メーカー: BIBILABメディア: ホーム&キッチンこの [続きを読む]
  • 『コンプレックス』や『怒り』を原動力にする人は、他人に支配され続ける。
  • lineblog.me上記の記事を読んで、まさにその通りだと感じた。以下、一部引用。人は誰しもコンプレックスがあって、それがバネになるから、コンプレックスは往々にしてプラスに作用するのだけれど、しかしコンプレックス一本槍では長持ちはしない。(西野調べ)コンプレックスをバネに頑張って結果を出せば出すほど、コンプレックスが解消されてしまうからだ。尾崎豊が大人になって手詰まりになったような。まわりの人間を見ている [続きを読む]
  • プロフィール写真だけで「何の仕事をしている人」か伝える方法
  • 「この人、何の仕事を している人だろう・・・」FacebookやTwitter、ブログにあるプロフィール写真を見てもわからない人が多い。写真自体は良かったり、写りは良いのだけど、どんな仕事をしている人かわからないのだ。まさに上記、私の以前のプロフィール写真がそれだ。その「何の仕事をしているのかわからない」プロフィール写真だった。上記に載せた写真が初期のプロフィール写真。プロフィール写真というよりは、旦那のいとこ [続きを読む]
  • 売る相手を間違えたら、良い商品&広告でも絶対に売れない。
  • 「広告を作って販売しているのに 商品が全然売れない・・・ 広告うまいのに理由がわからない」と、とある経営者の方が嘆いていた。そこで、「どんな人をターゲットに 販売しているんですか?」と聞いてみた。「50代くらいの男性経営者」とのこと。ランディングページなどの基本的な広告は物凄く良かった。そこに関しては全く問題ない。問題は『売る相手』を間違っていたのだ。と言うのは・・・その商品は、女性向けの商品。確 [続きを読む]
  • 意味不明な『肩書き』『職種名』は損であり、誰も検索なんてしてくれない。
  • 「検索すればわかる」と言う人がいる。確かに、その気持ちはよくわかる。私もよく「ググレカス」と思うことがあるからだ。検索すれば一発でわかることを調べずに聞く人はどうかしている。今の環境は昔と違い、パソコンも携帯もあり、ネットさえ繋がっていれば、すぐに調べられる環境だ。辞書や辞典で調べろと言っているわけでもないのでネットを使える人であれば、自分でまず調べて欲しい。だが、例外もある。宣伝・広告における話 [続きを読む]
  • 「いい人」をやめられない人は、「いけない人」になろう。
  • wol.nikkeibp.co.jp上記の『いい人度』チェックを見て思ったのが、「『都合のいい人』を辞める決意をして頑張ってNo!を言いましょう」なんて言われても、末期の人はできないだろうという印象。「いい人」をやめると敵視されるかもしれない。とはいえ、いい加減に「都合のいい人」はやめたい。 そういう風に考えている人は、「いけない人」になることをオススメする。  「関わってはいけない人」「近寄ってはいけない人」になる [続きを読む]
  • 余裕がない人の「日本を元気にしたい」は信用できない。
  • 「日本を元気にしたい」と言う人がいる。割とホームページや広告でも見かける言葉だろう。実際私も、今まで何度も経営者や個人事業主の方々などから広告やホームページに「理念や目的として記載して欲しい」と頼まれて書いたことがある。その方々が言うのだからそうなのだろう。私がとやかく言う筋合いはない。しかし「日本を元気にしたい」と言うのはどのような思いで言っているのだろうか。よくよく聞いてみると、・日本の会社を [続きを読む]
  • 告知文で「私と直接会える?お茶会を開催!」と書く人は何様なのだろうか?
  • 「私と直接会える? お茶会を開催します!」というような告知風なことをブログやFacebookなどに書く人がいる。こういうものを見ると、「この人は一体、 芸能人か著名人か 地下アイドルか 何かの教祖なのか?」と思ってしまう。有名な芸能人や著名人などであれば、特に理由もなく「会いたいから来ました」というような参加者も多いだろう。しかし、そこまでの人気や知名度がある人は芸能人や著名人であってもなかなかいない。「 [続きを読む]
  • 牛乳石鹸のCM炎上問題について、コピーライター的視点で考えてみた。
  • youtu.beまずこのCMを見てもらいたい。牛乳石鹸のCMなのだが、どのように感じただろうか?動画は、彼が朝のゴミ出しをするシーンから始まる。その日は息子の誕生日だ。仕事の合間を縫って妻からメールで頼まれた誕生日ケーキとプレゼントを買いながら彼の気持ちがナレーション形式で語られる。「家族思いの優しいパパ、時代なのかもしれない。でもそれって正しいのか」。その後、会社の後輩を飲みに連れていってから帰宅した彼に対 [続きを読む]