MIDORI さん プロフィール

  •  
MIDORIさん: 天界へ続く道
ハンドル名MIDORI さん
ブログタイトル天界へ続く道
ブログURLhttp://midorif7.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文日頃から高次の存在と会話をしている筆者が、高次からの伝言やスピリチュアルな出来事を記載します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供137回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2016/08/08 10:16

MIDORI さんのブログ記事

  • メール鑑定について
  • 占術におけるメール鑑定を休み休み行っていますが、それに新しくスピリチュアル系のメニューを追加しました。ご依頼者様の守護霊様からメッセージをいただき、それをそのままお伝えするという内容です。今までは、通常のメール鑑定のおまけとして、守護霊様からのメッセージを記載させていただいていました。現段階ですべて成功していますので、新しいメニューとして独立させてみました。ただし、文字数は少なめになる場合がありま [続きを読む]
  • 神社の神様についてのまとめ
  • このブログを開始してから、主に神社の神様たちと、たくさんの会話をしてきました。それを通して、今の段階で分かってきた神社や神社の神様のことを、ざっと列挙してみたいと思います。神社や神社の神様について参拝者からの感謝と感動の心が、神様のエネルギー源になっている。日が昇る前後の境内のパワーが、一日の中で最も高い。すぐ近くにある木々や山など自然のパワーは、境内のエネルギー補充の源になっている。そのため、自 [続きを読む]
  • 都内北区・若宮八幡神社の神様からのメッセージ
  • 都内北区中十条にある、大変小さな神社である若宮八幡宮へ行ってきました。東十条駅から、徒歩10分くらいです。2011年から2014年の約3年間、この付近で一人暮らしをしていました。そして、周辺で唯一自然らしい自然の小さな山の上にあるこの神社に、ひんぱんにお参りしていました。憑依を繰り返されていたこの頃、心の拠り所となっていた神社でもあります。そしてこの頃、この神社の神様からよくお言葉をいただいていました。久し [続きを読む]
  • 自然と感謝できる人は高い精神性を持つ
  • フィギュアスケートで、羽生結弦選手が金メダルを獲りましたね。日本全体が明るくなる…そんな素晴らしい出来事でした。印象に残ったのは、その後のインタビューです。今に始まったことではないでしょうが、彼はやたらと「感謝」という言葉を使っていました。私はここまでうんざりするほど、高次元の方々から「感謝」という言葉を繰り返し伝えられていますから、そんな羽生さんを見ていて、「なんか、神様みたいだなー」(苦笑) [続きを読む]
  • チャネリング法について守護神に尋ねる
  • 前回の記事の、守護神との会話の続きです。ここを読む人の中で希望者が多いと思われる、高次元の存在と会話ができるようになるための心構えを尋ねてみました。─質問ですが、見えない世界の存在とコミュニケーションを取れるようになるには、どうすればいいですか?「時間をかけて、だんだん築き上げていくことです。間違っても早く交流しようと急いではいけません。何故なら早くしようとすることで、ネガティブな存在とつながっ [続きを読む]
  • 地球のエネルギーについて守護神に尋ねる
  • 前回の話の続きが気になり、守護神にまた色々と尋ねてみました。─魂のサイクルは一万年ということでしたが、今から一万年前だと原始時代ということですよね?その頃から、人間の魂が続いているのですか?「古い時代においては、清潔感に気を使っていませんでしたから、まだ現在ように確かな生命体は存在していませんでした。挙げるならば、はるか彼方の人間、クロマニョン人あたりには能力がなく、ただ物を食べて安住の地を求め [続きを読む]
  • 都内・深川不動堂の「おねがい不動尊」からのメッセージ
  • 富岡八幡宮のすぐ近くにある、深川不動堂 にお参りしました。以前一度軽くご挨拶をしたことはありますが、ほとんど初参拝です。中の方にも色々な仏様が置かれていると知らず、ずっと旧本堂入口にある大きな像の「おねがい不動尊」様の前に座り、ずっとここでお言葉をいただいていました。こちらに「おねがい不動尊」の写真と説明があります。国内最大級の木造不動尊像だそうです。この「おねがい不動尊」様との会話を記載します。 [続きを読む]
  • 都内・富岡八幡宮の神様からのメッセージ・2
  • 約2か月ぶりに、都内の富岡八幡宮 に参拝してきました。前回は事件の数日後に参拝し、今回はそれから2回目です。事件直後の神様からのメッセージは、こちら をご覧ください。事件から2か月後…午前8時半頃ということもあり、境内はすいています。しかし拝殿で手を合わせると、前回よりもはるかに豊かなパワーを感じられました。前回は野次馬的な人も多かったこともあり、正直なところ、あまり良いパワーが感じられなかったのです。 [続きを読む]
  • 魂のサイクルについて守護神に尋ねる
  • 海までウォーキングをし、海辺に座って静寂な中で繰り返される波を眺めていました。広い空と海を見ていると、地球や宇宙の壮大さが感じられます。そしてすべてが静かに溶け合っていて、人間もその中の一部であるエネルギー体であることを実感します。今回は会話をしないと思っていましたが、ついつい守護神に話しかけてしまいます。─生きることに、意味はないですよね?「…存在自体が素晴らしい。…ただ消えていくのではなく、い [続きを読む]
  • コメントにおける神様へのご質問について
  • コメントでいつくかご質問いただきましたことを、神様に尋ねるべく、氏神様に参拝してきました。(コメントをくださった皆様、有難うございました。)初対面の神様に無関係なことを質問するのは失礼でも、いつも参拝している氏神様ならきっと答えてくださるだろう、と思い…しかしやはり、そう甘くはないことを実感しました。ご質問に関する会話のやり取りを、以下に記載します。まずはご挨拶して「読者からの質問にお答えをお願い [続きを読む]
  • 東京カテドラル教会のマリア様からのメッセージ・2
  • 都内の水神社 を訪れた後、歩いて5分程度のところにある、東京カテドラル教会 に向かいます。前回のこの教会のマリア様からのメッセージは、こちらに記載しています。駐車場の奥の方に、祀られた洞窟のような場所があり、そちらに小さなマリア像が置かれています。このマリア様からもお言葉がいただけないかと、その前に並べられたベンチに座って意識を合わせ、話しかけてみました。すると、いくつかのお言葉をいただけましたので [続きを読む]
  • 都内文京区・水神神社の神様からのメッセージ
  • 一か月前くらいでしょうか、自分の守護神・守護霊に、「どこか呼んでくれている神社仏閣はないか」と尋ねてみました。すると、強く「水」と浮かびました。水…水がつく名前かな、と思って数日後に検索してみたら、都内に本当に「水神社」 という神社が存在しました!それも、数か月前に訪れたカテドラル教会のすぐ近くです。同時にカテドラル教会も尋ねられるということで、参拝してきました。狭い境内の中に、非常に立派な2本のイ [続きを読む]
  • 千葉神社の神様の読者のご質問へのご回答
  • いつもご覧いただき有難うございます。このブログのコメント欄には、今後はご質問も含めて返信は控えさせていただきます。しかし、しっかり拝読させていただいています。また、誹謗中傷が含まれたものや個人的なご相談内容は、掲載を控えさせていただきます。ご要望にお応えできない場合の方が多いと思いますが、神様に質問されたいことがあれば、コメント欄にご記載いただければ、参考にさせていただきます。また千葉神社へ行き、 [続きを読む]
  • 人気ブログランキング
  • 今回はちょっと愚痴っぽいので、コメント欄は閉じで…少しでも多くの方に神様のお言葉を知っていただきたいため、このブログは2つのランキングに参加しています。 してくださる皆様のお陰で、先日「人気ブログランキング」の方が一瞬だけ50位以内に入り、パソコンから見ると2ページ目から1ページ目に移りました。するとアクセス数が3割ほどアップし、お陰様で今もそれを保っています。 していただいた皆様、有難う [続きを読む]
  • 今月の千葉神社の神様からのメッセージ
  • 2月に入りました。今月は、なるべく多くの神社仏閣へ足を運び、メッセージを記載したいなあと思っています。(大量の仕事が入らない限り…)1日ということもあり、いつも参拝している千葉神社へ行き、いつもの女神様からたくさんのお言葉をいただきましたので、記載します。いつもよりも、参拝客が多いように感じました。─参拝者が増えましたね。「にぎわいを見せておりますゆえ、私どもは大変慌ただしく過ごしていますよ。朝早く [続きを読む]
  • 都内秋葉原・柳森神社の神様からのメッセージ
  • 都内の秋葉原駅近くの川沿いにある、柳森神社 に初参拝してきました。狭い敷地内の神社ですが、都心ということを感じさせない静寂さがあります。ネットをみると、烏森神社、椙森(すぎのもり)神社と合わせて、江戸三森のひとつとして崇拝されたのだそうです。ちなみに、朝晩自分の龍神様に手を合わせるとき、「○○神社へ行きますので、言伝をお願いします」と伝えています。そのため、その神社の神様は、事前に私が来ることを分 [続きを読む]
  • チャネリングを練習するなら、神社の神様より自分の守護霊と
  • たくさんの素晴らしいコメントをいただきながら、更新間隔が開いてしまいすみません。何度か記載していますが、仕事や家事を優先しており、間隔が一週間以上開くことが頻繁にありますことを、何卒宜しくお願い致します。   コメントを拝読しましても、読者の中には「神様と会話をしたい」という方が多いとお見受けします。そのためには、脳の霊感を司る位置を開拓する必要があります。霊感を開くということは、未浄化霊の存在や [続きを読む]
  • 実はほとんどパワーを持たないお守りが多い
  • 前回の記事にもたくさんのコメントをいただきまして、本当に有難うございました。どれも感動しつつ、有難く拝読させていただきました。さて、今回はあまり夢のない話ですが…神社仏閣で授与されているお守りについてです。先日何気なくテレビを観ていたところ、たまたま「神社仏閣のお守りが、どのように作られているのか」という内容を放送していました。街の人に尋ねると、誰もが「神社の巫女さんがひとつひとつ、心を込めて作っ [続きを読む]
  • 都内・福徳神社の神様からのメッセージ
  • 仕事の打ち合わせに行くときに途中下車し、東京日本橋の福徳神社(芽吹稲荷)に参拝してきました。都会のど真ん中にある、建物は新しいきれいな神社です。2度目の参拝ですが、前回は時間がなく、あまりメッセージをいただくことができませんでした。福徳神社といえば、宝くじ当選の祈願などもある金運の神様だよね!と思い、ここでは金運の上げ方についてお尋ねしようと、ワクワク。…で、たくさんのメッセージをいただいたのです [続きを読む]
  • 千葉県・飯香岡八幡宮の神様からのメッセージ
  • 前回のコメントの中でご要望をいただいた、千葉県市原市の飯香岡(いいがおか)八幡宮に参拝してきました。10年以上前に、一度参拝したことがある程度です。ご要望にお応えするのはなかなか難しいのですが、市原市は行きやすく馴染みのある土地であることと、タイミングが良かったため、すぐに参拝することができました。(コメントを有難うございました!)全国的にはあまり知られた神社ではありませんが、木々が多い広い敷地で、 [続きを読む]
  • コメントを有難うございます
  • コメント欄はずっと閉じていましたが、途中から開くようにしてみました。大変有難いことに、ポツポツと温かいコメントをいただいていて、嬉しく思っています。ブログの性質上、返答できない内容も出てくるでしょうし、もしコメントが増えてしまうと返答が困難になることを考え、大変申し訳ないことに、ご質問以外には返答していません。それでも、いつも感動して読ませていただいています。私の根本には、「胡散臭いと思われてんだ [続きを読む]
  • 氏神様からの2018年に関するメッセージ
  • 氏神様に元旦以来に参拝し、メッセージをいただきました。いつものように閑散としていて、既に平常運転です。「最初から意味のある毎日になりますが、ひとつだけ心得ておきたいのは、ある程度の感動から、変化が生じるということです。例えるなら、毎日『有難う』と言っていても、それだけでは足りず、平和な世の中に対して満ち足りた心を持ち、『有難う』の言葉を使うことです。最初から美しい毎日だった訳ではありませんよ」─承 [続きを読む]
  • 千葉県・櫻木神社の神様からのメッセージ
  • 千葉県野田市にある、櫻木神社に参拝しました。こちらは約1年半ぶり3度目の参拝です。まだ神社でお言葉をほとんどいただくことができなかった2016年7月…この神社の2度目の参拝時に、初めてたくさんのお言葉をいただいて、驚いたのです。そのときの様子は、当時の占い師ブログ の方に記録していますので、宜しければそちらもご覧ください。神様のメッセージをいただけるようになった経緯なども、簡単に記載しています。それにして [続きを読む]
  • 守護神から聞く2018年の世界情勢
  • 運動がてら海まで歩いていき、守護神様からメッセージをいただいてきました。晴天で日差しは温かいものの、ものすごい強風。海辺は最も風が強くて、寒くてしんどかったです。「飼い慣らされた人たちにとっては、またとない大事な試練…憎しみや悲しみの世界を垣間見ることになるでしょう」─それは、いつの話ですか?「もうすぐ訪れます」─今年の日本と世界の情勢を教えてください。「駆け引きから物語がスタートします。平和に世 [続きを読む]
  • 星野氏の死去について球場の女神様に尋ねる
  • 長年大ファンの星野仙一氏が亡くなり、悲しさが続いています。球場の女神様はどうお考えかなあと、夜に女神様に何度か声をかけてみました。すると「なーに〜?」と仰って出てきてくれました。「今回のことによって、(チームの)野球の質は低下するでしょう。すぐという訳ではありません。いいですか、よく聞いてください。メリットを求めるというより、野球を愛してください。ピッチャーが投げ、打者がホームランを打つ、そのひと [続きを読む]