notefromus さん プロフィール

  •  
notefromusさん: アメリカで暮らす、働く、育てる
ハンドル名notefromus さん
ブログタイトルアメリカで暮らす、働く、育てる
ブログURLhttp://notefromus.hatenablog.com/
サイト紹介文アメリカで暮らすワーキングマザー。アメリカでの仕事と育児、日本との違い、英語、その他日々思うこと。
自由文短期留学&海外旅行くらいの経験しかなかったまったくの日本人ですが、2年半前に渡米しその後アメリカで出産。
1年半の専業主婦生活を経て、現在は日本人のほぼいないアメリカ企業で働くワーキングマザーです。
海外生活における日本との違い、アメリカでの出産、子育て、共働き、仕事と育児の両立、英語、、その他日々感じることを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2016/08/05 08:11

notefromus さんのブログ記事

  • アメリカでレイオフ(リストラ)危機に直面する
  • 私はアメリカでアメリカ企業に勤めていますが、働き始めて2年と少し、すでに2度のレイオフ危機に直面しました。わたしの仕事 関連記事:notefromus.hatenablog.comnotefromus.hatenablog.com結果的にはレイオフの対象とはならず無事だったのですが、そのくらい普通にアメリカではレイオフが起きるということです。もちろん日本でも、シャープ、パナソニック、東芝等のエレクトロニクス企業で見られたようにリストラされる [続きを読む]
  • アメリカでプールを作る、プール付きの家に住む。
  • 2016年末にアメリカで家を建てた我が家でしたが、長らくバックヤードはそのままになっていました。notefromus.hatenablog.comこちらで新築の家を建てると、モデルハウスであったようなケースを除き、バックヤードはdirt(手つかずの土)の状態で引渡しされます。その時点でバックヤードの予算がなかった私たちは、1年弱土を眺めて過ごしていたわけです。。最近やっと予算がたまったので、9月に入ってバックヤードの工事に着手 [続きを読む]
  • 給食の完食指導‥日本とアメリカの食育について。
  • 給食の完食を強要したというニュースを見て、日本とアメリカ正反対の教育だけど、一長一短だなぁと感じました。headlines.yahoo.co.jp私は好き嫌いの少ないタイプだったので、給食が苦だった記憶はそんなにないですが、給食でまずいものが出た(そして食べざるを得ない雰囲気である)ために、本来メニューとしてはおいしいものなのに嫌いになったという経験はあるし、昼休みになってもまだ給食を食べさせられていたという子がい [続きを読む]
  • 30代共働き夫婦の家計簿〜月予算55万円の内訳。
  • 最近書いていなかったものの、一応毎月家計レビューは続けています。以前書いた通り、我が家では月末後にクレジットカード明細と銀行口座の動きだけで家計簿のようなものをつけています。明細上では、スーパーの買い物は食費もお酒も日用品もごっちゃになっていて分けられないので、そこは無視してすべてを一つのカテゴリーにぶちこむという、かなり雑な方法です。笑notefromus.hatenablog.com9月になったので8月分を締めたの [続きを読む]
  • アメリカでの休暇の取り方、おみやげ、周りの反応。
  • 以前こちらの記事で書いたように、私の働くアメリカの会社では、4年勤続後4週間、若しくは7年勤続後8週間、どちらかの長期休暇を誰もが取ることができます。取得後はカウントがリセットされ、さらに4年 or 7年経てば何度でも取れます。notefromus.hatenablog.com私はまだアメリカで働き始めて2年ちょっとなので未経験ですが、権利を得た人はほぼ例外なくこの休暇を取得しています。子どもが生まれるタイミングで、育児休暇と [続きを読む]
  • 瞬発力が試される、英語の返答。
  • Are you a student? ? Yes, I am.みたいなやりとりって中学生で習ったし、Do you like it? と聞かれたら Yes, I do. か No, I don’t. で答えるというのも、おそらく中学校までの義務教育を受けた日本人のほとんどが理解していることだと思います。なんですが、この I do とか I am とか I don’t とかって、実はその場で即座に答えるのすごく難しい。アメリカ企業で働いているくせに大して英語ペラペラでもない私にとっ [続きを読む]
  • アメリカで教育費、老後資金を貯める。〜貯蓄?投資?
  • ものすごく久しぶりの更新ですが、今回は我が家の貯蓄運用状況・方針についてです。渡米当初は運用に回すような余裕資金もなく、自転車操業でまわしていた我が家ですが、渡米から3年以上経ち、少しずつ将来の資産形成についても考えるようになりました。アメリカでの投資運用、その他仕組みについてまったくの無知だった私ですが、少しずつ勉強して今なんとなくの方針が固まったので現況を書き留めておきたいと思います。そして [続きを読む]
  • アメリカで必要な社交性と寛容さ、と英語。
  • 新しい部署に移ったものの前の仕事の引き継ぎもしていたり、さらにアメリカ国内で出張もあったりとなんだか最近忙しく、すっかりブログから遠ざかっていました。最近思ったあれこれを書き連ねようと思います。若い子に仕事引き継ぐ問題:日本では、20代くらいの子が何かしでかすと「ゆとりが〜」ともはやネタ的に言われるようですが、先日アメリカの若い男の子に「ゆとりか!」とツッコミを入れる事件がありました(心の中で) [続きを読む]
  • 学校で習わない数字の読み方〜英語で数字を読む
  • 英語に慣れていない人が英語で数字を読もうとすると、「あれ?どうやって読むんだっけ??」となりますよね。なりません?私も同じくで、初めて外資系企業で働くことになったものの仕事で英語を使ったことがなかったため、英語でミーティングする前に「英語 数字の読み方」でぐぐった記憶があります。もちろん、学校では数字の読み方も習いました。例えば、123ならone hundred (and) twenty-three1,234ならone thousand two [続きを読む]
  • 30代共働き夫婦の家計簿〜ボーナス月の貯金額は120万円。
  • 今月も家計レビューをしたので記録しておこうと思います。2月はボーナス月だったので、貯金額が通常月に比べて多めでした。実際のところ、その貯金の中から新居用の家具なんかをいまだに買っているので、まるまるこの金額が純増しているわけではないのですが‥ちなみに過去のレビューはこちらです。↓notefromus.hatenablog.comnotefromus.hatenablog.comそして今月のレビュー結果がこちら。(左から、1月実績、2月実績、前月 [続きを読む]
  • アメリカでミーティング〜会議の常識非常識
  • 5年ほど前外資系企業に転職して驚いたことと言えば、ミーティングの作法の違いでした。世界中から多くの人が集まる会議に出たり、その後渡米してアメリカ企業で働くようになったわけですが、新卒で入社した日系企業にはなかった常識・非常識がそこにはありました。↓ 使われる言語も初めは意味不明でした‥notefromus.hatenablog.comミーティング中にバナナを食べる日系企業でも、自分のデスクではお菓子を食べたりしてい [続きを読む]
  • アメリカでバレンタイン〜子どもたちのギフト交換事情。
  • バレンタイン当日会社に行くと、後輩の男の子がいつもよりちょっと良さそうなジャケットを着ていたので「すてきなジャケットだね〜」と言うと、今夜は彼女とディナーの予定があるとのこと。いいですね〜「今夜の予定は?」と聞かれたので「特にないよ〜、I wish I had..」と言ったら「旦那さんがサプライズ用意してるんだよきっと!」と言ってくれました。ありがとう、でも我が家のバレンタインはまだ日本式らしく夫は何もしてくれ [続きを読む]
  • アメリカの喫煙事情〜非喫煙者天国アメリカ。
  • オリンピックに向けて、飲食店は一部例外を除き原則禁煙とする〜そんな法案が検討されているようですね。www.asahi.comアメリカに移住して3年になりますが、こちらで暮らしていて良いことのひとつといえば、タバコの煙や匂いで嫌な思いをすることがないということです。アメリカといっても、州によって法律が異なるので私が住んでいる州の話になりますが、全てのpublic placesで喫煙が禁止されています。他の州でも同じようなと [続きを読む]
  • 30代共働き夫婦の家計簿〜70万円支出の内訳。
  • 前回のレビューでは合計支出40万円くらいにおさえてまわしたいなんて言っていたくせに、1月のレビューをした結果支出が70万円近かったという我が家‥。一体どうなってるんでしょうか、誰か教えてください。↓前回レビュー 。家計レビューの方針はこちらに書いています。notefromus.hatenablog.com大きめのイレギュラー支出が混ざりすぎて比較が分かりづらかったので、金額の大きい特別費を別カテゴリーに仕分けました。今回 [続きを読む]
  • 彼氏には文系、夫には理系を選んだ私の結婚生活。
  • 選んだというか、たまたまそうなったという結果論ですが、夫を除いてこれまで付き合った彼氏はほぼ文系でした。なぜって自分がどっぷり文系の環境にいたので(文学部→ファイナンス関連)周りにもそういう人が多かったのです。ところが20代半ばで転職した会社でエンジニアをしていた夫に出会い、結婚に至りました。そんな私ですが、先日理系な人と結婚してよかった〜と思うことがありました。2年ほど愛用している超高性能ド [続きを読む]
  • 会社に振り回されない。「働き方改革」を考えてみた〜アメリカで働く私の場合
  • 突然ですが先日昇進しました!昇進といっても何か役職に就いたわけでも、部下ができたわけでもないのですが、私の会社では全世界の全社員にGradeが付されており、いわゆる平社員でも色んなグレードの人がいます。そのグレードが上がるとpromotion (昇進)ということになります。国によってちょっとベースが違ったりもするのですが(日本は修士卒でもGrade 3からスタートさせられたり、PhDもアメリカより軽んじられている模様)、ア [続きを読む]
  • 学歴年収と幸せとの相関性について考えてみた
  • なにが幸せかなんて分からないよな〜という出来事がありました。私と夫は、現在はアメリカに住んでいるものの2人とも日本の大学もしくは大学院を出ていて、日本では高学歴と呼ばれる属性だと思います。アメリカで共働きをしている我が家の世帯年収は、とんでもなくいいとは言えませんが年齢の割にはまぁまぁだと思います。一方で私には東京近県に住むいとこ(27歳)がいます。3人きょうだいの真ん中で、彼女以外の2人(兄と妹 [続きを読む]
  • 家族のいない年末年始の過ごし方〜アメリカでお正月を楽しむ。
  • 夫と娘以外、アメリカに家族がいない私たち。海外に住んでいるとそういう状況の方は多いと思います。私の周囲も同様で、アメリカ人と国際結婚しているケースを除き、一族で集まるようなイベントの時でも夫婦と子どもだけ、という家族が多いです。親族集まってみんなでワイワイできないのはさみしくもありますが、逆に年末年始であっても「実家・義実家、その他親戚まわりをしなくては‥!」というプレッシャーは一切ないわけです [続きを読む]