アストラル さん プロフィール

  •  
アストラルさん: タクシーボーイが往く
ハンドル名アストラル さん
ブログタイトルタクシーボーイが往く
ブログURLhttp://fxwithgod.seesaa.net/
サイト紹介文人生は自分で引き寄せている
自由文人生はどうあるべきか?いつもそんなことを考えながら生きてきました。考えても考えてもなかなか納得する結論にはいたらなかったのですが、ここにきてやっと結論らしいものが見えてきたような気がします。それは自分の心のわくわくに従って生きるということです。自分の心に耳を澄ませばおのずとやるべきことが見えてくる。そして引き寄せの法則を利用することにより現実となります。その様子をブログに記したいそう思いました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2016/08/10 14:37

アストラル さんのブログ記事

  • 緊急搬送
  • 「「持病があるのでお願いします。」というようなニュアンスのことをおっしゃって乗ってこられたお客さん。見た目はなんともなさそうでした。ちょっと遠めの目的地を指定。朝からなかなか売り上げが延びない状況の中、貴重なお客さんです。しかし、乗って間もなく気分が悪くなった様子。「脳梗塞かも・・・。」ちょっと私もテンパリながらも、すぐ近くの大きな病院へ搬送しました。売り上げ的にはがっかりですが、ちょっとは人助け [続きを読む]
  • 危なかった
  • タクシーの仕事をしていると一日に一回くらいは冷や汗をかくことは誰しもあるのではないだろうか。道を間違えそうになったりだとか、事故を起こしそうになったりだとか、違反しそうになったりだとか・・・。挙げればきりがないが、こういうことにヒヤリとしたときこそ、チャンスなのだと思っている。未遂に終わった出来事だからこそ、反省すべき良い材料になるのだ。気をつければ次回に生かすことができるのだから、振り返って十分 [続きを読む]
  • マインドセット
  • 売り上げばかりに気を取られていると大切なことを忘れがちになる。特にこの仕事でもっとも重要なことは無事故で帰ってくる、ということなのだ。なかなかこの「無事故で帰ってくる」ということについては大きなトピックとなることはないし、当たり前だと思われているふしもある。無事故で褒められるということも日常的にあることではない。しかし、ヒヤリとしたときにハットするのである。売り上げなんかよりもずっと大切なことなの [続きを読む]
  • 二万収
  • 7月にはいってからというもの、昼間っから二万収近いお客さんを乗せることが多くなった。二万収なんて夜であってもなかなか引くことのないお客さんである。しかも、拾いだ。季節要因もあるのかもしれないが、そうではない部分もあるように思う。自分の心の中が変わったことが大きいのではないかと思っている。はっきりとは言い切れないが、最終の売り上げ目標を一段高く掲げたことが変化をもたらしたのではないかと思っている。に [続きを読む]
  • 電話
  • 長電話し続けている客を乗っけることはかなりしんどい。行き先を告げた後は電話の会話に入ってしまい、ルート確認をすることが難かしくなるからだ。会話をさえぎってまでルートを確認することは気が引ける。昨日は別れ話なのか?痴話げんかなのか?深夜にもかかわらずそんな話を30分くらい聞かされた。会話の内容から行き先がころころと変わった。いきなりユーターンを指示してきたりする。大きな交差点ではたいていユーターン禁 [続きを読む]
  • ホテルオークラ
  • 外人が乗り込んできた。行き先の明記されている名刺を渡された。「ホテルオークラ」とある。「ホテルオークラ」って確か休館中だったんじゃ?いつまでだったかは記憶にない。とりあえずナビに住所を入力してみる。だが、しかし、この住所の指し示している場所は「ホテルオークラ」に隣接しているものの、別の場所を指し示している。こういうときにことばの通じない外国人が相手だとつらくなる。問い合わせることもできないからだ。 [続きを読む]
  • 東名か横羽線か?
  • タクシーのナビはあまりあてにならない。(特にこの会社のものは)ナビゲーション専用機ではないためだ。したがってある程度はドライバーが考えてルートを決定しなければならない。ヨコハマの港北区を行き先に指定された。ナビに行き先を入れてみると横羽線〜横浜新道〜第三京浜のルートが出てきたもののかなり迂回気味。かといって東名高速〜第三京浜では接続の間、下道を通らなければならない。どっちが良いか?お客さんの指定が [続きを読む]
  • 想像(イメージ)が未来を創る
  • もうすぐ深夜の2時だ。私の仕事のいつものリズムからすると帰庫の途につく時間である。にもかかわらず、売り上げは3万円台だ。隔日勤務者としてはかなり低めの売り上げである。このままでは今月のワースト売り上げになってしまう。粘りたいところだが、乗務時間もリミットが迫っている。粘れてもせいぜい2時半が限度だ。必死に繁華街を流すものの空車のタクシーが列を成している。これではダメだ。繁華街を離れ半ばあきらめかけ [続きを読む]
  • 平和橋通り〜船堀街道
  • 平和橋通りから船堀街道は、続いている道路なのだ。昨日、改めて認識しました。ところで、昨日、日曜日は出番でした。日曜日というとやっぱり休日ということで、サラリーマン時代の名残もあり、私も休みたいです。しかし、出勤してしまうと意外と気楽です。タクシーの台数は平日より格段に少ないうえ、道路も空いています。拾いではなかなかお客さんは乗ってくれませんが、付け待ちならばそこそこ乗ってくれます。日曜日も捨てたも [続きを読む]
  • 仙寿院
  • 一年に一回あるかないかの地名を指定されることがある。その一つが昨日の「仙寿院」だった。お客さんによるとその地域では誰もが知っている有名なお寺らしい。私もだいぶ前にかすかに聞いた記憶はあるが、はっきりと記憶されていなかった。外苑西通り沿いにあるとのこと。上野方面からだと外堀通って新宿通りに入り外苑西通りというルートになる。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 無線配車
  • 無線配車では待ち合わせの時刻が指定されている。時には約束時間の30分近く前から配車指示があったりする。それでも迎車料金としていただけるのは約束の15分前の配車と同額だ。(予約配車でない限り)つまり、相当な待ち時間を強いられるケースが多々、あったりする。その上、待ち合わせ時間に遅刻するお客さんも多い。このケースでは約束の時間の5分を過ぎた時点でメーターを入れる。しかし、これは売り上げ的にけっこう痛い [続きを読む]
  • 首都高速
  • 先日、私用にて首都高速を利用する機会があった。普段、仕事として利用する際にはETCを利用するため料金に関することは大して関心がなかった。しかし、私のクルマはETCを搭載していないため、現金支払いとなる。距離別料金というのはあくまでもETCにて支払うケースのみだ。現金支払いのケースではどんな料金体系となっているのか?車種区分 料金額軽・二輪 1,070円普通車 1,300円中型車 1,380円大型車 2,040円特大車 2,600円 [続きを読む]
  • 白山通り〜川越街道
  • ながし営業とは違い、付け待ちをしているタクシーはその地域の地理には相当、精通していると思っているお客さんがいる。したがって「付け待ち」には要注意かもしれない。慎重に経路確認を行いたい。その中の一つがこの経路だ。意外と有名な経路なのかもしれない。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 第二京浜
  • またもや滅多に行かないルートに面食らった。必死にナビで検索。第二京浜で皇居方面から西馬込方面へ。まずは内堀どおりをひたすらまっすぐ進む。そして一番のポイントは三田にある慶応大学を過ぎたところを右折する箇所だろう。ココをまっすぐ行ってしまうと第一京浜へ行ってしまう。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 豊洲
  • 豊洲と言われたら佃大橋、と覚えておかなければならない。永代橋、中央大橋は比較的覚えているのだが・・・。昭和通りから曲がる、というルートもあるが、曲がる箇所がナビをみていてもわかりづらい。しかもアンダーパスを出てからそれほど距離がないので注意を要する。誤って通り過ぎるてしまいかねない。ルート指定がなければ、永代通りから新大橋通りに出て新富町の駅を曲がったほうが間違わないで済むように思う。にほんブログ [続きを読む]
  • 自転車事故
  • 歩行中に自転車事故にあった方が乗車された。脊髄を損傷されたそうだ。手術を受けたにもかかわらず、まともに歩くことすらできない様子だった。自転車事故というと軽く考えがちだが、後遺症が残るほどの怪我になることもあるのだ。加害者は逃げてしまったそうだ。「自転車事故」ということで警察も本気で捜査をする気はないとのこと。とんでもないことだ。子連れの若いママが電動アシスト付自転車で猛スピードで駆け抜けていくのを [続きを読む]
  • 東麻布
  • あまり行きなれない地域を行き先に指定されるとテンパルものだ。行き先までのルートを聞いてもいまいちぴんとこなかったりする。今回のケースでは「虎ノ門」「飯倉」「新一の橋」などという地域がお客さんからのルート案内にありましたが、明確なルートをイメージできず。かといって「わからない」と言う言葉を発するのは気が引けるものだ。なんとか記憶の糸を手繰り寄せることで目的地までたどり着くことができました。「東麻布」 [続きを読む]
  • 運命の綾
  • ここは病院のタクシー乗り場。2台待機できる。金曜日ということもあり、昼間のうちにできるだけ売り上げを伸ばしておきたいところでした。前方に待機しているタクシーのドアをお客さんがノックしているみたいだが、どうやら運転手が居眠りしていたようでドアを開けてくれない様子。私のタクシーに乗車することになった。なんとそのお客さんの行先はさいたま市。なんとか午前中からロングを引いておきたいという思いからこの乗り場 [続きを読む]
  • 交通安全協会
  • 写真は巣鴨の駅の辺りの交差点で手渡された景品だ。たまたま赤信号で停車中に手渡された。春の全国交通安全運動期間中(4/15の日曜日まで)ということもありあらゆる交差点付近には交通安全協会と思われるテントが張られている。もちろん、普段からの取り締まりをしているあらゆる交差点や信号には警察官が配置されている。こんな時期は細心の注意が必要だ。ところで、この「交通安全協会」とはいったい何なのか?(ここからウ [続きを読む]
  • 三芳町
  • 「三芳町」と言われてピンと来なかった。ナビで推奨されているルートは下道である川越街道をひたすら走るルート。後で調べてみると所沢インターから降りることもできたみたいだ。こういったことが頭に入っていないと高速道路に乗るべきかどうか?という案内がうまくできなかったりする。しかし、高速道路を利用すると相当な迂回ルートとなってしまうみたいだ。首都高5号線〜外環道〜関越道というルートならば42キロくらい。料金 [続きを読む]
  • 乗車定員
  • 「大人3人と小学生2人なんですけどいいですか?」地方からの観光客のようだった。「大丈夫ですよ。」と思わず言ってしまった。しかし、だ。このクラウンは5人乗り。こういった人数構成のときは乗車定員の計算はどうやってするんだったっけ?とっくの昔に習ったことなのですっかり忘れてしまっていた。帰宅後に教習本を確認したところ、以下のような計算式に当てはめるようだ。乗車できる子供の数(12歳未満)=(乗車定員ー乗 [続きを読む]
  • 清澄白河
  • 「清澄白河」と行き先を告げられて最初に思い浮かんだのは「清澄通り」だ。しかし、清澄白河の交差点は「清洲橋通り」と「清澄通り」の交差点であることにお客さんとの会話で思い出した。このお客さん、ルートはどうでもいいと言う割にはかなりマニアックなルート指示となった。特に靖国通りの裏手の通りから抜けるルートはタクシーのかなりなヘビーユーザーであることをうかがわせる。こういったお客さんには会話を密にしてルート [続きを読む]
  • HUAWEI BAND2Proの実力
  • 中国メーカ−であるがゆえにあまり精巧な造りであることを期待していなかった。しかし、睡眠時間の記録がほぼ正確な時刻になっていることに良い意味で裏切られた。他の活動量計を使ってみたことはないが、HUAWEI BAND2Proの実力は相当なものなのでは?と思わせるものだった。昨日はわずか4時間45分の睡眠と昼寝が46分。ほぼぴったりだ。浅い睡眠、深い睡眠、レム睡眠などの記録もされている。一万円くらいなら [続きを読む]
  • HUAWEI BAND 2 PRO
  • タクシー仕事は不規則な生活になりがちであり、健康面は十分に注意しなければならないと感じている。長時間の運転で数時間もシートに座りっぱなしなんてことは度々ある。そこで健康管理のため活動量計を購入しました。ハーウエイバンド2プロ。毎日の歩数、睡眠の質、運動量なども計測できるようだ。また、座りすぎの警告、GPSによるランニング距離の計測までできるという。なかなか楽しみな一品だ。          [続きを読む]