しーちきん さん プロフィール

  •  
しーちきんさん: 孤軍奮闘。再受験のち医大生。
ハンドル名しーちきん さん
ブログタイトル孤軍奮闘。再受験のち医大生。
ブログURLhttp://www.seachicken-med.net/
サイト紹介文社会人を経て国立大学医学部に入学。再受験と医学部生活について綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供169回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2016/07/29 18:11

しーちきん さんのブログ記事

  • 生活習慣病が気になるお年頃なので保健所へ
  • 糖尿病、高血圧、がん、心疾患…生活習慣病にもいろいろあること、年齢的にももはや他人事ではないことは以前から知ってはいましたが、大学で改めてそれを学ぶと自分の健康状態の把握や生活習慣改善の大切さを感じます。そんな中、ちょうど住んでいる地域の保健所で生活習慣病予防イベントをやっていて、対象年齢に当てはまっていて、さらに平日ながら大学の講義スケジュールの折り合いもついたので、「これは行けということに違い [続きを読む]
  • 医者の仕事はAIに奪われる?
  • seachicken_med / しーちきん@再受験医大生大学の講義では聞けない話ばかりのマニアックな研究会にやってきました。 https://t.co/0As4I9m0z9 at 10/27 17:07興味のある分野は学外の研究会などに参加したいと思って常々アンテナを張っているのですが、開催されるのが平日のことが多く、大学の用事やお仕事とも重なって参加したくてもできないことが多いです。今回は久々に土曜開催の研究会に巡り合うことができ、試験勉強をほっ [続きを読む]
  • 台湾の脱線事故と物理の有名問題
  • 昨日起きた台湾の特急「普悠瑪(プユマ)」号の脱線事故。車両は日本製とのことです。国内では東武鉄道と台湾鉄道のコラボ企画で、東京と栃木・群馬をつなぐ特急「りょうもう」が1編成がこの普悠瑪デザインになっています。画像引用:電車の旅 東部沿線おでかけ情報|東武鉄道北千住で見かけたときにはやたらテンションが上がったものです。乗りたかったけど乗れなかった普悠瑪号台湾は現地に知り合いがいることもあって、毎年の [続きを読む]
  • 医学部入試の透明性と成績開示
  • 昨日開かれた入試での得点操作、同窓生子女優遇に関する昭和大医学部の記者会見。内容については報道されている通りですが、実際の質疑応答の様子を見ると表向きの説明の影にところどころ大人の事情が見え隠れしているような気がして納得いかないところもしばしば。また、記者会見あるあるですが、記者さんもうちょいそこ突っ込もうよ…みたいなのもしばしば(汗)さて、文科省が年内にまとめる最終報告では不適切な扱いと判定され [続きを読む]
  • ご飯をいくら食べても満腹にならない2歳児
  • 保健所へのとある相談。「2歳になる息子がご飯をいくら食べても満腹にならないようなのですが大丈夫でしょうか?」何を隠そう、この相談をしたのは母。もちろん息子というのは自分のこと。この話は物心ついた頃から笑い話(?)として聞かされていました。昔の写真を見ると、確かに丸々太っていてほぼドラえもん状態。とはいえ、保健所に相談するなんて母はどんだけ心配性なんだろう…と話を聞かされる度に思っていました。そして [続きを読む]
  • ブログ開設から2ヶ月でやっとGoogle先生に認められた話
  • 8月頭にブログを移転してから2ヶ月が経ちました。初めての引っ越しでしたし、無料ブログということで引き継ぎの設定などやりたくてもできないことがたくさんあり、四苦八苦しながら進めてきました。というか、時間かけすぎました(汗)ブログを移転するといろんな変化がありますが、その中のひとつが読者数。2ヶ月かけてようやく引っ越し前の状態に戻ってきました。読者数変化の概要この2ヶ月、ブログ村、ブログランキングやtw [続きを読む]
  • 元NHK島津有里子アナウンサーの医学部進学についての妄想
  • 先日Yahooニュースのトップにも掲載されたこちらのニュース。医学部入試での女性差別、年齢差別が問題になったばかりということもあり、「44歳の女性が医学部に」という今回のニュースは非常にセンセーショナルでした。現役医師として働ける期間が短いことの是非、女性医師の働き方の問題を置いておけば、年齢や性別のビハインド(?)を抱えながらも挑戦しようという姿勢に個人的にはすごく頑張って欲しいと感じました。このニュ [続きを読む]
  • 国公立大2次試験の出願時期と足切り率の関係
  • 国公立大学医学部の多くは一般入試で2段階選抜を行っています。これはセンター試験の成績を用いて2次試験の受験者を事前に選抜する(いわゆる足切り)という制度です。この足切りのラインが「○○点以上」ではなく「募集定員の○倍」という形になっているために、センター試験で思うように点数が取れず足切りのラインにかかりそうな人は、センターリサーチの結果や各大学の出願状況を見ながら締め切りギリギリまで出願先を悩む… [続きを読む]
  • twitterでの著作権侵害。対処方法とその後の流れを紹介。
  • 先日、22歳以上の医学部合格者分析の記事をtwitterに投稿したところ、予想外の反響をいただきました。seachicken_med / しーちきん@再受験医大生文科省から出ている全国医学部の年齢別受験者数と合格者数をもとに22歳以上に対して①合格者の中の割合②合格率格差をランキングにしてみました。『【全国医学部】再受験生・多浪生の合格者割合と合格率格差をランキングにしてみた』孤… https://t.co/Krm1K7zhFy at 09/14 16:40いつ [続きを読む]
  • 【医学部】アラサー再受験生が入学後に感じたギャップ
  • 今回は再受験生(20代後半・理工系出身)が医学部に入学して違和感を覚えたこと、浦島太郎状態になったことをいくつか紹介したいと思います。おそらく、現役や浪人で入学した人にとっては当たり前で何でもないことばかりなのではないかと…■ 目次( すると該当箇所に移ります)①授業のIT化②女子が多い③学年にMをつけて表す④先生から先生と呼ばれる⑤医師のキャリアパス①授業のIT化最初の大学に通っていた頃、授業中に [続きを読む]
  • 全国医学部の合格者現浪比・男女比ランキング
  • 前回に引き続き文部科学省の「医学部医学科の入学者選抜における公正確保等に係る緊急調査について」の結果速報を用いて、全国の医学部の合格者における現役率・女子率をランキング形式で紹介したいと思います。これまで現浪比・男女比に関しては非公表の大学も多かったので、全医学部の公式な情報がそろったのは今回が初めてなのではないでしょうか…?■ 目次( すると該当箇所に移ります)①合格者の現役率ランキング② [続きを読む]
  • 全国医学部の再受験生・多浪生合格者割合と合格率格差ランキング
  • 9月4日に報道された文部科学省の「医学部医学科の入学者選抜における公正確保等に係る緊急調査について」の結果速報を見ると、過去6年間にわたる全国の医学部の男女別/年齢別の受験者数・合格者数が公開されています。これまで特定の大学の情報はあってもこのように横断的な情報はなかったので、眺めているだけでもなかなか貴重で面白いです。男女別の分析結果についてはすでに報道されているのでご存知の方も多いと思います。 [続きを読む]
  • 【大学受験】微積物理のメリットとデメリット、向いている人とは?
  • 「高校で習わなかったんですが、微積で解けるようになったほうがいいですか?」「この問題、微積の解法を習ったんですが、他の方法だと解けないんですか?」物理についてこんな質問をしばしば受けます。物理を根本的なところから理解しようとすると微積抜きでは前に進めないため、予備校のハイレベルなクラスでは取り入れている先生も少なくありません。自分自身は高校3年のときに当時東進のサングラスのS田先生の映像授業で初め [続きを読む]
  • 再受験で行った手続きのまとめ〜調査書・願書・会場下見〜
  • いざ入試を受けようとすると勉強以外の手続きがけっこうあることに気が付きます。高校や予備校で周囲の人と相談できるならともかく、独学でやっていると何か忘れてるんじゃないかと心配になりがち。今回は自分が再受験したときの各種手続きのスケジュール感と気を付けたことをまとめてみました。細かな日程は変更になっている可能性があるので、受験される方は最新のものをしっかり確認する必要があります。■ 目次・出身高校の書 [続きを読む]
  • 再受験の概要〜開始時の学力・志望校・勉強時間〜
  • 医学部再受験を開始したときの状態や当時考えたことなどについてまとめました。これから始められる方の目安になればと思います。■ 目次・受験勉強開始時の学力・志望校・家族の反応・勉強時間と睡眠時間・息抜き受験勉強開始時の学力?勉強をスタートした2014年の2月に受験生としての自分の実力を確認するためにセンター試験の過去問(2013年)を解いてみました。おおまかな結果と感触はこんな感じでした。国語(155:現95・古60 [続きを読む]
  • 再受験時に受けた模試のまとめ〜感想と成績〜
  • 再受験の際に受けた模試を結果や当時の感想と共にまとめました。模試はその時点での自分の学力を測るだけでなく、内容を分析し、結果や反省を踏まえて以降の計画に反映していました。模試を勉強の中に取り入れるのに「最低限この程度の振り返りが必要なんだ」という参考になるかと思い、文章は当時のままにしています。また、もはや古い情報ですが平均値や標準偏差も画像に載っていますので、今後受けられる方は目標等を立てる際の [続きを読む]
  • 【360度海@西浦温泉】夕日×露天風呂、ロマンチックな景色を求めて
  • 東海地方随一の温泉天国と呼ばれる蒲郡の西浦温泉に行ってきました。移動は片道約3時間東京駅から東海道新幹線→東海道線→名鉄線→送迎バスと乗り継ぎ、計3時間ほど。大学の講義2コマ分なので、お弁当を食べたり本を読んでいたらあっという間です。暑い日の新幹線は車内販売で買うコレが最高。海景色と海の幸を味わう宿は天空海遊の宿 末広。蒲郡で割と上位に食い込む宿です。眺めがいいというので部屋風呂付きのプランにして [続きを読む]
  • 【被害&手続き】クレジットカードを乗っ取られた話
  • 見かけない番号から電話がかかってきたので出てみると、いつも使っているクレジットカード会社(VIEWカード)。VIEW「以下のご利用にお心当たりはございますか? 7月20日 iTunesで960円、 7月25日 iTunesで730円、 8月12日 iTunesで1260円、880円、760円、 8月…(まだ続く)」しーちきん「いえ…久しくiTunesは使ってないです」VIEW「では、何者かがお客様のカード番号を利用した可能性が考えられます」…ということで、ク [続きを読む]
  • 全国医学部の進級・卒試・ストレート卒業難易度ランキング
  • 今回はブログ村のエントリーから。こちらの記事では文部科学省の「各大学の医学部医学科の入学状況及び国家試験結果等」に基づき平成24年度入学者について次の2つが紹介されています。・最低修業年限での卒業率ランキング・"擬似的な"最低修業年限での国試合格率ランキングこれまでこのブログでも医学部の進級や国試合格率について扱ってきておりそこでも書いてきましたが、国公立大学と私立大学では進級および卒試の難易度差があ [続きを読む]
  • 【特別展 昆虫】国立科学博物館でコン活してきた
  • 上野を散策していると、こんなポスターが目に飛び込んで来ました。カマキリ先生としても知られる香川照之さんが昆活マイスター(=オフィシャルサポーター)を務める「特別展 昆虫」。ちなみに婚活じゃなくて昆活。“昆活”とは、昆虫に興味を持つ、学ぶ、採集する、など昆虫に関わるすべての活動です。大の昆虫好きとして知られる香川さんですが、本展では“昆活マイスター”として昆虫の魅力を伝えていただきます。引用:特別展 [続きを読む]
  • 【人形町 今半】すき焼きが好きやき
  • 「○○ぜよ!」「○○やき!」大河ドラマ「西郷どん」で小栗旬さん演じる坂本龍馬が大活躍で、土佐弁が抜けない今日この頃(笑)あの明るいテンションで、ぜひこう言って欲しい。「すき焼きが好きやき。」…ということで、贅沢ランチで人形町今半のすき焼きを食べてきました。なぜ素直に本題に入れないのか…(汗)日によってお肉の仕入先が、季節によって野菜の種類が変わるそうです。この日はお肉が群馬県産、野菜がナスとオクラ [続きを読む]
  • 【再受験生あるある】「年上でも若い」の意味
  • 医局の納涼会に参加してきました。納涼と言うと、夏の暑さを避けるために涼しさや過ごしやすさを工夫して創り出して味わうことですが、ここ数日は納涼がいらないくらいの涼しさです(笑)研究室の集まりだと指導医の先生や大学院生が中心となりますが、医局の集まりは普段会うことのない初期研修医の先生や看護師さんなども集まるので、また違った雰囲気になります。医局の集まりには今年度初参加ということで、初対面の方がちらほ [続きを読む]
  • 【センター試験】カウントダウン開始【平成31年度】
  • 8月も後半に入りました。予備校ではセンター試験を意識してマーク型の問題集への質問が少しずつ増え、今年度の入試も近づいてきたなぁという感じがします。さて、今年度もこのようなカウントダウンツールを設置することにしました。カウントダウンタイマー※カウントダウンタイマーNEOを利用させていただきました。スマホ画面のトップページ、PC画面のサイドバーに設置しています。タイマーは平成31年度センター試験初日の最初の [続きを読む]