明石入道 さん プロフィール

  •  
明石入道さん: トレードステーション手習い帳
ハンドル名明石入道 さん
ブログタイトルトレードステーション手習い帳
ブログURLhttps://trade-station.blogspot.jp/
サイト紹介文マネックス証券の新しい取引ツールである、トレードステーションを使った株式投資の記録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供157回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2016/08/13 08:06

明石入道 さんのブログ記事

  • 大循環MACD的日経平均株価 20180420
  • 前回の投稿ではステージが4から5に転換したところであった。大循環MACD的日経平均株価https://trade-station.blogspot.jp/2018/04/macd.html その後、順調に上昇していき、ステージは5から6に転換、さらにはもう少しでステージ6から1へと転換する直前状態となっている。あの時は絶好のタイミングで投稿したにもかかわらず、個人的には裁量ポジションはゼロなので、何の利益も得られていない。ミニ先物一枚でも買っていたらよかった [続きを読む]
  • 手数料無料キャンペーンが続いて嬉しい
  • ああ、ありがたや、ありがたや。利用者としては、取引手数料がかからなくなるのは非常に嬉しい、ありがたい。しかし、ここまで↓手数料キャンペーンを繰り返して、はたして証券会社の経営として大丈夫なのかと心配をしてしまうのですが、余計な心配ですね。---[過去の手数料関連のキャンペーン一覧]2018.03.29 トレステ春のステップUPキャンペーン/最大1ヶ月取引手数料無料2018.03.06[板読みキャンペーン]板発注合計30回以上で [続きを読む]
  • 雑感 4月11日
  • 今日は、まるで中小型株ファンドの解約売りのような(妄想?)、これまで強かった中小型の銘柄にまとまった売りが出てるような、奇妙な感じであった。小型株は大型に比べて流動性が低いため、大口の売りが出ると下落幅が大きくなるのは避けられない。それが流動性リスク。これが明日以降も続くのか、要注目。相場が下げた理由、上げた理由を考えても意味のないことだけれど、あれこれと考えるのもまた楽し。相場難易度は引き続き高 [続きを読む]
  • 4月12日にトレードステーションのアップデート19が来るよ
  • 昨日(4/9)サポートサイトに告知があった。トレードステーションのアップデートについて(4/12)2018年4月12日(木)23:00頃の予定で、機能改善のためトレードステーションのアップデート(Update19)の提供を開始します。今回のアップデートは、以下を目的としたものです。・トレードマネージャーでポジション損益の%表示が不正表示される不具合の改善・クイックトレードバーで取引区分や保有数量が不正表示される不具合の改善 [続きを読む]
  • 雑感 4月9日
  • 1.プログラム売買 RBT_No2-1プログラムの売買指示通りに、日々淡々と取引をこなしている。収支は、上下に振れても気づいたら元の位置に戻るといった風に、相場の状況と似て方向感が定まらない。 空売りを除外した運用なので、全体相場が下がると必然的に損が増えるのはやむを得ない。2.裁量取引引き続きノーポジション。(長いなぁ)今は大きくどちらかにポジションを張る時期ではない。のんびり構えていきましょう。 [続きを読む]
  • トレードステーション新入生のみなさんへ
  • 新入生のみなさんへトレードステーション学校への入学、おめでとうございます。新規口座を開設した直後の意欲に満ちたみなさんのキラキラ輝く瞳を見ると、かつてのみずからの姿を思い出します。(あの情熱はどこへいったやら...遠い目)さて、ここで僭越ながら、私からいくつかアドバイスさせていただきます。・心がまえ このブログでも何度か言及しているように、現状のトレードステーションの運用は完全とは言えない部分があり [続きを読む]
  • 大循環MACD的日経平均株価
  • ちょうどステージ4から5に転換したところ。しばらく続いてきた下降トレンドが終わり、次の展開を期待させる状況にある。もし大循環MACDを参考にした投資をするならば、試し玉を入れてよいタイミング。ただし、金曜日のNY大幅下落の影響から明日の東京もギャップダウンで始まり、再度ステージ4に戻るかもしれない。トレンド系のテクニカル分析が不得手なもみあい相場になって、ダマシ頻発の可能性もある。 [続きを読む]
  • 中長期視点で考える
  • 中長期視点で考える(当たるも八卦当たらぬも八卦)1.現状<日経平均株価の月足チャート>下から買ってきた海外投資家十分に利が乗っている環境変化(米国金利上昇、ECB,日銀の政策転換、政権の安定度低下、世界景気一巡感、世界全体でボラティリティ上昇などなど)世界中のどこにでも投資できる中で、日本以外の選択肢もある景気敏感株の多い日本株式の組入比率を下げるGPIFなど公的年金による買いも以前のように期待できない→ [続きを読む]
  • 現状のトレードステーションは不具合承知の上で使いましょう
  • (前投稿に続いて不具合関連)トレードステーションにおける不具合は、今回が初めて起こったことではなく、サービス開始当初からしばしば発生し、現在も続いている。「トレードステーションは素晴らしいツールだが、現状は安定度に問題あり」これが、多くの個人投資家における認識。事実。騒動に巻き込まれた個人投資家さんを見て、「自分がそうなったら大変だろうな。ご愁傷様です」という同情の気持ちが大半であるが、「そんなも [続きを読む]
  • 不具合の記録 2018年4月1週
  • twitter上でトレードステーションの不具合について言及されている方を発見した。今回、被害を受けたのは一部の人に限定されていた模様。以下のサポートサイトの障害情報と直接関係があるのかは不明。障害・メンテナンスのお知らせ【重要なお知らせ】4月6日(金)の期間指定注文が発注されていない不具合と4月9日(月)以降の注文の再発注のお願い2018年4月6日(金)に有効な期間指定注文が「失効」となり取引所に発注されない不具 [続きを読む]
  • IPO銘柄を分析するためのワークスペース(続き)
  • 先日投稿したIPO銘柄を分析するためのワークスペースについて、近々公開されると思いますが、まだその気配はない。もうちょっと待っててね。トレードステーション手習い帳: IPO銘柄を分析するためのワークスペースhttps://trade-station.blogspot.jp/2018/03/ipo.htmlPO銘柄(新規上場)を分析するためのワークスペース問題なく動いていることを確認。(そりゃそうだ(笑)) [続きを読む]
  • 雑感 4月3日
  • 年度替わりは新たな気持で相場に臨もうと思っていたものの、どうにもこうにも気分が晴れない。モヤモヤした感情と向き合っている。原因はおそらく相場と全く関係のないところにあるものの、今の精神状態では株取引を積極的に行おうという意欲は湧いてこない。裁量取引は引き続きノーポジションのまま。プログラム売買(RBT_No2-1)は継続中。指示に従い淡々と注文を捌いている。プログラム売買は便利ですなぁ。こういう時に何も自 [続きを読む]
  • プログラム売買 RBT_No2-1 年度末まとめ
  • 2月中旬から開始したプログラム売買(RBT_No2-1)は、3月末をもって32日目に突入した。(30日ならキリがよかったのに...)昨日の時点で保有銘柄はゼロ。本日1銘柄を新規追加したので、年度末という節目なのにこちらもキリが良くない数字だ。裁量で今日は取引をやめ、キリ良く0、ノーポジションにしようかと思ったが、踏みとどまり注文を執行した。一番怖いのは操縦者である人間の心だ(笑)成績に関しては,開始当初は事前想定 [続きを読む]
  • 明日は権利付き売買最終日なんだけど…
  • 先週の金曜日、プログラム売買を運用していも、買い建て玉を現物株にして権利付き最終日を持ち越せば、配当と株主優待をもらえるという投稿をした。トレードステーション手習い帳: プログラム売買中でも現物株にすれば配当と優待がもらえる https://trade-station.blogspot.jp/2018/03/blog-post_23.htmlさっそく今朝、11ある建て玉をすべて現引きし、さらに金曜日に買い指示の出た銘柄を現物で買った。この時点でプログラム売買に [続きを読む]
  • 雑感 3月23日夜
  • トランプ大統領が何をやろうとしても、グローバルな貿易の構造は変えられない。落とし所は見つかる。米国は妥協するだろう米国の地位低下=ドル安(=円高) 金融システムが崩壊したわけではない中央銀行揃い踏みの金融緩和という特別措置、ボーナスステージが終わったとはいえ、世の中にはものすごい量の資金があふれており、儲けるための行き先を探している 金利上昇で債券にシフトした資金、リスクオフで逃げた資金。求められる [続きを読む]
  • プログラム売買 RBT_No2-1 3月23日時点
  • 指数全体がドスンと底抜け、年初安値を更新する中、この荒波を買いのみで立ち向かうのは厳しく、運用中のプログラム売買は、損切り&含み損の増大となっている。ただ、現時点では開始以降の収益は何とかプラスを保っているため、精神的な余裕は少しある。今から振り返ると、3/1の運用変更(空売り指示の場合は、買いの手じまいのみとする片肺運用)をしていなければ、この下落も空売りでカバーできたので影響はなかったであろう。 [続きを読む]
  • 雑感 3月23日朝
  • プログラム売買RBT No2-1は引き続き運転中。このポートフォリオに含み益が出てニンマリしていた昨夜から一転、「おはぎゃぁー!」状態で朝を迎えることとなった。今週中に底をつけるような想定をしていたが、、、今日、うーん、今日で下げ止まるとは思えないほど強烈な米国からのカウンターパンチが飛び出した朝。難しい相場が続く。今日も粛々と注文を入れていく。損切りに躊躇なし。裁量取引の方は、引き続きノーポジション。中 [続きを読む]
  • 雑感 3月19日
  • 裁量取引は引き続きノーポジ。プログラム売買の買いポジは先週からの持ち越し。本日指示によりさらに買いポジを追加。含み損失絶賛拡大中、、、とほほ。相場全体が下げ基調であり、空売りサイドのスイッチをしばらく前に切って運用しているのが裏目に出ている展開。ただ、これは根拠なく感情だけでスイッチを切ったのではなく、空売りをせず買いだけでも長期、総合的にみて収益が良くなるだろうという結論に達したから。(と、自分 [続きを読む]
  • プログラム売買は自分との戦い
  • 政局が不安定な中、今週はFOMCも開催される。裁量取引であれば、ここであえて買いを入れていくタイミングではないと感じる。しかし、運用中のプログラム売買君は、今日もいくつかの買いの指示を出している。(自分の心の中)「おいおい、今日も買うの?ちょっと考え直さない?」(プログラム君)「指示ヲ、粛々ト、執行セヨ!」自分の意志に合わせて売買を停止・再開するのならば、裁量取引をやっているのと変わらない。プログラム [続きを読む]
  • 指数お絵描き
  • 大きな箱と高さ半分の小さな箱。ボックス圏内を行ったり来たり?22500を抜けると景色が変わりそう。キリのいい数字だけに、このラインをめぐる攻防戦は激烈なることが予想される。(なんちゃって)もしかしたら、2018年上半期は小さな箱の中を滞留していたりして、、、根拠なしの勝手な想像。【追記】昨年秋からのチャートを追加。ボックス。 [続きを読む]
  • IPO銘柄を分析するためのワークスペース
  • IPO銘柄(新規上場、市場替え)を分析するためのワークスペース。銘柄コードを入力すれば、以下の項目が自動表示されます。上場年数初値日初値上場来安値上場来高値騰落率(初値比)現在位置(高安値比)近々、トレードステーション公式サイトにて配布される予定です。デイトレよりもスイング向き、日々の予習復習用として、よかったらお使い下さい。なお、直近の銘柄については、おそらく入っていないと思われるので、ご自身で銘 [続きを読む]
  • 3月末優待は積極的に取りに行かないことにした
  • 今年は3月末優待は積極的に取りに行かないことにした。昨年、初めて優待品目当ての権利取り、優待クロスに挑戦。遊んでいた資金があったので、多くの銘柄の権利を獲得した。トレードステーション手習い帳: 現渡の作業も楽々、トレードマネージャーから一括で https://trade-station.blogspot.jp/2017/03/blog-post_30.html<実体験してわかったこと>ギフト商品、食品、金券を貰えると嬉しい 配当でもらうよりも、優待品の方が家 [続きを読む]
  • プログラム売買 RBT_No2-1 開始から一ヶ月経過
  • プログラム売買 RBT_No2-1について開始から1ヶ月経過した。途中、事情があり一時中断したものの、現在は通常運転中。再開後は、ショートの取引サインはロングの手じまいの役割のみとし、新規での売りは建てないよう変更している。今後入れるかどうかは未定。偶然にも始めた時期がよかったのであろう、事前に想定した運用成績を超えることが出来ている。おそらく、長期運用を続けていくうちに不調期が訪れ、最終的には想定した成績 [続きを読む]