ともはる先生 さん プロフィール

  •  
ともはる先生さん: ともはる先生の小学校生活はがけっぷちブログ!
ハンドル名ともはる先生 さん
ブログタイトルともはる先生の小学校生活はがけっぷちブログ!
ブログURLhttps://ameblo.jp/tomoharu-teacher/
サイト紹介文小学校教師ともはる先生の日常を書いていきます。教員志望の人や教員の人が見てくれると嬉しいです!
自由文・子どもとのエピソード
・小学校教員の仕事について
・教育ニュースに対する現場の意見
・授業で使えるネタ
・小学校教員採用試験への対応
など小学校の先生に関わることを、自由に発信しています。
現役教員の方、教員志望の方、お子さんがいる保護者の方、先生が何をしているか知りたい人などなどなど、ぜひ見てください!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供327回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2016/08/11 09:25

ともはる先生 さんのブログ記事

  • 発達性協調運動障がい(DCD) 〜小学校教師の日常〜
  • 最近興味をもっている発達障害があります。 発達障害といえば、 自閉スペクトラム症(ASD)注意欠如多動症(ADHD)限局生学習障害(SLD) の3つについて扱われることが多いと思います。 しかし、発達障害という言葉は、この3つだけを指しているわけではありません。 その他にも、発達障害と扱われている症状があります。 その中の1つに、 「発達性協調運動障がい(DCD)」 があります。 症状を簡単に説明すると「運動が苦 [続きを読む]
  • 授業がつまらない理由は? 〜小学校教師の日常〜
  • 授業がつまらない理由ってなんでしょうか? 思いつくままに書いてみます。 ・先生の話が長い・先生の発問の意味がわからない・板書が進むのが早い・問題が解けない・考えが思いつかない・できない(体育など)・何を言っているのか理解できない・話題が楽しくない・学習内容に興味がない・勉強する意味がわからない・・・etc 書いていると無限に出て来そうなので、ここでやめておきます(笑)悪いことっていくらでも出て来ますね [続きを読む]
  • 初めての経験 〜小学校教師の日常〜
  • とあるイベントでお話をさせてもらいました!もちろん教育の話です(^ ^)(それしかできないので・・・) ありがたいことに、90分の機会をいただきました。未だ慣れないパワーポイントを駆使して、スライドを使って長々と・・・学校現場では子供に向けて毎日授業をしていますが、大人相手に話すとなるとまた違いますね(笑) 退屈しないように、話の間にディスカッションの時間や、クイズなど可能な限り入れて、頑張ってアクティ [続きを読む]
  • 国語授業の作り方 平行読書  〜小学校教師の日常〜
  • 国語では基本的に教科書の教材を使います。 教科書の教材を1年間を通して扱うわけですが、文章の量で見ると実は新聞1日分の量しかないといわれています。 「1年かけて、新聞1日分しか文字に触れないなら、学力は伸びるはずがない」と主張される人もいます。子どもの学力は読書量に比例している、というのは有名な話ですね(^ ^) そこで、扱っている教科書教材に関連した本を読む、平行読書がオススメです。 平行読書は例え [続きを読む]
  • 毅然とした態度? 〜小学校教師の日常〜
  • 後半です。 毅然とした態度=子どもに動じず指示して動かす力 とは、実際どうするのか? これは「指示をしたら、必ず実行する」という先生の姿勢を示すことが重要だと思います。 私の一例を書いてみます。 例えば、授業で教室を移動するときは、喋らず移動します。他のクラスは授業をしているので、迷惑をかけてはいけません。 しかし、指示にもかかわらず、喋ったらどうするのか? その場で注意するのか?その子だけ取り出し [続きを読む]
  • 毅然とした態度? 〜小学校教師の日常〜
  • 秋の運動会のシーズンになり、先生たちは大忙しです。 一方は、子どもは楽しそうに団結し、少し大変なことでも協力して乗り越え成長していきます。 先生は子どもに、ダンス、競技、徒競走、全校競技、etc・・・多くの指導場面が出てきます。 ただでさえ、目の前のことに一直線、かつテンションが高い子どもたちです。正しく安全に指導しなければ、怪我や事故にも繋がります。 そんなときは 「毅然とした態度」 で指導することが [続きを読む]
  • 正門であいさつ指導 〜小学校教師の日常〜
  • 私の学校は、輪番で朝の正門をあける係が回ってきます。 門をあけて、登校してくる子どもとあいさつをします。 低学年は大きな声であいさつする子が多いですが、学年が上がるにつれて声が小さかったり、あいさつをしない子も増えてきます。 「こんなものだ」と諦めるのは簡単ですが、あいさつは人間関係の基本なので、できればしっかりあいさつさせたいものです。 というわけで、あいさつ指導をしてみました。 ただ指導といっ [続きを読む]
  • 国語授業の作り方 授業の工夫①:間違える  〜小学校教師の日常〜
  • 今回は、国語の授業を面白くする手立てについて書いていきます(^ ^) 前回の説明文を学ぶ意味について書いたとき、系統的に示されている「説明の工夫」を意識することが大事と書きました。 国語授業の作り方 説明文編 説明文を学ぶ意味は?①国語授業の作り方 説明文編 説明文を学ぶ意味は?② その「説明の工夫」がはっきりしたら、次は簡単にできて、授業のねらいに到達でき、子どもが楽しめる(と、私が個人的に思ってい [続きを読む]
  • 国語の授業の作り方:(0)現場の実態と私の国語遍歴 〜小学校教師の日常〜
  • 「国語の学習課題の設定の仕方」について記事を書いて欲しいとリクエストがあったので、今回のテーマは国語授業です! 私も先生なので、何が一番楽しいかといえば授業です(^ ^)授業に関して、あーでもない、こーでもないと語り合うことが私は大好きです。 と言ったものの、国語の授業は、 ・読解:物語、説明文、詩・・・・書く力:日記、物語、説明文、スピーチ原稿、随筆、日記・・・・話す聞く力:発表、スピーチ、メモ・・・ [続きを読む]
  • 宿題の音読は効果があるのか?:?学力の向上 〜小学校教師の日常〜
  • 小学校の勉強といえば音読をイメージする方は多いと思います。あるいは、宿題で毎日音読を出している学校も多いと思います。 私も学習において音読を非常に重視しています。 しかし、保護者の方や、あるいは子供からも 「音読って必要なんですか?」 と聞かれることは多いです。 実際、多くのメディアで音読の効果は紹介されていますが、今回は、教師である私が重視している音読の効果を書いてみようと思います。 私が考え [続きを読む]
  • 指示をする時は「誰に」をはっきりさせる 〜小学校教師の日常〜
  • 指示は「誰に」伝えるかが大事です。 相手が「自分に言われている」と思わなければ、よほど耳のいい子以外は聞くことはありません。 授業で喋っている子供に「静かにしなさい!」と言っても、子供は自分が「静かにする人」だとは思い至らないので、指示が伝わらないことが多いです。 なので、先生は「誰に」を、はっきりさせて声をかけましょう。 例えば、教室で喋っている子供を静かにさせたいなら、 「喋っている人は、静かに [続きを読む]
  • 時に先生もウソをつく 〜小学校教師の日常〜 
  • タイトルを書いてて、「嘘をつく先生」ってかなり印象が悪いなと思いました(^_^;) 子供を騙してひどいことをする、という意味ではないですよ(笑) 先生をしていると「ウソ」が有効な場面がたくさんあります。育児中の人や部下をもつ人は、理解できるかもしれません 一つは「子供のやる気」です。子供が育つのには「やる気」が非常に重要です。全てと言っても過言ではありません。 例えば、大縄で「目標3分で200回」と子供 [続きを読む]
  • 行動ではなく結果に目を向ける 〜小学校教師の日常〜
  • 子供に対応する時に「結果はどうなるのか?」と考えることがあります。 例えば 「授業中A君は、先生を挑発して授業を妨害する。先生は挑発を止めようと、A君に厳しく注意をしたり、時に優しく諭したりするが、A君は変わらず挑発を続ける。」 という問題行動があったとします。この時、行動の原因を考える人が多いと思います。 ・先生との関係ができていないのか?・家庭に問題があるのか?・クラスで居場所がなく、先生に構って [続きを読む]
  • 運動会の季節 〜小学校教師の日常〜
  • 私の学校は、夏が開けると運動会への準備で忙しくなります。これは、運動会を秋に設定している学校はどこも同じかと思います。 来週から学年ダンスの練習が始まるので、今週はダンスの曲を子供たちに覚えてもらっています。 歌詞を覚えて歌えるようになると、ダンスの習得も早いですよね(^ ^) そんなわけで歌詞を配って、ひたすら休み時間に流し続けています。 ついでに今日は雨が降ったので、休み時間は教室で全員でダンスの曲 [続きを読む]
  • 多動な子と不注意の多い子 〜小学校教師の日常〜
  • 私の地域では今日から夏休みが明けて、学校が始まりました。 子供も先生も久しぶりでペースがつかみにくかったですが、なんとか夏休みの宿題を全て見終えることができました。 仕事を後回しにすると、後で痛い目にあうので、目の前にある時に片付けるのが大事ですね(^ ^) では、今日は同僚とした話を書いてみようと思います。 小学校のクラスは最大40人になるので、それだけ色々な子がいます。その中には、いわゆる「気になる [続きを読む]
  • 係活動をおもしろくしよう!<係の種類> 〜小学校教師の日常〜
  • 前回まで、私の係活動の基本のルールと手立てを書きました。→<基本ルール>→<楽しくする手立て?:時間・場所・道具>→<継続させる7つ手立て> 係活動は子供の自主的な活動なので、必要感をもって始めることが大事です。 ただ、必要感があってもアイデアが出ない、同じような係活動しか出ない、という場合も多いです。 なので私は前年度のクラスにあった係活動を一覧表にして子供に配ります。 その上で「紙にのっている [続きを読む]