koi001 さん プロフィール

  •  
koi001さん: 和紙ちぎり絵創作活動
ハンドル名koi001 さん
ブログタイトル和紙ちぎり絵創作活動
ブログURLhttp://koi001.blog.fc2.com/
サイト紹介文和紙を千切ってCMCで張り付けて芸術作品として独創的に表現してます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2016/08/11 16:26

koi001 さんのブログ記事

  • 2017年2回目の東海市放課後子ども教室
  • 11月18日9時30分〜11時において加木屋小学校で開催された放課後子ども教室にお手伝いに行ってきました今回で3回目に成りますが小学生19名の参加が有りましたが予定通り無事に終了。あいにくの雨と成りましたが、近くなので歩いて行ってきました。加木屋白美のメンバー5名のボランティア お子さんの中には私以上の参加回数が多い子もいました。 今回は来年の干支・戌を和紙ちぎり絵を全員が同じ作品を描き 最後の仕上げの落款作 [続きを読む]
  • 追加:平成29年干支ちぎり絵創作
  • 追 加名刺の替わりにPRかねて渡していたらミニ色紙戌が無くなり改めて新作の戌を描く事にしました。新作額縁今回は各4作しましたので残ってしまうかな???・・・・・・もったいない事に成るかも 時間が多くかかったのにのに納得できる干支に成らなかった。       ※前回は控えを取っていなかったので各1枚控えとして取っておき追加時は即対応が出来る様にします。よろしければ応援拍手をマウス をお願いしま [続きを読む]
  • 11月完成の和紙ちぎり絵
  • 濃溝の滝とは江戸時代に掘られた人工の洞窟に出来た滝で、地元の人にはその工法から「川廻しのトンネル」や、「亀岩の洞窟」と呼ばれている。神秘的〜!! 木々が生い茂る、川・滝・洞窟。気持ちが良く、とっても幻想的な空間です。 千葉県君津市笹飾り付け写真でモデル室に飾ってみるとなかなか良い魅力ある風景です、さて和紙ちぎり絵にその魅力が出せるかな最近は思うように描けない日々が続いてますがなんとか鑑賞して頂ける [続きを読む]
  • かぎやふれあいまつり・戌のちぎり絵体験
  • 和紙ちぎり絵作品を真剣に鑑賞さりる人が多くて感謝11月12日は体験2時間で多くの人に参加して頂き、楽しみながら来年1年間飾るので一生懸命でした、中には12干支を完成したと言っていました。写真はマウス で拡大体験横のステージでは演芸会      日ごろ練習成果を披露していました。   昨年も和太鼓を見て感動してます!!! 出来れば和紙ちぎり絵にしたくて今年も多く写真をとりましたが 人の絵は経験不足で [続きを読む]
  • かぎやふれあいまつり 2017
  • 開催期間2017年11月11日〜11月12日    11日(土)午後1時〜午後4時 12日(日)午前9時〜午後15時   加木屋市民館周囲地図加木屋市民館(館内で)参加内容11日(土)午後1時〜 市民館サークル作品展示12日(日)午前10時〜 ちぎり絵体験(干支"戌")演芸会・ビンゴ大会等有り※和紙ちぎり絵作品を11日午前10時に搬入し展示完了しました。                                写真はマウス で [続きを読む]
  • 東海秋まつり2017
  • ~はばたこう 未来へ広げよう感動を 東海秋まつり~会期:11月4日(土)・5日(日)午前10〜午後4時  会場:東海市民体育館(メインアリーナ)※毎年、会場周辺道路は大変混雑します。公共交通機関をご利用ください。    シャトルバスが市役所(市役所駐車場活用)→名鉄太田川駅→会場    元気な人は名鉄尾張横須賀駅→徒歩→会場会場周囲の地図11月2日午前9時〜に東海市民体育館(メインアリーナ)に作品を搬入しました。展示 [続きを読む]
  • 10月完成の和紙ちぎり絵(№2)
  • 醒井養鱒場は明治11年(1878年)に設立された日本でもっとも歴史のあるマス類の増養殖施設の一つで、ここは醒井峡谷のふところ、場内は、春は桜、初夏は新緑、秋は紅葉など四季それぞれに豊かな自然に恵まれています。その自然風景写真を見てちぎり絵にしたく成りました。  一枚の写真写真のように自然の魅力が出せるか、このように霧がかかってる風景は久しぶりに描きます。そしてちぎり和紙の魅力も出したい 10月19日に完成 [続きを読む]
  • 加家教室の展示会
  • 市民活動センターで  会期:29年10月14日(土)〜20日(金)      14日・15日:会員一同は午前10時〜16時まで受付駐車場は屋上が便利活動センターは3Fに成ります展示会場の雰囲気 作品は3点/一人を出展して会場を盛り上げています。案内看板休憩場受付白美各教室生徒白美各教室生徒加家教室メンバーの作品素晴らしい作品ばかりで鑑賞時間が長く成ります、次の作品が見られるのは何時かな?この場所(活動センター)でメディアスの [続きを読む]
  • 平成30年干支の和紙ちぎり絵創作
  • 平成30年干支は戌(安産・勤勉)に成ります。先ずは 趣味を頑張っている人にあげたいな?今回初めて干支で、趣味の戌を描きを進める事にしました。可愛らしさを描こうとしたらこんな事になりました。そして、今までと同じように今回は戌の土鈴を参考に描いています。絵を描くゴルフカメラ戌の土鈴を参考作品落款無い色紙は本色紙には入れてます。作品の行き先どこ?、たどり着く家は分からないが追加が必要かな?。飾り方ミニ色 [続きを読む]
  • 10月完成の和紙ちぎり絵
  • 泉涌寺の山内の一番奥、別院の雲龍院のはねず梅が美しいと聞いますそして、雲龍院入り口で出迎えてくれるのが、この「はねず梅」。はねずとは薄紅色をさすそうですが、結構濃いめのピンクです。カメラ撮影絵にする写真 一言今回ははねず梅を描いてみることにしましたが多分、花の描き方に苦労すと思うマッチする和紙があるか?有る和紙のみで今回も進める予定です。10月3日に完成しました。本ブログは和紙ちぎりを貼っている創作途 [続きを読む]
  • 9月完成の和紙ちぎり絵
  • 城南宮の池は地下水を利用しているので、冬の特に寒い日には、地下から汲み上げた池の水が湯気を立て、何ともいえぬ風情となります。そして、池の中央には不老長寿を象徴する松が生える蓬莱島があり、池には錦鯉が泳ぎ、4月末の藤、5月のつつじ、秋の紅葉が特に美しい。 カメラ撮影絵にする写真 続けて花を描く事にしましたが、花の大きさが、ちぎり絵として中途半端ななのでいかに表現するかが難しいかも花は小さく、もしく [続きを読む]
  • 2017年9月の加木屋教室
  • 私は9月末日で7年に成り区切りとして簡単に教室の紹介します場所は加木屋市民館、毎月第一と第三の金曜日9時30分〜11時30分の2時間今回の城南宮楽水苑ちぎり絵の指導を受けている背景写真です、全て写真はマウス で拡大加木屋市民館主宰の指導を受けるメンバーも指導の鑑賞確認 周囲は自然が残っている 根気よく指導 自由に意見交換教室雰囲気テーマ指定が無く自由に描いてます。 主宰の挨拶個別指導自由談話教室内で和 [続きを読む]
  • 8月完成の和紙ちぎり絵作品
  • 歴史ある武家屋敷と桜並木が美しい「みちのくの小京都」垂れ下ったシダレザクラの桜先がほんのり赤く色づき始めると、ここ角館にもようやく春の便りが届きます。武家屋敷通りに降りそそぐ満開のシダレザクラ、川沿いを豪華に彩る桜のトンネル・・・ 春は角館の町中が薄紅色に染まり、一年で最も華やかな季節をちぎり絵に。少し若葉が芽生えてる写真ですが満開の素晴らしさに置き換えてすすめました。ちぎり絵にする写真今回 [続きを読む]
  • 7月完成の和紙ちぎり絵
  • 桃介橋は全長247m、幅2.7mで、この付近では最大川幅のところにあり、美しく雄大な景観を誇っています。この橋は、木製補剛桁を持った吊橋としては、日本有数の長大橋であり、下部石積み・上部コンクリートの主塔3基を有し、このしゃ種の吊橋としては当時(大正時代)我が国の土木技術の粋を集めためずらしい4径間の吊橋となっています。今回も少し写真をアレンジしていたら雪の有る風景も描きたくなってきました。場所を [続きを読む]
  • 6月完成の和紙ちぎり絵
  • 白浜のシンボルとして親しまれている円月島。 正式には「高嶋」といい、臨海浦の南海上に浮かぶ南北130m、東西35m、高さ25mの小島ですが、島の中央に円月形の海蝕洞がぽっかり開いていることから「円月島」と呼ばれ親しまれています。カメラ撮影    和歌山県  岩の色が今まで描いた色と違ってるのでうまく描けるかな海にグラスボート船を描きたいグラスボート船の底がガラスになっていて、海の中の世界を覗くことが出来 [続きを読む]
  • グループ展20回記念品作り
  • 早すぎの準備かも!!!2018年は記念すべき展示会      第20回ちぎり絵白美グルーフ展        会期:2018年5月15日(火)〜5月20日(日)        展示場:ユウナル東海・東海市芸術劇場ギャラリー1・2 メンバーがミニ色紙で12作品/一人を作り展示会で配ることに成りました。 私は、まだ未熟者ですが精一杯努力して作品を完成しまたので配布する前に作品を披露します。 落款は"い"に成ります作品 [続きを読む]
  • 東海市立市民活動センターギャラリー
  • 展示期間:6月4日9時30分〜6月11日9時30分 白美教室(船島・三ツ池・加木屋・下名和)の30作品                                      和紙ちぎり絵(アナログ作品)は直接見てもらうことで魅力が伝わる作品が多いのでこの機会に是非、会場で鑑賞をして下さい公共駐車場(屋上)に渡り通路が有りますので、こちらが便利です で拡大します展示会場では額縁入れたアナログ作品を探して鑑 [続きを読む]
  • 第19回グループ展反省会
  • 今回も5月27日11時から愛知製鋼㈱アスカムの多目的ホールを借りてちぎり絵白美第19回グループ展反省会を開催しましたのその時の料理以外は手作りで進めてきた会場雰囲気を紹介会場への地図アスカム玄関会場雰囲気今回の変更はpower point(プレゼンテーション)作成時間が無くスライド(流しぱなし)化写真はマウス で拡大します今回の食事会待ち主宰挨拶スライド自作品待ち ナレーションを聞く該当作品の作者教 [続きを読む]
  • 5月完成の和紙ちぎり絵
  • 那智の滝のようなスケールではないものの、猛暑の夏場も水量を維持し、辺りに霧のような水しぶきを放つ涼しいスポットで。滝への道筋は、四季を通 じて素晴らしい自然に囲まれたハイキングコースとなっている。 カメラ撮影 和歌山県新宮市相賀(おうが)滝は自分自身が落ち着きさせてくれる景色なので、マイナスイオンが感じる滝を描くことにしましたしかし落ちる水の動きが思うに描けないのも滝です今年に入いて、初 [続きを読む]
  • 4月完成の和紙ちぎり絵・・・・2作目
  • 吉野熊野国立公園地域にあり、串本から大島に向かい、約850mの列を成して大小40余りの岩柱がそそり立っています。海の浸食により岩の硬い部分だけが残り、あたかも橋の杭だけが立っているように見えるこの奇岩には、その昔、弘法大師と天の邪鬼が賭をして、一夜にして立てたという伝説も伝わっているそうです。国の天然記念物に指定されています。カメラ撮影和歌山県この岩には中程、上部そして頂上に植物が生育している。 [続きを読む]
  • 4月完成の和紙ちぎり絵
  • 神倉神社は市街地の西、権現山(神倉山)の南端に鎮座する、熊野速玉大社の飛地境内摂社。「ゴトビキ岩」を御神体(ごしんたい)とし、高倉下命(たかくらじのみこと)・天照大神(あまてらあすおおみかみ)を祭神としています。熊野の神が降臨した地とされ、絶壁の上の巨岩「ゴトビキ岩」に、古代の人々は神がやどると信じてる。カメラ撮影 和歌山県久しぶりに多くの岩を描く事に成りますが同じ色合いの岩を表現す [続きを読む]
  • 3月 完成の和紙ちぎり絵
  • 1995年に世界文化遺産に登録され人気の観光スポットとなっています。魅力の有る白川郷は、日本の原風景今に伝える合掌作りの集落でまた描きたくなりました。カメラ撮影岐阜県以前も白川郷を冬のちぎり絵を描いていますが今回は場所を変えて雪でなく霧の見え状態を出して日本の懐かしい風景が描けるか?思いを持って・・・・・・どうかな? 3月26日に創作完成しましたので鑑賞をして下さいなかなか思うに描けず時間だけ多くかか [続きを読む]
  • 第19回ちぎり絵白美グループ展
  • 東海市芸術劇場ギャラリーでの展示会は無事に終了しました。展示会DM案内 東海市芸術劇場ギャラリー4F 開催:平成29年5月17日(水)〜5月21日(日)の5日間午前9時30分〜午後6時最終日は午後4時までに成ります出展数:60 作品予定  後援・東海市教育委員会ブログ管理者と、お会い出来れば声をかけて下さい  会場の位置地図名鉄太田川駅から歩いて約5分 駐車場:2時間無料(3Fで受付)4階エレベーター降り [続きを読む]
  • 3月 完成の和紙ちぎり絵
  • 西ノ丘丘陵の竹林は、選別した竹の枝のボリュームを十分に生かした美しい作りになっており見わたすかぎり真っ青に澄みきった空に、竹が割り込むかのようにそそり立ち、素晴らしい風景です。 カメラ撮影京都府竹垣新作の美しさが目に付く、その美しいさが和紙で表現が出来るか不安が有ります、さらに加えて壊れそうな小屋がも目に留まりますこれも表現が難しいが上手くできれば目をひくちぎり絵に成るでしょう。今回は多く [続きを読む]
  • 2月 和紙ちぎり絵作成・・・・・・・・・ 2作品目
  • 朝日連峰の沢水を集めて西川町を流れ、河北町で最上川に合流するのが寒河江川、夏場はアユ釣りで賑わう。川では多く見られる岩場を流れる背景が特に素晴らしいカメラ撮影山形と新潟の県境あまり変化のない風景を描くのは難しさ有りますがが、何とか知多半島で見られないこの川の素晴らしいさが表現出来ればと思い描く事にしました。2月22日で創作が完了しましたので鑑賞を願います。シンプルな風景なので簡単に [続きを読む]