piratessouls さん プロフィール

  •  
piratessoulsさん: 徒然草の釣れ釣れブログ
ハンドル名piratessouls さん
ブログタイトル徒然草の釣れ釣れブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/piratessouls/
サイト紹介文トレーラーブル ボート YAMAHA SR-Xでの釣行記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2016/07/29 10:00

piratessouls さんのブログ記事

  • 金華山 ビッグゲーム2018
  • また 更新が遅くなってしまった。普段は釣りに出かけ遠征先のホテルとかで時間があると その時間を利用して ブログを書いていたのだが 最近は自宅にいることが多くて…結果更新遅れというさきのマレーシアから帰国後 飛島方面へ2度マイボートで遊びに出かけ2桁ほどマグロを釣って遊んだり夏休みの息子を連れてプチ旅行に出かけたり それなりに夏を過ごしていた。そんなおり去年同様 カジキ釣り大会にも 御誘い頂き大洗大会と塩釜 [続きを読む]
  • セイルフィッシュ マレーシア遠征完結篇
  • これまた 更新が大幅に遅れ申し訳ありません。仕事が唯一夏場忙しく…えーとどこまで?マレーシア?なんとか初日にセイルフィッシュを 1匹ずつキャッチ出来た僕らはディナーへガイドがドリアン食うか?って聞くので興味津々な僕は 試してみたい!って伝えると。港で買ってくれた しかし車の中がドリアン臭で大変なことに 爆笑 生ゴミ臭ですよ(^^)美味いけど くさい 超くさい。 一方 食事はサービス満点で その日キャッチしたスパ [続きを読む]
  • セイルフィッシュ マレーシア遠征 part3
  • 夏場 公私ともに忙しく ブログアップ 遅くなりました。すいません。マレーシア セイルフィッシュ編の続きです。同船者がセイルフィッシュをキャッチしたあと。何度かナブラが接近して 2回程チェイスその後2回バイトからフックオフと段々と動きが出てきたが もはや夕方近い…終了間際に またも同船者のライブベイトにヒット!どおやら 風船無しが本日ヒットパターンらしい。しかも 魚を譲ってくれると!数秒の葛藤の後僕がファイト [続きを読む]
  • セイルフィッシュ マレーシア遠征 part2
  • さて マレーシア セイルフィッシュ実釣1日目朝食はゲストハウス近くの路面のレストランで胃腸が疲れているので 朝はチキンヌードルで軽く腹ごしらえして 河口内の舟付き場に到着。やや北方面へ舵をとり とりあえず餌となるベイトを釣るという。山葉製175馬力x2基掛けで30ノットくらいで40分程。日本製サビキ(ガイドが用意)で入れ食い オニヒラアジの稚魚やカイワリの稚魚 サーディン 等が餌となる。ちょうどいいサイズをライブウ [続きを読む]
  • セイルフィッシュ マレーシア遠征 part1
  • さてFacebookでは もう報告は済んでおります。マレーシアクアラロンピンへのセイルフィッシュフィッシングの様子をお伝えします。何時と同じく なるべく詳しく書いていきます。長文になること ご了承ください(^^)今年の冬のバリ島へのGTフィッシングのあと どうしても釣りたい セイルフィッシュ(バショウカジキ)を実現できないか?angler's nestのKY中村氏にお願いしておいた。セイルフィッシュは。魚類の中では最速の魚と言われ [続きを読む]
  • 富山 タチウオ他
  • さて 今回はリクエストあった(^^)富山 太刀魚ジギングです。昨年末 訪れた富山へ またジギングの勉強に行きました。600km先の富山までワゴン車に男4人で…ちなみに地元でも小太刀魚がオカッパリで釣れているのだが…ジギングが成立する地域を考えると最低でも新潟か茨城まで南下しないと…釣りが成立しない。付いてみると 雨ザーザー 5分でパンツまでびしょ濡れ…誰か日頃の行いが悪いから!あえて書きませんけど 爆結果から言う [続きを読む]
  • アカムツ バラメヌケ 6月上旬
  • 6月上旬 会社の税金納入やら諸々でしばらく釣りに行けず、モヤモヤしていたところに舎弟から 岩手の中深海いきませんか?と誘いがありでは…と 行ってみた(^^)水深は200m前後らしく バラメヌケメインだかしばらくぶりの岩手の深場を楽しむことにした。船は仲良くして頂いてるご存知 喜多丸(^^)しかしよく考えると 船長の船ははじめて(^^)船はゆっくり ポイントへ この周辺のポイントは3年振りくらいだろうか…飽きない程度に ユメ [続きを読む]
  • 青森平舘釣行編 2018.5.26
  • 2018年5月26日(土)親友と3年振りくらいに青森県平舘にマダイ釣りに行ってきました。道中は2人とも通い慣れた道 スイスイあれよあれよと 現地到着(^^)以前はスロープが使えたので友人のトレーラーブルボートでよく出かけたのですが…スロープの閉鎖が相次ぎ。足が遠のいておりました。今回はアルミボートを手降ろしにて出船当然でスロープの写真やら出船風景も諸事情を勘案して無しです。2人でアルミを降ろすのですが軽いアルミな [続きを読む]
  • 5月 アブラボウズジギング
  • 6月24日 茨城某所アブラボウズジギングに行って来ました。同船者はほぼ前回同様 気の知れたクレイジーアングラーの面々。朝の段階で深い場所をやるとのこと。深い場所とは450mを越えたあたりしかし現場まで2時間以上の航程 どおなることやら…次第にウネリが出てくる。まあ ウネリがあるのは太平洋ならあたり前だが 風も少しずつ強くなってくる…案の定 ポイント付近はやや風 ウネリとも強く深いポイントに行けないとのこと。350 [続きを読む]
  • 今年の麺活 笑
  • こんにちは 今回は今年の麺活状況を健忘録に順不同 笑①岩手 大船渡市 黒船 セコンド 貝出汁ラーメン アワビが印象的 本店のサンマラーメンも有名ですね。②山形県 鶴岡市 いろは食堂 家系 シンプルほっこり③山形県 新庄市 無尽蔵 とんこつ醤油DX ついついよってしまう。④山形県 鶴岡市 千石や ご当地らしく ワンタン入り⑤宮城県 涌谷町 一力 五目そば ボリューム満点⑥青森県青森市 きむらや 極煮干⑦宮城 [続きを読む]
  • 5月中旬の山形
  • さて 久しぶりに山形へ戻り?マイボートアカムツ探しの旅にしかし マリーナ周辺はやや浅いポイントが多くやや時期早尚 アタリも無く潮も動かず。と おもったら 突然激流…ポイント移動して オニカサゴやアラを連発 。ジグ200gを使い 後半パターンを見つけ 生簀満タンで早上がりアラ9 オニ9 ウッカリカサゴ3 メバル カレイ多数もう充分ですね。 また 月末まで ゆっくりポイント開拓しますよ(^^)早くマグロ来ないかな?ハタ系も探し [続きを読む]
  • GW〜5月初旬
  • 4月28日 千葉県某所へ??アカムツ釣行へ 詳しくは書けないが250mでキロ〜2kgがボコボコ日本中探したって こんな場所無いだろう。船中50本とか 普通。しかし 条件があって サバの猛攻を交わした者だけが デカムツに出会える場所。更に この場所は 潮が早いとアウト。強風もアウト。実際3回通って 行けたのは1度きり。条件の悪い日は150〜160m付近の普通のポイントになってしまう。それでも型を見れるんだから凄いと思う。何故こ [続きを読む]
  • サクラマス 生態
  • サクラマスジギングの盛期が過ぎ暖かくなって いろいろな釣りへの移行期にさしかかりましたね。今回はサクラマスの生態について書きます。サクラマスを釣るには相手を知ることが一番です。サクラマスは秋〜晩秋に産卵された卵が孵化し約1年川で過ごします。このとき 川に残りヤマメになるものと 降海してサクラマスになるものと 別れます。では どのように降海型と残留するグループに分かれるかと言うと…ズバリ サイズです。川で [続きを読む]
  • サクラマスジギング Part3 完結 2018.4
  • さて 今日で3日目(3日間とも龍神丸)1日目 (4/18)2本2日目 (4/19)1本と渋い展開が続く。この日も船中でポツポツと釣れるが僕にバイトがない?隣で2本釣れた方に聞くと COSOジグ セグロ100gを使っていると。僕もよく真鯛に使うルアーだ。「もしかしたら 小さいシルエットのルアー?」僕も使ってみるがカラーが違うので 次にヤマリアメタルフリッカー100gに変更。軽い力で横を向かせたら 10cm程キラキラさせて また飛ばす。『がっ! [続きを読む]
  • サクラマスジギング Part2 2018.4
  • 4月14日 僕は岩手県大船渡市内へ向かった。予定では翌15日 ディープライナーさん主催のマスジギング大会に参加する予定だったが。15日は悪天候の予報の為 中止となり 親睦会と15日のセミナーに行こうと(^^)ふらふらと北上。西本さんと肉体関係になってしまったww爆まあ 午前様まで 飲み明かし翌日は小石浜(恋し浜)の公民館で西本さん 東本さん ふくださん ASS大石さんの豪華講師陣 興味深い お話を沢山聞けて 今後の釣行へフィー [続きを読む]
  • サクラマスジギング フック編
  • さて 番外編のマスジギングフックシステム編ここから先は僕の主観によるものです。参考程度にみていただければ幸いです。数年前 マスジギング創世期みんな これを使っていたシャウト ツインスパーク #1リヤ1cm フロント2cm 実際 よく刺さり よく釣れた。今でもマスジギング用既製品では1番の売れ筋だろう。いまでは フッ素コートのTCスパークも販売されて 更に充実した。ラインナップ。これを使っておけば 大失敗はありえないもの [続きを読む]
  • サクラマスジギング part1
  • はい(^^) 前回のアブラボウズ編 結構反響ありまして、電話の問い合わせやらメッセンジャーやら 笑 次は今春のサクラマスジギングの様子をお伝えしようと思います。先ず 今年の三陸の状況から3月初旬 3/1海のサクラマス解禁(岩手県)水温か?時期尚早なのか 船中1〜2本しかも50cm以下のヤマメサイズしか揚らずやっと 釣果が上向いてきたのが彼岸過ぎのころから…同時期 青森尻屋崎方面の好釣果が聞こえてきて…やっぱ早い時期は青森 [続きを読む]
  • アブラボウズジギング編
  • 今回のターゲットはアブラボウズです。食べるとお尻から 脂が出て 知らない間にお漏らしをする あの?魚とは違います。あれは バラムツやアブラソコムツ類。身体が分解できないワックスをふくんでいるので大人のオムツ着用で どうぞ(^^)このアブラボウズとは違います がアブラが多いのは間違いなく 大量にはたべられません。前回 このアラスカメヌケを仕留めた茨城の某港へ集合したのは 4月4日午前2時30分ポイントまでゆうに2時間 [続きを読む]
  • 3月後半〜4月 マダイ サクラマスジギング
  • さて 3月24日 やっと鼠ヶ関マリーナへボート移動出来て 今年の初真鯛釣りをスタートした。例年より1か月遅れだしかし 渋い渋い 朝一同船者が60cmクラスの良型をキャッチし これは行けるかと期待したが…何度も流しても続かない それどころか 根魚すら反応しない…イライラマックスでポイントを移動アミ類についた 良い反応を責める。良型のアカガラ(赤メバル)が釣れてくるがなかなか本命のアタリが遠い。やっとこ2枚捕獲したのが [続きを読む]
  • 2018.3初旬〜中旬
  • 結構ご無沙汰しました(^_^;)そこは3月決算期だったり諸々結構野暮用も人並みに多くて…3月6日僕は仙台空港から千歳空港へ海王さんにお世話になり札幌のIBICの業者向け釣り具展示会に参加させていただきました。IBICさんは総合釣り具卸問屋なんです。何故参加したか?は内緒ですが当然各メーカーから有名人も沢山来てます(^^)なんか来年からフィッシングショーに行くよりこちらに参加したほうが ゆっくり見れるのが わかったので [続きを読む]
  • 2月末 アブラボウズジギング編
  • いつも ブログをご覧いただきありがとうございます。今回は深海ジギングの様子を紹介します。昨年も 2回ほど北茨城〜いわき周辺にチャレンジしましたが 今回も師匠のお誘いもあり 再チャレンジをしました。本命のアブラボウズについては 伊豆エリアで釣果が上がっていますが 小型化の傾向がみられ一部のグループの方々は既に自粛方向に動いており ボウズらも 賛同の上…では ルアーでまだまだ未開の地を選択して 釣行した次第です [続きを読む]
  • バリ島 遠征最終日
  • 少し ブログ更新が遅くなりました。帰国後の残務整理があったのですが あまりに日焼けが酷すぎて2〜3日 人前に出れる状態ではなく残務整理自体に時間がかかってしまいました。みなさんも南国へ行く際には日焼け止 必須ですからね。帽子 偏光グラス UVカットのリップ 長袖のUVを防げる上着などもとくに上着はUVカットのパーカータイプがオススメです(^^) よく海水浴のあとに着る薄手のパーカーが首や耳 頭部の日焼けを防げます。安 [続きを読む]
  • バリ島 GTフィッシング part2
  • 1日目が終わり ホテルでシャワーを浴びたらいつのまにか 就寝。旅の疲れと炎天下のキャスティングゲームで少し疲れ気味。広いダブルベッドにもぐり込み 少しでも疲れを取ろうとこころみる。翌2018.2.17 朝6時に起きて ホテル1Fのバイキングで食事をとる。食事はこんな感じで 粥が美味しいので疲れない為にもとにかく食べる。フルーツは日本が一番美味いかも 笑2日目 今日は前日より手前のポイントをメインに午後には昨日良かった [続きを読む]
  • バリ島 GTフィッシング part2
  • 1日目が終わり ホテルでシャワーを浴びたらいつのまにか 就寝。旅の疲れと炎天下のキャスティングゲームで少し疲れ気味。広いダブルベッドにもぐり込み 少しでも疲れを取ろうとこころみる。翌2018.2.17 朝6時に起きて ホテル1Fのバイキングで食事をとる。食事はこんな感じで 粥が美味しいので疲れない為にもとにかく食べる。フルーツは日本が一番美味いかも 笑2日目 今日は前日より手前のポイントをメインに午後には昨日良かった [続きを読む]
  • バリ島 GTフィッシング Part1
  • 巷では平昌冬季五輪の話題で涙と感動の場面が繰り返し流され 色々な瞬間に一喜一憂し運命に翻弄されていくアスリートの姿を垣間見る事が出来る。その最中 僕はバリ島に来てGTフィッシング初日を迎えた。壮大なローケーションと潮が織りなす激流が前回のモルディブとは違う空気を醸し出す。断崖絶壁の島(岩)の潮表から裏側へ船をドリフトしていきながら その間にキャスト〜誘いをこなす。もちろん不安定な船の上でのロングキャスト [続きを読む]