たまこ さん プロフィール

  •  
たまこさん: テンパり母のアメリカで子育て
ハンドル名たまこ さん
ブログタイトルテンパり母のアメリカで子育て
ブログURLhttp://tamakoseattle.blogspot.com/
サイト紹介文アメリカ西海岸、シアトルのお隣ベルビューでの初めての海外生活です。
自由文2015年7月、シアトルのお隣ベルビューに引っ越しました。初めてのアメリカ生活で、小学生の息子の現地校の様子や英語の習得などをネタにしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供82回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2016/07/27 11:19

たまこ さんのブログ記事

  • 文字入力はキーボードだけじゃない
  • 先日アップした「アメリカ現地校のIT化」という記事の中で、こんなことを書いた。息子が一人立ちする頃には実際に手で書くよりももっと、タイピングできるかということの方が大事になってくるはずだ。いやいや、待てよ。今更ですが音声入力というのはかなりインターネットにインパクト与えると思っています。というのも多くの人はキーボードをタイプしたりスマホで入力をするのに慣れていないからです。ここが解決するといろいろ [続きを読む]
  • 英語を獲得すること、日本人を失うこと
  • 帰省したら雪がいっぱいあった最近、衝撃的なタイトルの記事が目に飛び込んできて。キミたちはいつ日本人になるチャンスを失うのだろうか? | 世界級ライフスタイルのつくり方海外で子育てしている人の大半が悩んでいる、子供のアイデンティティとしての国籍をどうするか。この記事の中に、辻仁成さんの記事へのリンクもあって、それも興味深いです。残念ながら、なぜインタビュアーが林真理子だったのか、本当にクソみたいなひど [続きを読む]
  • 一時帰国と親戚づきあい
  • まめに働くよ!夏と違って、冬の帰省は東京の自宅の様子見義実家に顔出しが目的である。私は実家にはなるべく寄り付きたくないので、血のつながっていない義実家の方が気が楽である。さらに義母さんの料理が大好きである。義父さんが毎回「こんな田舎料理だけども」と義母さんの料理を貶すのさえがまんすれば、上げ膳据え膳(実際にはもちろん手伝うけど)で献立も考えなくていいし、本当に天国である。元日に実家に電話したら、二 [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます
  • あけましておめでとうございます!!本年もよろしくお願いいたします!!!うっかり挨拶の前に一本記事を上げてしまった。あわてんぼうで本当に嫌になっちゃいますね!今年の抱負は英語がんばるです。毎年同じことを言っているような気がするけど、毎年でも言い続ける!みんな、一緒に英語がんばろう。ペラペラなんてぜいたくは言わない。担任の先生とそれとなく話ができて、病院でも怖気づかなくて、電話もしり込みしないでできる [続きを読む]
  • 日本のウィルスに速攻やられました
  • サンタさんへの手紙熱い気持ちが溢れ出ている発熱である。息子と私は相次いで日本でダウンした。39度とか。最初、インフルエンザを疑ったんだけど、医者に行って検査してもらったら陰性だった。検査したのが早すぎたかもしれないとそのときは思ったんだけど、どうやら本当にインフルではなかったようだ。二日目には熱は下がり、その代わりお腹を下した。どうやら胃腸風邪だったようである。医者も「高熱の出る胃腸炎も最近はやって [続きを読む]
  • 年末は日本です
  • お友だち宅で作ったうぐいす餅この間まで日本にいたのにまた日本に帰るのかと言われそうだけど(実際言われている)、この年末、また2週間ほど日本に滞在する。今回はだんなさんも一緒。年に2回帰ると夏物と冬物衣料を買えるので、便利ではある。ただ...当たり前だけど、ひもじい。体験入学も毎年がんばって行く必要があるのか、という悩みもないわけじゃない。いろいろ考えた結果、将来、息子に言われるとしたら行くのは無駄だっ [続きを読む]
  • やっぱりパソコン作業が楽しい
  • 働きたい熱が高まっているたまこです。家計を一人に託すリスクに耐えられそうもない。ただ、働きたいけど、子供どうするよ、っていうところでつまずいている。習い事とかお友だちとのプレイデートとか、今までがんばって築き上げてきた海外子育てがようやく軌道に乗ったというのに、そこに「仕事」というオプションをいれたら、ただでさえ体が弱ってきているのに(たぶん年のせい)無理ゲーじゃね?10時〜2時みたいな仕事がいいな [続きを読む]
  • アメリカ現地校のIT化 −ベルビュー学区の場合−
  • 最近、霧ばかり先日、BSD (ベルビュー学区) からのニュースレターが届いた。学区で推奨しているテクノロジーのアップデートである(カタカナで書くとバカっぽくてなかなか良い)。生徒情報の管理この9月で生徒管理システムを新しくして、ParentVUE というシステムを導入したそうである。どうも、アメリカのあちこちの学区で導入しているシステムみたいだ。実態はよくわからない。詳しくはこちらのページ↓Grades & Attendance ? [続きを読む]
  • 子供が被害者になることは想定できても加害者になることの想定はできるか
  • 「マイクロ・アグレッション」という言葉を聞いたことがあるだろうか。私は渡米してから初めて知った。明らかな差別や偏見ではないが、差別や偏見と受け取られてもおかしくないような微妙な発言のことを指す。日本の芸人さんは、わりと容姿をネタにすることにあまり抵抗ないようだけれど(売れるために我慢しているだけかもしれないけど)、これもおそらく「マイクロ・アグレッション」に当たるだろう。具体的にはたとえばアジア人 [続きを読む]
  • Tutoring Volunteer (VIBES)
  • ずっとこんな天気だったサンクスギビングサンクスギビング休暇、終わってしまいましたね。天気もずっと良くなくて、知ってはいたけど楽しさ半減、という感じでした。前回記事にしたとおり、ベルビュー学区の VIBES というボランティアに登録して、チューターをやることになった。私にとっては、かなりチャレンジングである。チューター自体は自分で学校に問い合わせたり、たまに学校のWebサイトに募集が載っていたりで申し込むもの [続きを読む]
  • ベルビュー学区の Tutoring 制度 (VIBES)
  • BSDの新しい小学校(工事中)車のタイヤの空気を入れる日と同じくして、VIBES という、ベルビュー教育学区のボランティア制度に登録してきた。ふつうのボランティアと違って、VIBES に登録されると、Tutor や Mentor として子供と密に関わることができる。英語ができないから避けてきたんだけど、新学期始まって、クラスのボランティアを担任の先生が募る際、「VIBESの資格の有無」を書く欄があったので、やっぱり取らないといつま [続きを読む]
  • わが道を行くアメリカの単位 (measure)
  • 単位と言っても、学位に必要な単位の話ではなく、計量の話です。アメリカがなぜこうも独特な単位を使い続けているのか。私は気温が華氏表記なのですら、いまだに慣れていない。息子がだいぶ前に「外の気温で適切なものを選びましょう」という問題を学校でやったそうなのだが、気温72度とかありえねぇと思い、選択肢の中で一番低かった「45度」に丸をして間違えてしまった、と言っていた。無理からぬ話である。 最近、現地校の math [続きを読む]
  • 日本語学習者から見た日本語
  • 息子の writingいっぱい間違えているけどここまで来たかと今年の補習校古本市でいろいろ買ってしまったんだけど(なにせ一冊1ドルとかバナナの叩き売りかよっていう価格設定なので)、その中で面白かったのがこの本です。ダーリンの頭ん中英語を学んでいて「うーん」となっている時に「なるほど日本語のそこが英語話者には難しいのね」ということがわかって、なんとなく勝手に勇気づけられた。たとえば、音がつながるリエゾン(リ [続きを読む]
  • 紅葉を見に行こうよう
  • 途中まで書いて放置していた間に、季節は冬になってしまった。季節の振り幅でかくないですか?もうちょっと「徐々に」移れないものでしょうか?アップするのをやめちゃおうかとも思ったんだけど、紅葉の記録としてアップすることにした。以下、10日ほど前に書き付けていたものでお送りいたします。たったの10日だよ!***だんなさんがダジャレ星人なので、毎日家が寒々としています。外もすっかり寒くなってきましたね。お風邪な [続きを読む]
  • 【講演会】海外・帰国生への期待と帰国後の教育の実情 - 2
  • 前回、帰国生向け講演会の続き。後半からは、小澤先生の本領発揮といったところで、スライドを活用してお話してくださった。帰国子女が日本の学校に編入学する前後の話である。2. 帰国子女教育の実情国立大付属学校と聞くと、イメージとして「帰国子女が英語を駆使してバリバリのエリート教育」と捉えられがちなのであるが、実際には「適応教育」が主な目的となっているそうである。つまり、日本語が極めて弱い子供たちの受け入れ [続きを読む]
  • 【講演会】海外・帰国生への期待と帰国後の教育の実情 - 1
  • 先日、商工会主催の講演会に出席してきた。講演者のお顔を拝顔したとき、固そうな方だな…と思ったのだけれど、蓋を開けてみれば、大変話の面白い方であった。当たり前だけど、人を顔で判断してはいけない。シアトル商工会のサイトを見たのだけれど、何も情報が乗っていなかった。基本的には商工会員のための団体だから、広く宣伝はしないのかな。今回の講演者は小澤一郎 外務省大臣官房人事課 子女教育相談室室長という外務省の方 [続きを読む]
  • Trick or Treat! ハロウィン!
  • ハーベストパーティの記事のジャック・オー・ランタンに光が灯ったすっかり出遅れた感満載ですが、前回のハーベストパーティの記事が次に続く的な終わり方になってしまったので、せっかくだから記事にしようと思います。さっき検索してみたところ、昨年は記事にしていなかったみたいでびっくりした。昨年は初めて自力で住宅街調べて回ったのに、記事にしなかったのか。今年も昨年と同じ住宅街を回ってきた。日没後から友だちと待ち [続きを読む]
  • Harvest Party ボランティア - ハロウィンイベント
  • ハロウィン終わりました。燃え尽きた気がする。担任の先生やクラスペアレントのさじ加減で大きく振り幅のあるハロウィンイベントではあるが、息子の担任からは、31日、ハーベストパーティをやります!でもこれはハロウィンイベントじゃないからコスチュームは置いてきてね。ちなみにボランティア絶賛募集中!というメールが届いた。仮装は無し、そのかわり、ハーベストパーティが執り行われる。収穫祭というのは、Thanksgiving の [続きを読む]
  • 反復練習の効果 - 楽器と語学
  • 息子が習っているピアノの先生が、「体が覚えるまで何度も練習する」という話をされて、語学も同じだよなー、と考えていた。先生が学生時代に習っていた作曲家の先生が、「10回でできなければ30回やれ、それでできなければ100回やれ。体が覚えるまで」と言っていたそうである。英語上達完全マップでお馴染みの「音読パッケージ」も100回音読を基本としている。この方法の元となった國本先生の只管朗読では500〜1000回を推奨してい [続きを読む]
  • 小学生に文法を教えるのは骨が折れる
  • 現地校でも補習校でも文法事項について習い始めた。自分の時も文法を習ったかどうか全然覚えていない。以前もちらと書いたけど、小学生に文法を教えるのは難しい。英語自体がまだまだビギナーの息子にとって、さらに英語で英文法の説明を受けるのは大変なことである。名詞 (noun) はまだよかったのだが、動詞 (verb) はさっぱりわからなかった、と言っていた。「"hid" って "hide" の過去形だったの?"in" が verb だと思った」時 [続きを読む]
  • アメリカで結婚式に出席した
  • 息子が習っているピアノの先生に「結婚式でバイオリン弾いていただけないでしょうか」とのお誘いがあり、先日、アメリカで初めて結婚式に参加してきた。縁もゆかりもない方の結婚式だったけれど、結婚式って本当にいいですね。気持ちが温かくなって、とても幸せな気分で帰ってきた。一芸持っていて良かった。バイオリン習わせてくれてありがとう、お母さん。夜道な上、なかなか長い距離を走ったので、途中で何度もくじけそうになっ [続きを読む]
  • 息子の英語力が伸びない - 現地校2年2ヶ月 -
  • 息子の英語力があまりにも伸びなくて、悩んでいる。言語の習得は一朝一夕にはいかないとはいえ、これは由々しき問題ではないかと焦り始めた。補習校の後、仲の良い子と息子が外遊びをしていたところ、たまたま居合わせたローカルの子と一緒に何となく遊び始めた。その時一緒に遊んでいた友達は、息子とほぼ同時期に渡米してきた同じ学年の男の子である。何となく見ていると、その男の子はローカルの子と簡単な会話を交わしていた。 [続きを読む]
  • 車がレッカーされた話
  • 最近、ブログを書いていることがだんなさんにバレて、事あるごとに「これをブログに書くつもりだろー、わはは」みたいなことをチクチク言われているたまこです。「豆腐の角に頭ぶつけて死ね」という言葉ほど、彼に投げつけるにふさわしいセリフはないと思っています。でも、私は知っている。やつもゴルフブログをやっていることを。お互い、あんたのブログなんか絶対読まねぇぞ、というところだけ意見が一致している。というわけで [続きを読む]
  • ドライブレコーダーを付けようではないか
  • 友だちとランチをしたら、相次いで自動車事故を起こしたということで血の気が引いた。自動車事故というのは、自分の不注意が招く事故だけではなく、他人の不注意で自分が不利益を被ることもあるのだ。私が聞いた話はどちらも自分に落ち度はないものの、相手との交渉がこじれることがあるという恐ろしい話だった。本当に怖いのよ...世の中で恐ろしいものは、お化けよりも生身の人間よ!たとえば、見通しの良い交差点で青信号を直進 [続きを読む]
  • 夫の海外転勤と妻の退職
  • ツイッターで、こんな記事が流れてきた。夫の海外転勤に妻がついていくため退職。「そんなのおかしい!」と夫が怒っている理由は…。こういう風に男性が声を上げてくれたら、変わってくると思います。夫の海外転勤で妻が退職「仕事を続けてほしかった」 | 治部れんげの「怒れ!30代」 https://t.co/M1sCQ2GLha― 治部れんげ/ Renge Jibu (@rengejibu) 2017年9月22日モヤッとするよねー。当事者だと。この記事で特徴的なのは、当の [続きを読む]