さくら さん プロフィール

  •  
さくらさん: 庄内の日本桜草栽培日誌
ハンドル名さくら さん
ブログタイトル庄内の日本桜草栽培日誌
ブログURLhttp://nihonsakurasou.n-da.jp/
サイト紹介文夏は地元で鮎釣りを楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供312回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2016/08/06 21:47

さくら さんのブログ記事

  • 酒田沖 ジギング
  • 11月28日は久し振りの快晴。沖は釣り船で大賑わい。朝が冷え込みましたが、お昼からはもう直ぐ12月とは思えない温かさで、腕まくりしてシャクってました。でも魚ッ気が無く、何処が釣れるという分けでもなく単発的にブリが釣れているという感じ。私はノーバイトの時間が続きましたが、肥えたブリを見せられて、モチベーションはマックス!どうやらジグを飛ばさないアクションが有効な感じだったので意識して操作していたら真鯛がヒ [続きを読む]
  • 今期終了 モクズガニ
  • ここ数日の雨で川の水位も上がり、今日は冷え込んで雪が降ったこともあり、今期のモクズガニ漁を終えたそうです。いつもならがざがざ動き回って威嚇してくるカニたちも、寒さで大人しく丸まってます。注意して見回っていても今期も2回モクズガニを盗まれたそうです。 [続きを読む]
  • ヤモリ
  • 家の周りを掃除していると、灯油を入れたドラム缶の上に、小さいヤモリを発見。この時期に、どうして冷たいドラム缶の上に居るのかねえ。凍えて動けない感じで容易に確保。手に乗せて写真をパチリ手の上で温まったからか、地面に下ろすと元気に駆けていきました。 [続きを読む]
  • マユハケ
  • 2017年10月24日「マユハケ」で紹介した鉢の花が満開になったようなので、受粉を助けるために指で触ったところ、花粉がふわふわっと沸き上がり、白かった花が黄色くなってしまいました。毎年開花しますが、花茎を苅られてしまったりしおれたりして、種子を採取したことがありません。今回は採取できたらいいなあ。 [続きを読む]
  • 晩秋の味覚 シメジ
  • 11月4〜5日と雨が降って気温が下がったので様子を見に行ったら、少しだけ生えていました。「香り松茸 味しめじ」と言われますが、庄内で松茸が採れないこともあり松茸の香りも味も知りませんが、こいつは香りも味も最高なんです。我が家でシメジといえばコレになります。美味しいのでお裾分けしているのですがその1人の方が先日「モダシをコンテナ一杯に採ってきた」と話してきました。時期的にちょっと早いし、モダシをコンテナ [続きを読む]
  • カマキリ
  • 強風で飛ばされてきたのか、我が家の狭い庭にカマキリが居た。9月下旬で産卵を終えた個体もいるというのに、この時期まで居ることに驚いた。今更相手も見つかるまいが、野原に放してあげた。2017年09月29日「カマキリの卵」 [続きを読む]
  • 鵜呑みにできない天気予報
  • 今年最後の3連休。天気予報では3日と5日が晴れて、中日の4日だけが崩れる予報だったけど、・・・波高がこんなに上がるとは。飛島へ渡るフェリーは4日から二日連続で欠航。飛島はおもしろい所ですが、遊ぶのも大変だ。台風21号の後の天気予報も今回と同じで大外れ。欠航が続いてあやうく3日間閉じ込められるところでした。 [続きを読む]
  • 秋の味覚 モクズガニ
  • モクズガニをまたいただいた。先日いただいたばかりので「どうしたの?」と尋ねたら「明日から町のイベントが開催される。今日はカニ泥棒が一番騒ぐ日だから、揚げてきた」とのこと。そろそろモクズガニの入りも悪くなり終盤かと思いきや、ポツポツ入るから「まだ大丈夫だ」とのこと。あと1〜2回は味わえそう。 [続きを読む]
  • コクチバス おいしく駆除 上田千曲高
  • 長野県を流れる千曲川で大繁殖したコクチバスを調理して美味しくいただくという記事が載っていた。信濃毎日新聞「コクチバス おいしく駆除 上田千曲高」冷水&流水性のコクチバスは、温かで穏やかな水域を好むブラックバスと違って美味だそうで、最上川でも大繁殖してしまったているので、今後こういう動きが出て来るでしょう。コクチバスが大繁殖した千曲川本線での鮎の放流事業は、コクチバスへの餌やりと化してしまっているの [続きを読む]
  • 飛島勝浦地区の珪化木
  • あづま荘と近所に置いて在った珪化木。飛島にはこれだけ珪化木がゴロゴロ在るのに本当に好きでやってる人たちではないとはいえパンフレットなどには一切記載が無いのは鈍感過ぎるでしょ。2017年10月19日「山形県緑自然課はアホばかり」2017年10月29日「飛島ジオパークって何だ?」今回食べることが出来なかったのが、飛島の干し柿。干し牡蠣ではなく干し柿。私は甘党ですが、キャラメルをチョコでコーティングしたスニッカーズが、 [続きを読む]
  • 飛島でタコ釣り
  • 午後にコマセを撒いてアジを釣って、釣ったアジを活かしておいて、それを餌に夜釣りでアオリイカ釣り。アオリイカ釣りに使ったアジは捨てずに持ち帰り、宿で冷凍保存してもらい、翌日の午前中にタコ釣りに使用。2013年10月31日「タコ捕り」では西側の海岸にたくさんいたので、水深があってアジも回遊してアオリイカも釣れる港内なら、大きいタコがたくさん生息しているだろうと期待したのですが、女将さんは「タコを釣る?」「どう [続きを読む]
  • アオリイカ釣りの仕掛け
  • 飛島でのアオリイカ釣りにはヤエンも準備したのですが、アタリが全然少なかったのでウキ釣りだけで行ないました。それなりに反応が有ったら試したかったのが、ミヤエポック(Miya Epoch) イカハンターシリーズ 錨の又三郎。跳ね上げ式じゃないので跳ね上げ式に改造したり、そのまま足元で釣るのには良さそう。活アジを使ったアオリイカのウキ釣り仕掛けを使ってみた印象は下記の通り。・ウキはフカセ釣りの細い電気ウキは2箇所で灯 [続きを読む]
  • 飛島でアオリイカ釣り
  • 伊勢湾台風並みの勢力を有する台風21号が通過した後は、高気圧に被われ、気温も高めで暖かな好天が続く♪という天気予報を信じて飛島へ行ってきました。今回の目的はズバリ「アオリイカの餌釣り!」2013年に飛島に滞在した時、私はエギングを楽しむつもりでしたが、同行者が釣り経験0だったため、彼のために私はハリミツの「アオリイカのウキ釣り仕掛け」を準備しました。サビキでアジを釣り、活きたアジを餌にアオリイカを釣るウ [続きを読む]
  • 木の化石 珪化木
  • 『温海温泉の珪化木』に書いた『○○地区の○○』にある珪化木。大木の根に抑えられているのが珪化木。&以前見つけて流失しないよう川岸へ放っておいた珪化木。↓2012年03月20日「木の化石 珪化木」で紹介した珪化木。持とうと思えば持てそうだけど、挑戦すると腰を痛めそうな微妙な重さ。流されそうになったので岸に移動したけど、逆に落葉で埋まりそうですね。(^^; [続きを読む]
  • 温海温泉の珪化木
  • 旧温海町のと或る集落に、直径15cm前後で高さ1mほどの真っ黒い珪化木が在る。最初は『妙に細い門柱だな』と思ったが、車で通り過ぎた時に珪化木だと気付いた。その時は狭い集落の道であることと、なにせ家の前であるので、写真を撮ることもなく通り過ぎてしまった。先日、再びその前を通ったのだが、それは無くなっていた。やはりあの時立ち寄っていれば良かったと後悔した。残念。代わりに在ったのが下記の太い珪化木。見事である [続きを読む]
  • シメジ
  • 我が家でシメジと言えばコレになります。いつもは11月上旬なのですが、様子を見入ったら生えていたとのこと。賞味期限ギリギリという状況ですが、初物なので採ってきてました。台風22号が通過して冷え込んだから、生えてきそうな予感。2016年11月05日「シメジ」 [続きを読む]
  • 飛島ジオパークって何だ?
  • 飛島フェリーターミナルに新しいパンフレットがあったので貰ってきました。鳥海山・飛島ジオパークと書いてあったので興味津々期待したのですが、中味は単なる観光案内でガッカリです。そもそもジオパークの概念がどうなっているのかと調べてみたら、NPO法人 日本ジオパークネットワーク という如何わしい組織があり、何のことはない『地域振興』が目的なだけで、つまりクリーンツーリズム優先誘致エリアというだけのこと。くだら [続きを読む]