睡蓮 さん プロフィール

  •  
睡蓮さん: 窓際で本を読む
ハンドル名睡蓮 さん
ブログタイトル窓際で本を読む
ブログURLhttps://s-blueprint.blogspot.com/
サイト紹介文コンパクトなマンションに暮らす中高年の日常
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供200回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2016/08/01 17:03

睡蓮 さんのブログ記事

  • 「大事なものは、あそこにあるから」
  • 「ちょっとこれみて」と、実家に帰省した際、母から1冊のファイルを見せられました。中には、マイナンバーや年金関係の書類、生命保険証券、銀行口座、公共料金の契約書、家の登記簿や購入した墓地の書類等が簡潔にまとめられていました。そして、「ここに置いておくから」と保管場所も教えられました。終活ブームの影響か、同じことが義実家でもありました。義母から、「大事なものはこれにまとめて、あっちの部屋の引出しに入れ [続きを読む]
  • モニターに映る自分の姿
  • 玄関のカギを開けて中に入ろうとしたら、内側からドアガードがされていて、ドアが開きませんでした。一旦ドアを閉め、インターホンを鳴らして、夫にドアを開けてもらいました。間違ってドアガードをしてしまったということでした。で、その間の私の一連の動作がインターホンのカメラで録画されていたのですが、まあ不機嫌なこと。顔がすごく怒っていました。夫からすればいつものことなのでしょうが、自分で見たらとても恥ずかしか [続きを読む]
  • 分かりません
  • 自宅マンションのエントランスを出たところで、見知らぬ人に呼び止められました。「ここに住んでるの?」と言われ、「え?」と私。すると、その人は、「ここ、いくらするの?」と聞いてきました。「分かりません」と答えると、「ここに住んでるんでしょ、分からないわけないじゃない」とお怒りに。話しかけてきたのは60代半ばくらいの女性で、通りすがりにちょっと気になったから聞いてみたといった感じでした。残念ながら、この人 [続きを読む]
  • 受け取れません
  • 宅配荷物は、出来るだけ時間指定をして受け取ります。業者さんが来たら、少しでも時間短縮になるようにと、マンションのエントランスから上がってくる間に玄関でハンコを持ってスタンバイします。電話がかかってきて少し早いが荷物持って行っていいかと聞かれれば、在宅中なら受け取ります。指定時間外に荷物を届けようとしてくるのは、いつも同じ人なのですが、段々エスカレートしてきました。先日は、外出から戻るとインターホン [続きを読む]
  • マンション1年点検
  • マンションの1年点検がありました。以前所有していた戸建ての点検とは随分感じが違いました。戸建ての時は、時間をかけてじっくり点検してもらえました。こちらが申告した点以外もあちこち見てくれ、気が付いていなかった不具合まで調整してくれて、温かみがありました。一方、今のマンションはというと・・・同じ日に何部屋も点検するので、一部屋あたりの点検の時間はとても短く、電気系統と排水関係、そしてこちらが指摘したポ [続きを読む]
  • 夫が出張して分かること
  • 夫が出張で数日間留守にすると、家の中が汚れ難いです。毎日する家事のうちのいくつかは、夫が少し気を付けてくれればしなくてもよかったり、頻度がぐっと低くなります。例えば、ドアノブや家具につく指紋。普段は朝晩拭き取りますが、一人の時はそんなに拭かなくても大丈夫。洗面台周りに飛び散る水滴も然り。うがいした後、高い位置から勢い付けて水を吐くのをやめて、低い位置からそっと吐き出せば壁や床にまで飛び散らないのに [続きを読む]
  • 自宅に人は呼ばない
  • うちに来るのは業者さんぐらいで、普通の来客は皆無。万が一、どこかで誰かと親しくなっても、ネットで見るおもてなしやマナーのことを考えると、自宅に人を招くのは無理だろうなと思います。掃除や片付けは大丈夫でも、座ってもらう場所がありません。ソファやテーブルは引越し前に処分してしまって、今もないままで過ごしているので、来客となったらイスかソファの準備が必要になります。昔はソファが必需品でしたが、1度無いの [続きを読む]
  • 来客の前と後
  • 近年、うちに来る人といえば何かの配達や家電の設置といった業者さんがほとんど。普通の来客は皆無です。それでも、誰かが家に入るとなると、その前に家の中を片付けて掃除します。そして、帰った後も掃除します。スリッパや新しい靴下を持参される業者さんもいますが、そんな時でも軽く掃除。昔々、少ないながらもまだ友人がいた頃、裸足で来る女性がいました。その頃から来客後の掃除が習慣になりました。ちなみに自分が訪問する [続きを読む]
  • 音楽のある暮らし Prime Music
  • 音楽を聴くのは車に乗ってラジオをつけたときくらいだったので、マンションに引越し、車にあまり乗らなくなってから音楽をほとんど聴いていませんでした。それがAmazonプライムのお試しをしたのがきっかけで、Prime Musicを使うようになり、音楽のある暮らしの良さを知ってしまいました。何が良かったかというと、音楽を聴き始めたら体調に変化があったこと。自分で感じているだけで何の根拠もありませんが、体調が良くなったよう [続きを読む]
  • 老老二人暮らし
  • 夫と私が結婚した当初から既に夫の実家では義父と義母が二人で暮らしていました。年に1、2度訪ねる程度ですが、私の親とは異なる暮らしぶりを見るとはなく見てきました。最初の頃は違いだけが気になりましたが、そのうち将来我が家の暮らしもこうなるのかもしれないと考えるようになりました。例えば、私がウールのカーペットを年中敷きっぱなしにするのは、義実家でラグを夏と冬で入れ替えるのが困難になり止めてしまったのを参 [続きを読む]
  • マンション1年
  • マンションを購入し住み始めてから1年経過し、マンション生活は2年目に入りました。つい最近引越してきたような、でもずっと前から住んでいるような感覚があります。他人からは狭いと言われる間取りですが、暮らしやすくて、とても気に入っています。マイナス面ももちろんありますが、プラスとマイナスを考えれば、プラスが勝ります。このマンションを買ってよかったと心から思っています。2年目も、この住まいと暮らしを大切に過 [続きを読む]
  • とりあえず続ける
  • ブログを書こうとしても、なかなか書きたい内容がなく、書いたかと思えばその文章の稚拙さに自己嫌悪・・・。これではダメだ、止めてしまおうと思いましたが、でも続けます。人と関わることがほぼ無い暮らしの中で、こうして書こうとすることもやめてしまったら、何も出来なくなってしまうかもしれません。書く内容を見つけ、文章にまとめる努力をして、少しでも刺激にしようと思います。そして、体も動かす。健やかに過ごすために [続きを読む]
  • 意識改革 早く、早く!
  • 家事をしていると、とにかく早く終わらせたくていつもイライラしていました。そう急ぐ必要もないのに、どうしていつも早く早くと思うのか?浮かんできたのは、子供の頃に言われたフレーズでした。「早くしなさい、どうしてそんなに遅いの、イライラする・・・」子どもがモタモタすると忙しい親は大変だったと思います。理解できます。でも、もう今は子供じゃない。早く!と頭の声が言い出したら、早くしなくていいから、急がなくて [続きを読む]
  • DAZNのぐるぐる
  • DAZNを試聴しています。最初のころは、タブレットでもPCでも、よく映像が途切れていました。見どころになるとぐるぐるマークが出て大事なシーンを見逃すということが、頻繁に起きて結構なストレス。やはり従来のテレビ中継の方が勝るのかと思っていたら・・・気付けば、ぐるぐるがかなり減りました。調子がいい時には、テレビと変わらないくらい滑らかにスポーツ中継がみられます。でも、たまに映像が止まる。あっちが原因なのか、 [続きを読む]
  • スーツケース三重収納
  • スーツケースを開けたら、中にスーツケースが入っていて、更にその中にもスーツケースが入っていました。スーツケースの三重収納。自分でしたことなのに、すっかり忘れていて驚きました。家にあるスーツケースを全部クローゼットに収納するために思いついた苦肉の策だったはず。使用頻度が低いから、スーツケースの中にスーツケースを入れても全然問題ありませんでしたが、これが頻繁に使うとなったら、面倒だったろうと思います。 [続きを読む]
  • 洗濯機の糸くずフィルター
  • 去年買い換えた洗濯機は、糸くずフィルターの手入れがとても簡単です。おかげで、毎日糸くずを捨てられるようになりました。パカっと開けて、さっと糸くずをとるのが、楽しかったりします。今の洗濯機の糸くずフィルターはこのタイプ。糸くずがまとまるので、とても取りやすいです。これが以前のもの。このタイプは、洗濯機から取り外して、さらにネットを外して、糸くずを捨てる仕様で、とにかく面倒。しかも、糸くずがきれいに取 [続きを読む]
  • 書類はもう揃えなくていい
  • 書類をお揃いのファイルに整理したいしたいと思いつつ、早数年。書類整理は今の揃えないスタイルで充分だと、最近考えが変わりました。今のやり方は、書類が来たらその場で目を通し、要らないものは即捨て、残すものはファイルボックスに入れるファイルボックスは複数使って、ざっくり中身を分類バラバラになって困るものは封筒に入れておく時々、中身を見直して不要なものは捨てるです。このファイルボックスの中身を、きっちりと [続きを読む]
  • 無駄な買い物
  • 硬いティシュは荒れた肌には辛いことを身を持って体験したので、花粉症の夫のためにと柔らかいティシュを買ってきました。ところが夫、使いません。鼻が痛くなりにくいからいいよと言っても、返事は「また今度」。使わないどころか、見ようともしません。私が勧めるものは、とりあえず拒否がデフォルトです。良いものは夫にも使って欲しいと思っても、これがなかなか上手くいきません。毛布や靴下は使いましたが、今回のティシュは [続きを読む]
  • 指先強化
  • 加齢による筋力の低下をあちこちに感じます。指先もその1つです。フィルムを剥がしたり、スナック菓子の袋や缶詰を開けるとき、以前は簡単にできたのに、この頃は難しい。しかも指先に力を込めると爪が剥がれるのではないかという恐怖もたまに感じます。そこで、少しトレーニングをしてみることにしました。ハンドグリップを買ってきて、テレビを見たり、ネットをしている最中にギッギッと握っています。手全体や指先だけ使ったり [続きを読む]
  • 一年中使えるウールのカーペット
  • 季節によってラグを入れ替えるのを止め、ウールのカーペットを年中敷いています。ウールにしたのは、ウールが夏涼しくて、冬暖かいらしく、しかも、汚れにくいということだったから。実際に使ってみると、夏カーペットが暑いと感じることはなく、冬寒いとは感じません。昔使っていた冬用のラグだと、夏は暑くてたまらなかったので、ウールの効果はあるのだと思います。汚れも気にならず、変な臭いがすることもありません。汚れにく [続きを読む]
  • 規格がそろうと、あまり気にならない
  • スマホが2台に、タブレットも2台。4台それぞれに充電器やケーブルが必要だったころは、出したままにしておくとカオスになるので、使い終わったらイチイチ引き出しに収納していました。今は全て規格がそろい、充電器とケーブルを1セットだけ出しっ放しにしています。充電は順番にすればいいので、複数出しておく必要がありません。ケーブルもきれいにまとめなくても気になりません。充電器とコードに関するストレスが減りました。 [続きを読む]
  • なくても大丈夫? 棚
  • 洗濯機の上にあるスペース。数年前なら、ラックを買うとか、つっぱり棒や棚を設置するとか、何かしら使いやすくなるよう対策をしたはずです。今の洗濯機の上のスペースは、こうです。引越してきてから約1年。未だに何もしていません。ここにラックや棚があれば洗剤やハンガーを置けるし、バーがあれば洗濯物がかけられて、便利になるのでしょうけど・・・この何もない空間をなくしてしまうのが惜しくて、そのままにしています。 [続きを読む]
  • ファッション?
  • 家の近所で用事を済ませる間に見かけた装いが似た人々。交差点に3人女性が立っていて、3人とも同じ色のトレンチコート。ATMの前にはGジャンを来て片手にトートバッグを下げた女性が2人。通りを歩けば、お腹にリボンがついたワイドパンツの女性達。都会ではないうちの近所で、似たような服装の人ばかり目について、少し驚きました。昔から、こんな感じだった? [続きを読む]
  • 換気扇掃除からの食洗機の手入れという流れ
  • 一連の流れを作ると、面倒な家事がそれほど面倒ではなくなってきます。例えば、換気扇掃除。換気扇が動かないようロックをかけて、パーツを外す。必要に応じてパーツをお湯で浸け置きし、その後食洗機に入れて洗浄。レンジフードの表面や内部はマイクロファイバーで拭き、食洗機に入らない整流板は手洗いする。パーツが乾いたら元通りにし、ロックを外し、お手入れサインをリセットする。この流れで、1か月に1度の掃除が習慣になっ [続きを読む]
  • なくても大丈夫 浴室の防カビ剤
  • 前の家では浴室のカビに苦労したので、今の家では浴室の防カビに力を入れてきました。毎日掃除を欠かさず、入浴後は浴室内の水滴を拭きとります。24時間換気に加え、2カ月に1度の防カビ燻煙剤によるカビ予防。冬の間、寒くて24時間換気を停止したら、カビが生えたことがあり、それ以降は基本つけっぱなしにしています。その後カビは生えず、連日のように浴室衣類乾燥機も使うので、防カビ燻煙剤はいらないのではないかと、今 [続きを読む]