misozigoro さん プロフィール

  •  
misozigoroさん: 30代からの心不全生活
ハンドル名misozigoro さん
ブログタイトル30代からの心不全生活
ブログURLhttps://sin-fuzen.com
サイト紹介文37歳で急性心筋梗塞を発症し、慢性心不全になった闘病記と心不全お役立ち情報
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2016/08/12 12:56

misozigoro さんのブログ記事

  • お勤めご苦労さまです
  • 2016年7月15日ついに朝の回診にて、あのピックカテーテルを抜く時が来た。ピック覚えてるかな?入院初期に、2日に1度は大騒ぎしながら何回も刺し直していた点滴。見かねた主治医が入れてくれた、ひじから心臓の近くまで通した細い管で点滴をするアレだ。 僕「これ抜くんだってさぁ。どんな感触がするんだろ?」看護師さん「さぁ〜? くすぐったいんですかねぇ?」僕「ちびちび抜くのか、こう綱引きみたいに抜くのか…」看護師さん [続きを読む]
  • 刺激が強いです
  • イケメン先生「もう退院しても大丈夫っていう自信があるなら週末どうです?」僕「はい!!自信あります!!!!!」 てな感じに2016年7月16日の土曜日に退院が決まった。6月8日に入院したので、なんと45日ぐらいもの入院生活になってしまった。心臓のバイパス手術をしたって、2週間ほどで退院できるのにこれは長い。 それだけ時間をかけ、慎重に薬の調整とリハビリをしたわけだなぁ。慢性心不全が、どれだけ危ういバランスで症状が [続きを読む]
  • ドM検査
  • 2016年7月ついに強心薬ドブトレックスの点滴が0になった。心臓を守る薬、β遮断薬のビソプロロールは当初予定の1日2.5mgを継続できている。 イケメン先生「これで何もなければそろそろ退院を考えてもいいかな〜」僕「いいね!!明日??あ、今日??ん??どうだ??」イケメン先生「まぁ、CPXの結果見てですね〜」ほらきたCPX。 説明しよう! CPXとは、「心肺運動負荷試験」といい、心臓に高負荷をかけた状態でのデータを取る試 [続きを読む]
  • 体重と爺
  • 入院したら痩せると言ったな? あれはウソだ。ろくに動けない心臓病棟は特にだ! 気をつけろ! しかし体重って減らないよね。入院時には84.5キロぐらいあった体重は、数日で80キロぐらいまで落ちた。これは強心薬の点滴で、心臓のポンプ機能が復活したために抜けた体の水分だろうなぁ。 それからは1ヶ月カロリー低い病院食で、水分も1日600ml制限だ。しかし81キロ前後を行ったり来たり。これはなぜかっていうと簡単な話で、もち [続きを読む]
  • ジャンボ!あたしの時間を返して!
  • 隣のベッドのおじ様は、ことあるごとにバシバシ写真を撮ってた。まさしくこうやって、退院後にブログに載せるためだったんだろうなぁ。僕はその頃、ブログを書くなんて頭の片隅にもなかったよ。ぜんぜん撮ってないぞ。おかげで深刻なネタ不足である。次に入院したら撮りまくろう。ナース写真集つくりたい! さて、心臓病棟の心不全患者は、おそらくみんな尿の量を量っている。インプット(飲料水と食事の水分)を把握しているので [続きを読む]
  • 片頭痛が治ったお話とオススメ対策1つ
  • 「片頭痛 完治」のキーワードで、こちらの記事に来てくれている方がいるようなので、もうちょっと書きます。とは言っても、わかりませんとしか言えない! この記事は役に立ちません!なんたって原因不明なので…治った要因もわかりようがない。治ってから脳神経科に行って、わざわざ検査するのも違う気がするので不明なまま。 でも2016年2月に心筋梗塞で倒れてから、これを書いている現在2018年8月まで、ほぼ24時間あった頭痛と [続きを読む]
  • ビアンカ派
  • 2016年7月1ヶ月も入院してひたすらニンテンドー3DSやってれば、そりゃあやり尽くしますわ。入院中に仕入れたのを含め、ドラゴンクエスト4・5・6・7・8、クロノトリガー、光の4戦士なんちゃら、ブレイブリーデフォルト、ファイナルファンタジー3。ドラクエシリーズなんてもう、今までに何周したかわからないが、順番に全部クリアしといた。もうやるものがない!なんかもうちょいで退院な気もするので、またAmazonでポチッとす [続きを読む]
  • 事案
  • 嫁様は毎日お見舞いに来てくれる。暇なのかと言われるとそんなことはない。家でウェブライターの仕事をしていて、時間を自由に使えるのだ。 けっこうな売れっ子ライターなので、実はすんごい稼いでいる。すんごい。主人が病気で看病うんぬん…でサボる口実になって、いい休暇になっているみたい。 病院の面会時間は15時から。家から病院は徒歩8分くらい。それぐらいの時間になると、「そろそろ家を出ます」とか、「いまうどん屋に [続きを読む]
  • チョキチョキと
  • 2016年6月末それにしても長〜〜い入院生活。そろそろ1ヶ月経とうとしている。今朝から強心薬ドブトレックスの点滴量が、2ml/h→1ml/hへと減量された。順調!1時間当たり1mlてのは、点滴ポンプで設定できる最低値らしいよ。ずーーーっと見ててようやく1滴落ちる程度。ちょっとイライラする。 減量してしばらくすると、スタイル良すぎな看護師さんが点滴ポンプをもう1台持ってきた。そしてブドウ糖の点滴パックを接続。何で今さら点 [続きを読む]
  • キラキラの頂点
  • 噂の納涼会の時間がやってきた。めんどくさいけど行くって言っちゃったしなぁ。めんどくさいとはいっても、係の人が車椅子を押して連れて行ってくれるらしい。どんだけものぐさなんだ。 時間になると係のおじ様が拉致しに来た。病院の1階にある巨大ホールが会場に大変身。お遊戯会的な飾りつけ。見ると、50人ばかりの患者さんがずらっと並んで、重苦しいオーラを発している…ほとんどが車椅子で、点滴棒が横に立っていて明らかにヤ [続きを読む]
  • アイドル対決
  • 本日の採血はちょっと違った。早朝に看護師さんが来なくなったのはもはや普通だけど、いつもの美人研修医でもなかった。今日は採血ないのかなーと油断していた所へ現れたのは、背が小さいがとんでもなく可愛い女の子。 なんだこの子は! でも研修医の服を着て採血セットを持っている。研修医(激カワ)「はじめましてー。採血に来ましたー」僕「あっ、ど、どどどどうも」研修医(激カワ)「研修医(美人)さんの同期なんですぅ。 [続きを読む]
  • メタルキング
  • 相変わらず暇で変化のない入院生活を送っているわけだけど、それだけ順調だということなのでまぁよきかな。おかげでブログに書くネタを思い出すのに苦労するわい。ということでまた採血の話。 最近は、看護師さんが誰も早朝採血のチャレンジに来ない。朝食前ぐらいに研修医(美人)さんが笑顔でやってくる。僕「来たな…」研修医(美人)「おはようございます! はい脱いでください!」 しぶしぶズボンとパンツを下ろして大の字に [続きを読む]
  • かわいいポンプちゃん
  • 〜入院中の1日〜6時 起床7時 体重・血圧・体温・心拍数など測定8時 朝食8時半 主治医の回診10時〜11時 心臓リハビリ12時 昼食12時半 血圧・体温・心拍数など測定15時〜 面会18時 夕食18時半 血圧・体温・心拍数など測定21時 消灯 多めに書いても1日のイベントはこんなもんだなぁ。イベント以外の時間は何してるかというと、3DSでひたすらゲーム。もしくはスマホゲーム。課金はしないよ!ノートPCを持ち込んで艦これした [続きを読む]
  • O型の天使
  • 入院三週間目に突入。かなり順調に進んでいるようで、強心薬ドブトレックスの点滴が、1時間3mlから2mlに下がった。β遮断薬のビソプロロールは、朝晩合わせて1日5mgと、予定通りの量になっている。この5mgは最大限の量で、これ以上は処方できないらしいよ。なので、薬でどうこうできる限界なんだってさ。やばーい。 このまま何もなければドブトレックスを1mlに、さらに何ともなければ0に。そして退院かぁ…何食べようかな…ふひひ [続きを読む]
  • 採血との戦いリターンズⅡ
  • 入院3週間を過ぎた。点滴のピックカテーテルは絶好調である。ひじの内側に入っているので若干気を使うけど、刺し替えストレスがないのが最高。 しかし、唯一の採血スポットを潰されたので、点滴のストレスはなくなったが、代わりに採血の難度がさらに上がってしまった。前回はおばちゃん職人が足から無理やり採ったけど、今回もまた足かなぁ…くっそ痛いのよアレ。と思ったら朝5時に看護師さんは来なかった。 今日はないんか? と [続きを読む]
  • オフィスレディ
  • ついに心臓を守る薬、ビソプロロール(β遮断薬)が、当初予定の4錠(2.5mg)になった。しかし、一気に4錠飲むと、数時間後に少し胸の圧迫感と息苦しさが出てきてしまった。そこで、朝2錠夕2錠にして、薬の効くピークをずらそうという処方に。かしこいな!すると症状はほぼ消えた。すっかり繊細になっちまったなぁ。 ある朝。看護師さん(元気)「みそさん! お願いがあるんですが!」苦しゅうない、申してみよ。看護師さん(元気 [続きを読む]
  • 嫁)看護師さんが泣いた日
  • 2人揃うと、これからの話を教えてくれました。 医師とリハビリの先生、看護師さん、そして栄養士さん。チーム体制を組んで夫をサポートしていくという内容でした。 後日、聞かされた話だと、もともと心筋梗塞を患った場合、重い心不全となり入院をする度にどんどん寿命が縮んでいくとのこと。また、夫の容体はとても深刻だったそうです。 でも、点滴のおかげで元気な夫を見ていた私はそんな状態とは知らず、まだお金や仕事、治らな [続きを読む]
  • 懐かしのアレ
  • 入院中だけど実は髪を切ったのだ。いつから切ってないのかわかんないぐらい伸び放題でした。久しぶりに会った姉にも「キモいから切ってよ」と言われてしまったよ。見た目はロン毛時代のキムタクのつもりだったんだけどなぁ。ダメか。 2月に急性心筋梗塞になってからは、ずっと具合悪かったようなもんで仕方ないけど、いま非常に体調はいい。チャンスだ。そして病院の地下に理容室がある。予約するでしょ。先生に許可を求めたら渋々 [続きを読む]
  • 採血との戦いリターンズ
  • 朝5時……また憂鬱な時間がやってまいりました。月曜と木曜の週2回、早朝からの採血イベントである。 以前、僕が採血できる血管は左腕のひじ1箇所しかないという話をしたと思う。普通の点滴を刺していた時は、ほぼ右手に刺さっていたので、何度も刺されながらもどうにかそこから採れた。しかーし、いまそこにはピックカテーテルが入っている。それでもう詰んだようなものだ。 早朝の暗い病室で若くて可愛い看護師さんと2人…密着し [続きを読む]
  • うそ発見器
  • 点滴をピックカテーテルに変えてからというもの、以前の辛かった日々が嘘のようである。2日に1度は何回も点滴の針を刺され、ストレスでハゲそうでしたわ。強心薬ドブタミンもばっちり効き快適、さらには持病だった頭痛も消えた。こんなに体調がいいと感じたのは10年以上ぶりじゃないかな。死にかけに変わりはないけど。 でもこのまま点滴を止めると、どうせまた具合が悪くなるのはわかっている。そこで心臓リハビリテーションの出 [続きを読む]
  • 芸術的マーボー
  • 2016年6月入院生活も2週間を過ぎ、自分の部屋のようにだいぶ慣れてきた。ただしヒマだ! ヒマすぎる!入院前に買ったニンテンドーDSのソフト「クロノ・トリガー」やりつくしてしもうた。今まで何十回やったんだよ、って感じですが。そこで病室からAmazonで「ドラゴンクエスト8」をポチッとした。まあこれも同じく何十回やったんだよ、ですけど。よし…これでまたしばらくは持つでしょ。嫁様には事後報告で。 入院したことのある [続きを読む]
  • 嫁)結局
  • 結局、夫は再入院2016年5月下旬どんどん夫の体調は悪くなり、また横にならず1日中座っている状態。1日でも早く”当たり前の生活”をしたいと思っていた私は、とてもイライラしていました。朝起きて、ダラダラして私は仕事をしながら、ご飯を食べてゲームをして、おしゃべりをしてお風呂に入って寝る。やっと手術から退院して、当たり前の生活に戻ったと思ったら、また崩れてしまったのです。 もちろん、夫も甘えるために具合が悪く [続きを読む]
  • 心臓リハビリテーションとは?
  • 心臓リハビリテーションとは、心不全の患者自身が運動療法、食事療法、治療薬、などの理解を深めることを目的とした、総合的なリハビリのこと。定期的なカウンセリングなど、患者とスタッフを含めチームとして計画的に行われます。そのゴールは「再発を防ぐ」「寿命を伸ばす」という、ふわっとしていますが超重要な目的があるのです。 心臓リハビリテーションの内容とは?医師・看護師・理学療法士・薬剤師・栄養士など多くの専門 [続きを読む]
  • 点滴との戦いファイナル
  • パーフェクト点滴を入れてから2日後、予想通り右腕の刺した場所が痛くなってきた。 僕「右腕おわた、もうだめぽ」看護師さん「やるしかないわね、アレ」イケメン先生「呼んだ?」さっそく処置室に連行される。イケメン先生は、「やることは点滴入れるのとそう変わんないからちょろいですよ」と言っていたけどほんとかしら… しかし今さら、この先生大丈夫なのか?と思ってきた。すごい真面目で頭がよさそうでイケメンだけどやたら [続きを読む]
  • 嫁)穏やかな日々…が
  • 2016年3月 無事退院。夜寝て、朝起きる。ご飯を食べる。こんな当たり前の生活に幸せを感じる毎日。 救急での入院前は、横になって寝ることもできず、本当に「次の瞬間、夫は死んでしまうのかもしれない」と思うような状態だったのに…。退院して帰ってきた夫は、前と同じように元気な状態とはいかないものの、不安な気持ちにならないくらい安定していました。 退院後しばらくすると、母親代わりでもある義父のお姉さんがわざわざ [続きを読む]