MIDORI さん プロフィール

  •  
MIDORIさん: 天界へ続く道
ハンドル名MIDORI さん
ブログタイトル天界へ続く道
ブログURLhttp://midorif7.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文日頃から高次の存在と会話をしている筆者が、高次からの伝言やスピリチュアルな出来事を記載します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供156回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2016/08/08 10:16

MIDORI さんのブログ記事

  • 東京・東京大神宮の神様からのメッセージ
  • 昨今では恋愛の成就の神様として有名な、東京都飯田橋駅近くの東京大神宮 へ行き、神様からのメッセージをいただきました。過去に数回参拝していますが、神様からお言葉をいただいたのは、今回が初めてです。2月にも一度参拝しましたが、用事で行ったせいか、そのときはほとんど神様の存在を感じることができませんでした。その頃はまだ、神様のお言葉をそれほど聞き取れない状態でもありました。東京大神宮の境内に入った瞬間、以 [続きを読む]
  • テレビの心霊番組の波動は、予想以上に低い
  • 昨晩NHKBSプレミアムで、心霊関係の番組を放送していました。あまり観ない方がいいかなと思ったものの、興味本位で途中から観てしまいました。決しておどろおどろしい内容ではなく、むしろ「幽霊なんていない!!」という内容だったのですが、ところどころで出てくる恐ろしい映像に、どよーんとした、そしてぞわぞわとした気分になります。観終わっても気分はどんよりしていて、部屋の気も何だか変で、体が重く感じます。観なけれ [続きを読む]
  • 千葉市・鹿嶋神社の神様からのメッセージ
  • 今年2月に初参拝してメッセージをいただいた鹿嶋神社(千葉市・若松町)に、近くへ行った際に立ち寄ってきました。前回の記事は、こちらです。そして、またメッセージをいただきましたので記載します。半年ぶり2度目の参拝で、鳥居周辺にカラスが3羽ほどいるのが見えました。長い参道を歩いても、あまり手入れをされていないようで、以前よりも寂れているように感じられます。他の参拝者は、最初から最後まで誰も来ませんでした。 [続きを読む]
  • 昨晩の守護霊の予言
  • 昨晩布団の中に入ったら、守護霊が声をかけてきました。「Jアラート…残念ながら、明日の朝弾道ミサイルが落ちます」─日本に衝突しますか?「日本を通過して、衝突しない」それから、「これで戦争が始まる」とも言ってきました。時々、こうした予言的なことを守護霊や神様が伝えてきますが、外れることも多いので、あまり信じ込みません。実際に9月1日の参拝時に氏神様が、9月7日に戦争的な何かが起こると仰いましたが、特に7日 [続きを読む]
  • 東京新橋・烏森神社の神様からのメッセージ
  • 詳細は省きますが、いくつかの理由があって神様に利用されているだけという意識が強まり、ここ数日、怒りを感じていました。そうした中でも参拝すると約束していましたので、こうしたことはこれが最後かもしれないと思い、都内での用事の帰りに、新橋駅近くの烏森神社 へ行きました。午後15時頃の到着で、前回よりも多くの人が列を作って参拝しています。ご挨拶をして横の方へ行き、大祓詞を唱えます。前回と同様に、また女神様が [続きを読む]
  • 神様達がこんなにお話してくれるのは、神様にメリットがあるからである
  • 先日の烏森神社参拝の記事、そしてその後日談の記事を書いて思い出したことは、そういえばこのブログを書き出す前は、神社の神様からのお言葉を、そんなにいただけていなかったなということです。必死で意識を集中して聞き取ろうとしても、入ってくるのはほんの1〜2言だけ。まったく何も聞こえない…というのが当たり前の状態でした。このブログを書き出してから、どんどん神社の神様からいただけるお言葉の量が増えていきました [続きを読む]
  • 東京・愛宕神社の神様からのメッセージ
  • 願い事をひとつ叶えていただいたので、そのお礼参りとして、約2か月ぶりに愛宕神社 に参拝しました。ご挨拶をして鯉に買った餌をあげたあと、いつものようにベンチに座り、集中して神様からのお言葉を待ちます。「…笑顔を忘れずに。微笑んでいることで、感謝の念が湧き上がる」「今日は、ここにいるのは、新しい神だ」─以前お話をしてくださった、戸隠(とがくし)様ではありませんか?「違う」どうやら、戸隠様はいらっしゃらな [続きを読む]
  • 烏森神社の神様の後日談
  • 前回の記事の「烏森神社の神様からのメッセージ」をアップしたあと、シャワーを浴びていたら、どうも烏森神社の女神様が浮かんでいて、何かを仰っているようです。ちなみに、私の場合は何故かキッチンと風呂場が、低い存在であれ高い存在であれ、よくつながります。お札のパワーを受けていない無防備な場所だからかもしれません。そしてどうやら女神様は、私がブログ記事を公開したことを、咎められているようなのです…すべては聞 [続きを読む]
  • 東京新橋・烏森神社の神様からのメッセージ
  • 都内の新橋駅前にある烏森神社 に、初めて参拝しました。以前から、ここで売っている神楽鈴を買いたいなと思っていたのです。この神社の神様からも少しだけお言葉をいただきましたので、それを掲載します。まず、境内に入った瞬間、「あっ、この神社好きだな」と感じました。そう感じることは、今まではあまりありませんでした。拝殿で挨拶をして、横の隅で大祓詞を唱えます。その間に、他の参拝者は誰も来ません。すると、巫女さ [続きを読む]
  • 最近の野球場の女神様
  • 応援しているプロ野球チームの成績が、酷いことになっています。ずっと首位を走っていたのに2週間ほど連敗が止まらず、一気に下がってきてしまいました。野球場の女神様 の項目にあるように、ここでは初期から、ホーム球場を守っている女神様との会話を書き続けています。女神様は、この球場での試合の勝ち負けや内容を調整する役割をお持ちになっています。いつもは試合中に話しかけると、何かしらのお言葉をくださっていたのに、 [続きを読む]
  • 神様はあえて落としてから上げることで、感動を倍増させることがある
  • 私自身の経験においても、他の人達を観察する上においても時々感じることですが、重要な場面であるほど、神様はあえて辛い思いやしんどい思いをさせることがあります。そして、その後に一気に真剣な願いを叶え、感動を増幅させるのです。毎日のように空が晴れているのであれば、朝が来れば朝陽が昇る…というのは当たり前に感じられ、小さな感動で終わるでしょう。しかし、毎日のように雨が続いていた場合、大事な日に晴れて朝陽を [続きを読む]
  • 香取神宮・奥宮の神様
  • 香取神宮(千葉県)の奥宮は高い位置の目立たない場所にあり、参拝客がほとんど来ずに静かです。本殿を出て奥宮にたどり着き、入ってご挨拶をしたあと、人が来ないか後ろを気にしつつも、大祓詞を唱えます。すると薄っすらと、ひっそりとした雰囲気を持つ男性の神様が浮かびました。黄土色のような目立たない色彩の、質素なお着物を着ている神様というイメージです。そこで、参拝者へのメッセージをいただくようにお願いしました。 [続きを読む]
  • 香取神宮の神様からのメッセージ・2
  • 前回の記事の続きです。香取神宮の本殿の裏で複数の神様からお言葉をいただいたあと、拝殿の前に戻ります。境内の隅にいくつかベンチがありますが、「右」と浮かび、向かって右側にあったベンチに座ります。今日お呼びいただいたのなら、メッセージをお願いします…と、本殿を見ながら念を送っていると、少しずつお言葉が入ってくるようになりました。いつものように、ひと言も漏らさないように、そして一字一句間違いがないように [続きを読む]
  • 香取神宮の神様からのメッセージ・1
  • 呼ばれている気がして、香取神宮 (千葉県)へ行ってきました。今回で約1年ぶり4度目くらいの参拝ですが、まだここの神様からお言葉をいただいたことがありません。何故、呼ばれている気がしたのかというと…先日夜布団の中でまったく違うことを考えていたら、突然、香取神宮の参道入り口の鳥居の前の風景が浮かんだのです。「あれ?香取神宮だ」と思ってそのイメージを追うと、薄っすらとその鳥居の位置に、神様が浮かんでいる様 [続きを読む]
  • お盆の千葉神社の神様からのメッセージ
  • 日頃のお礼を伝えるため、千葉神社へ参拝してきました。今回も2柱の神様からのお言葉をいただきましたので、それを記載します。まずはいつものように2階の拝殿で、女神様からのお言葉をいただきました。「詣でるときには、明るくリラックスし、誠実な態度で詣でてください。…もう1つ、あからさまな陰口は、聖なる心を磨くのに邪魔になります。邪念にとらわれてはいけません」「願わくば、お風呂で体を清められてから参られた方 [続きを読む]
  • ブログ一周年・有難うございます
  • ふと気がつけば、昨年8月5日から開始したこのスピブログが一周年となりました。はじめの一か月程度はアクセスがほとんどなくて、自分を入れて1日のUU(ユニークユーザー)が5人とか・笑 そのためかなり気楽に書いていましたが、今もその気楽に書くというスタンスは変わりません。今は更新した日もしない日も、そこそこの人数の方に来ていただけるようになっています。この拙いブログをいつも覗いていただきまして、本当に有難う [続きを読む]
  • 千葉神社のお札の効果・2
  • それほど神様事を信じない夫の部屋には、長年何のお札もありませんでした。そんなとき、夫の持病ともいえる原因不明の頭痛が、だんだん酷くなっていきました。特に朝目が覚めたときに、毎日のように物凄い頭痛がするといいます。すると私の守護霊か誰かが、その原因としてのある映像を見せてくれました。夫が寝ているときに悪意のある低級霊のようなものが近寄ってきて、夫の頭をガンガン叩き、それが原因で毎朝頭痛がする…という [続きを読む]
  • 千葉神社のお札の効果
  • 何度か書いていますが、私は毎朝毎晩、3つの神社のお札と龍神様に手を合わせ、時間をかけて願い事と感謝の気持ちを伝えています。伊勢神宮のお札には、日本全国が平和で幸福であるようにとお願い・感謝をし、安房神社のお札には、千葉県全域の平和と幸福をお願い・感謝をしています。そして千葉神社のお札には、私とペットを含めた家族全員の平和と幸福、そして千葉神社の発展をお願い・感謝しています。龍神様には、私個人の平和 [続きを読む]
  • 水場は低級霊が活動しやすい場所
  • お札を祀るようになってからも、住まいに低級霊がいるなと感じたことが数回あります。場所はキッチンの前が2回、古いお守りの前が1回。キッチンはお札のパワーを受けにくく、水を使っているので湿気があり汚れやすく、またごみ袋を置いているので、若干臭いもあり不浄な状態になりやすいのです。それと同時に、お札のパワーを受けにくく湿気のあるお風呂場も、低級霊が活動しやすい場であると感じます。風水でもいわれることです [続きを読む]
  • 今日の氏神様からの読者へのメッセージ
  • 氏神様へ参拝してきました。ご挨拶をした後に大祓詞を唱え、その後にメッセージをいただきます。まずは私自身に対して、愛情のことについてのご助言をいただきました。その後にブログの読者宛のメッセージをいただきましたので、記載します。「朝早く起きて、佇(たたず)まいの整理を行うように」「礼儀をもって真面目に社会に貢献を」「感謝のエネルギーは、身を守ることに役立つ」佇まいなど、私がほぼ使わないお言葉も、時々神 [続きを読む]
  • 伊勢神宮のお札からのメッセージ
  • 朝晩伊勢神宮のお札に手を合わせていますが、そのときに時々映像が浮かんだり、お言葉をいただいたりします。しかし、決してそれは良い内容ばかりではありません。昨年、妹のがんが発覚したあと、いつもお札に病気回復の祈願をしていました。そのときに、お棺に入って目を閉じた妹の顔のイメージが、強く浮かんだのです。その顔の周りは、白い花で埋められていました。うわっ、縁起悪!と思って気のせいだと思うようにしていたので [続きを読む]
  • 愛情を出せば出すほど人生が豊かになる
  • いわずもがな、誰かと愛し合うことは、素晴らしいことです。しかし…例え片想いであったとしても、そして例え相手が会ったことがない有名人であったとしても、誰かに真剣に愛情を送り続けることは、その人にとっての人生の糧になります。例えば、先月亡くなられた小林麻央さん。本当に多くの方が、麻央さんに愛情を注ぎ続けたことと思います。例え、相手からまったく知られていなかったとしても…誰かに深く愛情を注ぎ、誰かのため [続きを読む]
  • 守りが強いと願い事がどんどん叶う訳ではない
  • さまざまな神社を巡っているうちに、この1年間でかなり神様からの守りが強くなったと思います。そこで思うのは、守りが強くなったからといって、願い事がどんどん叶っちゃう〜♪ということはないな…ということです。自分の俗的な願い事が叶うのではなく、神様側から見て正しい方向へ引っ張られていく…という感覚が近いかもしれません。しかし守りが強くなると、本当に大変なトラブルからはしっかりと身を守ってくださることを、 [続きを読む]
  • 氷室奈美さんの透視画セッション
  • 漫画家で透視画家の氷室奈美さんの透視画セッション を受けました。1時間かけて、背後にいる守護者や自分の前世の姿を、絵と文字にしてくださいます。1時間通して他にも色々なことを教えていただき、質問にも答えてくださいます。大変濃い時間でした。描いていただいた透視画は、上の写真の2枚。最初に私の女性の守護者が氷室さんに色々と話しかけ、「私はアマテラスとも呼ばれる…」と仰ったとか。実際は弥生時代の前世からずっと [続きを読む]
  • 夏越の祓の千葉神社の神様からのメッセージ
  • 6月30日は、多くの神社で夏越の祓の祭事が行われたことと思います。私は2年連続で、千葉神社の夏越大祓式に参加しました。いただいた切麻で自分の両肩を清め、全員で1回大祓詞を読み上げました。その後に、大勢で神饌をいただくという直会(なおらい)がありましたが、それは夫が嫌がったために辞退しました。その後に2階の拝殿で、いつものようにこの神社の女神様からいくつかのお言葉をいただきましたので、切れ切れになります [続きを読む]