ericaohara さん プロフィール

  •  
ericaoharaさん: おばけやしきブログ
ハンドル名ericaohara さん
ブログタイトルおばけやしきブログ
ブログURLhttp://obakeyashikiblog.blogspot.jp/
サイト紹介文おばけもゾンビも大嫌いだけど、 エンタメとして、お化け屋敷がだいすき。 お化け屋敷は芸術!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2016/08/07 21:39

ericaohara さんのブログ記事

  • 東京・東京タワー:東京タワーの赤い鎖 怨念の地下屋敷
  • 2016年に「感視カメラ」という最高のお化け屋敷を展開し、翌2017年に「届いた棺」という微妙なお化け屋敷を展開した東京タワー。その後もたくさんのお化け屋敷に行ったけれど、本当に2016年の「感視カメラ」は最高だったし、叶うならばもう一度入りたい。そんな東京タワーの2018年は「怨念の地下屋敷」という、侍の霊をモチーフとした和風なお化け屋敷。先に言っておきますが、2017年よりもさらに微妙でしたあ!まずは、ストーリー [続きを読む]
  • 千葉・館山:館山恐怖倶楽部 臨怪荘
  • お化け屋敷プロデューサー・五味弘文さんのお化け屋敷を色々行っているわたしが、五味さんの最高峰と崇めるお化け屋敷がこの「館山恐怖倶楽部 臨怪荘」。もう本当にすごい!まずは、ストーリーの紹介です。時は戦国時代、武家が乱立する安房の国(南房総)では、里見氏が勢力を伸ばし、海を隔てた北条氏との戦いを繰り広げていた。そんなある日、傷だらけの武士が館山の海岸に流れ着く。武士は村人から手厚く保護を受けたが、反勢 [続きを読む]
  • 東京・方南町:畏怖咽び家 第三章「畏怖咽び家」
  • クリア済みの第一章「畏怖との遭遇」と第二章「救出」のレビューはこちらに。東京・方南町:畏怖咽び家 第一章「畏怖との遭遇」http://obakeyashikiblog.blogspot.com/2018/08/blog-post.html東京・方南町:畏怖咽び家 第二章「救出」http://obakeyashikiblog.blogspot.com/2018/08/blog-post_9.htmlまずは、ストーリーの紹介を。ちなみに、第三章は第二章の同日という設定です。私は殺人鬼に捕まり閉じ込められてしまった。硬く [続きを読む]
  • 東京・方南町:畏怖咽び家 第二章「救出」
  • クリア済みの第一章「畏怖との遭遇」のレビューはこちらに。東京・方南町:畏怖咽び家 第一章「畏怖との遭遇」http://obakeyashikiblog.blogspot.com/2018/08/blog-post.htmlまずは、ストーリーの紹介です。あの悪夢の様な出来事から数日が経過した。鮮明な記憶のせいで、あたかも昨日の事の様に感じる。確かに胸に突きつけられた包丁の感覚。決して悪夢なんかでは無い、リアルな 今まで経験した事の無い出来事の数々。あれ以降、 [続きを読む]
  • 東京・方南町:畏怖咽び家 第一章「畏怖との遭遇」
  • 一軒家がまるごとお化け屋敷に!ということで、去年から各メディアに引っぱりだこの方南町のお化け屋敷「畏怖咽び家」。現時点(2018年8月)では第三章まで公開済みで、予約時点で章を決めるとその章がプレイできるようになります。ちなみに、お化け屋敷、という建て付けですが、第三章までは殺人鬼のため、いわゆる幽霊の類ではありません。第三章まで、と書いたのは、先は分からないからです!どうなるんだろう……。ストーリー [続きを読む]
  • 東京・銀座:冨安由真展「くりかえしみるゆめ」
  • 資生堂ギャラリーにて開催していた「くりかえしみるゆめ」。お化け屋敷、とカウントしていいかどうかは分からないけれど、お化け屋敷のようなインスタレーションとしてSNSで話題となり、「お化け屋敷」としてはありえないほど連日列をなしていた。わたしが行ったときも40分待ちくらいで、見せ方や伝え方がちがうだけでこうも人が集まるのかと驚いた。ストーリーは、多分無かった(と思う)ので、今回は省略。中は、たくさんの部屋 [続きを読む]
  • 東京・方南町:最恐コン
  • 今さらすぎて震えていますが、今回は、8月19日に行われたオバケンプロデュースの「最恐コン」についてです!定員は男女16名ずつ、一般的な街コンと同じく、男性の割合の方が少しだけ多かったかな。料金が女性3980円、男性7980円だったので、本当にオバケンやホラーが好きな人が集まっていた印象です。グループ分けをした上で順番に体験をしていくので待ち時間が長いものの、お化け屋敷のような体験ができることと、サラダ、プレッ [続きを読む]
  • 大阪・USJ:THE EXORCIST〜悪魔祓いの館〜
  • さて、2017年のハロウィンがはじまっているのにも関わらず、まさかの2016年のレビューです。ほら、「THE EXORCIST〜悪魔祓いの館〜」は2017年も一緒ですし!許してください!土下座しながら、まずはストーリーからご紹介です。12歳の少女リーガンは誕生日の直後から奇怪な行動をとるようになる。不審に思った母親が病院に連れていくが特に異常はみられない。次々とエスカレートしていくリーガンの異常な行動、、、。精神科医による [続きを読む]
  • 東京・東京タワー:届いた棺
  • 夏は終わっちゃいましたが、まだまだ書けていないお化け屋敷があるので、ポツポツ書いていきます。実は、去年分から溜まっています。反省。来年には持ち越すことないように、年内に全て書き終えたいです。希望。今回は、去年めちゃくちゃ感動した、東京タワーのお化け屋敷。数日間すごいすごいと言っていたので、本当に今年も楽しみでした。ちなみに去年はこんな感じ。東京・東京タワー:感視カメラhttp://obakeyashikiblog.blogsp [続きを読む]
  • 東京・VR ZONE SHINJUKU:脱出病棟Ω
  • まだまだ発展途上なホラーVR。相性いいよね、と言われつつ、みんなまだまだ試行錯誤している感じ。そんな中、VR ZONE SHINJUKUというVR施設に出来た「脱出病棟Ω」に行ってきました!ストーリーは以下です。脱出病棟Ω目を覚ますと、車椅子に乗せられ身体を拘束されていた……あなた達は誰がどんな目的でこんなことをしたのかも分からないまま、廃病棟からの脱出を目指して闇の中を進み始める……これは、基本的に協力プレイが必須 [続きを読む]
  • 大阪・ひらかたパーク:呪い着ぐるみギギ(昼)
  • 滑り込みひらパーしてきました!昼公演と夜公演、どちらも行ってきたので、それぞれ分けてご紹介します。まずは、昼公演の「呪い着ぐるみギギ」から。夜は、真っ暗な園内を巡る特別公演なのですが、昼は、いわゆる普通のお化け屋敷。といっても、取り壊しになった「ファンタジーキャッスル」で使われていた人形をフルに使われていて、もうこれが感動レベルの素晴らしさ。レトロな人形たちはそれだけで怖いし、絶対に美術じゃ作れな [続きを読む]
  • 大阪・なんば:赤いおふだ 廃墟ビルからの脱出
  • 大阪でやっているホラー脱出ゲーム「赤いおふだ 廃墟ビルからの脱出」。わたしは、びっくりするほど頭が悪いので、とにかく脱出ゲームとの相性が悪いのですが、ホラーなので行って来ました。でも、クリア出来たし、めっちゃ楽しかった!まずは、ストーリーのご紹介です。「おふだのビル」と呼ばれる心霊スポットがあります。「そのビルには絶対に立ち入ってはならない」興味本位でビルに入った者には必ず何かの厄災が降りかかると [続きを読む]
  • 東京・八重洲地下街(東京):日本一小さいお化け屋敷
  • 東京駅の八重洲地下街に出来た、「ヤエチカ 超ホラーミュージアム」。普通の駅地下に、狂気のマッドサイエンティストの研究所を再現した「悪夢の地下研究所」、忙しい人でもたった1分で恐怖を味わえる「日本一小さいお化け屋敷」、VRホラー映像+ギミックチェアの体感ホラーアトラクション「VRオバケリア クリーピング・テラー」、ホラーグッズショップがあります。めっちゃ異質だった。で、「日本一小さいお化け屋敷」に入ったの [続きを読む]
  • 東京・ラクーア(後楽園):恐怖の首すじ理髪店
  • 今年もはじまりました、五味さんのホームの後楽園お化け屋敷!今回は、すごくめずらしい理髪店がテーマのお化け屋敷。今年のお化け屋敷はちょっと違うって聞いていたのですが、まず感動したのが、入り口!後楽園お化け屋敷っていつも割とシンプルな装飾なのですが、今回は理髪店の入り口をかなり忠実に再現していました。ストーリーは以下の通りです。理髪店の店頭で回る赤青白のサインポールは、動脈、静脈、包帯を表していると言 [続きを読む]
  • 東京・阿佐ヶ谷「シカバネ 偽りのアジサイ」
  • 去年、わたしが一番怖い思いをし、一番通いつめた(おかわり5回)阿佐ヶ谷にある「シカバネ」の新シリーズ「シカバネ 偽りのアジサイ」が公開されたので、行ってきました。今年はお代わり4回でクリアです!過去のシカバネシリーズについてのブログはこちらに。東京・阿佐ヶ谷:シカバネ〜恐怖のかくれんぼ〜http://obakeyashikiblog.blogspot.jp/2016/10/blog-post.html東京・阿佐ヶ谷:「シカバネ〜恐怖のかくれんぼ〜」のレポー [続きを読む]
  • 東京・方南町:オバケン シーズン4「迷図」 緑の夢
  • 6月23日から新シリーズ「畏怖 咽び家」がはじまるオバケン。振り返りとして、「迷図」の最後の夢である緑の夢のレビューです。クリア済みの「赤い夢」と「青い夢」のレビューはこちらに。東京・方南町:オバケン シーズン4「迷図」 赤い夢http://obakeyashikiblog.blogspot.jp/2016/08/blog-post.html東京・方南町:オバケン シーズン4「迷図」 青い夢http://obakeyashikiblog.blogspot.jp/2016/08/blog-post_13.html東京・方南 [続きを読む]
  • 東京・ジョイポリス:BIOHAZARD〜邪悪の館〜
  • すっかりご無沙汰していましたが、また今年もお化け屋敷の季節がやってきたので、また色々まわって、レビューしていきたいと思います!ジョイポリスにある「BIOHAZARD〜邪悪の館〜」は、「バイオハザード7 レジデント イービル」の世界観を体験できるお化け屋敷。ストーリーは、以下の通りです。その昔、人が次々と消えるという不可解な失踪事件が多発し、「得体の知れない何かがいる」など奇妙な噂が立ち、誰も近づかなくなってし [続きを読む]
  • 東京・新小岩:かわおば The final 呪人形のいざない
  • 民家を数日間だけお化け屋敷に改造して、無料で一般開放をしている「川島家お化け屋敷」通称「かわおば」に行ってきました。民家ってなんだろうと思っていたのですが、普通に川島さんの家でした。すごい笑った。玄関から入ったからね。普段は川島一家の住む家なので、めちゃくちゃ生活感がある。本棚の本のチョイスとか、トイレにあるカレンダーとか、家感すごい。ちなみに、準備期間とお化け屋敷期間、川島さんのお父さんお母さん [続きを読む]
  • 日本お化け屋敷サミット 2016
  • お化け屋敷ファンの、お化け屋敷ファンによる、お化け屋敷ファンのためのイベント「日本お化け屋敷サミット2016(https://maverick.goat.me/3roRAXoJ)」へ行ってきました。イベント内容に沿って概要を。「五味弘文プロデュースお化け屋敷の歩き方」 ばしけん(絶叫マガジンGyaaa!!!主宰)五味さんのお化け屋敷は部屋ごとの演出台本があり、それぞれの部屋に入ったお客さんの心の動きを全て事前に設定している。また、お客さんが [続きを読む]
  • 東京・池袋:呪いの水櫛
  • 池袋のサンシャイン水族館でやっているお化け屋敷。いつもはかわいい魚や動物たちでいっぱいの水族館が、夜間だけ特別に五味弘文さんプロデュースのお化け屋敷になるというもの。ホラー水族館ということでかなり注目され、連日超満員だったようです。ストーリーは、以下の通り。「浦」とは深い入り江のことで、潮が流れ集まるところです。そのため、浦には様々なものが流れてきます。けれど、そこに集まるのは"もの"だけではありま [続きを読む]
  • 大阪・USJ:トラウマ2〜最恐実験病棟〜
  • USJのホラー・メイズはそれぞれにホラーレベルが設定されていますが、その中で最も高いLv.10に設定されていて、R-15で、体験には誓約書の提出が必要とされているまさにUSJが誇る最恐のアトラクションが、この「トラウマ2〜最恐実験病棟〜」。ストーリーは公開されていないけれど、治験に協力することになるというもの。ネタバレは厳禁なので、書けそうなところだけ。病棟をモチーフとされている建物は、入った瞬間から異質な雰囲気 [続きを読む]
  • 東京・方南町:オバケン シーズン4「迷図」 黄色の夢
  • 迷図、終わっちゃいましたね。ラストステージである黒い夢まで挑戦したかったので、とても残念です…。でも、次回は不動産賃貸業をテーマとした?お化け屋敷を計画中とのことなので、次回こそは全クリしたいなあ。クリア済みの「赤い夢」と「青い夢」のレビューはこちらに。東京・方南町:オバケン シーズン4「迷図」 赤い夢http://obakeyashikiblog.blogspot.jp/2016/08/blog-post.html東京・方南町:オバケン シーズン4「迷図 [続きを読む]
  • 阿佐ヶ谷:シカバネ〜恐怖のかくれんぼ〜
  • 阿佐ヶ谷にある「シカバネ〜恐怖のかくれんぼ〜」に行ってきました!このおばけ屋敷を作ったのは、前に紹介したことのある方南町のお化け屋敷の制作者「オバケン」の弟子。オバケンもそうだったのですが、歩くだけの受動的お化け屋敷ではなく、ミッションを与えられてそれをクリアしていく能動的なお化け屋敷です。この「シカバネ〜恐怖のかくれんぼ〜」は、制作者がゲーム「SIREN」にインスパイアされて制作されたもので、まさに [続きを読む]