Mwins さん プロフィール

  •  
Mwinsさん: あるバレエママの告白
ハンドル名Mwins さん
ブログタイトルあるバレエママの告白
ブログURLhttps://ameblo.jp/mwins/
サイト紹介文既にプロとしてクラッシックバレエに打ち込む子供達を、戸惑いながらも一所懸命応援するバレエママのブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供246回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2016/08/04 16:26

Mwins さんのブログ記事

  • 夏がやって来た?
  • 「今年は雪かきと芝刈りの間の休憩がなかった」とブツブツ言いながら、昨日今年初めて芝刈りをした主人。春を通り越して一気に夏がやってきたような陽気のデンマークです。私も、やっと洗剤が凍らないで外から窓ガラスが拭けるぞー!と、春の大掃除をしたなぁ〜〜と思ったら、夕飯を庭で食べれそうだから庭用の椅子と机のクリーニングしなきゃ!と、その間の休憩がなかったです。劇場にばかりいるようですが、一応時々働いています [続きを読む]
  • 正真正銘のバレトマン
  • デンマーク人のバレエへの関心は、一般的に薄いです。翌日の仕事が心配だし、20時開幕の平日の公演には、比較的ご高齢の方や安い券を譲り受けた人(関係者の家族や友人)が目立ちます。そして学生らしき人がチラチラでしょうか?それでも最近は『白鳥の湖』が平日でも売り切れて、勿論いい事ですが、この傾向に私はちょっと驚いています。以前は、クリスマスシーズン以外では珍しい事でした。先週の土曜日に初演された『スペードの女 [続きを読む]
  • リアム・スカーレット版『スペードの女王』
  • 観てきました〜〜!『スペードの女王』振付: Liam Scarlett(リアム・スカーレット)演出: リアム・スカーレット音楽: Piotr Tjajkovskij(ピョートル・チャイコフスキー)オーケストレーションとアレンジ: Martin Yates舞台装飾、衣装: Jon Morrell照明デザイン: David Finn3幕上演時間: 20分の休憩が2度入って2時間20分まだゾクゾクしています。今は、この作品をデンマーク王立バレエ団で可能にしてくれた全ての人に感謝したいような [続きを読む]
  • 『スペードの女王』を観に行く事になった訳
  • 子供達がバレエを始めてから、YouTubeで、DVDで、劇場で、本当に沢山の作品を観てきました。色々なバレエ団の、違う振付家のヴァージョンで、何度も繰り返し観た作品がいくつもありました。でもその一方で、全く馴染みがない作品もありました。そして、そんな作品の1つが『スペードの女王』です。下のボリショイバレエ団の『スペードの女王』のDVDは図書館に置いてあるし、いつでも観ることが出来たのに、(わーどんな作品だろう、 [続きを読む]
  • 研修生の公演『Aspiranteriet』
  • 昨日行くかどうか迷っていたデパートの150周年誕生日イベントでしたが、興味はあったけれど、無理して行く気になれなくて、パスしました。でも、ゆっくり午後のお茶を飲んだ後、研修生の公演の方には、息子と2人で行って来ました!地下鉄を降りて地上に出ると、デパートの前に設置されたステージは、既に片付け始められていました。野外ステージでダンサーが寒いのではないか?と心配したけれど、今日は16度まで上がる暖かい天気で [続きを読む]
  • Magasinの誕生日イベント
  • コペンハーゲンの、ローカルなイベントの話題ですが、明日、4月14日(土)、Kongens Nytorv広場のデパートMagasinで、設立150年周年の誕生日イベントがあります。バレエへの関心が半分になって、ボーッとしていたら、友達が教えてくれました。デパートの設立祝いが、なんで、バレエと関係があるか、と言うと、150年間お隣同士だった事を記念して、王立バレエ団のダンサーが広場に設置された野外舞台で踊るからです。プログラムは下の [続きを読む]
  • あちらこちらに春
  • デンマークでは、気温は上がったものの、強い風が吹く日が続き、暖かさをなかなか肌で感じられません。でも、確かに春はやって来ました。庭には、いつも復活祭の頃に咲く、デンマーク語では復活祭のユリ、と言う名のついた黄水仙もやっと咲きました。森では、昨日今年初めてアネモネの花を見つけました。そして極め付け、沼の小径を歩いていたら、いるいる、ウジョウジョいる!数えきれない数の、カエル!先週まで湖には氷が残って [続きを読む]
  • あちらこちらにフード・マーケット
  • 昨日、『白鳥の湖』に出る息子をオペラまで連れて行って、さて今日は待ち時間に何処を散歩しようか?と取り敢えず街の方へ向かっていると、南ヨーロッパ人らしい観光客に呼び止められました。「Copenhagen Street Foodは何処ですか?」それは以前のブログで紹介した事がある私も好きな場所でした。でも去年の暮れに閉まってしまった所です。それを伝えると、とても残念そうにしていたので、思わず「私も残念です」と口から出ました [続きを読む]
  • 宝探し
  • スーパーにいくと、売れ残った商品が割引で山積みされるコーナーがありますよね?私はそのコーナーを覗くのが好きです。別に賞味期限に問題があるわけではないのに、びっくりする程定価より安く物が手に入ったり、面白いものが見つかったりします。以前、いつも行くスーパーのそのコーナーで、商品に値札を付けているお兄さんの横で、一つ一つ、物と値段を吟味した事があって、思わず「何でこんなに安くしちゃうの?」と聞きました [続きを読む]
  • もうひと頑張り
  • 息子は今『ライモンダ』と『白鳥の湖』に出演しています。実質的に舞台に立っているのは15分くらいでも、時間厳守の集合時間に送り出して、夜遅くに迎えに行くのは、結構大変です。週に4回、やれライモンダ、やれ白鳥と、代わる代わる出演する事もあり、上演場所がそれぞれ旧舞台とオペラで、別の場所なので、間違えないようにするのも、気を使いました。でも1番大変なのは息子本人かと思います。解散時間が21時30分以降になる時は [続きを読む]
  • 春の楽しみ
  • 昨日から急に気温が上がって春らしくなってきたデンマークです。あまりの寒さで忘れていたけど、そろそろあの季節だろう!?といつもの場所に行って見ました。そしたらヤッパリ出てました。Ramsløg/ラムソン/行者にんにく自分のブログを読み返してみると、去年は3月9日に収穫した、と書いてありました。今年の3月は1月より平均気温が低かったそうで、4月も軌道に乗ってから、やっと春がやって来たようです。この何年か、ラムソン [続きを読む]
  • 用事のついでにバレエを観た話
  • 先週は復活祭で学校がお休みでした。そんな訳で、私達は、金曜日、ハンブルグまでドライブに行きました。目的は、聖金曜日のミサに行く事、国境のスーパーで買い物をする事でした。国境を超えたドイツは、物価が安く、デンマーク人がこのようにアルコール飲料やナッツ類、チョコレート、キャンディーなどなど大量に買いに、ドイツへ出掛ける事は極々普通です。「ハンブルグ・バレエ団が『マタイの受難曲』のバレエを上演しているよ [続きを読む]
  • 納豆ができた!
  • 海外在住日本人には、もう当たり前の事かもしれませんが、私にとっては初体験!納豆の手作りに挑戦しました。大豆を圧力鍋で蒸して、市販の納豆少々と混ぜて、ヨーグルトメーカーに入れて、45度で保温する事24時間。出来ました!感動です。しっかり納豆の香りがしますが、冷蔵庫に1日置いてからが食べ頃だそうで、明日から暫く納豆のある生活!嬉しいなー!我が家は、主人以外は皆んな納豆が大好きです。こんな簡単にできるなら、 [続きを読む]
  • クリスチャン・ネームと戒名について
  • お久しぶりです。明日から4月、東京では桜の見頃のピークを超えたと言うのに、ここデンマークは気温が5度まで上がらない、異常に寒い毎日です。でも明日は復活祭!気持ちは再生に向かっています。昨日の聖金曜日は、キリストの受難と死を記念する荘厳な儀式とミサに行ってきました。それで、と繋げるのは無理があるかもしれませんが、ブログ再開第1回の今日は、キリスト教のクリスチャン・ネームと仏教の戒名について書きます。例 [続きを読む]
  • お休み
  • 最近頻繁にブログを書いていたので、突然更新しなくなると、どうしたのかな?と心配して下さる方もあるかもしれません。それで前もってお知らせしておく事にしました。2週間程ブログをお休みします。戻ってきたら、また、宜しくお願いします。日本は桜が咲き始めているようですね!デンマークは、まだ氷点下の日が続いています。こんなに寒い3月は、28年間住んでいて初めてです。でも庭にはスノードロップの花が元気に咲いています [続きを読む]
  • 歴史のノート
  • 前回は、デンマークの学校に関して、きつい事を書き過ぎたかな?と反省してます。実は、デンマークでは4月に労働組合の大々的なストライキが予定されていて、学校、病院、施設等、が暫く活動停止になりそうな事、娘の普通学校の教師がまた一人、3月いっぱいで突然退職を宣言した事が重なり、もう一体何がどうなっているの〜〜!?と不満が爆発してしまいました。でも、息子は毎日喜んで学校に通っているのに、何も習ってこない、よ [続きを読む]
  • 2018年3月三者面談息子編
  • 昨日は、娘のジェネラルを観た後、息子の三者面談に行って来ました。電車代がとても高いデンマーク、同じ日に街に出る用事が重なって、助かりました。息子は、普通学校部門もバレエ部門も、評価が安定して良いので、何も心配しないで、行きました。デンマークの学校は「勉強よりも、『学校』と言う小さな社会で、人間として成長し、デンマークの社会を理解し、自分の可能性を見つける場所である事が第一目的のようだ」と以前から何 [続きを読む]
  • 卒業公演
  • 昨日、デンマーク王立劇場バレエ学校の8年生と9年生からなるKompagni Bの春の公演、『Breakfast with Bournonville』のジェネラルがありました。それは同時にバレエ学校9年生の卒業公演でもあります。タイトルは毎年同じですが、その年の9年生が、自分達でプロデュースする作品なので、内容は、その年によって全く違います。その年々の子供達の特徴が表れて、毎年独自のいい作品が出来上がっていると思います。娘達のクラスの作品 [続きを読む]
  • 高校入学許可がおりました
  • 高校願書受付締め切りは3月1日でした。でも、昨日娘のe-postに新しいポストが届いていたので開けてみたら、第一志望高校からの入学許可書でした。あまりの早さにビックリしました。上の子達の時は、まず願書受領書が届いて、その後暫くたって入学許可書が届いたと記憶しています。いきなり届いた入学許可書、「Tillykke/チルリュック/おめでとう!」「8月15日、入学式で会いましょう」の文字に、娘が入学できる事は分かっていたけ [続きを読む]
  • スケートリンクのその後
  • スケートリンクがその後どうなったかご報告します。日課のパワーウォーキングに出かけて写真を撮って来ました。天気予報通り昨日から気温が上がりました。しかも昨日はなんと5度まで上がる晴天!歩いているうちに暑くなって、も〜汗ばみましたよ!下は昨日の写真。市の係りの人が3人がかりで作ってくれたスケートリンク。「自己責任で、印の領域内の歩行を許可する」という標識が立ってました。十分厚くなった氷はそう簡単に溶ける [続きを読む]
  • スケート場解禁
  • 買い物ついでに、念のためスケートを持って、湖沿いに歩いてショッピングセンターに向かったら、市の係の人たちが、湖の上で除雪していました。「滑っていいですか?」と聞いたら、「いいよ〜」との答え。早速靴を履き替えて、息子と2人氷の上に立ちました。スケートは久しぶりだったので、はじめは恐る恐る、でも慣れてきたら、スイスイと、一度滑れるようになると、体が覚えているものですね!この2〜3日、湖の上を歩いている人 [続きを読む]
  • 代休
  • 今日は月曜日ですが、息子は代休で家にいます。土日に学校へ行ったので今日は代休だそうです。「休みたくない、学校へ行きたい」と息子は、言いましたが、「学校へは来ては行けません」と言われました。「昨日『大きなバレエスクール』の日に参加した他のバレエスクールの子達だって、今日は普通に学校へ登校すると思います。なんで息子は登校しては行けないのですか?」と尋ねたら、「あの子達は、自発的に、昨日イベントに参加し [続きを読む]
  • Store balletskoledag/Ballet School Day
  • デンマークで、子供をバレエに通わせている人なら誰でも聞いた事がある(と思う)イベントに、「大きなバレエスクールの日」と言うのがあります。毎年3月の3つの日曜日に、デンマーク各地から、大小様々なバレエ学校が王立劇場の旧舞台に集まって、それぞれ独自のパフォーマンスをする、と言うイベントです。今年は全国から合計26の学校が集まるそうです。王立劇場バレエ学校コペンハーゲン校の生徒が出演するのは来週で、出演するの [続きを読む]
  • バレエ学校授業参観2018年3月
  • 今日は、シーズン3回目の恒例バレエ学校授業参観の日でした。家族4人で行ってきました。主人にとっては、今日が娘のレッスンの見納めの日で、私は、息子のレッスンを見学して来ました。授業参観の前には、評価がでます。そしてレッスンを見学して、後日面接があります。バレエ学校の評価については以前書いて変わっていないので、もし良かったらこちらでどうぞ。息子はいつも文句無しの評価です。娘と息子で評価が違うのは、女子と [続きを読む]