midorinokaradahausu さん プロフィール

  •  
midorinokaradahausuさん: 進撃の理学療法士
ハンドル名midorinokaradahausu さん
ブログタイトル進撃の理学療法士
ブログURLhttps://ameblo.jp/midorinokaradahausu/
サイト紹介文デイサービスを経営する理学療法士がリハビリテーションを通して社会貢献していくブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2016/08/12 09:58

midorinokaradahausu さんのブログ記事

  • あっという間に1年がたった。
  •  独立してから1年が経ちました。この1年も盛りだくさんの内容で非常に勉強になった1年でした。  特に、第三者目線というものの大切さを痛感しました。日々精進していかなくてはいけません。以前の自分であれば、反抗というか同一目線に立って争っていたかもしれませんが、現在は異なります。基本的に何事についても感謝するようになりました。 全て突き詰めれば自分の成長の材料になりますし、そもそもの原因も自分にあるわけ [続きを読む]
  • 介護という仕事に情熱を持っている方求む!!
  • 一緒に働ける方を募集しています!! リハビリ特化型のデイサービスです。午前、午後の2部制となっており、利用者様の送迎、バイタルチェック、集団体操の指導などを行って頂きます。「効果や結果がみえるリハビリテーション」を目指し、利用者様一人一人の体力や性格に合ったリハビリテーションを提供していくやりがいのある仕事です。より良い介護、リハビリテーションについて一緒に考えて頂ける方を募集しています。明るく元 [続きを読む]
  • 1日1日をかけがえのないものと思う
  • 最近ブログをさぼりがちでしたが、施設運営はしっかりと行えています。利用者さんもほぼ空き枠のない状態まで回復しました。 しかし、嬉しいことばかりではありません。プロフェッショナルマネジャーにも書いてありましたが、経営というのは問題が無いときなんてなくて、常に困難を解決してばかりだというのを体感する日々です。 正直不安が全く無いといえば嘘になります。 しかし最近、不安に対する考え方が変わりました。介護報 [続きを読む]
  • 複雑だけど嬉しいこと
  • 6月から利用してくださっている方が当施設を含め、現在は二つ通っているのですが、近いうちにもう一つの方を辞めてこちらの回数を増やしたいと提案してくださいました。現在その方は週3回通ってくださっており、空き枠がうまくいけば週4回通ってくださることになります。片麻痺の方で、今でも鮮明に思い出されますが、体験の際に麻痺側の手も足も動かないとおっしゃていましたが、簡単な促通で動きを引き出した際にとても驚かれ、 [続きを読む]
  • パーキンソン病でふらつきがあるKさんのケース
  • 始めは運動に乗り気でなかったKさんも、今ではノリノリで行ってくださいます。非常に優秀な結果です。 Kさんは平成25年にパーキンソン病と診断された方です。ふらつきがあり歩けないという訴えがあり、昨年3月よりからだはうすを利用することになりました。 パーキンソン病というのは進行性の疾患であり、非常に厄介です。幸いにしてKさんの場合は進行が緩やかで、特定のエクササイズを行うと踊りだせるくらい歩行が安定します [続きを読む]
  • 健康が一番大切
  • 今週も何とか金曜日まで乗り越えることができました。日曜日から波乱万丈の週で、主力スタッフ4名のうち2名が病欠という緊急事態!!提携する整骨院のスタッフの方を助っ人に呼んだり、休日出勤をしてもらったりで何とかここまで来ました。 本当にありがたいことです。月曜日の朝の段階で変身を2回残しているフリーザ様と対峙したクリリンのような気持になっていましたが、スタッフさんや利用者さんの協力もあり1日1日を乗り越え [続きを読む]
  • 2018年今年の目標
  • 昨年8月より当施設では〇〇強化月間として、その月限定で様々な取り組みを行ってきました。8月は「あいうべ体操」9月は「深呼吸」10月は「ごっくんトレーニング」11月は「書写」12月は「ぬりえ」 そして2018年最初の題目は・・・ 目標設定です!! そして、目標が書けた方にはこの、大谷翔平選手も高校時代にやっていたという目標設定曼荼羅を作成していただきます。 これはどんなものかというと、一番真ん中の白い四角に先ほど [続きを読む]
  • 期待と満足度と便利な兄ちゃん
  •  先日、利用者さんから「今日はタイミングが悪いから個別リハビリはしなくてもよい」と言われてしまいました。その利用者さんはからだはうすを非常に気に入ってくださっており、まさかそのような発言が聞かれるとは思ってもいませんでした。 介護施設で働くようになって5年が経ちますが、「個別リハビリ拒否」これが一番精神的にダメージがあります。何回か説明を試みるもダメ。スタッフさんからも情報を集めると、どうも私がそ [続きを読む]
  • 痛みのコントロール
  • 触れることの科学: なぜ感じるのか どう感じるのか Amazon ハンマーで間違って自分の指を叩いてしまっても、痛いことは痛いだろうが、少なくともなぜ痛かったかはわかっているし、将来同じことが起こる可能性を抑えるよう状況をコントロールできると思っている。その知識が脅威の感覚を小さくし、痛みを軽減する。反対に痛みがいつ再び起きるかわからない場合は、痛みの度合いもその経験の不快さも強くなる。  痛みはその原因が [続きを読む]
  • 肩こり腰痛の90%はほっとけば治る。
  • 実践肩のこり・痛みの診かた治しかた Amazon この本は私のバイブルです。著者と苗字が同じというのも非常にポイントが高いです笑。 病気やけが等で自覚症状のある者(有訴者)は人口千人当たり322.2(この割合を「有訴者率」という。)となっている。 有訴者率(人口千対)を性別にみると、男286.8、女355.1で女が高くなっている。 年齢階級別にみると、「10〜19歳」の203.4が最も低く、年齢階級が高くなるにしたがって上昇し、「80 [続きを読む]
  • C触覚システム
  • 触れることの科学: なぜ感じるのか どう感じるのか Amazon C線維といえば 神経線維の種類の一つ。細く無髄で伝達速度が遅い。感覚神経、および自律神経の節後線維を構成する。[補説]神経線維は刺激の伝達速度によってA線維・B線維・C線維に分類される。A線維は有髄で最も太く伝達速度が速く、体性神経(感覚神経と運動神経)を構成する。B線維も有髄で、C繊維より太く伝達速度が速く、自律神経の節前線維を構成している。https:/ [続きを読む]
  • 決算終了!!
  • 今年も残すところあと2週間とちょっとになりました。昨年の11月に法人を立ち上げ、今年の4月より事業を引き継いで運営してまいりました。事業の引継ぎのタイミングがシビアな時期でしたので、他市の利用者様の継続利用が出来ず、空きが多い時期もありましたが、地域のケアマネージャー様や利用者様、そしてスタッフさんたちに支えられ何とか黒字で法人の一期目を終えることができました。 私の未熟さゆえにここでは書けないような [続きを読む]
  • 独居の利用者さんと連絡手段
  • 先日、独居の利用者さん(Kさん)が入浴中に浴槽から出られなくなり、危険な状況になったとの連絡がありました。幸運なことに、出られなくなってから2時間程度経過した段階で知人が訪ねてきてくれたため、無事に浴槽から出ることができたそうです。 しかし、その後、足が痛くなってしまい自立での歩行が不能になり、翌日救急車を呼び入院となってしまいました。 Kさんはリウマチがあり、一時期パーキンソン病も疑われており [続きを読む]
  • 腕が痛いと訴えるSさんの話
  • Sさんは週1回通ってくださっている要介護の方です。先日他施設を利用の際、朝の送迎時に転倒されてしまいましたが幸いに大きなけがもなく無事に復帰されました。 そんなSさんですが本日は左の腕が痛いとのこと。触診してみると三角筋と上腕三頭筋の境目からやや内側へ圧痛所見があります。 このように上腕骨と大円筋、上腕三頭筋長頭からできる隙間を通った橈骨神経が回り込んでいます。なので、肩甲骨のモビライゼーションから [続きを読む]
  • Nさんの話
  • もうNさんと知り合って6年くらい経ちます。Nさんは私が病院勤務時代にからだはうすの見学に来ていた時からリハビリテーションに携わらせていただいています。 要介護3の方で、いわゆる老老介護の状態です。それでも様々なサポートによって在宅生活を維持されています。Nさんは定年まで働いた後、夫婦で悠々自適な生活をされていました。色々な国に行かれたり、そのような話を聞くのが非常に楽しいひと時でした。 そんなNさんです [続きを読む]
  • 片麻痺のリハビリテーションで最近思うこと
  • 6月から利用してくださっているKさんの麻痺側の人差し指が不随意ではあるものの非常に綺麗に動く。本人は痙攣だと仰るが、とてもそうは見えない。 Kさんは右片麻痺でどちらかというと弛緩性の麻痺です。肩関節とひじ関節については非常に改善してきており、最近は手関節の動きと努力的ではあるものの全可動域での全指屈曲と非努力的でのわずかな範囲での手指の伸展が可能になりました。 徒手的に蝕知すれば完全に随意的に筋収縮を [続きを読む]
  • 重度の感覚障害が改善してきた右片麻痺の利用者さんYさんのケース
  • お久しぶりです。最近は全く更新しておらずどうしたもんかと思っていましたが、先日他県の方より問い合わせがあったりと、一部の方には見ていただけているとのことで、なるべく情報を発信していけるよう努力していきます。 私がブログを行う目的は『正しい情報の発信』です。もっと正確に言うと『自分が知りうる限りで最も正しいと思われる情報の発信』です。 私は自分の仕事で自分が十分満足するだけの収入を得ているので、この [続きを読む]
  • 本日より利用再開してくださったTさんの話
  •  Tさんとの再会は運命的でした。私がJフーズでお買い物としている際に、装具をつけ、杖で歩行されている方が上品なご婦人とお話をされていました。 その際に、Tさんはご婦人に介護保険証を見せているようでした。私は少したってからこの二人に話しかけてみました。聞くと、ご婦人が片麻痺になっても一人で買い物に来ているTさんに感動して話しかけたとのこと。 片麻痺になって10年以上経過しているTさん。後でわかったことです [続きを読む]
  • 週110時間働いていた藤田晋社長
  • 本を読むのは良いことだ。偉い人の軌跡を知ると強制的にモチベーションが上がる。最近の私の趣味は藤田晋社長関連の本を読むことだ。この人は本当にすごい。何がすごいって週110時間も働いていたのだ。1日は24時間。1週間は148時間。そのうち110時間働いていたというのだから驚きだ。平日18時間、土日が12時間。110時間じゃない、114時間じゃないか!!『会社を始めたばかりの頃は仕事が意外とない。だから [続きを読む]
  • 床を磨くとよいことがある
  • 先月は入院になってしまう方が続出し大変辛かったです。もっと違う指導の仕方があったのではないか、ご自宅を訪問した際にそのリスクについて考えられなかったのかなど、自問自答は続きます。これが以前のように雇われていれば考え続ければよいのですが、今はそうはいきません。私はからだはうすを経営していかなくてはなりません。経営って本当にシビアです。雇われて働いていた時は目の前の仕事を頑張れば良いですが、経営をす [続きを読む]
  • 片麻痺になって6年が経過し、初めて足首が動いたSさんの話
  • Sさんとの付き合いは結構長いです。もともと以前働いていた病院で私の後輩が担当していた方で、代診もしたことがありました。SさんはH23年の震災の年に脳卒中になり片麻痺を発症しました。そして半年ほどで退院し、自宅へ帰られました。その際の詳細な情報は把握していませんが、おそらく麻痺の状態は下肢が2〜3、上肢が2、手指が2といったところだと推測されます。歩行については短下肢装具とT字杖にて見守りレベルでした。 そし [続きを読む]
  • 最高に嬉しい瞬間
  • 本日は体験利用の方が2名もいらっしゃいます。午前中に体験利用してくださったKさん。この方は非常に熱心にリハビリテーションに取り組まれています。 発症後数年が経過しています。本人の訴えでは麻痺側手関節の背屈と手指の伸展はできないとのこと。 しかし 背臥位にて肩関節の外旋と一緒に促通することで手関節の背屈が出現し、その後手指の伸展も随意的に可能になりました。ご本人様も喜んでくださったと思い [続きを読む]
  • 骨密度が改善したよ!!
  • 陳旧性の胸椎の圧迫骨折があり、退院後にからだはうすに通われている方から嬉しいご報告がありました。 この方は骨密度が同年代と比較して以前は71%だったのですが、それが今回76%に改善したそうです。もちろん投薬治療をしており、その効果であると思います。しかし、骨粗鬆症によって骨密度が低下した方が投薬治療を開始して改善した例はあまり経験がありません。おそらく維持するのも難しいことの方が多いのではない [続きを読む]
  • 求人募集!!
  • みどり野からだはうすで一緒に働きませんか? 時給:900円〜1060円(経験、資格による)勤務時間:8時15分〜17時15分日曜、祝日は休みです。勤務日数や正社員、パートの携帯なども希望を考慮します!!勤務地:茨城県牛久市南6−4−1夜勤、入浴介助、食事介助もありません。レッドコードを利用した集団体操のインストラクターをしていただくのでスタッフさんも健康になれます!!勤務しているスタッフさんは皆2年以上 [続きを読む]
  • 紐ラッピング法
  • 今月に入り体験の希望がたくさん来ます。プーちゃんのおかげかもしれません。ありがとう、プーちゃん!! 先日体験してくださった方が、麻痺側手指の浮腫に悩んでおられたので、「紐ラッピング法」というものを紹介しました。 初公開!!sinさんの綺麗な手!! このような感じに指を紐でくるくる包み、浮腫をとるというものです。私は監視下で30分から1時間程度上肢の運動などを行ってもらい、その後にはずすとい [続きを読む]