医師水野 さん プロフィール

  •  
医師水野さん: 医師水野のアメブロ
ハンドル名医師水野 さん
ブログタイトル医師水野のアメブロ
ブログURLhttps://ameblo.jp/naikaimizuno/
サイト紹介文医師水野です。ビタミン・ケトン療法、糖質オフ、インスリンオフ、湿潤療法、健康についてなどなど。
自由文糖質オフにまつわる病態・疾患や、生理学的・生化学的な事など医師ならではのアプローチで迫ります。またブログのほとんどが皆さんの質問で出来ています。質問するとより詳しくなってブログ記事になるかも?です(ならないかも・笑)。皆さんをより健康に、がミッションです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2016/08/03 05:28

医師水野 さんのブログ記事

  • 訊く側のマナー、医療で規制されている事
  • 今回は、医療で規制されている事について。結論は、「個別の患者さんの相談に乗る事自体は違法ではない」という事。ただ、注意が必要。とても必要。例え医師であっても診察していない場合には医師法違反となる事項がある、という事。これは答える医師側はもちろん訊く側も知って欲しい事。正直、毎回説明は大変。という事でブログに記載。次回からはリンクで一発!https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou [続きを読む]
  • 動脈硬化対策の超まとめ、その1、薬と検査、2018年7月10日版
  • 動脈硬化について外来で毎日のように説明しています。 印刷して説明できる用にまとめます。 血圧との関連 日本人の高血圧の85〜90%は原因のはっきりしない「本態性高血圧」といわれています。 その「本態性高血圧」の実態とも言えるのが動脈硬化です。 このため動脈硬化を改善できれば高血圧が改善されるかもしれません。 実際に動脈硬化の改善と共に血圧が降下し、薬がいらなくなった症例には事欠きません。 本態性高 [続きを読む]
  • Amazonの普通の人は知らないページ、著者セントラルを発見!
  • 今回はamazonを使っていてもほとんどの方が知らないであろうページをご案内。 最近は、アマゾンに名前を入れると本が出てくるようになりました。 薬に頼らず血糖値を下げる方法1,350円Amazon この本も好調なようで、発売から2週間も経たないうちに何と、既に第3刷が決定しました。 ありがとうございます。 で、名前を するとこんなページに。 おぉぅ、「画像がありません」との表示が! 画像、ありますよ!持 [続きを読む]
  • 人生初の新聞広告!そして、重版出来!!
  • あの日経新聞さんに、広告が。(2018年6月6日)そう、この本の広告です。薬に頼らず血糖値を下げる方法1,350円Amazon薬に頼らず血糖値を下げる方法 [ 水野雅登 ]1,350円楽天そう、あの日経新聞にっ。おお、それっぽい!amazonの糖尿病部門1位もさり気なく盛り込まれております。流石です。amazonは在庫切れで、1〜2ヶ月待ちに一瞬なっていましたが、現在は在庫が回復した模様です。amazonの糖尿病部門1位、では、本の総合では?おお [続きを読む]
  • 糖尿病の本、ジャンル1位!、と最近のグルカゴン
  • 速報です。 皆様のおかげで、Amazon売れ筋ランキングのジャンル1位を獲得しました。 ありがとうございます! https://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/books/2133632051/ Amazon薬に頼らず血糖値を下げる方法1,350円Amazon 楽天薬に頼らず血糖値を下げる方法 [ 水野雅登 ]1,350円楽天 この本では分かりやすさを追求するため最近の「グルカゴン」に関係する所はバッサリとカットしています。 これを入れると、どうしても [続きを読む]
  • 本、届きました、と関連するTEDの講演
  • 実際の本が届きました。 おぉ、ソレっぽい。 本屋さんで見かける感じ! 文字も大きめで見やすい気がします。 なお、デザインやタイトル、帯の文章は出版社の方が考えてくれます。(自分で名医とか言わないよ!) 一応、予約可能サイトはコチラ。 Amazon薬に頼らず血糖値を下げる方法1,350円Amazon 楽天薬に頼らず血糖値を下げる方法 [ 水野雅登 ]1,350円楽天 さて、今までの治療は大体、この本に盛り込みました。 そして [続きを読む]
  • 糖尿病の本、予約開始です!
  • 前回、ご紹介した拙書の予約が開始となりました。 Amazonと楽天で予約開始となっています。書店には2018年6月2日頃に並ぶ予定との事です。 2016年から書き始めた本もこうなるといよいよ発売だなぁ、と実感できます。 ライターさんナシでイチから書くのはとっても大変でした。 実例・実体験もまじえて、「読みやすさ」重視のスッキリした感じに仕上がっています。(仕上げは凄腕の編集の方が分かりやすく編集してく [続きを読む]
  • ビッグプロジェクトその1、本、出ます!
  • 下記の投稿で言っていた「2つの ビッグ・プロジェクト」。 その1つが遂に、情報解禁です! 『薬に頼らず血糖値を下げる方法』アチーブメント出版より2017年6月2日発売。本体価格1250円 という事で、2016年から書き始め、ついに、ついに完成しました。 ライターさんを使わずにイチから書いたのでとてもとても時間がかかりました。 その分、良いものになったと思います。 以上、ついに発表!でした。 [続きを読む]
  • 糖尿病で測るべき「2つの抗体」、GAD抗体、抗インスリン抗体
  • 糖尿病には特殊なタイプのものがあります。 この特殊なタイプをチェックするために糖尿病と診断された「初めの頃」に測定すべき抗体が2つあります。 なぜ、その2つを最初の頃に測るかと言えば陽性だと治療方針や、その後の経過が違うからです。 放っておくと取り返しがつかない事になる場合もあります。(ならない場合もあります) そして、2つの抗体は当然ながら検査しないと陽性かどうか、さっぱり分かりません。 さ [続きを読む]
  • 今さら訊けないケトン体の話
  • このブログでも何度も話題に挙げているケトン体。 その今さら訊けないケトン体について、が今回のテーマ。 なお、みっちり聞きたい方はコチラ。 土曜教室、第3回「ケトン体」https://www.youtube.com/playlist?list=PLDdJxtVmDGLSeARClbnO5QDa8uulEnbmS さらに、詳しく知りたい方はやはり宗田先生の本が最高です。 「選べる3冊」あります。 ケトン体が人類を救う 糖質制限でなぜ健康になるのか (光文社新書)994円Amazon 「 [続きを読む]
  • 桜花亭での講演、再び。9月30日、日曜日の午前に。
  • 2016年に東京都足立区花畑にある「桜花亭」で講演をしました。 この年は講演の年でドドッと講演をしました。その大半は現時点で動画をアップ済みです。 https://www.youtube.com/playlist?list=PLDdJxtVmDGLTwWfbyIKmAFQkxIvUtNxN- しかし、この2016年の桜花亭講演は2年経つのにまだ動画をアップしていない(笑)ため伝説の講演と言われたり言われてなかったりしています。 そしてその後、さっぱりオープンな講演会で [続きを読む]
  • 糖質制限で老化するの?!
  • 既にご存知の方が多いと思われますこの話題。 一時、メディアで流れた「糖質制限で老化!」という話題です。 http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-4508.html江部先生が既に書いていますが時期をズラして再度、取り上げます。 「糖質制限 老化」で調べると山ほど出てきます。 で、この中身をみるとマウスでの実験が元になっています。 マウスに糖質制限させたら・・・というものです。 ところで、マウスが食べるも [続きを読む]
  • 洗剤レスな生活、マグネシウムで洗濯
  • 今回は医療系ではないお話。 以前に、 皮膚のトラブルhttp://www.mizuno.tokyo/2015/06/blog-post_42.html ここで、シャンプーやボディーソープのない生活について書きました。 さらに洗剤を使わないという話が今回のテーマ。 きっかけは、上記と同じく夏井先生のサイト。 http://www.wound-treatment.jp/new_2018-03.htm#0313-5 リンクの貼ってあるDaily Portal Zへのリンク。http://portal.nifty.com/kiji/180309202279 [続きを読む]
  • 2型糖尿病が1型に?
  • 前回の「グルカゴンの暴走!」https://ameblo.jp/naikaimizuno/entry-12369880240.htmlで、「1型糖尿病になりかけの2型糖尿病」という記載に対し、「2型から1型になることなんてあるのでしょうか?」といったような、ご意見がいくつかありました。ある意味、予想通りのご意見です。ありがとうございます。皆様のご意見がこのブログを育てています。皆様のご意見がなければここの所は、説明が長くなるので正直、スルーする所で [続きを読む]
  • グルカゴンの暴走!!そして酪酸。
  • 今回は、前の記事にもちょっと出てきたグルカゴンについて。 最初は、グルカゴンは「大体、インスリンと逆」という感じで理解の取っ掛かりを作ると良いです。 分子構造は上の図のように結構大きいです。 で、この概ねインスリンを逆の作用をするグルカゴンは、何とインスリンを出す「膵臓のβ細胞」のすぐ近くにあります。 膵臓に100万個以上存在する「ランゲルハンス島」という塊の中にインスリンを出す「β細胞」とグ [続きを読む]
  • SGLT2阻害薬でアシドーシス
  • 今回は、糖尿病薬の副作用のお話。 糖尿病薬で新しいタイプの薬剤、「SGLT2阻害薬」。 このお薬の特徴は「やせる」副作用があるという事です。 肥満が合併している糖尿病の症例では大変有用な薬剤です。さらに癌が合併している場合にも有用です。 このためビタミン・ケトン療法の症例でもしばしば使用しています。 (なお、SGLT2阻害薬に関してダイエット目的のみでの安易な内服は全くお勧め致しません) やせる理由はこ [続きを読む]
  • 美味しいカルニチン
  • 前回の美味しいプロテインに続き、美味しい系です。 今まで何回か取り上げてきた「カルニチン」について、です。 脂質(長鎖脂肪酸)の代謝に欠かせないのがカルニチン。 不足すると深刻な状態になります。 カルニチンの注射薬とインタビューフォームhttps://ameblo.jp/naikaimizuno/entry-12219255100.html 上記で取り上げたように 「細胞内のカルニチンが欠乏すると、カルニチンの機能が不十分となり肝臓、脳、骨格筋、心筋な [続きを読む]
  • 糖質オフのプロテインは?
  • 今回は、時々外来でも訊かれる質問。「糖質の少ないプロテインは?」について。 しかも、美味しいやつ。という追加注文もよくされます。 プロテインは、食べ物で充分に蛋白質を摂れる場合は不要ですが、そうでない場合には選択肢の1つとして有用です。 今までは患者さんにお伝えしていても自分で飲んだ事はありませんでした。 これはイカン、という事で自分でも飲んでみました。 有名な楽道のサイトで紹介されていた「ファイ [続きを読む]
  • 血中ケトン体の測定タイミングと簡易測定器
  • 外来でもよく訊かれるケトン体の測定器。 売り切れている場合は「ケトン体 測定器」などで検索を。 測るタイミングは目的によってそれぞれ。 癌の場合は常にケトン体が1000以上にキープできているのが理想。 このため、ケトン体が下がるタイミングで測り1000を超えているの確認すると良いでしょう。 血中ケトン体が下がるタイミングは・食後1〜2時間・起床時の2つ。 このタイミングで測って1000を超えてい [続きを読む]
  • 蛋白脂質食の説明書、1年2ヶ月ぶりに更新!
  • 今回は、皆さんお馴染みの「蛋白脂質食の説明書」を、ついに更新です。 なんと、1年2ヶ月ぶり! 実はその間も毎月のようにちょっとづつ更新しておりました。 外来ではその毎月更新版を配布していました。 今回はその更新がそれが積もりに積もって1年2ヶ月分です! では、ご覧ください。 http://www.mizuno.tokyo/2015/06/blog-post_30.html 以上、こちらも久々の更新でした。 [続きを読む]
  • ブログの更新が止まっていた理由
  • ブログの更新止まってますね!とか大丈夫ですか?とか、色々な皆様にお声掛け頂きました。ありがとうございます。今回は、ブログ更新が止まっていた理由について書きます。原因の1つは、前投稿にある「群発頭痛の群発期」が久々に来たことです。つまり、「大丈夫ですか?」には、「一時期は、大丈夫ではありませんでした。入院もしました。」というお答えになります (笑)群発頭痛は半端ないです。そして、もう1つ、原因はありま [続きを読む]
  • 群発頭痛の大発見?!
  • 久々の投稿は、この新ネタです。 群発頭痛の大発見?! 2月にFecebookでコメントしたものです。 まず、群発頭痛とは何か? 「頭痛の王様」「世界3大激痛の1つ」(群発頭痛、心筋梗塞、尿路結石) などと言われるように、とにかく痛い頭痛です。 半端ない激痛です。 片目の奥に焼け付くような絞られるような激痛が1時間以上続く発作が毎日1回から数回起きます。 「群発期」という期間は毎日、その発作が来ます。群発期で [続きを読む]