ハリの医術でラッキーライフ・・・痛み苦しむ患者を癒 さん プロフィール

  •  
ハリの医術でラッキーライフ・・・痛み苦しむ患者を癒さん: ハリの医術でラッキーライフ・・・痛み苦しむ患者を癒
ハンドル名ハリの医術でラッキーライフ・・・痛み苦しむ患者を癒 さん
ブログタイトルハリの医術でラッキーライフ・・・痛み苦しむ患者を癒
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/challenge-mn
サイト紹介文患者中心の新たな人間医療を築く”いしずえ”として「万能快鍼法」の確立をめざす、チャレンジ鍼灸師の歩み
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供246回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2016/07/27 16:55

ハリの医術でラッキーライフ・・・痛み苦しむ患者を癒 さんのブログ記事

  • 「ハリの医術」は凄い。どんな病苦も即座に癒す!
  • 数年来、足首が歩きだすとき激痛があった。でも、二回のハリで楽になった!数年来、足首が歩きだすとき激痛があった。でも、二回のハリで楽になった!この患者は、病院でいろいろ調べても「原因不明」。治療もあれこれやっても、全く効果なし!たまたま、「私のiタウンページ」を見て今月七日に来院。原因不明の場合は、「現症」が問題だ。「歩き出し」だけに痛むということは先ず、第五腰椎に何か異常がないかを探り、「足首 [続きを読む]
  • 新しい「ハリ医学」建設の土台は、治療実践である。⑧
  • 新しい「ハリ医学」建設の土台は、治療実践である。⑧iタウンページ中川求真堂? 028-633-1866◎「体表・皮膚」が、生きている人間の「心と身体全体を整え、癒すもの」であるという、京都大・工学博士の傅田光洋先生の「皮膚学説」に学びながら、私の「ハリ医学」を確立しようと思う。原典に基づいて「ツボ・経脈」とはどんなものかを考えると「ツボ・経脈」が存在しているとされているのはすべて「体表」。だから「ハリ」を [続きを読む]
  • 新しい「ハリ医学」建設の土台は、治療実践である。⑦
  • 新しい「ハリ医学」建設の土台は、治療実践である。⑦「体表・皮膚」が、生きている人間の「心と身体全体を整え、癒すもの」であるという、京都大・工学博士の傅田光洋先生の「皮膚学説」に学びながら、私の「ハリ医学」を確立しようと思う。原典に基づいて「ツボ・経脈」とはどんなものかを考えると「ツボ・経脈」が存在しているとされているのはすべて「体表」。だから「ハリ」を刺すのは表皮だけである。しかし、後代のすべての [続きを読む]
  • 79歳の高齢性の難聴が、突然八割もよくなった!!!
  • 79歳の高齢性の難聴が、先週から突然八割もよくなり知人にも、不思議がられて嬉しかったと話してくれた。この患者は、別の業病でもう永年治療を継続している。数か月前初めて、難聴で補聴器でもあまり聞き取れないのがつらいと言われ、ひどい方の「右耳」に私の「快浅刺・四本鍼法」を試してみた。「耳の感じがいいので、しばらく耳治療に絞って治療を受けてみたい」と言われ毎週治療を続けている。聞き取りがだんだん楽にな [続きを読む]
  • 新しい「ハリ医学」建設の土台は、治療実践である。⑨
  • 新しい「ハリ医学」建設の土台は、治療実践である。⑨新しい「ハリ医学」の創造は、「過去一切の学説」を転覆してしっかりと「原典」を検討し直すことから始まる。カリフォルニア大学と資生堂の傅田先生の「学説」に基づき「ハリ治療」の実践的解明をしていこう。iタウンページ中川求真堂? 028-633-1866〇 「ハリ治療」は皮膚の表皮に触れハリを刺すことで始まる。「痛み」はハリが皮膚・表皮の「痛点」に触れると [続きを読む]
  • 仕事疲れには「ハリ治療」が一番だ!⑤
  • 仕事疲れには「ハリ治療」が一番だ!⑤仕事疲れで「不眠」になり「うつ症状」になった主婦60歳が来院。頚、肩、背中、全身のこり、やる気なし、めまい、のぼせ、消化系の異常とにかく愁訴が盛りだくさん。でも、最初の来院時に、浅刺置鍼で眠ってしまい、その晩から薬を全部やめた! その後、月に数回来院を続けている。iタウンページ中川求真堂? 028-633-1866 [続きを読む]
  • 嬉しい!患者が患者を呼んでくれた。 ②
  • 嬉しい!患者が患者を呼んでくれた。②二十年来の50歳の患者が、急に左肩が激痛になり動かせなくなった。「整形外科医院』で診察を受けると「五十肩」だから簡単には治らないと言われてしまった。「体調もダウンした」ので、「ハリ治療」を思い出し、五月に二年ぶりで来院。左肩をよく調べてみると「動作時痛」はあるが「運動制限」はない。これは「五十肩」ではない、肩を動かしているとき無意識の負担荷重で「五十肩」ではなく、 [続きを読む]
  • 新しい「ハリ医学」建設の土台は、治療実践である。⑧
  • 新しい「ハリ医学」建設の土台は、治療実践である。⑧新しい「ハリ医学」の創造は、「過去一切の学説」を転覆してしっかりと「原典」を検討し直すことから始まる。カリフォルニア大学と資生堂の傅田先生の「学説」に基づき「ハリ治療」の実践的解明をしていこう。iタウンページ中川求真堂? 028-633-1866〇 「ハリ治療」は皮膚の表皮に触れハリを刺すことで始まる。「痛み」はハリが皮膚・表皮の「痛点」に触れると [続きを読む]
  • 新しい「ハリ医学」建設の土台は、治療実践である。⑥
  • 新しい「ハリ医学」建設の土台は、治療実践である。⑥「ハリ治療」は皮膚の表皮に触れハリを刺すことで始まる。「痛み」はハリが皮膚・表皮の「痛点」に触れると即時に消える。これは、「ハリ治療者」が自分で自分の痛みを注意深く治療してみれば誰でも体験できる。「体調不良」の治療では、古来「ツボ」と言われた部位が参考になる。的確に「刺鍼」すれば初心者でも効果は期待できる。しかし「刺し方」による効果の違いは明確であ [続きを読む]
  • 新しい「ハリ医学」建設の土台は、治療実践である。⑥
  • 新しい「ハリ医学」建設の土台は、治療実践である。⑥「ハリ治療」は皮膚の表皮に触れハリを刺すことで始まる。「痛み」はハリが皮膚・表皮の「痛点」に触れると即時に消える。これは、「ハリ治療者」が自分で自分の痛みを注意深く治療してみれば誰でも体験できる。「体調不良」の治療では、古来「ツボ」と言われた部位が参考になる。的確に「刺鍼」すれば初心者でも効果は期待できる。しかし「刺し方」による効果の違いは明確であ [続きを読む]
  • 新しい「ハリ医学」建設の土台は、治療実践である。⑥
  • 新しい「ハリ医学」建設の土台は、治療実践である。⑥「ハリ治療」の実践の場である皮膚の解明問題は「資生堂化粧品のライフサイエンス研究センター主幹研究員」、「カリフォルニア大学サンフランシスコ校研究員」の京都大・工学博士の傅田光洋先生の「皮膚学説」と共通している。私は、ハリ医術者としての臨床的観点から「鍼灸学」への先生の言及については「批判点」を持っている。しかし、「皮膚学説」の基本点は一致している [続きを読む]
  • 新しい「ハリ医学」建設の土台は、治療実践である。⑤
  • 新しい「ハリ医学」建設の土台は、治療実践である。⑤「治療実践」の現場で体験する「ハリ効果」は神経、筋系統の疾患はほとんどが「痛み」や「凝り感」のある部位に刺し、「ハリを刺した感じ」で楽に多い。だから何となく「神経学説」で理解できそうである。しかし内臓由来や感染症などのいろいろな疾患では納得できない現象が多い。中国古代の「医人」たちがが書き残した「ツボ・経脈」の「医学説」にも基づいて「ハリを刺して明 [続きを読む]
  • 仕事疲れには「ハリ治療」が一番だ ⑤
  • 仕事疲れには「ハリ治療」が一番だ ⑤(未完)iタウンページ中川求真堂? 028-633-1866★★★★★★歩くときだけ右膝が痛み、四年間整形外科医院に通院した。全く楽にならないので先生に質問した。返事は「老化現象だから仕方ない。」これではよくなる見込みはないと「介護の仕事」を退職。息子さんに勧められ「全然信じられない」が来院。調べると「膝には全く異常なし」仕事による腰の負担が原因。右第三腰椎のすぐわきの筋緊 [続きを読む]
  • 新しい「ハリ医学」建設の土台は、治療実践である。④
  • 新しい「ハリ医学」建設の土台は、治療実践である。④新しい「ハリ医学」は今までのすべての「鍼灸学」を根底から覆すことから始まる。これまでのすべての刺し方は表皮を通過し、真皮にとどまるか通過するか末梢神経に作用していた。「脳から末梢への神経支配のシステム」が「ハリの効果」にかかわると考えられてきた。しかし、「治療実践」の現場で体験する「ハリ効果」は神経、筋系統の疾患は勿論「神経学説」で理解できるがいろ [続きを読む]
  • 新しい「ハリ医学」建設の土台は、治療実践である。③
  • 新しい「ハリ医学」建設の土台は、治療実践である。③患者の肌に触れ「ハリ」を刺す「現象」の「実体的構造」は「異物の排除」である。その構造によって、ハリが身体の異常を癒す。表皮と真皮の狭いすき間にハリを刺して置く。これに対する身体の対応が、治療効果なのだ。何故そうなるのか。その仕組みの解明がこれからの課題である。「今までの学問」ではハリ治療が病気を癒すのは「脳神経支配のシステム」の働きによるものと信じ [続きを読む]
  • 仕事疲れには「ハリ治療」が一番だ ④
  • 仕事疲れには「ハリ治療」が一番だ ④歩くときだけ右膝が痛み、四年間整形外科医院に通院した。全く楽にならないので先生に質問した。返事は「老化現象だから仕方ない。」これではよくなる見込みはないと「介護の仕事」を退職。息子さんに勧められ「全然信じられない」が来院。調べると「膝には全く異常なし」仕事による腰の負担が原因。右第三腰椎のすぐわきの筋緊張が「快浅刺・置鍼」でなくなり一回、一本のハリ治療で完璧だっ [続きを読む]
  • 嬉しい!患者が患者を呼んでくれた。 ①
  • 嬉しい!患者が患者を呼んでくれた。 ①先天性股関節脱臼で治らないと言われたが数回のハリで「完治」した!この話が、仕事関係の若い女性に伝わった。最近、激痛であれこれ治療しているがハッキリした効果はない。それで「私の治療」を受けたいと思ったが「若い女性」として恥かしい所なので迷っているらしい。原因不明の「右足首痛」で歩くのがつらい。「慢性肩こり」もあるというお母さんが今日見えて、本人の治療しながら娘さ [続きを読む]
  • 新しい「ハリ医学」建設の土台は、治療実践である。②
  • 新しい「ハリ医学」建設の土台は、治療実践である。②病いに苦しむ患者を癒すために患者の肌に触れ「ハリ」を刺す。この「現象」の「実体的構造」を解明し真理探究をめざす学問が「ハリ医学」である。「ハリ医学」は、現代の「医学・医療」を根底から変革し患者を癒し切る医療制度への土台を築くその第一歩が、表皮に刺された「異物・ハリ」の排除についての考察である。iタウンページ中川求真堂? 028-633-1866 [続きを読む]
  • 仕事疲れには「ハリ治療」が一番だ ③
  • 仕事疲れには「ハリ治療」が一番だ ③今日の患者は「慢性腰痛」。もう十年来のお付き合いで、時々、疲れを癒し来院する。永年の荷重の積み重ねで腰の深い所の「筋肉の硬結」が凄い。「経絡・浅深二本刺法」で対処。気持ちよく眠って楽になる。この刺法の確立に取り組み「快浅刺法」とのシステム化に努力中である。iタウンページ中川求真堂電話 028-633-1866 [続きを読む]
  • 新しい「ハリ医学」建設の土台は、治療実践である。①
  • 病い」に苦しむ患者を癒すために患者の肌に触れ「ハリを刺す」。「ハリを生きた身体に刺す」という現象を「皮膚の実体構造」に基づいて解明すること。そこから新しい「ハリ医学」は始まり患者を癒し切る医療制度への土台を築く新しい「ハリ医学」はハリを刺すという「現象」から「生きている」身体の応対を解明する。「既成の学説」の解釈ではなく「ハリを刺す現象」の「実体的構造」を解明する。それが本来の真理探究をめざす学問 [続きを読む]
  • 新たな「ハリ医学」建設に挑む!④
  • 新たな「ハリ医学」建設に挑む!④ハリを表皮に刺すと、「生きている」身体はこの異物を排除しようとする。「この現象」はどのような働きでどのような治療的意味を持つのであろうか。(未完)iタウンページ中川求真堂電話 028-633-1866「病い」に苦しむ患者を癒すために患者の肌に触れ「ハリを刺す」。「ハリを生きた身体に刺す」という現象を「皮膚の実体構造」に基づいて解明すること。そこから新しい「ハリ医学」は始まり患者 [続きを読む]
  • 新たな「ハリ医学」建設に挑む!③
  • 新たな「ハリ医学」建設に挑む!③ハリを表皮に刺すと、「生きている」身体はこの異物を排除しようとする。「この現象」はどのような働きでどのような治療的意味を持つのであろうか。(未完)iタウンページ中川求真堂電話 028-633-1866「病い」に苦しむ患者を癒すために患者の肌に触れ「ハリを刺す」。「ハリを生きた身体に刺す」という現象を「皮膚の実体構造」に基づいて解明すること。そこから新しい「ハリ医学」は始まり患者 [続きを読む]
  • 「原因不明の腰痛」がハリですぐによくなった!
  • 一年前の記事だが、また「腰痛」の治療を書こうと思っていたので再録する。「原因不明の腰痛」がハリですぐによくなった!整形外科病院で、歩行時の腰痛が「原因不明」と言われ、一年もほとんど毎日通院していた71歳の男性患者さんが来院しました。この患者さんは病院では「エックス線検査」だけで、骨はほとんど異常なし。疲れで「坐骨神経痛」になったのだろうと診断され「コルセット装着」をさせられたが、かえって痛みがひどく [続きを読む]
  • 新たな「ハリ医学」建設に挑む!②
  • 新たな「ハリ医学」建設に挑む!②「病い」に苦しむ患者を癒すために患者の肌に触れ「ハリを刺す」。「ハリを生きた身体に刺す」という現象を「皮膚の実体構造」に基づいて解明すること。そこから新しい「ハリ医学」は始まり患者を癒し切る医療制度への土台を築く新しい「ハリ医学」はハリを刺すという「現象」から「生きている」身体の応対を解明する。「既成の学説」の解釈ではなく「ハリを刺す現象」の「実体的構造」を解明する [続きを読む]
  • 新たな「ハリ医学」建設に挑む! ① 
  • 新たな「ハリ医学」建設に挑む! ①「ハリを生きた身体に刺す」という現象を「皮膚の実体構造」に基づいて解明すること。そこから新しい「ハリ医学」は始まる。「新しい学問」を土台に患者を癒し切る医学・医療を築く。iタウンページ中川求真堂電話 028-633-1866ハリを刺すという「現象」から「生きている」身体の応対を考える。「既成の学説」の解釈ではなくその「実体的構造」を解明する。それが本来の真理探究をめざす学問の [続きを読む]