社労士ペコ さん プロフィール

  •  
社労士ペコさん: 社労士試験 合格への架け橋
ハンドル名社労士ペコ さん
ブログタイトル社労士試験 合格への架け橋
ブログURLhttp://sharosisiken.com/
サイト紹介文こんにちは。社労士のペコです。社労士試験合格を目指す皆様への勉強方法などの情報発信をするサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2016/08/11 06:05

社労士ペコ さんのブログ記事

  • 社労士試験 平成29年(2017年) 合格ライン&救済予想まとめ①ブログ
  • 本試験、大変お疲れ様でした。この1週間は寝ようと思っても試験のことが頭をよぎりなかなか寝付けなかっふた方もいらっしゃるのではないでしょうか。過去の合格率や合格基準点の推移、平均点、得点分布のまとめはコチラからどうぞ。さて、各スクールの解答速報と合格ライン予想動画のまとめです。一部割れている問題もありますが、概ね収れんされてきたようですね。こちらでまとめています。社労士試験 平成29年(2017年) 合格ラ [続きを読む]
  • 合格への架け橋を架けるのは
  • 社会保険労務士受験生の皆様合格への架け橋を架けるのは皆様自身です。その土台となるのは皆様のこれまでのご努力です。それはとてもしっかりとした土台です。ただ、肩に力が入っていると上手く架けられないかも知れません。ちゃんと架かるか不安になるかも知れません。大丈夫。力を抜いて、自然に、向こう岸に架けましょう。思いのほか簡単に架かりますよ。それはとてもしっかりとした土台ですから。当日が皆様が橋を渡った先の新 [続きを読む]
  • 選択式試験 出題予想&救済(補正)について【社会保険科目】
  • 平成29年(2017年)社労士試験の選択式試験の出題予想と補正(救済)についてのまとめです。以下、社会保険科目の予想記事のまとめです。選択式試験 出題予想&救済(補正)について【社一】今回は、平成29年(2017年)社労士試験の選択式試験の出題予想と補正(救済)についてのまとめ第5弾です。テンプレは以下のとおり。【...sharosisiken.com【社労士】選択式試験 出題予想&救済(補正)【健保】今回は、平成29年(2017年 [続きを読む]
  • 【社労士】平成29年の択一式の合格基準点は○点?
  • 社会保険労務士試験受験生の皆さん、こんにちは。今回は、平成29年の択一式試験問題の難度や合格基準点について考えてみたいと思います。難度を考える上でまず平成28年の本試験データを振り返ってみます。【平成28年の択一式の本試験データ】平成28年の択一式の総合基準点は42点以上でした。科目別基準点は各科目4点以上、ただし、「常識、厚年、国年」は3点以上に補正されています。そして本試験の得点データや合格基準点の決定 [続きを読む]
  • 【社労士】選択労一対策は○○○○資料で【直前期】
  • 社会保険労務士試験合格を目指す皆様、こんにちは。社労士受験生の最後の壁として立ちふさがるのが「選択式の労働に関する一般常識(選択労一)」です。社労士試験は地道な努力によって必ず「合格ライン」に到達します。ただ、最後の最後「選択労一」を突破できるかどうかは運要素が強いです。社労士試験 平成28年 選択労一が救済。だがしかし、来年も運ゲーなのか?この記事が資格ブログ(サイト数7,723)カテゴリーで、注目記事 [続きを読む]
  • 【社労士】ケアレスミスを防ぐ方法②【捨て問を見極める】
  • 社会保険労務士試験合格を目指す皆様、こんにちは。前回の記事で「問題文の読み落とし(読み違い)」がケアレスミスの原因の一つで、それは時間が迫っている焦りとスタミナ減少からくる注意力の低減があるからとご紹介しました今回は、択一式3時間30分という長丁場で、時間とスタミナを温存して、高い集中力で正誤判断に臨むための方法をご紹介します。いかに正誤判断の機会を減らすか昔、巨人のエース、江川卓投手は究極のピッ [続きを読む]
  • 【社労士】ニ肢に絞った後の正解率を高める方法【直前期】
  • 社会保険労務士試験合格を目指す皆様、こんにちは。この時期、模擬試験など五肢択一で問題を解く機会が増えます。その際に多くの受験生にとって悩みのタネになるのが「ニ肢に絞った後の正解率をいかに高める」かです。根本的な対策は、反復練習で既存の知識の精度を高めるということになります。模擬試験などでニ肢に絞った後に間違えた問題は精度がイマイチということです。「本番前に見つかってよかった」と考えて、重点的な復習 [続きを読む]
  • 【社労士】解く科目の順番が合否を分ける!?【模擬試験】
  • 社会保険労務士試験の受験生の皆さん、こんにちは。本試験前に、模擬試験で試しておいた方がよいことについてご紹介します。今回は「解く科目の順番」についてです。本試験・多数派の解答順本試験での科目の順番は掲載順に次の通りになっています。本試験・労基・安衛→労災→雇用→常識→健保→厚年→国年シンプルにこの順番で解くのも全然ありです。マークの塗り間違えも起きづらいですからね。そして比較的受験生の多くが利用し [続きを読む]