Yoshiko さん プロフィール

  •  
Yoshikoさん: グローバルマインドで不登校を軽やかに♪
ハンドル名Yoshiko さん
ブログタイトルグローバルマインドで不登校を軽やかに♪
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/step-nature/
サイト紹介文不登校対応有の英語講師です。部屋にいても国際交流可能な時代。常識を見直して絶望を希望に転換!
自由文英語の苦手意識も不登校も「日本」の画一化した社会で選ぶことを知らないことの弊害。生きずらかったら出ればいい、合うものを創ればいい!自分を責めて苦しむ子どもが少しでも減りますように…願いを込めて情報発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供294回 / 365日(平均5.6回/週) - 参加 2016/08/05 16:25

Yoshiko さんのブログ記事

  • 「違う」を楽しもう
  • 「違う」を楽しもう!みんな違うってことは大前提なのにどこかで「同じ」「みんな一緒」を探してしまう。 正しい枠を探そうするから、疲れちゃう。 私も散々自分に合った枠を探りながら生きて来ました。 この場面ではどの枠かな?って、脳内検索して。 変に空気を察知しすぎるしぴったりのものを探そうとして見つからなくて混乱…。 これかな?と思って行動して失敗し じゃあ、これ?って思ってやってみるけど変化なし。 不登校 [続きを読む]
  • 新しい学び方、もっと普及してほしいです
  • 昨日お会いした方は、とても先進的な学び方をしていると聞きました。 自宅でZOOMを通して学校の授業を受けているとのこと。 とある不登校特区の学校の取り組みです。 細かくお話を聞いていて「これがもっと普及したらよいのに。」と思わずにはいられませんでした。 そこには様々な工夫があってため息が出るほどでした。 でも学校さえ許可すれば少しのステップでそれは可能になることでした。 例えばZOOMを繋ぐ。そして教室にアイ [続きを読む]
  • 子どもの笑顔が答えです。
  • 栃木県 2人の女の子のお母様より相談のご感想をいただきました。 海外からご帰国なさり、周りの子どもたちの様子に違和感を感じたというお子様の言葉をまずはじめに紹介させていただきます。 どうして日本の学校は先生だけがひとつの答えを持っているの? 〇とか×が決まっているのは嫌だな。 今までいた国では自分の意見を出し合いながらみんなで答えを考えていくんだよ。 宿題を忘れると怒る先生。叩き合ったりするお友達とい [続きを読む]
  • 不登校理解セミナー5月のご案内:「信頼できる専門家の探し方」
  • 不登校理解セミナーのご案内です。イクミナルというのは、私が代表をしている団体です。 開催前にアンケートを取りそれを反映してテーマを決めています。とても好評のセミナーです。是非ともこの機会に聞いていただきたいです。 今月のテーマは「信頼できる専門家の探し方」この内容は、興味を持たれる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。登校を巡って、本来、心の拠りどころにしたいはずの学校、先生、カウンセラーさん [続きを読む]
  • あした「こそ」いくから
  • 昨日はうちの子体調不良で学校をお休みしました。 そしたら夜になって「明日こそ行くから。」 と言ってきたので「なぜ 明日こそなの?」 ってきいたら「あ、そっか」って。 学校に行かないことの罪悪感はまだあるんでしょうか。 なんとなく聞いてみました。 学校行かなかったことについてどう思ってる?って。 そしたら「へぇ〜〜〜〜〜」って思う答えでした。 詳細はまた明日。 明日こそとか引きこもりとか 少し平仮名が多め [続きを読む]
  • お母さん
  • 以下の動画を昨日ご紹介しました。 実験的に仕事を作り就職面接をした動画です。 24時間365日稼働いつでも出動可能現場総監督立ちっぱなし休憩時間なし法的に問題なし?医学、金融、栄養学に詳しいホリデーは仕事が増える同僚を助けることはそれはお金に換算されません そんな風に言われたらそんな仕事無理〜〜って思いますよね。 でも地球上に数十億いるのですって! その仕事とはいったい・・・??? はい。それは 「お母さん [続きを読む]
  • スーパーハードな仕事
  • こちらの動画ご覧ください。 実験的にある仕事の就職面接をした動画です。 こちらからご覧ください。 ご覧になられましたか? 答えはやはり・・・・・でしたね。 続きはまた明日書きたいと思います。 不登校について子どもに合った学び方について 【メール相談】を無料でお受けしております。 (2018年5月末まで先着10名様  → 残り1名様です。)*メールのやりとりは3往復くらいです。*3往復くらいで皆さん、気持ちの整 [続きを読む]
  • お風呂入ること・歯を磨くことはなぜ大事なのか
  • お風呂にはいらない。歯も磨かない。 それすらできないくらいエネルギーが落ちてしまっているということだと思うのですが なぜ、そんなに歯を磨かせたいのか。風呂に入らせたいのか。 そこを考えてみてもしっかりとした答えが見つからない。そんなものですよね。 説得力に欠ける自分を「あ〜あ」って思ったり。 だって臭くなっちゃうじゃん。不潔になるじゃん。 とはいうもののしばらくお風呂に入いらなかったり歯を磨かなくても [続きを読む]
  • 過去の自分にお手紙書きませんか?
  • 何かを達成しようと走っている方と話していると私の脳も一緒に走りだします。 体は動かしてないけど、走ってます。(笑) 今日思ったのは、不登校の追跡リサーチ・・・・。いやそれは大変かなぁ。 じゃあ、タイムカプセル?読みたくないかな。 じゃあ、逆タイムカプセルはどうですか? 書ける状態のお母さんが過去の私にお手紙を書くんです。 そんなに心配しなくても大丈夫。もう少ししたら変わるよ。ちゃんと伝わっているからね。 [続きを読む]
  • ご相談者さまからの声
  • さっそくご相談をお受けした方からご感想をいただいております。 『不登校についての相談先や通信制高校を調べる際に、どうしてもネットだけになってしまいます。ですが、ネット検索で上の方に出てくる情報はいつも同じで偏りがありました。私はラッキーなことに友人から紹介されて教えていただいたことで選択肢が増えたりあまり焦りすぎないように冷静になれて自分の考えを整理できました。 そこから間口も広がっていきそうで随 [続きを読む]
  • 学校に全てを求めない
  • 学校は、勉強も観てくれてコミュニティの場でもある。 子どもを育ててくれる総合基地。 そことピッタリあったらそれはそれで幸せ。 不登校になるとその責任が途端に親へと転換される。 たじろぐ理由は、そんな重圧もあるのでしょうね。(・・・と、自分を振り返り中) そうなった時にまた同じように「学校」という場所を探すのが手っ取り早いかもしれませんが 必要な役割をいくつか洗い出してみることで行き先が自然と決まって [続きを読む]
  • 親以外の大人との関わり
  • 親には本当のこととか本当の姿を見せにくかったりするものですよね。 思春期を過ぎ大人になってくればくるほど。 それだけ親のことを尊敬している証だと思うのです。 親に嫌われたくないですし。親に守ってもらっているのもわかってる。 だからこそ。 ちょっと突拍子のないことを言っていてもその言葉が出てくる大元の心理状態を想像してみてほしいです。 少し焦っていたり自己肯定感が下がっていたりしたらなんとかして自分を認 [続きを読む]
  • ラジオ番組でお話させていただきました。
  • 発信することは、これまでもしてきましたが、ラジオは緊張しました。 パーソナリティの川原さんから数か月前に声をかけていただいて その数か月間、彼はずっと私の記事とブログを読んでこの日に備えてくださいました。 その姿勢に感動してお話する時は絶対に川原さんと、と思っていたことがやっと実現しました。 お話するのは好きですが得意ではありません。 けれども、30分間で今伝えたいことをお話することができたと思ってい [続きを読む]
  • 「正しい不登校」になるまで
  • 正しい不登校ちょっとドキっとしますね。 その状態でいられないほどまでの心理的な負担それを背負わないために不登校理解セミナーを行っています。 不登校理解というタイトルでありながら自分らしく生きることについて考えさせてくれるセミナーです。 そのセミナーの感想の中で深く共感したもののひとつを紹介します。 「正しい不登校」 納得する事ばかりです。ただ、当事者になると、焦らない域に行くまでが、大変なのかと・・・・ [続きを読む]
  • 子どもに合った学び方「メール相談」を受付中です。
  • お子さまの通う学校や習いごとに関するお悩み相談を承ります。 お子さまのことで、こんなお悩みはありませんか? 学校に行くのを嫌がる学校の授業が面白くないという学校を休ませたいけれど、先生に来るように言われてしまう勉強が苦手で進学が心配友達と上手く付き合えなくて発達が心配ゲームばっかりしていて勉強をしない子どもが学校に行けなくなった子どもは学校に行きたがるのに、体調が不安定で行けない こんな時、親として [続きを読む]
  • なぜ学ぶのか
  • 「共に生きる社会」について勉強しています。 そこで、課題となった本を読んでいました。 2冊あって、どちらも教員の免許更新講習で使われている本のようでした。 これからの教育の在り方はこれからの社会の在り方だと読んでいて気づきました。 社会があっての教育であり教育あってこそ創られるより良い社会でもありますね。 そこで出てくるキーワードに「多様性」「異文化」という言葉があります。 多様性とか異文化って自分から [続きを読む]
  • プロジェクト学習の大切さ
  • この春から我が子は通信制高校に入学しました。 そこで、始まるのがプロジェクト学習です。 「成果物」というものを出します。 その書き方の案内冊子があるのですが大学のレポートみたいなんです。 調べてみたいことをインターネット等で検索したり本を読みながらまとめていくのです。 原点は「問い」です。これって、なぜこんな形?どこからきたの? などの素朴な疑問が学びの原点です。 でも、その素朴な疑問はどのように扱われ [続きを読む]
  • 「正しい不登校」って?
  • 毎月1回の不登校理解セミナーが今月からスタートします。 お話くださるのは、不登校の中学生や高校生の勉強や生活面のサポートを20年以上もなさってきた先生です。 現在は、星槎大学院の准教授をなさっている岩澤一美先生が不登校に関するデータと共に偏見のない捉え方をお話くださいます。 岩澤先生のお話は整理され切っていて明解なので本当に分かりやすく心にずっしりと響きます。 すぐに使える言葉や知恵をたくさん受け取るこ [続きを読む]
  • 「学校に行ってる」ってどういうこと?
  • 人ってどうしても考え方の癖があります。 ひとつの言葉に対するイメージが固定化しているのです。 学校に行く  = 当たり前学校に行ってる  = 授業受けている こんな感じに。 ちゃんと授業受けていなくても保健室登校でも行ってることには変わりない。 そもそも「ちゃんと」ってどんなこと言うのか定義がない。 一日に1時間だけ行く一週間に一回だけ行く これでもいいのでは? 最近私の周りには「学校を利用する」という [続きを読む]
  • 生徒さんからの声:紹介動画を英語で作ってみました!
  • 生徒さんのKumikoさんが私のレッスンのことを紹介してくださいました。 発音はイマイチなんて言っていますが感覚が素晴らしく一回言うと全てを吸収してしまう方です。 彼女の歌うAmazing Graceはしびれます・・・ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ zoomで英語を学んでいます?治療をしながらなので、治療スケジュールに合わせて、体調に配慮しながら自宅でレッスン出来るのは、とっても有り難くて?? 典型的な英語アレ [続きを読む]
  • 子どもに合った学び方の相談をお受けします。
  • 新学期が始まってしばらく経ちましたお子様方のご様子はいかがでしょうか? 新学期は変化の大きい時なので嬉しいこと、心配なことなど気持ちをよぎることもたくさんあると思います。 子どものことで何かあると、気付いたらそのことばかり考えていたりして・・・気がかりな時間はエンドレスです。 たった1時間で心軽やかになれますよ。是非、感情の整理整頓をお手伝いさせてくださいね こちらから相談メニューをご覧ください。 [続きを読む]
  • オンラインの探求学習がイイ!
  • 昨日もまた、YES Homeschool x PROにお邪魔してきました。 先生方のおっしゃることが、一歩先の世界をみてらっしゃるのでお話していて気持ちが良くてたまりません。 今回一緒にいった友人はどっぷりお話をしていて最後に絶対に他では聞けないアドバイスをいただいていました。 お顔の表情が変わられて私まで嬉しくなりました! また、そこで見せていただいたのがパソコンで学べる「Education City」と「tanQuest」 大人でも引き [続きを読む]
  • 不登校はプロフェッショナルの入り口
  • YES Homeschool ×PRO (東京都渋谷区)にお邪魔して来ました。秘密の屋根裏感覚の素晴らしいファシリティで物理学者の田森先生や竹内先生と奥様そして、ペーパークラフトや水彩画のちぃ先生のお話を伺うという何とも贅沢な時間を過ごさせていただきました。写真はあえて「ラボ感」を出してます(^^) パソコンならば組み立てからペーパークラフトはデザインからゲームならば作り手に…。 ここには興味をトコトン追求できる環境が [続きを読む]
  • たったの3か月でも変わる
  • ニュージーランドで頭の中で何かが起きて過去の清算スイッチが入ったのか 怖さが出てきたり日頃忘れている思い出が鮮明によみがえって来たりしています。 その中のひとつの話をしますね。 私は、小学校5年生の時に蓼科にある保養学園というところで3か月間寮生活をしていました。 当時、病弱だったという理由で。 朝早く起きてマラソンし食事当番もあって布団の畳み方から何からきちんとマナーを学んだことのない自分には新鮮で [続きを読む]