黒田ゆうき さん プロフィール

  •  
黒田ゆうきさん: 至高なる全て
ハンドル名黒田ゆうき さん
ブログタイトル至高なる全て
ブログURLhttps://sikounarusubete1210.muragon.com/
サイト紹介文永遠なるものを探して、太古の時代から、今世の流れの中で一体性を未来の懸け橋となる。
自由文現実では全体的も、光も影もどちらも、正気と狂気を持っていて、在るとするが統合取れていれば、「源、絆」、神とか、神々、天使、聖霊、霊的、霊性、在る「存在」が実在で、する「世界」は、投影されたホログラムの様で、本質的に目覚めてない行為、過ちなど、罪や「因果」業は夢だけど、長い、長い、壮大な目的の在る夢、神の我が家に何度も帰り、最後は「源・絆」へ帰る。私は、至高なる全てを思い出す。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/08/08 03:37

黒田ゆうき さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 至高なる全てを思い出す。
  • 至高なる全てを思い出す。 現実では全体的も、光も影もどちらも、正気と狂気を持っていて、在る「ビーイング」とする「ドゥーイング」が統合取れていれば、「源、絆」、神とか、神々、天使、聖霊、霊的、霊性、在る「存在」が実在で、する「世界」は、投影されたホログラムの様で、本質的に目覚めてない行為、過ちなど、罪や「因果」業は夢だけど、長い、長い、壮大な目的の在る夢、神の我が家に何度も帰り、最後は「源・絆」へ帰 [続きを読む]
  • 至高なる全てを思い出す。
  • 至高なる全てを思い出す。 現実では全体的も、光も影もどちらも、正気と狂気を持っていて、在る「ビーイング」とする「ドゥーイング」が統合取れていれば、「源、絆」、神とか、神々、天使、聖霊、霊的、霊性、在る「存在」が実在で、する「世界」は、投影されたホログラムの様で、本質的に目覚めてない行為、過ちなど、罪や「因果」業は夢だけど、長い、長い、壮大な目的の在る夢、神の我が家に何度も帰り、最後は「源・絆」へ帰 [続きを読む]
  • 数秘術を使い神秘体験の日記の解明。
  • 数秘術とエニアグラムをつかって神秘体験をした日記を 2016年1月5日を独自に解明 「2016年1月5日全部足すんだが、まずは今年2016年を見てみよう。」 2+0+1+6の一つの数字を分析し、最後に、全部足す。 「2」目的 0は「霊的、パラダイム」1は「創造的主体的責任など」 6「理想と受容、第3の目、松果体など第6のチャクラ。など」偽り6は自分本位さエゴは陰陽と同時に存在する。どちらを選ぶかは [続きを読む]
  • 私は神秘体験をしました。
  • 私は神秘体験「2016年1月5日」にしました。 そして、体外離脱しガイドに出会いました。 引用イエスが言った 「気をつけなさい。目を覚まし、注意していなさい。その定めの時がいつだか、あなたがたは知らないからです。」 真実を識別方法はあります。 私が独自に考えましたが、 身体のチャクラやら色々ベースにして、信憑性があり、その根拠は理由があり、ある場所が目覚めたからです。 話を戻し、私は神秘体験をしま [続きを読む]
  • 「イエス・キリスト」個人は≪愛≫純粋な意識に繋がった者。
  • 善悪の固定概念を超越して中立で分離のない全体性を統合したワンネス一体性が人格者。 覚者である「イエス・キリスト」個人は≪愛≫純粋な意識に繋がった者が、この世界に、本質的に「存在そのもの」≪真・善・美≫になり、神の世界で「大いなる自己」≪悟る≫ 平和は満たされた者が体験できると説き、喜びは完成された達成いされたときに出る気持である。 愛は恩恵がないと実現できません。 慈悲深さは、受容を忘れないことが [続きを読む]
  • ニサルガダッダマハラジは、「私は在る」と覚者となり、悟りました。
  • その深い講話対談は悟り系バイブルにふさわしいと評判です 。 アイ・アム・ザット 私は在る ニサルガダッタ・マハラジとの対話 アイ・アム・ザット 私は在る―ニサルガダッタ・マハラジとの対話 ナチュラルスピリット 本 マハラジは師匠に自分を徹底的に知りなさいと言われ、 本質 行動 に日常の日々の自身生活の在り方を見直行為を 実践しました。 日常で自己の内面を把握してその時代書物は限りがあり無いでしょう [続きを読む]
  • 神に目的はあるのか?存在や魂、価値に永遠の存続は与えられるのか。
  • 神に目的はあります! 神と同じく存在や魂、価値に永遠の存続は与えられるのか。 世界が目的の投影された影≪ホログラム≫幻想が非実在で神に望みはあります。 人類、個、生き物に価値があり、善悪問わないで尊厳を尊重する必要もある。 人道や博愛から外れた、ニヒリズム「虚無」自分本位、利己性 独善 優越はみんな意味はない、善悪を超えた中立で過ちや原罪、恐れ、罪、罪悪感etcは目的を持った幻想で非実在。 神は永 [続きを読む]
  • 老子は概念ない徳悦「とくえつ」した無思想でした。
  • 老子は概念ない徳悦した無思想でした。 しかしながら目的はありました。それが、行動で現れた結果、本質です。老子は水の流れるものや無為自然あるがままの森羅万象の原則である平和な秩序人類の個の価値をを大切に尊重しました。 アイデンティティーや個人が頼る目的である価値と希望という意欲が沸き書物 「道徳経」を書き上げ、老子はその書物を性的な暗号化し、普通の書物も真実です。 「源」は森羅万象、原則、秩序が在る [続きを読む]
  • 我々に良心「光」陽へと導くのです。
  • あめとむち「縦」のせいで権力者の言いなり。 日本もアメリカと同じ資本の偽りの金の権力、名家、企業、秘密結社、権威者が「横」平等をうたい文句に搾取し、別に資本を悪といっているのではない。 資本と民主、社会主義と全体性を持った国家にすれば良いのではないかと思う。 権威者は金や名誉やは望んでない。 人類を操作し大衆を味方づけ、国を操り、日本の阿部やアメリカの大統領候補ヒラリーは駒に過ぎません。二元的な宗 [続きを読む]
  • 初めの投稿でわくわくしています。自分の経歴から、話します。
  • 私 、 黒田悠揮 生まれは 埼玉県12 月 10 日生まれで、 父がいて 母が40「 私 」がで生まれた子であり、兄は5歳離れてる。私は生まれた時から何かしらな恐怖、恐れを抱いていた。 それは、虚無的な自分が死んでしまうんじゃないかという恐れと根拠のない独善的な自信、無感動さ、自分本位な欲求を満たす喜びである、良心も野心や情熱を抱いていたがそれははずかしいと感じていた。 過ちと罪悪感はつづくばかり [続きを読む]
  • 過去の記事 …