piratessouls さん プロフィール

  •  
piratessoulsさん: 徒然草の釣れ釣れブログ
ハンドル名piratessouls さん
ブログタイトル徒然草の釣れ釣れブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/piratessouls/
サイト紹介文トレーラーブル ボート YAMAHA SR-Xでの釣行記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2016/07/29 10:00

piratessouls さんのブログ記事

  • 5月中旬の山形
  • さて 久しぶりに山形へ戻り?マイボートアカムツ探しの旅にしかし マリーナ周辺はやや浅いポイントが多くやや時期早尚 アタリも無く潮も動かず。と おもったら 突然激流…ポイント移動して オニカサゴやアラを連発 。ジグ200gを使い 後半パターンを見つけ 生簀満タンで早上がりアラ9 オニ9 ウッカリカサゴ3 メバル カレイ多数もう充分ですね。 また 月末まで ゆっくりポイント開拓しますよ(^^)早くマグロ来ないかな?ハタ系も探し [続きを読む]
  • GW〜5月初旬
  • 4月28日 千葉県某所へ??アカムツ釣行へ 詳しくは書けないが250mでキロ〜2kgがボコボコ日本中探したって こんな場所無いだろう。船中50本とか 普通。しかし 条件があって サバの猛攻を交わした者だけが デカムツに出会える場所。更に この場所は 潮が早いとアウト。強風もアウト。実際3回通って 行けたのは1度きり。条件の悪い日は150〜160m付近の普通のポイントになってしまう。それでも型を見れるんだから凄いと思う。何故こ [続きを読む]
  • サクラマス 生態
  • サクラマスジギングの盛期が過ぎ暖かくなって いろいろな釣りへの移行期にさしかかりましたね。今回はサクラマスの生態について書きます。サクラマスを釣るには相手を知ることが一番です。サクラマスは秋〜晩秋に産卵された卵が孵化し約1年川で過ごします。このとき 川に残りヤマメになるものと 降海してサクラマスになるものと 別れます。では どのように降海型と残留するグループに分かれるかと言うと…ズバリ サイズです。川で [続きを読む]
  • サクラマスジギング Part3 完結 2018.4
  • さて 今日で3日目(3日間とも龍神丸)1日目 (4/18)2本2日目 (4/19)1本と渋い展開が続く。この日も船中でポツポツと釣れるが僕にバイトがない?隣で2本釣れた方に聞くと COSOジグ セグロ100gを使っていると。僕もよく真鯛に使うルアーだ。「もしかしたら 小さいシルエットのルアー?」僕も使ってみるがカラーが違うので 次にヤマリアメタルフリッカー100gに変更。軽い力で横を向かせたら 10cm程キラキラさせて また飛ばす。『がっ! [続きを読む]
  • サクラマスジギング Part2 2018.4
  • 4月14日 僕は岩手県大船渡市内へ向かった。予定では翌15日 ディープライナーさん主催のマスジギング大会に参加する予定だったが。15日は悪天候の予報の為 中止となり 親睦会と15日のセミナーに行こうと(^^)ふらふらと北上。西本さんと肉体関係になってしまったww爆まあ 午前様まで 飲み明かし翌日は小石浜(恋し浜)の公民館で西本さん 東本さん ふくださん ASS大石さんの豪華講師陣 興味深い お話を沢山聞けて 今後の釣行へフィー [続きを読む]
  • サクラマスジギング フック編
  • さて 番外編のマスジギングフックシステム編ここから先は僕の主観によるものです。参考程度にみていただければ幸いです。数年前 マスジギング創世期みんな これを使っていたシャウト ツインスパーク #1リヤ1cm フロント2cm 実際 よく刺さり よく釣れた。今でもマスジギング用既製品では1番の売れ筋だろう。いまでは フッ素コートのTCスパークも販売されて 更に充実した。ラインナップ。これを使っておけば 大失敗はありえないもの [続きを読む]
  • サクラマスジギング part1
  • はい(^^) 前回のアブラボウズ編 結構反響ありまして、電話の問い合わせやらメッセンジャーやら 笑 次は今春のサクラマスジギングの様子をお伝えしようと思います。先ず 今年の三陸の状況から3月初旬 3/1海のサクラマス解禁(岩手県)水温か?時期尚早なのか 船中1〜2本しかも50cm以下のヤマメサイズしか揚らずやっと 釣果が上向いてきたのが彼岸過ぎのころから…同時期 青森尻屋崎方面の好釣果が聞こえてきて…やっぱ早い時期は青森 [続きを読む]
  • アブラボウズジギング編
  • 今回のターゲットはアブラボウズです。食べるとお尻から 脂が出て 知らない間にお漏らしをする あの?魚とは違います。あれは バラムツやアブラソコムツ類。身体が分解できないワックスをふくんでいるので大人のオムツ着用で どうぞ(^^)このアブラボウズとは違います がアブラが多いのは間違いなく 大量にはたべられません。前回 このアラスカメヌケを仕留めた茨城の某港へ集合したのは 4月4日午前2時30分ポイントまでゆうに2時間 [続きを読む]
  • 3月後半〜4月 マダイ サクラマスジギング
  • さて 3月24日 やっと鼠ヶ関マリーナへボート移動出来て 今年の初真鯛釣りをスタートした。例年より1か月遅れだしかし 渋い渋い 朝一同船者が60cmクラスの良型をキャッチし これは行けるかと期待したが…何度も流しても続かない それどころか 根魚すら反応しない…イライラマックスでポイントを移動アミ類についた 良い反応を責める。良型のアカガラ(赤メバル)が釣れてくるがなかなか本命のアタリが遠い。やっとこ2枚捕獲したのが [続きを読む]
  • 2018.3初旬〜中旬
  • 結構ご無沙汰しました(^_^;)そこは3月決算期だったり諸々結構野暮用も人並みに多くて…3月6日僕は仙台空港から千歳空港へ海王さんにお世話になり札幌のIBICの業者向け釣り具展示会に参加させていただきました。IBICさんは総合釣り具卸問屋なんです。何故参加したか?は内緒ですが当然各メーカーから有名人も沢山来てます(^^)なんか来年からフィッシングショーに行くよりこちらに参加したほうが ゆっくり見れるのが わかったので [続きを読む]
  • 2月末 アブラボウズジギング編
  • いつも ブログをご覧いただきありがとうございます。今回は深海ジギングの様子を紹介します。昨年も 2回ほど北茨城〜いわき周辺にチャレンジしましたが 今回も師匠のお誘いもあり 再チャレンジをしました。本命のアブラボウズについては 伊豆エリアで釣果が上がっていますが 小型化の傾向がみられ一部のグループの方々は既に自粛方向に動いており ボウズらも 賛同の上…では ルアーでまだまだ未開の地を選択して 釣行した次第です [続きを読む]
  • バリ島 遠征最終日
  • 少し ブログ更新が遅くなりました。帰国後の残務整理があったのですが あまりに日焼けが酷すぎて2〜3日 人前に出れる状態ではなく残務整理自体に時間がかかってしまいました。みなさんも南国へ行く際には日焼け止 必須ですからね。帽子 偏光グラス UVカットのリップ 長袖のUVを防げる上着などもとくに上着はUVカットのパーカータイプがオススメです(^^) よく海水浴のあとに着る薄手のパーカーが首や耳 頭部の日焼けを防げます。安 [続きを読む]
  • バリ島 GTフィッシング part2
  • 1日目が終わり ホテルでシャワーを浴びたらいつのまにか 就寝。旅の疲れと炎天下のキャスティングゲームで少し疲れ気味。広いダブルベッドにもぐり込み 少しでも疲れを取ろうとこころみる。翌2018.2.17 朝6時に起きて ホテル1Fのバイキングで食事をとる。食事はこんな感じで 粥が美味しいので疲れない為にもとにかく食べる。フルーツは日本が一番美味いかも 笑2日目 今日は前日より手前のポイントをメインに午後には昨日良かった [続きを読む]
  • バリ島 GTフィッシング part2
  • 1日目が終わり ホテルでシャワーを浴びたらいつのまにか 就寝。旅の疲れと炎天下のキャスティングゲームで少し疲れ気味。広いダブルベッドにもぐり込み 少しでも疲れを取ろうとこころみる。翌2018.2.17 朝6時に起きて ホテル1Fのバイキングで食事をとる。食事はこんな感じで 粥が美味しいので疲れない為にもとにかく食べる。フルーツは日本が一番美味いかも 笑2日目 今日は前日より手前のポイントをメインに午後には昨日良かった [続きを読む]
  • バリ島 GTフィッシング Part1
  • 巷では平昌冬季五輪の話題で涙と感動の場面が繰り返し流され 色々な瞬間に一喜一憂し運命に翻弄されていくアスリートの姿を垣間見る事が出来る。その最中 僕はバリ島に来てGTフィッシング初日を迎えた。壮大なローケーションと潮が織りなす激流が前回のモルディブとは違う空気を醸し出す。断崖絶壁の島(岩)の潮表から裏側へ船をドリフトしていきながら その間にキャスト〜誘いをこなす。もちろん不安定な船の上でのロングキャスト [続きを読む]
  • インドネシア バリ島へ
  • はい お待たせ致しました。GTフィッシング インドネシア バリ島編です。また 冒険録よろしく 細かに書いていきます。今回も名古屋 angler's nestさんにお世話になりました。今回はangler's nestの呪いの中村さんも同行 謎1ヶ月半程前にお誘いいただいたので行ってみるか?と 笑費用は他のフィールドの半分程度で飛行時間も短め 時差は僅か1時間 滞在はホテルで送迎付きと至れり尽くせり最終日深夜にフライトして朝には成田。長期 [続きを読む]
  • バリ島遠征前日
  • バリ島 遠征直前(^^)前回のモルジブ釣行は 仲間内でも興味があったらしく 会うと質問責めの状態。遠征となると 準備期間が釣行より長くなるがこれも楽しみ(苦しみ?)のひとつと捉えて 笑今回のバリ島は激流の中ピンポイントを狙う モルジブとは対照的フィールド。潮が緩い時間はジギングでも GTほかヒレナガカンパチやイソマグロも狙えるらしく、ジギングタックルも準備した。しかし タックルが増えると またパッキングの問題が… [続きを読む]
  • 1月中旬
  • 今年は 忙しいというほどでもないのだが 毎日ちょこちょこ用事があって なかなか釣りに行けてない…急遽 とある日都合があったんで宅飲み今月は車検2台 タイヤ交換 ボートの手入れ 行政区の話し合い 自宅の外構工事と本業のほうも次々に プチ用事が出てきて何故か車2台が車検被り 1か月に2台…なのにその月にすっかり忘れて外構工事更に旅行代金を支払い 金欠(^^)スロープを作って(2箇所)もらい浸透舗装しました。この土の部分に [続きを読む]
  • 2018 初釣り 1月上旬
  • 2018 最初のブログです。実は普段は仕事はしていないのですが 謎年末年始は仕事でして(12/29〜1/7)1/11にやっと初釣り行って来ました。初釣りは 毎度毎度の岩手小石浜 山久龍神丸です。 秘密兵器のピカイチスティックを試験的にドロッパーに試用して 25号のイカメタルで釣り始めました。渋い時間帯にかなり効果ありました。ヤリイカ終盤で 今までで一番渋い状態。しかも 数を伸ばそうと11cmを使用したら後半14cmに乗りが良く 裏目 [続きを読む]
  • 2017 ありがとうございました(^^)
  • おかげ様で2017も間もなく終了 年明けのメガラ イカから始まり春先の山形マダイ 三陸のサクラマス飛島 北方面 調査のメガラ ホッケマイボートのアカムツやアラ三陸ボートロックや海王さんの大会癒しのエリアのトラウト伊豆 新島のキンメダイ福島 茨城のアブラボウズ新潟の大アラ ホッケ 根魚粟島周辺のマダイ キジハタ マハタ大瀬の本マグロ金華山のトローリングのキハダマグロ カジキ男鹿半島のティップラン アオリイカ飛島 マグ [続きを読む]
  • タチウジギング
  • 今回はタチウオ釣りの様子をご紹介します。向かたのは富山県射水市 金剛丸さんまず 今回のタックルはスロージャーカー2ozにオシアカルカッタ301HG ジガー1001HGギアはHGがベスト ラインSFL1.2で カラーで棚取りは楽々 カウンター付きリールも良いだろう。リーダーは30lbを使ったが夜なら60lbでも釣れるだろう。長くとって少しでも傷が入ったら 結び変えが手返しが早そうだフックのセッティングは上を参考にクワトロフック バーブ [続きを読む]
  • 越喜来 志津川 近況 12月
  • さて 先日のモルディブ釣行が終わり…一時 気の抜けた日々を過ごしていた。12月3日のロックフィッシュフェスティバル雄勝浪板に参加することに。相性のいい大会。プラを予定した日に◯バちゃん遊びに来たり◯ょーたが遊びに来たりでプラ無し!まあ 癒されるのが目的なんで出発の3時間前まで飲んでたんで釣れません(^^) 癒される予定が…orzしかし 楽しかったのでヨシ!(^^)ガハハんで 翌々日師匠がまた 越喜来 イカメタルに行くと [続きを読む]
  • モルジブ GTフィッシング 最終日
  • さて いよいよ最終日…太陽が昇る… 暑さにも慣れてこの65ftの船のデッキで煙草を吸ってると毎日 クルーがコーヒーを入れてくれる。しかもさりげなく…こんな気遣いが嬉しいこの日も朝からキャストを繰り返しポッパー一辺倒からルグラン タンゴ等のスイミング系で変化を付け 釣っていく。この日は少しベイトが少なく 小さな珊瑚のパッチ等を打ちながら 進んでいく。あまりに釣れないので キャプテンが叫ぶwelcom GT‼?一度船べり [続きを読む]
  • モルジブ GTフィッシング part4
  • さて2日目のスタートフィッシングこんな島がそこら辺に沢山あります。白い珊瑚の砂浜にヤシの木が一列に並んでいます。水面に顔を出さない珊瑚礁の横で番いのイルカや海亀を何度も見かけました。ボートのポジションは水深30m前後 透明度が高いので底や群れ泳ぐ大小の魚がみえます。カレントの効いてるポイントは少なく 環礁が狭まった場所や環礁の外側などは流れがありますが 基本流れは緩やかです。フルキャストでシャローにルア [続きを読む]
  • モルジブ GTフィッシング part3
  • 更新少し遅くなり すいません。さて モルジブGTフィッシング 1日目が終了しサファリボートへ ボートの名前はパールウィン号アフリカ方面へ日が沈んでいきます。一日目のディナーはこんな感じとくにこの魚が絶品 中華風の味付けなんだが 魚が新鮮でツルツルのプリップリッで あと 右上の肉のピリ辛炒めも最高シチューは日本のとは全然違うとにかく うまいの一言 食事中はクルーが1人 側でお世話をしてくれて 魚を取り分けてくれた [続きを読む]