あつこ先生 さん プロフィール

  •  
あつこ先生さん: オンライン日本語チューターの日記
ハンドル名あつこ先生 さん
ブログタイトルオンライン日本語チューターの日記
ブログURLhttp://www.onlinejapanesetutor.link/
サイト紹介文日本語教師養成講座に通いながら、Skypeで日本語を教えている私の体験談です。
自由文Skypeでの日本語レッスンの需要は、私が想像していたよりずっと高いです。いろいろな国に住む、いろいろなバックグラウンドを持った生徒さん達と出会うことができ、自分自身も成長できます。マンツーマンですので、レッスン内容も生徒さんによって様々。マニュアルなんてないから、試行錯誤を繰り返して、やっと自分なりに形ができてきました。これから日本語を教えてみたい方の参考になればいいなと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2016/07/27 07:46

あつこ先生 さんのブログ記事

  • 日本語ができるタイ人占い師に日本語教師が会うと…
  • バンコク在住の日本人の間で、よく当たると評判のタイ人占い師、Cさんに会って来ましたCさんは独学で日本語を勉強したのですが、とても流暢な上に、ご自身が毎年4回ぐらい旅行に行くほど日本が大好きなこともあり、お客さんはすべて日本人なのだそうですこのブログはスピリチュアル系ではないので、占いのやり方や結果については書きません。代わりに、Cさんとのやり取りを通して、日本語教師としての自分が感じたことを書きたいと [続きを読む]
  • 意外と癖になる宿題添削
  • 私の授業以外の仕事時間の大半を占めるのは、もちろん授業の準備ですが、それに続いて時間がかかるのは宿題の添削です日本語教師デビューして最初の半年ぐらいは、早くも教師を辞めたくなるほど壮絶な作業でした私の学校は宿題が多いことで有名です。学生さん達も大変ですが、それを添削する教師も楽ではありません教案なら、一度作ってしまえば、同じ文型の導入やドリルを次にやるときは、それをブラッシュアップして使うことがで [続きを読む]
  • そっか、伝わらないんだ!Σ(゚Д゚)
  • 今日は、日本人なら何の違和感もないんだけど、タイ人の学生さんに提示したら理解されなかった例文を4つご紹介します1) 寒いですから、窓を開けないでください。 バンコクでは、一年中、窓を開けた方が部屋の温度が上がりますこの文を提示する前に、この文を含む会話が日本で交わされていることを説明する必要がありました。2) 着物は難しくて、着られませんでした。 一人で着物を着るのに苦労している女の人のイラストを見せて [続きを読む]
  • 「テストを作る」ということ
  • 期末試験を今月末に控え、私の学校は既存の試験問題の検討や、新規の試験の作成などで、忙しい時期に突入しました私はまだ文法の試験を1から作ったことがありません。既存の試験をベースに、語彙を変えたり、出題の順番を変えたりする程度でした。今の自分が文法の試験を1から作ることに対して、まだ抵抗を感じていますなぜなら、今の私の経験値だけでは、出題すべき語彙や文型をいくつも取りこぼした試験問題を作ってしまうような [続きを読む]
  • フラメンコでわかった、達成感の作り方
  • 今月からフラメンコを始めました。先生はシカゴ育ちのエクアドル人。小さいけど素敵なスタジオで、台湾人やイギリス人、エルサルバドル人などの仲間達と一緒に、週1回習います私はスペインが大好きで、これまでに4回旅行に行ったり、バルセロナに短期の語学留学をしたり、去年から住んでいるここバンコクでもスペイン語の話し相手を着々と増やしたりしてきましたが、フラメンコにはずっと興味がありませんでしたただ体を動かしたか [続きを読む]
  • 工場長Oさんの男前な計らい
  • イブニングコースで勉強しているOさんは、50代前半の学生さんです。文法もひらがなも、授業のスピードになかなかついて行けず、小テストは10点満点でいつも1〜3点。追試の常連ですでも、私はOさんを尊敬しています。彼の年齢なら、きっと管理職に違いないのに、週2回の授業に一度も休まずに来るし、宿題もほぼ毎回提出しているからですそれだけではありません。小テストが1点や2点でも、追試では8割ぐらいとれるほど、しっかり勉強 [続きを読む]
  • なかなか慣れない(>_<) 口頭試験の試験官
  • 今日は中間試験でした。午前中に漢字と文法と読解の試験、午後インタビューの試験がありました私はこれまで、中間試験と期末試験併せて10回以上、インタビューの試験官をしてきました。でも、未だに試験官は苦手です学生さんに使わせたい文型をもれなく盛り込もうとすると、よっぽど上手な学生さんでない限り、時間がかかってしまいます。それがわかっているのに、うっかり同じ文型を使った質問を(言葉は換えてありますが)繰り返 [続きを読む]
  • 自分で英才教育クラスを設定してみた
  • 日曜午後のクラスの学生さんとは、長い人で6学期連続のお付き合いです去年の4月、私が着任したのと同じタイミングで、彼等も「あいうえお」から日本語の勉強を始め、それ以降一度も担当が変わることなく、私が持ち上がり続けてきましたスタート当時は16人のクラスでしたが、仕事が忙しくてやめてしまったり、他の曜日に移ったり、残念ながら進級試験に合格できなかった学生さんもいて、今学期はわずか8人のクラスになりました。( [続きを読む]
  • バンコクだからこそ頑張れているような気がする…
  • 私はタイで働きたかったからタイで日本語教師になったわけではありません日本語教師の仕事を探していたタイミングで、たまたま「住んでもいいな」と思える国で募集があって、運良く採用していただけたので、バンコクへ移住しましたでも、勤務開始から1年3ヶ月経った今、日々実感しているのは、「バンコクじゃなかったら、こんなに頑張れただろうか??」ということです。「住めば都」なんていう言葉じゃ全然足りないほど、バンコ [続きを読む]
  • やる気のない生徒(=私)が楽しめてしまった授業
  • 私は去年の11月からタイ語の学校に通っています。先生達には申し訳ないのですが、通い始めたきっかけは、タイ語を勉強したかったからではなく、タイに住む外国人の友達がほしかったからです。バンコクは国際都市だから、タイ語の学校に行けば、いろんな国の人達と仲良くなれるんじゃないかと思っていました。端的に言うと、スペイン語とフランス語の話し相手を見付けたかったんですところが、私が選んだ学校はプライベートレッスン [続きを読む]
  • いつでも見てくれる人がいる幸せ
  • 今勤務している日本語学校での私の仕事は、まるで1週間に8つのプレゼンテーションをしているような感じです2,3時間のプレゼンテーション(=授業)の準備をして、配布資料(=ワークシート)を作って、プレゼンテーション(=授業)をして、終わったらまた次のプレゼンテーション(=授業)の準備をして…これを毎週8サイクルしているようなものです授業前日の深夜まで、時には授業開始の数十分前までかけて頑張って教案を作っても [続きを読む]
  • 理系の日本語教師
  • 私は大学と大学院で化学を専攻しました現在の職場で周りに理系出身の日本語教師はいませんが、養成講座時代に元技術者だったおじさま方を何人も見ましたので、それほど珍しいことではないのかなと思います。そういったおじさま方は、仕事で海外から派遣されてきた外国人達と接するうちに、日本語を教えてみたいと思うようになった方が多いようです。そもそも、語学に文系・理系はないと思います。言語は文系の人であろうと理系の人 [続きを読む]
  • タイ語と日本語はきっと違いすぎるんだと思う
  • 私はこれまで、母語が英語、中国語、スペイン語、インドネシア語、ペルシア語などそれぞれの人で、とても流暢に日本語を操る人に出会ってきましたでも、最近気付いたのですが、タイ語が母語の人は、日本語の文法はよくできても、発音やイントネーションまで「上手だな〜日本人みたい」と思える人はそう多くはないような気がします具体的には、主に以下のような傾向が見られます。1) 息漏れが強すぎる タイ語には、日本語にない「 [続きを読む]
  • ひらがな3文字は「長すぎる」!?
  • 今は行かなくなってしまいましたが、私が住んでいるアパートの目の前にヨガスタジオがあり、以前は毎週通っていましたそこの受付のお姉さんが、毎週私と顔を合わせ、チケットにサインしたり、私が出席者リストに書いたアルファベットの名前を目にしたりしているにも関わらず、何ヶ月経っても私の名前を覚えてくれませんでしたある日、タイ語のレッスンで、私はタイ人の先生にその話をしました。その時の先生の答えは、思いも寄らぬ [続きを読む]
  • 授業見学の2つ目のベクトルに気付いた!
  • 大先輩の同僚教師から、私の授業の見学レポートをもらったとき、コメントの量に驚きました自分が書く授業見学レポートはいつもA4サイズのフォーマット1枚に収まっていたのですが、大先輩教師達は、私が書くときよりも小さいフォントで、数ページに渡ってびっしり書いていたのです〓大半がダメ出しなので、読んでいてどんどんテンションが下がっていくのですがそれでもさすがは人を育てるプロフェッショナルダメなところをどう改善 [続きを読む]
  • 服がない(T_T)
  • バンコクの人達は、ショッピングが大好きです連日、日中、外はうだるような暑さですから、涼し〜い(私にとっては寒すぎます)デパートやショッピングモールで買い物して、映画を見て、食事をして休日を過ごします。バンコクは、とにかく女性物の服が多いデパートの洋服売り場はもちろんのこと、イベントスペースでもしょっちゅう服のセールをやっていますし、市場でも、道端でも、あらゆるところで服を売っています季節に気温だけ [続きを読む]
  • 3年間守り続けたものを手放しました。
  • 大げさなタイトルかもしれませんが、何をやったのかというと、先週の土曜日に前髪をバッサリ切りました3年前ぐらいから伸ばし続けて、1年半前ぐらいにやっと邪魔にならない長さになって、それ以来楽だったので、長いままにしていたのです日本では、いつも茶色のカラーリングをしていました。去年の3月、日本を出る直前に、久しぶりに黒にしました。理由は2つありました。1つは、バンコクではどんな美容院があるかわからなかったの [続きを読む]
  • ポーカーフェイスになりたい
  • 自分で実際に授業をしたり、他の先輩教師の授業を見学したり、セミナーを受けたりするたびに、「自分のここが足りていないな」「自分はこれが下手だから、もっと練習しないといけないな」と思うことをたくさん見付けてきましたでも、最近になって、先学期の授業評価アンケートや、私の授業を見学した先輩教師からのレポートを読んで、今さらながら気付いた自分の大きな弱点がありますそれは、“間違えた答えを言った学生に対するリ [続きを読む]
  • ずっと話したかった
  • 私が勤務している日本語学校では、学生さん達に”インタビュー”の課題を与えています。普段の授業担当以外の先生に自分でアポイントを取り、習った文型を使ってインタビューをして、話したことをA4用紙1枚にまとめる課題です〓インタビューする先生は、くじ引きで決めます。教師にとっては、教えたことのない学生さんと話して仲良くなれるチャンスですから、私はインタビューに答えるのが結構好きです。先週から今週にかけて、3人 [続きを読む]
  • カタカナを覚えたら、名前が変わる?!
  • 学生さん達にカタカナの導入が終わるまで、私の学校では彼等のニックネーム(タイ人は本名が長すぎるので、授業ではニックネームしか使いません)をアルファベットで書きます学生さん達に自分の名前を発音してもらい、それをカタカナにして、名簿にアルファベット表記した彼等のニックネームにカナを振っておきます。私が今担当している初級のクラスでは、昨日カタカナの導入がすべて完了しましたこれで、学生さん達は全員自分の名 [続きを読む]
  • 山形弁には「べ形」と「ね形」がある!!
  • 今日、教案作成中にふと頭に思い浮かんだことがあります〓「山形弁の動詞の活用って、標準語と違うけど、ちゃんと規則性があるっぽい」ということですじゃ、その規則は動詞のグループによって決まっているのかな?そう思って、いくつか頭の中で動詞を活用させてみました。【3グループ動詞】 する→すっぺ 来る→来っぺ(くっぺ)【2グループ動詞】 起きる→起ぎっぺ 寝る→寝っぺ【1グループ動詞】 買う→買うべ 立つ→立づ [続きを読む]
  • 授業評価はまさかの“顔が恐い”(>_<)
  • 夕方、上司から面談に呼ばれました。先学期担当した学生さん達に書いてもらった授業評価アンケートのフィードバックをするためです日本語教師になって1年経ち、1年前の自分とは比較にならないほどまともな授業ができるようになったとは言え、未熟であることに変わりはありませんから、改善すべき点がいっぱい書かれていることは十分承知しています。それでも、やっぱり、匿名で書かれた評価が文章や数字となってまとめられた用紙を [続きを読む]
  • 半年前は大昔!!
  • ぶるぶる震える手で絵カードを持ちながら、必死で授業をした日本語教師デビューの日から、今日で丸一年を迎えましたあの日のことは、嫌でもよ〜く覚えています。絵カードはうまくめくれないし、机の上はカードや本やマーカーが散乱してカオス状態深夜までかかってフラフラになりながら教案を完成させても、実際の授業は教案どおりになんていきません。そんな私でしたが、親切な学生さん達が温かく見守ってくれたおかげで、今はだい [続きを読む]
  • 英語とフランス語と、どっちがいい?
  • 先週末まで、フランスへ旅行に行っていました今日のブログは、一語学学習者としての自分の立場から書いてみたいと思います。フランスは今回で3回目。過去2回は、当時のボーイフレンドだったフランス人を訪ねる旅だったので、現地でのことはすべてお任せでした。今回は、途中から日本人の友人と合流はするものの、彼女はフランスが初めてだし、合流するまで5日間単独行動なので、自分でいろいろアレンジしなくちゃと思っていたので [続きを読む]
  • いろんな母語の人に教えたい!
  • 一昨日で渡タイから丸一年を迎えました記念日当日は、友人がお洒落なホテルのレストランでごちそうしてくれましたタイダンスを見ながら、美しくて美味しいタイ料理を堪能しました。というわけで、私がタイで日本語を教え始めてから間もなく1年になるので、“タイ人に多い日本語の間違い”がいろいろわかってきました。既にいくつかこのブログでご紹介していますが、●「(電気などを)つける」と「(ドアなどを)開ける」、同じく [続きを読む]