マッサン さん プロフィール

  •  
マッサンさん: こんなこと、考えてみたんだけど、どうかな?
ハンドル名マッサン さん
ブログタイトルこんなこと、考えてみたんだけど、どうかな?
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/carpenter2
サイト紹介文自分が、日ごろ思ったことをメモとして記録しておくブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供355回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2016/07/29 05:36

マッサン さんのブログ記事

  • 空知地方南部でM4.1 懸念していたことが現実に
  •  昨日、気象庁が発表しているものでM4以上のものは3つ。千葉県東方沖はM4.9ですから、ほとんどM5に近い。そして、宮城県沖と空知地方南部はどちらもM4.1です。 そして、タイトルに書きましたが、懸念していたことというのは、胆振地方中東部の地震でできた亀裂が広がっていくことです。 これ、地域名で見ると、まったく別の地域のように感じますが、北緯で見ると胆振地方中東部で起きているのは北緯42.6〜42 [続きを読む]
  • 熊本地震の頃と同様の動きになっています
  •  昨日起きた地震は、熊本地震の発生後、余震が続いていたころと同様の地域で起きたものばかりです。ただ、熊本地震の頃と比べると、震源が全体的に西に寄っています。 北海道で言うと、根室半島南東沖の地震は、以前は、もう少し東に離れたところが震源でしたし、千葉・茨城方面でも、以前は海上だったのが、今は内陸で起きていて、おそらく、関東方面の人にとっては「最近、地震の揺れが多くて、それも大きくなってきている」と [続きを読む]
  • インドネシアでM6.5が2回 宮城沖でもM4クラスが2回
  •  本来、いくら全世界の地震と言っても、M6クラスの地震というのは、今までは、ほとんど起きない状況だったんです。ところが、最近では2週に1回くらいの頻度で起きているような状況になっています。 いくら地震大国と言われる日本でも、このように、毎日、M4クラスの地震が起きるという状況は、今までなかったんです。ですから、地球自体が異常な状態になっていると考えていたほうがいいと思います。 インドネシアのM6. [続きを読む]
  • 熊本でM4.1 父島近海でも動きが
  •  やはり、熊本で地震がありました。熊本県天草・芦北地方でM4.1です。あとは、ほとんど中央構造線とその周辺、延長部分で起きているものが多くありました。 ただ、そこからずれていて、気になるのは父島近海の2回の地震です。1つはM4.7で震源の深さ10キロ、もう一つは、それとほとんど変わらない場所でM4.5。震源の深さは20キロですから、ほぼ同一震央で垂直方向に崩壊が起きたようです。 また、アラスカでM [続きを読む]
  • 宮城沖でM4.1 福島沖でM4.3
  •  宮城沖、福島沖でやはり少し大きめの地震が発生しました。宮城沖はM4.1で震源の深さは50キロ。福島沖はM4.3で震源の深さは40キロです。そして、太平洋沿岸ではまだ、プレートの動きが激しいようで、細かな地震が頻発しています。 全体的にな動きについては、昨日書いたのと同様ですから、怪しいところは、昨日のものを参考にしてください。ちなみに、沖縄は、本当にピンチです。胆振地方中東部よりも余震の数も規模も [続きを読む]
  • カムチャッカ半島付近でM6.9 オホーツク海南部でM5.0
  •  北海道の北方向で大きな地震が2つありました。カムチャッカ半島付近でM6.9 震源の深さは490キロ。もう一つはオホーツク海南部でM5.0、震源の深さは380キロです。起きた順番で言うとオホーツク海の方が先です。 実は、ちょっと嫌な感じがしていたことがあって、前に書いたのですが、胆振地方中東部の地震が続くことによって、北海道の東方が海に沈み込んでいっているのではないか、と思っていたんですね。そして、 [続きを読む]
  • 千葉県北東部でM5.3 千島列島でM5.1
  •  千葉県北東部でM5.3、胆振地方中東部でM4.6と大きめの地震が続いています。特に、太平洋沿岸については、昨日書いたインドネシア方面の地震の影響のせいか、動きが非常に活発で、気象庁の発表にならない細かな地震が今までにないくらい密集して起きています。 特に多いのは、岩手南部から宮城北部までの沿岸海域と、福島から今回地震のあった銚子近くの沿岸海域までの2か所の海域。 震源の深い地震が房総半島の南側で起 [続きを読む]
  • 岩手沖でM4.3
  •  このところ、M4以上の地震が必ずといっていいらい毎日起きています。昨日も岩手県沖でM4.3です。 そして、昨日の地震について気になるところといえば、まず、鳥取で地震があったこと。ここで地震が起きるということは、熊本地震や鳥取中部地震のあったときの力のかかり方に変わってきたのではないかということです。 となると、しばらく揺れが無かった中国・四国地方で揺れが発生するかも知れません。この形になると、やは [続きを読む]
  • 青森県東方沖と茨城県北部でM4.1 千島列島でM6.3
  •  千島列島でM6.3の地震があったようです。オンネコタン島の東方のようです。千島列島で地震があったときには、通常根室方面で地震があって、そのあとで十勝・浦河・苫小牧沖あたりに移動するのですが、最近では、直接、苫小牧沖や青森県東方沖に影響が出ることも多くなっています。 いずれにせよ、かなり規模の大きな地震が起きていますから、胆振地方中東部と合わせて、警戒していてください。 また、青森県東方沖と茨城県 [続きを読む]
  • 胆振地方中東部でM4.4 東北の深部で大きく動きが
  •  胆振地方中東部でM4.4の地震がありました。まだ、余震が続いています。そして、サハリンでも地震があったようです。M4.0のようです。先日の空知の地震と合わせて、縦方向〜同経度で地震が起きているようです。 そして、今回気になるのが、東北での震源の深い地震。岩手県で1回。秋田県で2回。秋田のものは、規模も今までと比較して少し大きめです。福島沖や宮城沖の南側で細かな動きが起きていますから、ここで揺れがあ [続きを読む]
  • 愛知県東部でM5.1 小笠原諸島西方沖でM5.5
  •  愛知県東部でM5.1の地震がありました。震源は内陸で長野の近くです。長野県でも地震が起きていますから、関東方面の地震の影響が出たものだと思います。そして、震源の深さが40キロですから、地殻もかなり薄くなってきているようです。 また、小笠原諸島西方沖でM5.5の地震がありました。震源の深さが410キロで、実は、ここで以前このような震源の深い地震が起きた後で、沖縄のM5クラスの地震が群発する状況になり [続きを読む]
  • 胆振地方中東部と福島沖でM4クラス イタリアのシチリア島でM4.8
  •  イタリア、シチリア島でM4.8の地震があったようです。直下で震源が浅かったため、建物の崩壊が起きているようです。 日本では、胆振地方中東部でM4.1、福島沖でM4.3の地震がありました。 それで、東北方面なんですが、ついに震源の深い地震が秋田の北部に入ってきています。規模も少し大きくなってきています。それと呼応するように、青森県西方沖や秋田県沖で地震が起きていますし、やはり、胆振地方中東部の地震で [続きを読む]
  • 胆振地方中東部でM5.3
  •  一日余震が途絶えていて、力の向きが変わったかに思えたのですが、再び、胆振地方中東部でM5.3の地震が起き、そのあと、また余震が続いているようです。それと合わせて沖縄本島近海の地震もまた復活していますから、一日で元の状態に逆戻りしてしまったように思います。 そして、それと関連して、やはり、胆振東部で地震があると、必ず、北海道南西沖〜青森県西方にかけての地震が発生します。こちらも、一昨日は途絶えてい [続きを読む]
  • 大隅半島東方沖でM4.3
  •  昨日書きましたが、今回は長野で揺れがありました。長野県北部でM2.0です。そして、今まで頻発していた胆振地方東部と沖縄近海の地震が急に沈静化しました。となると、インドネシアの地震の影響などで地殻の動きに変化が出たかも知れません。特に、フィリピン海プレートの動きに影響が出たのかも知れません。 そして、そのタイミングで大隅半島東方沖でM4.3です。 本当は、もっと早く起きているはずの地震が今になって起 [続きを読む]
  • 千葉県東方沖でM4.6 茨城県沖でM4.1
  •  千葉県東方沖と茨城県沖でM4クラスの地震が起きました。ただ、震源が浅く陸地で揺れなかったために気象庁は発表していませんが、上記2つの地震が起きる少し前に、十勝沖といった方がいいか、青森県東方沖といった方がいいのか、北海道の南側でM4クラスの地震が起きています。今回の2つの地震はこれが引き金になったのではないかと思います。 そして、震源の深い地震も茨城県の北部で起きていますから、まだ、これから先も動 [続きを読む]
  • 茨城沖でM3.9とM4.7 インドネシアで再びM6.0
  •  インドネシアの今回地震のあったスラウェシ島沿岸で再び地震があったようです。M6.0。やはり、東日本大震災のときのように、大きめの余震が続いているようです。 また、昨日書いた茨城沖ではM3.9とM4.7の2回地震がありました。岩手沖のM4.3の地震も、昨日書いた細かな崩壊が起きていた地域の近くで起きていますから、この一連の地震は似たような傾向のものだと思います。 長野でも揺れがありましたが、茨城沖方面 [続きを読む]
  • 胆振地方中東部でM4.9 京都南部でM3.2
  •  胆振地方中東部ではまだM4.9の大きな地震が起きています。 また、京都府南部でM3.2。やはり、関西方面で揺れが起きたようです。 昨日の地震で気になるのは、まず、茨城の北部で福島との県境あたり。ここで細かな地震が群発しています。大きめの揺れが来るかもしれません。それと同様の現象が起きているのが、茨城沖と宮城沖です。こちらも、揺れが起きる可能性が高いと思っていてください。 そして、今日は「イタリアの [続きを読む]
  • 胆振地方中東部でM5.0
  •  胆振地方中東部でM5.0の地震がありました。余震が長く続いていますから、熊本地震と同じパターンで、地殻がどんどん裂けていっている状態と考えてよさそうです。そして、ここで地震があると、やはり、北海道から青森の西方にあたる日本海側で反応があります。間違いなく連動しています。 まだ、陸地が揺れるほど大きな地震は起きていませんが、今後、大きくなる可能性があります。注意してください。 また、震源の深い地震 [続きを読む]
  • インドネシアで津波発生
  •  ニュースでご存知の方もいらっしゃると思いますが、昨日、インドネシアで津波が発生。現在、分かっているだけでも420名の方が亡くなったそうです。亡くなった方のご冥福をお祈り申し上げます。 自分、この様子をネットのニュースの映像で見てみたのですが、津波もひどかったのですが、家屋の倒壊もひどく、地面にいくつも亀裂が入っていました。震源が浅めのようで揺れも相当大きかったようでした。 昨日、こちらに書いたイ [続きを読む]
  • インドネシア スラウェシ島で地震が2回
  •  インドネシアのスラウェシ島近辺で2回地震がありました。1回目はパルのそばでM6.1、2回目はマカッサル近辺でM7.4だそうです。太平洋プレートとインド・オーストラリアプレートとのプレート境界での地震ですが、ここはフィリピン海プレートも絡んでいるところ。このあと、日本にも影響が出てくると思います。 日本で気になるところは、まず、震源の深い地震が日高と岩手で起きているということ。ただ、この震源の深い地 [続きを読む]
  • 長野県北部でM2.3
  •  長野北部で震源のごく浅いM2.3の地震がありました。表記は長野県ですが、富山県との県境に近いところで、長野県の地震も、やはり徐々に西方に移動しているように思います。 また、震源の深い地震は、岩手・宮城の県境と宮城・山形の県境で2回。 過去の状況と同様の動きをするなら、岩手沖で震源の深さ40〜50キロの地震があると思います。次に怪しいのは秋田・山形の内陸部で震源の深さが10キロ程度。ただ、東北も徐 [続きを読む]
  • フィジーでM5.7 千島列島でM5.3
  •  世界的に見ても太平洋プレートが大きく動き続けているのが分かります。フィジー諸島でM5.7。 また、カムチャッカの地震の影響が出たと思われるのが、千島列島のM5.3の地震です。このあと、北海道の太平洋岸で地震が起きる可能性があります。 そして、一昨日の宮城沖に続いて、昨日は福島沖でM3.9。また、佐渡島近辺で揺れると予想していたのが、それよりも南側の新潟県中越で起きています。 そして、昨日の地震で気 [続きを読む]
  • 北海道と薩摩半島では震源の深い地震がずっと続いています
  •  昨日、宮城沖の地震がありました。M4.4で震源の深さは40キロ。予測では、もう少し震源が深く、内陸部で、ということでしたが、東にずれています。 この地震を受けて、秋田・山形で、震源の浅い地震が起きるかもしれません。ちょっと注意していてください。 そして、気になるのは、やはり震源の深い地震。北海道では函館の東側の内浦湾、九州では、薩摩半島の内陸部で起きています。そして、やはり、日本海側と東シナ海側 [続きを読む]
  • 北海道で震源の深い地震が2つ
  •  北海道の2か所で震源の深い地震がありました。1つは釧路なんですが、もう一つが室蘭沖。規模もそれなりの大きさですから、胆振地方中東部の地震で、また大きめの地震があるかもしれません。もしくは、ここから南北にずれるかもしれないので、苫小牧沖、空知地方も注意しておいた方がいいと思います。 また、カムチャッカでもM4.3の地震が起きているようですから、順当に行くと根室近辺で地震があるのではないかと思います [続きを読む]