Ath さん プロフィール

  •  
Athさん: VOLTECHNO
ハンドル名Ath さん
ブログタイトルVOLTECHNO
ブログURLhttps://voltechno.com/blog/
サイト紹介文モノづくりをしたりデジモノのレビューをしているサイト
自由文モノづくりについての情報やデジモノ・ガジェットなどのレビューなどをしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供102回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2016/08/02 22:06

Ath さんのブログ記事

  • RAID5でHDDリビルド中にHDDが2台クラッシュした時の記録
  • 年末にNASのストレージが1台Read Errorを出していたなと、年明けの三箇日にHDDを入れ替えてリビルドしていたら、RAID再構築中にHDDがクラッシュしてリビルド停止、そのままディスクアレイごとクラッシュして動作不良に至りました。 本記事はその状態からデータを退避させるまでの時系列順にした忘備録です。 NASクラッシュまでのバックグラウンド 筆者が使用しているNASは、当サイトでも何回かにわたって使用方法や拡張方法などを [続きを読む]
  • USBで充電できる!USB電動ドライバーのススメ
  • 本格的なウッドデッキ作りや日曜大工とまではいかないけど、電動工具で棚を軽く組み立てたり穴を開けたりと簡単な作業をしたいときに便利なのがUSB充電タイプの電動工具だ。 USBで充電する電動ドライバーは普通の電動工具よりもコンパクトで使いやすいのが特徴で、専用の充電器やACアダプターも不要なので手軽に使用することができる。 電動ドライバーが欲しい、でもヘビーな使い方はしない 新しく家具を買ったとき「組立に時間が [続きを読む]
  • 【DX513】拡張ユニットでSynology NAS DS916+のボリュームを拡張する
  • SynologyのNASはExpansionUnitと呼ばれる拡張ユニットとそれに対応したNASを使うことで、ストレージを後から追加することが出来ます。今回使用するDS916+には拡張用のeSATAポートが搭載されており、専用の拡張ユニットを使用することで5台のストレージを追加することが出来ます。 今回は、DS916+とDX513を使ったボリューム拡張の方法を紹介します。 DS916+の拡張ユニットにはDX513を選ぶ 【N... [続きを読む]
  • Arduinoでスイッチを使う方法
  • Arduinoでやりたいことを考えていると、Arduinoの動作をスケッチから動作させるだけではなくボタンやレバーなどを使って、色々な動作をさせたいと思うようになります。 今回は、Arduinoに外部からの信号を認識できるようにする第一歩、スイッチを使う方法です。 外部入力のすべての基本はスイッチから Arduinoは、外部入力を使うことで多彩な動作を行わせることが出来るようになります。外部入力?と聞いてもピンとこないかもしれ [続きを読む]
  • 壊れたArduinoを修理!ブートローダーの書き換えでArduinoを修理する方法
  • 突然、動かなくなったArduino 以前の記事で、Arduinoを使ったモーター駆動回路の組み立てを行っていた時でした。誤って12Vラインの電源をデジタルピンに接触させてしまい、接触した瞬間にTX,RXのLEDが激しく点滅し、数秒後にはArduinoの出力がH状態のまま不動状態。Arduinoを破壊してしまいました。 Arduinoを破壊するには様々な方法がありますが、5Vと12Vの混成回路において、最も注意すべきArduinoに12V... [続きを読む]
  • テスターで電子回路の不良を探すテクニック|電子回路検証のプラクティス
  • 電子回路が壊れた、動かないなんて時に使う測定機器と言えばテスターです。とりあえずテスターを使うということは知っていても、実際にどうやって使うのか、どうすれば悪い部分を見つけられるのかがわからない方も多いと思います 今回の記事では、テスターを使ってどうやって電子回路の悪い部分を発見するのか?と言う一例を実際の回路と共に紹介します。 現象|モーター駆動回路でモーターが動かない この回路は、前回のArduinoの [続きを読む]
  • Arduinoでモーターを動かそう!モーターを動かす方法とスケッチ
  • Arduinoでモーターを駆動 私たちの身の回りのものはいろいろなモーターに支えられています。電子工作の分野でも、モーターを使えるようになることで家電やロボットに至るまで様々なプロダクトを開発できるようになります。 ArduinoでもLEDを点灯させた後はモーターを動かしてみようと考える人は多いと思います。しかし、ArduinoではLEDの時と同じように配線してスケッチを書くだけではモーターを駆動させることはできません。 モー [続きを読む]