ゆりパパ さん プロフィール

  •  
ゆりパパさん: 自閉症をあきらめない〜2歳半からABA
ハンドル名ゆりパパ さん
ブログタイトル自閉症をあきらめない〜2歳半からABA
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/natsu260115/
サイト紹介文2歳半で自閉症(言語DQ40)と診断。つみきの会でABAを始めてDQ89に!普通に幼稚園行ってます!
自由文次男が2歳半で自閉症(知的障害あり)と診断されました。即座に、ABA療育法を開始。驚くほどの成長を見せてくれています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供149回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2016/08/07 16:21

ゆりパパ さんのブログ記事

  • 1年越しのGロッソ
  • GW中の話ですが、1年ぶりに後楽園ゆうえんちのGロッソ(ヒーローショー)に次男を連れて行きました。ちょうど1年前のGW、Gロッソに連れて来たものの、癇癪を起こして入れず、1000人くらいいる子供の中で、こんなのうちだけだよ…と打ちひしがれたものですが、今回は案の定、全く問題なく入場し、ルパンレンジャー&パトレンジャーを堪能しました今や、癇癪や場所見知りなどは全く消失した次男。切り替えも非常に良い。本当 [続きを読む]
  • 年中の壁
  • 年中の壁、なんて聞いたことありませんが(小1の壁なら聞いたことあるけど、それはまた違った意味ですよね)次男くん、年中の壁にぶち当たっています。先日、妻が授業参観に参加して、やはりそれを目の当たりにしたそうです。特に顕著になるのが工作。年中ともなると、先生の指示はこういう感じだそうです。「はい、紙を折って、折り目を切って下さい」別に我々が聞くと、なんでもない簡単な指示に感じますが、ここには「ハサミ [続きを読む]
  • 遅れ感の正体
  • 言葉の遅れについては、言語聴覚士さんに診てもらって、割と楽観的なコメントをもらっているので、ここ半年くらいは、すっかり安心してきた私ですが、妻はずーっと、ずーっと、「遅れている」「安心しないほうが良い」と言い続けていました。私は、今ひとつピンときていなかったのですが、先日リタリコで「ものを1つずつの概念でしか捉えられない傾向がある」というようなことを言われました例えば、赤い色鉛筆があったとします [続きを読む]
  • セーフティネットとは何か
  • 今日、社会的弱者への支援についての文献を読んでいましたら、ある有識者の方の、こんなご意見にグッときました。(自分なりに要約)○社会的弱者のためにセーフティネットが必要であるとされるが、セーフティネットというのは元々、サーカス用語である。○サーカスのセーフティネット(安全網)は、挑戦と安心が一体的になって成り立っているものであり、困難だけど、そこから一歩チャレンジしようとする人のためにあるのだ。○ [続きを読む]
  • 1UPを感じられた出来事
  • さっき、ばあばの家に我が家の愛犬を連れて言ったのですが、その時に次男が、ほんの短い距離ですけど、リードを持って、ばあばの家に、愛犬と2人で入っていったんです。それをみて、あっ!と思って、帰ってきてから、次男を連れて愛犬の散歩に行きました。もちろんリードを持つのは次男です。なるべく人や車が通らない道を選んで、近くの広場まで散歩に行きました。今まで、こういう発想はなかったなあ、と思って、すごく新鮮で [続きを読む]
  • 就労について考える(早っ)
  • 知的DQが80台から抜け切らない次男くん。私は「いつか追いつくんじゃ」と楽観的だったのですが、妻はずっとこのままではないかと、比較的、悲観的なんです。私はピンとこないのですが、それは普段濃厚に接している、母親としてのカンのようなものだとも思います。最近、異動した仕事柄もあって、色んな困難を抱える方にどのような支援があるのかということに興味を持ち始めた私です。(今までも興味あったけど、自分の息子の [続きを読む]
  • 追いつけども追いつけども
  • 先日、幼稚園の先生の家庭訪問があったそうでして、妻から先生に、次男の問題点を聞いたところ、やはり「指示の通り方に少々困難がある」との指摘がありました。特に顕著にそれがあらわれるのは「工作」の時で、口頭だけの指示だけでは「?」というところが見受けられるので、個別に声掛けをしてくれてるそうです。「ただそれは次男くんだけではないですけどね」というフォローはしていただいたようですが、年中さんになるとどん [続きを読む]
  • そうかなあ!?
  • 前記事を書いたら、「心配しすぎじゃないですか!?」というコメントをいただきましたおっしゃる通り、言われてみればそうかなーって気もしたので、少し自分たちの状況を客観的に省みて見ましたが。。。2歳ちょっとで「半年遅れです」って言われて、やっぱりそれってなかなかの遅れだと思うんですが…次男が診断されていて、トラウマになってる部分を差し引いても…基準は人それぞれだと思いますが、我が家の基準ではこの状態で [続きを読む]
  • 三男の言語の検査
  • 2歳5ヶ月の三男ですが、先日、医療センターで言語聴覚士さんの検査を受けてきました。ほぼ発達検査と同じようなことをやるんですが、その中で言語の状況を把握していくようです。結果はおおむね2歳ちょっと前くらいの言語発達具合のとことでした。つまり、約半年遅れってことですね発達指数に換算したら、80(23÷29)ってことになりますが、意外と高いなあっというのが正直な感想。前から思ってましたが。この医療セン [続きを読む]
  • 年中進級!
  • 4歳3ヶ月の次男くん。無事、年中に進級しましたが、小規模幼稚園のため、クラス替えもなく、先生も変わらず…全く安定の幼稚園生活ですが、無い物ねだりで、少しくらい変化を経験した方が良いのかなあ、と思ったりもします。小学校入学でドカンと環境の変化があるわけですが、その壁を超えられるかは、神のみぞ知るです…環境の変化といえば、体操教室が始まりましたが、かなり楽しんでるようですオベンキョと違って、他の子と [続きを読む]
  • 受給者証、取得!
  • 早速、妻に役所に行ってもらい、受給者証の手続きをしてもらいました。事前の説明では、ケースワーカーと面談の上、取得できるようになっていました。そしたら妻から報告があり、ケースワーカーに「診断が出ないと取得できません。今度病院に行くとのことですから、その結果を見てからにしましょう。」と言われたとのこと。私は ナヌッ!? っとなり、速攻で区役所に電話。だって、事前に、事務の方2人から、診断がなくても取得 [続きを読む]
  • 意外な展開
  • もうすぐ2歳5ヶ月の三男くん。意外な展開で、リタリコに週2回、通うことになりましたこれまで、発語が遅いけど、「次男より○○ができる」「次男より△△が上手」というところに着目し、ABAをゆるくやりつつも、そこまで真剣に悩んでこなかったところがありますが、あれよあれよという間に、次男が療育を始めた月齢に近づいてしまいましたとにかく、発語が足りない!!最近、ようやく音声模倣でのオウム返しが上手くなって [続きを読む]
  • オベンキョ熱が高いうちに
  • 最近、次男くんはお勉強にハマってるようで、自ら率先して「おべんきょうしたい」と言ってきます勉強後のアイパッドが超強力なニンジンになってるだけという説もありますが…いずれにしても、チャンス到来、とばかりに今週、色々テキスト買ってきまして、やらせてみましたが…これはまだ難しかったようです…続いてコレこれは、最初の方は比較的平易。同じではないんだけど、関連した絵同士を結びつける、という課題が主なもので [続きを読む]
  • 算数の土台作り
  • 幼児教室で、数を分ける取り組みをやっています五本指を出して、1本と4本に指を分け、「5が、4と1に分かれたね」みたいな感じで取り組んでいたので、家でも派生して、一本指と一本指を出して、「合わせていくつ?」「に!」みたいな感じで、足し算の基礎になるようなことを始めましたこれまで、数字を覚えるだけで大変だったけど、いざ覚え始めると、急にグンと、出来ることの幅が広がるんだなあってのが率直な感想です。特 [続きを読む]
  • ひらがな備忘録
  • 公文のテキストを使いつつ、ひらがなの読みを徐々に獲得しつつある次男くん☆現状をテストして整理してみましたので、備忘録として☆(読めるひらがな)あい えおかきく し せそ ちつてな の へま めもら れ以上、21文字!書きも頑張りたいです [続きを読む]
  • 今日は「そ」の日
  • 今日のオベンキョは、「そ」こうやってなぞるのはできるのですが、白紙になると、てんでダメなのは不思議ですが、、少なくともなぞり書きをすることによって、読むことのマスターにはなるようですこれで、くもんの「はじめてのひらがな①集」が終了し・つ・く・へ・の・て・ひ・ろ・る・その読みをマスターしました。はじめてのひらがな②集はすでに入手してあって、パラパラみてるのですが、実は②集まで終わっても、50音は行 [続きを読む]
  • 更新ないのは良い知らせ!?
  • すっかりブログから遠ざかっておりましたが、「便りのないのは良い便り」というように、落ち着きつつも、特筆することもない日々。あえてポジティブなことを言うなら、次男の数唱が20くらいまで伸びつつあることと、数字の2をやっとこさ書けるようになったこと。公文のドリルを地道にやってます。やっぱりまだ通わなくて正解です。今はこれで充分。三男に関しては、音声指示が進み、あたま、おなか、足、パチパチ、はーい、い [続きを読む]
  • ボロボロの発達検査
  • 4歳1ヶ月。10ヶ月ぶりの発達検査を受けてきました。まずは過去の実績と、今回の結果から。初回(2歳6ヶ月時)姿勢・運動 80認知・適応 70言語・社会 40全領域 66前回(3歳2ヶ月時)姿勢・運動 100(年齢相応)認知・適応 78(2歳6ヶ月相当)言語・社会 89(2歳10ヶ月相当)全領域 84(2歳8ヶ月相当)今回(4歳1ヶ月時)姿勢・運動 75(3歳1ヶ月相当)認知・適応 [続きを読む]
  • 4歳1ヶ月!心配はキリがない
  • 最初、幼稚園のプレでの落ち着きのない様子をキッカケにADHDを疑い、受診したら、医師からは「典型的なシングルフォーカス」と言われ、発語の遅れと相まって、2歳6ヶ月で自閉症との診断をもらったわけですけど、4歳1ヶ月の今、私たち素人目ですが、ADHDも、シングルフォーカスも、知的の遅れも無い(無くなった)のではないか、というような気がしてます。てか、今や、三兄弟の中で一番扱いやすいのですが(天使の4 [続きを読む]
  • 来年度の予定
  • 来年度の次男の予定が、だいたい固まりました。月曜日 午後 リタリコ 土曜日 午前 幼児教室日曜日 午前 体操教室これだけ切り取るとアッサリしたように見えますが、実際は三兄弟のそれぞれの予定や、学校の役員の予定などを考慮して、まるで難しいパズルのピースをはめ込むように苦心した結果です。三兄弟含めて、来年度のキーワードは安近短です(笑)なるべく質を落とさず、なおかつ長距離移動を排し、月謝も安く済ま [続きを読む]
  • 求めていたものを見つけた!
  • 3箇所目の体操教室見学。今まではスポーツクラブ系でしたが、今回は少し本格派っぽいトコロ。たくさんの子たちが参加してるのですが、広い体育館に、5グループぐらいで分かれ、レベルに応じた指導をしてもらえます。スポーツクラブ系はみんな一緒くただったので、始まった瞬間に、これは良いと思いました。あー、上手くなるとあんなことができるんだー、ということが明確に分かり、やる気度アップやったことは、準備体操と、ラ [続きを読む]
  • 今度は長男に…
  • 発達に関係ない記事につきご容赦ください昨日は、22時ちょっと前に帰ったらチビたちは当然寝ており、残念ながらABAセラピーができませんでした(昼間、妻がやってくれましたが)10歳の長男が勉強してたので、見てみると、塾の宿題の読書感想文を書いておりました。作文が超絶苦手な長男君。今回の読書感想文の課題は「エジソン」なのですが、「エジソンは色々な発明をしてすごいと思いました」みたいなことを5行くらい書 [続きを読む]
  • 受容的命名
  • 昨日も21時頃に帰れまして、三男が起きてたものですから、早速ABAセラピーを敢行。妻が昼間、受容的命名をやり、手応えがあったというもんですから、野菜のおもちゃや、カードを使って色々試してみました。にんじん、バナナ、トマト、りんご、飛行機、パトカー、などなど、意外と分かってることに驚きこれまで、絵本などの指先ができてなかったのですが、カードを使って、余分な情報を排除し、課題をシンプルにすることで、 [続きを読む]
  • ABAセラピーの必要性を再認識
  • なかなか成長の壁を破りきれない、2歳3ヶ月の三男くん。昨日、新しく通う幼児教室の1回目があり、妻の報告によれば、周りの子はおしゃべりも上手で、正直辛かったとのこと。それを聞いて、私の心にもやっと火がつき、キッチリとABAセラピーをやろうと心に決めたのでした。これまでも、チョイチョイとはやってましたが、遊びみたいなもの。そうではなくて、次男の時のように体系的にキチンとやろうと思ってます。22時頃に [続きを読む]