武澤信幸 さん プロフィール

  •  
武澤信幸さん: 電子書籍のトビラ
ハンドル名武澤信幸 さん
ブログタイトル電子書籍のトビラ
ブログURLhttp://s-isu.com/
サイト紹介文小説家、武澤信幸の発行済み電子書籍(Kindle本)を紹介するブログです。
自由文既に40冊以上のKindle本を発行してます。カテゴリは『SF短編小説』『SF中編小説』『SF長編小説』の紹介が基本です。他に『連載小説(現在3本あります)』『思うこと(エッセイ)』『動画の部屋(モー娘。96猫)』『コミPo!で漫画』等もあり、楽しんで頂けるよう頑張っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2016/08/01 11:58

武澤信幸 さんのブログ記事

  • 赤い服の女 【2】
  • 【2】 八尾プロレス団体の本社は近鉄八尾駅のずっと北側にある。元は配送センターだった会社を買い取ったのだ。理由は、ネット通販の拡大でその配送センターが手狭になり、安く売り出されていたのと、プロレスのリングや機材やグッズやレスラーの移動の為、大型トラックやバスを常駐させるのに最適な大きさだったからだ。それまではレンタル駐車場を使っていたが、後々の事を鑑みると結局安くなるらしい。 それと、配送センター [続きを読む]
  • 赤い服の女 【1】
  •  プロレスはショーである。 昔は格闘技だと誤解されていたらしい。だから『プロレスなんて八百長だ』と主張する人も多かったそうだ。でも現在では総合格闘技が所謂『ガチンコ試合』と認知され、プロレスがショーである事が広く知れ渡っている。プロレスラー同士のマジの喧嘩試合は『セメント』と言い、いつでも止められるよう他のレスラー達がリングサイドに集まる。以前は結構あったらしいが、最近は見ない。これも時代なのだろ [続きを読む]
  • 赤い服の女
  • ・登場人物紹介・加西郁夫(かさいいくお)→本編主人公。関西スポーツの新人記者。28歳。身長172?、体重70?。独身。須賀五郎(すがごろう)→27歳。八尾プロレスの新人レスラー。総合格闘技の選手でもある。身長180?、体重94?。独身。中尾剛(なかおたけし)→30歳。八尾プロレスの大物レスラー。悪の軍団『河内極悪連合』のボス。身長185?、体重125?。独身。藤本良二(ふじもとりょうじ)→八尾プロ [続きを読む]
  • A.I.C.O(Netflix情報)
  • Netflixの広報やってるわけではないのてすが、良いものは良いのでご紹介を。と言っても、Netflix加入前提ですので簡単にします。『攻殻機動隊にラノベ要素を入れた感じかな?』と思って観始めたら、すんごい骨太のSFアニメでございました。内容は観てのお楽しみ。一言で語るなら…、『状況はそう単純じゃない』ですかね。あと、英語版やポルトガル語版等もあって、色々楽しめます。 [続きを読む]
  • fireHD10を買いました。
  • もう四年ぐらい前に買ったfireHDX8..9がぶっ壊れました。電源ボタンを押しても何にも反応しなくなったのね。修理に出そうかな、と思ったけど既に旧型化しており(SDカードが使えない、反応スピードが遅い等々)、買い換える事にしたわけです。旧式は、本体価格が4万円ぐらい。カバーとキーボード(英語打ちなので使えませんでした。私は日本語打ちなので)と、表面フィルムを7万円近くかかったと覚えてます。んが、新式は本体が [続きを読む]
  • やっぱ必要だと思うんですよね。
  • はじめにAKFとは『Amazon』『Kindle』『Fire』の頭文字を繋げただけです。つまり『amazon専属電子書籍作家による出版社』という事になります。他にも電子書籍出版、発行社は数多くありますが、amazonは『全世界的規模での販売』と『Kindle読み放題サービス(KindleUnlimited)』があり、専用端末がKindle、fire、スマホと多いので限定したわけですが、電子書籍作家なら特にamazon専門でなくても構わないと考えてます。基本的な内容 [続きを読む]
  • 去年入院したんですが…。
  • 糖尿病を放置し、アトピーが悪化し、歩けなくなり、猛烈に苦しくなって救急車を呼んで大阪の日赤病院に搬送されました。インスリンを打つとアレルギーが出るようになったので(アレルギーの獲得、だと思います)勝手に中止していたんです。検査すると血糖値が700。HbA1c(月平均の血糖値。普通は5〜6。私は11もありました)心臓はへろへろになっていたそうです。高血糖状態を放置すると腎臓がやられるわ心臓は過剰に働かなけれ [続きを読む]
  • 新表紙一覧
  •   プロデザイナー、嶋田加奈子さんに私の表紙を作って作って頂きました! やっぱりプロは凄いでんなー! 雰囲気一新でございます。それに表紙を製作する時間が節約出来て、小説に集中出来ます。是非、嶋田さんのブログをお尋ね下さい!Design kayama official Blog  伝わる本の表紙Design       [続きを読む]
  • なんか色々と変化しています!
  • ども。武澤です。ここ一年以上新書を発行していなかったんですが、表紙を替える際にKDPさんのページを見たらガラッと変わっていました。なので当ブログの『Kindle本の作り方』の内容も時代にそぐわないものとなっています。主な、ビックリした、変更点は『ロイヤリティ』でしょうか。アメリカの税制が変わったのでしょうか『¥99〜¥20000の間で設定して下さい』となってます。しかもロイヤリティはどんな値段でも30%と [続きを読む]
  • 恐怖のQRコード!
  • 今まで掲載していたQRコードを確認の為にfireで撮ってみた。すると! ブラザーという変なページが出て来るではないか(外国の商品案内みたいな感じ)!ビックリしたよ。何度作り直しても同じ状態になるので消しました…。FC2さん、どうなってんの? [続きを読む]
  • BloodBone The Old Hunter Edition
  •  病気で寝てても腹は減るし喉は渇くしトイレにも行く。ずーっと寝ていると、起きて何かしなければならないんだけどそれが出来ない(鬱病も患ってます)。んで、PS4のダウンロードゲームで、二作品でかなり割引のがあったので、これともう一つ(似たような感じのヤツ)を購入した。 SONYEntertainment製と思ったら、製作は、なななんと、あのFROMSOFTWAREではないか! いやーな予感がした。ここは激ムズゲームしか作らん会社 [続きを読む]
  • この世界の片隅に
  •  映画館に行けないものだから、配信を待って待って待って、そして観た。泣いた。30回ぐらい続けて観た。さすがに泣かなくなったけど、新しい発見が出て来る出てくる。で、もう20回ほど観て落ち着いた。 どうしてこう惹かれるんだろう? と思って原作漫画を買って読んだら、なんと『日常ギャグ漫画』でした! 惹かれる要因はもっといっぱいあるけどね(観ましょう!)。 描いている時代が戦時なだけで、人間はそれぞれ [続きを読む]
  • 復活だーっ!
  • どうにかこうにかキーボードに向かう事が出来るようになりました。やっぱ、HbA1cの値って健康に響きますなあ。というわけで、これからブログを整理して行きたいと思います。『ヌコ星人の侵略』は一旦回収(掲載はそのまま)して完成してから連載再開したいと思います。がんばろー! (^-^)/ [続きを読む]
  • (無題)
  • 【2048/06/10/DD】 吉岡梨花 ? 生ビールは美味い。特に今日は蒸し暑く、冷えたビールをあおると強烈に美味い。 「ぷはー!」 俺は居酒屋で一人生中を堪能していた。昼間は建築現場で肉体労働に従事しているからしこたま汗をかいているし。男の人生の意味は身体を使って働いて、生ビールを飲む事だと心底思う。 ビールの肴に枝豆と焼き鳥を注文しようとした時、店内の照明が一旦消え、すぐに元に戻った。俺は嫌な予感がした [続きを読む]
  • 【DD16】
  • 【DD16】 木場誠二 今村夏美 アラン・ギア 田中真治 オーストラリアのシドニーにあるオペラハウスのすぐ近くで、木場は石段に腰掛けていた。荷物はいつものアタッシュケース一つだけだ。ケースの中にはノートパソコンと着替えと、後はちょっとした日用品が入ってる。 日本人観光客が多く、新婚さんにカメラを頼まれたりする。木場はその度に快く引き受ける振りをしていた。 でもさすがに二時間も佇んでいると地元の怪しげ [続きを読む]
  • 【DD15】
  • 【DD15】 木場誠二 今村夏美 アラン・ギア 田中真治 木場は梨花の顔に浮き出たピンク色の筋を思い出していた。 解剖されたアライグマの内蔵の質感と似ている。クートア博士が言っていた具現化による傷の修復だろうか。とすると、彼女も何らかの役割があり、それを遂行しようとしていた事になる。 致命傷以外は修復可能だとクートア博士は説明していたから、夏美には命に別状はないと言った。しかし、それは自分が田中の妄 [続きを読む]
  • 【DD14】
  • 【DD14】 木場誠二 今村夏美 しばらく画面が消え、次にクートア博士が映った。目は落ち窪み、幽霊のようになっている。 『私は間違っていた…。でも、半分は正しかった…。ジェネシス改は己の死を願っていた。これは事実だ。アレは生物兵器として造られた事に絶望していた。だから私に殺させたのだ。しかし、自分を女性として現実化、具現化したのは、アレではなく、私だったのだ。 夢を見ている時、意識は無い。それを形作 [続きを読む]
  • 【DD13】
  • 【DD13】 今村夏美 木場誠二 ジョンは死んだ。夏美はジョンの傍らで呆然と座り込んでいた。 何度も同じ事をして、何度も違う事をしたように思える。どうしてだろう? 記憶が混乱しているのだろうか。 混乱するという事は、体験したという事だ。でもそんな事があるはずがない。 夏美は立ち上がり、デストロが出てきた部屋の中を覗いた。割れた大きなガラスの筒のようなものがある。筒の周囲は薄緑色の液体の水たまりがあっ [続きを読む]
  • 【DD12】
  • 【DD12】 木場誠二 田中真治 アラン・ギア 木場と田中はエレベーターを使い、地下一階の通路を進んでいた。木場は対ゾンビ、ヒドゥン用にP90を装備し、残りは田中に持たせている。田中は右肩を負傷している為に走れず、ふうふうと息をしながら武器や小物が収まったバッグ手で提げてついてきた。 大型リフト室のドアは閉まっていた。ドアロックがかかっているのかと思ったが、ドアの横に『リフト使用中につき閉鎖』と書か [続きを読む]
  • 【DD11】
  • 【DD11】 吉岡梨花 今村夏美 何かを呟いていた。何を言っているのだろうと思った時、目が覚めた。 正確には正気に戻ったと言った方がいいのだろう。それまでの事は全部覚えている。でも自分が誰で何をしているのかは分かっていなかった。 梨花は手にしている物を見た。注射器と薬瓶だ。瓶にはかすれた英字が書かれているが読めなかった。 瓶の中には赤っぽい液体が入っているようだ。同じ液体が注射器にも入っている。左腕 [続きを読む]
  • 縦書き版の発行について3。
  • 文字の大きさを24ポイントから26ポイントに変更しました。ほんの少し文字が大きくなりました。理由は『文字が小さくて自分が読めない』からです。私は近視に老眼に乱視ですので、ある一定以下の大きさの文字は長時間読んでいられないのです。気持ち大きくなっただけですけど、fireタブレットでも読めるようになりました。個人的な理由でだけでなく、文字の大きさの変更が出来ないので、高齢化社会に適したレイアウトではないか [続きを読む]
  • 縦書き版の発行について2。
  • 『宇宙輸送艦恩地丸の受難』の縦書き版のⅠⅡⅢのページを合わせると1300ページ以上もある。『水冷方式』は400ページ強。発行する際に、mobiファイルをKindleフォーマットに変換されるんだけど、まあ時間の掛かること。その間にコンビニ行ってコーヒー買ってきました。画像ページを400枚以上処理するわけだから当然ちゃー当然ですけど。もう少しフォントを小さくするとページ数も減るけど、今度はKindle、fire端末で文字 [続きを読む]
  • 縦書き版の発行について。
  • 「これからの電子書籍は横書きだあ!」なんてほざいた結果『小説の横書きは苦手』という意見を多々、ああ、多々聞きましたー。えらいすんまへんm(._.)mそこでamazonさんと連絡を取って、どうにか縦書き版を発行出来る事になりました。でも、同じ形式ではダメだと思って、縦書き版は画像データにしました。タイトルも変更してあります(『〜縦書き版』になってます)。読みやすいように文字サイズ、文字間、行間調整しました(一太 [続きを読む]