どらせな さん プロフィール

  •  
どらせなさん: 峠の涼風
ハンドル名どらせな さん
ブログタイトル峠の涼風
ブログURLhttp://tougenoryoufuu.blogspot.jp/
サイト紹介文山登りの休憩中の「頬を撫でる一抹の涼風」が好きで、ブログのタイトルを決めました。
自由文関東中心の山々に登っています。記事の内容は、山に登った記録や感想を中心に、軽い文章で記載しています。
別途、三つのコーナーを持っています。
・科学の目で見る山登り
  山登りを科学的に分析したエッセイです。
・温故知山の山登り
  山に関係する言い伝えのエッセイです。
・動画コーナー
  山登りの記録動画や、オリジナルソングを載せています。

よろしくお願いいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2016/08/02 09:49

どらせな さんのブログ記事

  • 山登りの歳時記−1月はどこへ行く?
  • 2018年の冬は、寒そうですね。雪が期待できるかな…どらは低山の雪山が大好きです。他の季節にはない楽しみがあるんですよ。それは、たくさんの動物たちを実感できること。雪山は動物たちの足跡の宝庫なんです。並行して歩く親子の鹿の足跡とか…木のそばから突然始まり、別の木で突然消えるリスの足跡とか^^真新しい熊さんの足跡だけは、パスしたいですが(ブルブル)1月01日(月) 元旦 山中湖アートイルミネーション FANTASEU [続きを読む]
  • 最後の紅葉を追う スカリ山〜鎌北湖
  • 目覚めると、なんと7時17分!乗車予定の電車は、7時20分発なのに(汗)この日の山登りは、初の大遅刻から始まりました。(反省しています…)目覚まし時計の時間セットはしたのですが、音が出るスイッチを入れ忘れました。結果、大急ぎの準備と乗り換え時の全力疾走で、そして運の良さで、10分遅れで済みました。今日の山行で一番疲れたのは、待ち合わせ場所までの移動期間でした^^;◆所要時間:7時間◆コース:東吾野駅〜雨乞 [続きを読む]
  • 姫次に散った一輪の花 折花姫
  • 戦国時代の武田家滅亡の周辺には、たくさんの哀しい話が残っています。以前の松姫の記事(松姫峠 哀しき戦国のラブストリー)と同時期のお話ですが、折花姫の言い伝えが残っています。姫次(ひめつぎ・ひめつぐ)という地名は、折花姫がその場所で自害(喉を突いた)したことが由来だそうです。他にも周辺には哀しい由来の地名が残っていますよ。話は、武田家滅亡の引き金となった小山田信茂の居城「岩殿山城」から始まります。岩 [続きを読む]
  • ママチャリが行く トトロの森
  • クロスケの家のトトロ以前から気になっていた狭山丘陵のトトロの森^^狭山丘陵は、ジブリアニメ「となりのトトロ」のモデルとなった丘陵です。となりのトトロ・画像集ヒロインの二人、サツキとメイが引っ越した里ですね。コンパス片手に、適当に自転車を飛ばしてみました。ふと気づくと、「トトロ♪トトロ♪」と鼻歌が…秋の紅葉の中、楽しかった半日でした。普段使わない筋肉なので、少し筋肉痛ですが^^;11月15日 多摩湖〜狭 [続きを読む]
  • 万葉集と秋散歩 よこやまの道 
  • 赤駒を山野に放し捕(と)りかにて 多摩の横山 徒歩(かし)ゆか遺(や)らむ万葉集 防人の歌 詠人:宇遅部黒女過去の参考記事(2016年3月9日) よこやまの道 万葉集に誘われて 万葉集で詠まれた多摩丘陵(よこやまの道)を歩いてみました。多摩丘陵は、眉引き山とも呼ばれるなだらかな横長の丘陵です住宅地の中を縫うように走るよこやまの道…秋を感じさせる素敵なお散歩コースでした。池に映る一本杉、きれいだなぁ11月7日 [続きを読む]
  • 秋を満喫!棒杭尾根からミツドッケへ
  • 大雨で増水した倉沢林道は倒木だらけ! あっちこっちであふれる一時的な滝。急登の棒杭尾根は、光り輝く黄葉と紅葉の道。長沢背稜を歩くと南に石尾根、「あれは七つ石!」「雲取も見える!」の声が上がります。北には、奥武蔵の山々の山肌が紅葉のパッチワークに…こちら側から見る見慣れない形の武甲山も、妙に新鮮でした。◆11月03日(金)奥多摩◆行先:三ッドッケ(天目山)◆所要時間:6時間50分◆コース:倉沢BS9:10〜棒杭 [続きを読む]
  • 山登りの歳時記−12月はどこへいく?
  • いよいよ2017年も最終月となります。年末は忙しいですね^^;それでも山へ行くのが「ヤマノボラー」の性(さが)!この季節は、晴れた日の遠くの景色がきれいですね。そう…富士山が美しく見える季節です。大月市の秀麗富嶽十二景を巡るのもいいかも^^b冬こそ登ってほしい大月市「秀麗富嶽十二景」山名を すると、山頂からの富士山を見ることができます。01番 雁ヶ腹摺山・姥子山02番 ※牛奥ノ雁ヶ腹摺山・小金沢山  [続きを読む]
  • ヒートテックは山で使えるか?
  • いよいよ冬山シーズンですね。よく登山では、綿製品やヒートテックは向いていないとか言われますね。綿製品は、水分蒸発の際の気化熱云々で危険というのは理解できるのですが、ヒートテックも…「本当かな?」「根拠はあるのかな?」と…ヒートテックを着た方は実感していると思いますが、薄い割に本当に温かい^^世の中から「ババシャツ」を追放したぐらいですからね!どらは山登りの先輩方の意見やメーカーの発信を聞いても、「 [続きを読む]
  • アケボノソウはいずこに? 雨の南高尾
  • 絶滅危惧種アケボノソウが咲いているとの情報をもとに、雨の南高尾を探索!南高尾山稜は何度も歩いているので、どうせならと、津久井城山からの南北のプチ縦走にしてみました。天気予報は午後から曇り。 これは行かなくてはネ…としかし運の悪いことに、下山するまで雨が止まずの散々な目に!下山地点の梅ノ木平でようやく、雨が止みました(遅すぎるよ〜)さて、お目当てのアケボノソウはいずこに?10月17日(火)コース城山登山 [続きを読む]
  • 変化に富んだコース 牛奥ノ雁ヶ腹摺山〜黒岳
  • 縞枯れの中の障害物競争に悪戦苦闘し…風に光るススキの稜線に感動し…360度の展望の中でマッタリした時間を過ごし…突然湧き上がるガスに見とれ…「どこを渡れば?」という渓流沿いの道を下り…牛奥ノ雁ヶ腹摺山以外は、ほぼ貸し切りの静かな道^^変化に富んだ飽きない秋のコースを満喫しました。◆10月9日(月)甲州アルプス◆行先:牛奥ノ雁ヶ腹摺山〜黒岳◆コース:所要時間 6時間40分すずらん昆虫館9:50〜パノラマ岩〜牛奥 [続きを読む]
  • 山登りの歳時記−11月はどこへ行く?
  • いよいよ秋は、高山から低山へと衣替えしていきます。お住まいの近くの里山は、秋に彩られますか?どらの主戦場の奥多摩の秋は、それはそれは見事ですよ。さて次はどこへ行こうかな?ネットで調べるのが楽しい毎日です。11月01日(水)筑波山神社御座替祭(動画あり)11月03日(金)文化の日  出雲伊波比神社の流鏑馬まつり(埼玉/毛呂町)11月05日(日)大月桃太郎伝説・扇山〜百蔵山トレイルラン11月07日(火)立冬 紀州・山 [続きを読む]
  • 秋なのに新緑の道? 秋山二十六夜山
  • 雨が心配された今回の山行でしたが、以下の結果に。東京東部に住んでいる2名は、自宅から電車までが雨。西部に住んでいる2名は、雨に会うことなくラッキーな結果に…同じ東京でも地域差がありますね。◆9月23日(土)中央線沿線(道志)◆行先:秋山二十六夜山◆所要時間:6時間50分上野原駅=(バス)=下尾崎BS〜二十六夜山〜三日月峠〜露岩〜浜沢BS〜立野峠〜月尾根沢〜梁川駅◆参加者:ぽんた、ひまわり、こまくさ、どら二 [続きを読む]
  • 山萩満開の道を行く 馬頭刈尾根
  • 途中で出会ったのは綾滝を撮影のおじさんと、高明神社からの下り道での犬の散歩のおばさんだけ!ほぼ貸し切りの馬頭刈尾根でした。今回のコース設計は、お気に入りの綾滝(動画へジャンプ)経由で馬頭刈尾根を行きます。さてさて、どんな山行になったでしょうか?◆9月14日(木) 奥多摩◆行先:天狗滝・綾滝〜馬頭刈山◆所要時間 5時間25分千足バス停10:35〜天狗滝〜綾滝〜つづら岩〜鶴足山〜馬頭刈山〜高明山〜軍道バス停〜( [続きを読む]
  • 調べてみました 奥多摩の避難小屋
  • 本来は、緊急時退避用の避難小屋。でも宿泊用に使う方も多いようです。大人数で騒いだりしないで、節度のある使い方をしてもらいたいものです。最後のお掃除も忘れないように…ネ^^bさて今回は、登山者の味方「避難小屋」を調べてみましょう。まずは、どらがよく登る(徘徊しているともいう)奥多摩を調べてみました。●奥多摩三山にある避難小屋御前山避難小屋(右上)標高 1300m収容人数 最大15人    水場 あり(要煮 [続きを読む]
  • 山登りの歳時記−10月はどこへいく?
  • 天高く馬肥ゆる秋秋の空の下で、馬が牧草を食べている優雅な風景が浮かびますが、由来の意味は違うのですよ。漢書からの出典なんですが、秋至れば馬肥え、弓勁(つよ)く、即ち塞(さい)に入る実は匈奴(北方民族)の侵入を警告する故事でした。とはいえ、どらは夏の間に2.5kgも太ってしまいました。やっぱり、天高くどら肥ゆる秋のほうがしっくりしますネ^^;10月01日(土) 谷川岳閉山式 水見色トレラン  アサマ2000スカ [続きを読む]
  • 池めぐりと百名山蓼科山へ(2)
  • 2日目双子池(雌池)の夜明け幻想的な夜明けでした。実は夜中に、満点の星空と水面に映る星を見る予定だったのですが、爆睡してしまいました(アルコールのせいですね)双子池ヒュッテのご主人によると、今年一番の星空だったとか…千載一遇のチャンスを逃した気分です(泣)それでも、こんな光景を見ることはできました。夜明けとともに、ガスが立ち込めました。水面が色づき始め…稜線からお日様が覗きます。いいですねぇ〜参考 [続きを読む]
  • 池めぐりと百名山蓼科山へ
  • 実施できるかどうか不安でしたが、蓋を開けてみたらお天気に恵まれた2日間。地元の方に聞いたところ、昨日25日夜に大雨が降ったとのことでした。結果は、変化に富んだ飽きないコースの連続で大満足です。1日目は、坪庭の岩石園に始まり、北横岳では岩登り。下りの岩場を過ぎたころからは、八ヶ岳らしい幻想的な苔の道の連続。個性的な池をいくつかめぐり、キャンプ場の神秘的な双子池へ。2日目は、等身大以上の笹原の中を行き、3 [続きを読む]
  • 日和田山からテント泊の巾着田へ
  • キャンプ目的の山行計画、日和田山から巾着田へ。正直、キャンプがしたかっただけなんですが、まあいいか^^ちなみに日和田山は、夏場の低山にもかかわらず、結構な人が登っていました。8月22日(火)〜23日(水)日和田山と巾着田歩行時間: 4時間30分コース日和田山登山口〜日和田山〜高指山〜物見山〜小瀬名分岐〜北向地蔵〜五常ノ滝〜武蔵横手駅(電車移動)=高麗駅〜巾着田にてキャンプ参加者ビビ・jun・よっちゃん・どら [続きを読む]
  • 山ごはん 保存と充実の裏ワザ
  • 山での食事、おにぎり派が一番多いのでしょうねぇなんといっても、携帯に便利ですからね。ちょっとしたおかずも用意すれば、自然の中でのランチタイムを満喫できます。どらはランチタイムの時間が長い(1時間くらい)場合は、そんな山ランチにも凝るタイプです。山ディナーにも活用できますよ。山の楽しみ方は人それぞれ^^ただ「登るだけ、歩くだけ、自然を満喫するだけ」ではなく、ランチにも凝ってみてはいかがでしょうか?た [続きを読む]
  • 飲食優先でした 高尾山
  • 山の天気は読めないですね〜雲取山に続いて、またまた雨の中の山行でした。事前予報は、どちらも曇りだったのにネ!さて低山・観光地の代表の高尾山ですが、「山登りのついでに飲み食い派=ビビ・アビー」と「飲み食いの前にチョイ汗派=ひまわり・どら」に分かれての山行でした。8月02日(水) 高尾周辺◆行先:   Aグループ:逆坂作業道〜高尾山〜ビアマウント  Bグループ:草戸山〜琵琶滝〜ビアマウント◆コース(Aグルー [続きを読む]
  • 雷鳴のBGMが続く 雲取山(2)
  • 翌日の目覚めは最悪でした。頭が重い(やっぱり飲みすぎだ)そして食欲もない…シャリバテ回避に、ゼリー飲料だけを飲みました。ただ、空はあいにくの曇り空。ご来光は残念ですが、おあずけでした。それでも何とか富士山の頭だけは、見ることができましたが…頭だけの富士山今日も天気が悪そうだなぁ尾根に流れるガスの道計画では三条の湯経由か、気合が入れば飛龍山経由の下山のつもりでした。が、天気の様子は危険な臭いがします [続きを読む]
  • BGMの雷鳴が怖かった 雲取山(1)
  • 福島の吾妻連峰縦走は、雨予報で泣く泣く断念。でも、関東の雲取山ならいけるかも…と山登り断行!吾妻用に購入した食べ物やお酒があるし…雲取山避難小屋の状態も見てみたいし…さて結果は?雷に追い回されるし、ガスで景色は見えないし…お箸を忘れるし、しょうゆも忘れるし、翌日は飲み過ぎて気持ち悪いし…下山中は、お腹も壊したのでした。ところどころにトイレのあるコースで良かった^^;◆7月22日(土)〜23日(日)◆雲 [続きを読む]
  • 広がる草原とお花畑 大蔵高丸
  • はっきりしない天気予報でしたが、奇跡的に雲が多いものの晴れ模様!富士山を始め遠くの山々は、薄い影絵のようなシルエットでしたが、近くの山々は緑に映えた姿でした。◆7月9日(日)大蔵高丸〜ハマイバ丸 甲州アルプス◆所要時間:5時間◆コース: 甲斐大和駅(タクシー)=湯ノ沢峠〜大蔵高丸〜ハマイバ丸〜天下石〜米背負峠〜やまと天目山温泉◆参加者:ビビ、ぽんた、アビー、どら広がる草原と、お花さんたちに癒されなが [続きを読む]
  • 山登りの歳時記−8月はどこへ行く?
  • 真夏の登山、さすがに低山は厳しいですね。1泊2日以上の山小屋泊・テント泊の季節到来です。それでも、どらが一度やってみたいこと!それは…近くの低山から、眼下に咲く花火を見ること^^やっぱり、変わり者かな?えへへ…8月01日(火) 相模湖祭り湖上花火大会8月05日(土) 屋久島ご神山祭り(〜8/6) 青梅花火大会8月06日(日) 富士登山駅伝 8月08日(火) 乗鞍本宮例祭り8月10日(木) 丹沢湖花火大会8月11日(金) [続きを読む]