映画大好き人間 さん プロフィール

  •  
映画大好き人間さん: 海外ドラマ ネタバレ・感想
ハンドル名映画大好き人間 さん
ブログタイトル海外ドラマ ネタバレ・感想
ブログURLhttp://kaigaidoramaeiga0276.seesaa.net/
サイト紹介文大好きな海外ドラマや映画のネタバレをして自分の感想も書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供139回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2016/08/14 14:28

映画大好き人間 さんのブログ記事

  • エージェントオブシールド S4 11話 目覚め
  • 5日前。コールソンと別れたメイはエイダを迎えに行こうとするとラドクリフがメイを引き止める。メイがダークホールドを葬るつもりであり、ラドクリフら他の人物が触れるのもメイは拒絶する。ラドクリフはメイと別れた後、エイダにサンセットプロトコルの起動を命ずる。エイダはメイを出迎えて彼女を気絶させ、あらかじめ作成していたメイのアンドロイドに記憶を転送して本物のメイを閉じ込める。1日前。メイは仮想空間での違和感に [続きを読む]
  • ピエロがお前を嘲笑う ネタバレ
  • フーアムアイというハッカー名を持つベンヤミンは警察に自首する。ボーマー捜査官は彼の調書を撮り始め、ベンヤミンは4個の角砂糖を1つにするといったマジックを交えて自分の生い立ちから話し始める。悲劇のスーパーヒーローのように両親がいなく祖母の介護をしながらプログラミング言語を学びハッキングを覚え、ハッカーの中では神と同一視されるMRXという人物に憧れる。祖母の唯一の宝は祖父が第二次大戦から持ち帰った薬莢だけ [続きを読む]
  • エージェントオブシールド S4 10話 パトリオット計画
  • メイスは市民が見守る中、潜入調査で命懸けで市民を守ったデイジーことクエイクにありがとうという言葉をかける。コールソンたちは周囲の警戒を行い、その場にはタルボットも来ていた。屋上からメイスを狙った狙撃が行われるもメイスは自力で防いで市民を避難させる。フィッツはラドクリフに当分の間シールド本部に来ないよう告げる。実験的使用の替え玉であるメイがもし疑われたらとラドクリフは不安になっていた。捕まえた狙撃手 [続きを読む]
  • エージェントオブシールド S4 8話 地獄の法則
  • イーライは部下たちに手下の身体から鉱物を出現させて怯えさせる。イーライは危険人物で関係者はLAを封鎖するなどの厳戒態勢を敷く。メイスはコールソンたちを連れ戻したエイダに協力を要請するがコールソンから彼女がアンドロイドだと聞かされる。ウルトロンの二の舞だと動揺するが今はそれしか方法はなく、任務が終わったら解体すると言い放つ。そして無敵のロビーやデイジーをマスコミに見られないように協力させることも許可す [続きを読む]
  • エージェントオブシールド S4 7話 悪魔との取引
  • メイとマックがコールソンとフィッツ、ロビーを探すも蒸発したかのように消えていた。シールドの隊員がイーライを見つけるもイーライの物質を作り出す能力で一瞬のうちに隊員全員の身体を炭素の槍が貫通して絶命する。シモンズは極秘任務で石化した人物の解析を頼まれる。7ヶ月もテリジェネシスの途中でありこれが誰かは伝えられず、何になるかを研究しなければならない。死んだ中国系マフィアのチェンはイーライと同じ刑務所であ [続きを読む]
  • エージェントオブシールド S4 5話 衝撃の告白
  • ジョセフとルーシーはダークホールドを見つけ、本は人それぞれ見ているものが違うことを知る。ジョセフにはドイツ語、ルーシーには英語で書かれているように見え本が人を読んでいるのではとジョセフは言う。現在。ジョセフはコールソンとマックが化け物に見えてダークホールドを元の場所に埋めたと話すと心停止してしまう。ルーシーは本を見つけて本に触れるも読み取ることは出来なくなっていた。コールソンとメイは刑務所署長にイ [続きを読む]
  • エージェントオブシールド S4 4話 炎の2人
  • シモンズはフィッツとの新居候補の家を見に行くとそこには傷ついたデイジーがいた。コールソンはモーメンタム研究所での秘密のプロジェクトの事故について服役中のロビーの叔父、イーライに話を聞く。イーライは協力的ではなく、マックは偶然にも近くを訪れた燃える男ロビーを見つけてコールソンと車で追って捕まえる。デイジーはシモンズを無理矢理に協力させてシモンズの会社のエージェントアルビーが毎日インヒューマンズ の更 [続きを読む]
  • エージェントオブシールド S4 1話 ゴースト
  • 武装した男たちは車で何かから逃げる。次々と不思議な現象が起き始めて男たちが怯えて銃を乱射する。デイジーは現場に現れて男の1人を倒すが男から助けてくれと懇願される。男は既に腹を怪我しておりその場に倒れると一台の車が現れる。男たちが放ったロケット砲がその車に命中するも炎に包まれながら男たちの車に激突する。車から降りて来た人物は男たちを血祭りにあげながら男の1人をトランクに入れて連れ去って行く。デイジーは [続きを読む]
  • ブラックパンサー ネタバレ
  • その昔、ヴィブラニウムという宇宙一硬い鉱石がアフリカに落下し植物にまで影響を受けた。5つの部族の争いが続く中、ある戦士がパンサーの女神バーストに導かれハート形の神秘のハーブを見つけた。そして彼は超人的な筋力、スピード、直感力を得て初代の国王ブラックパンサーとなり4つの部族をまとめた。残ったジャバリ族は山に引きこもった。ヴィブラニウムのおかげでワカンダはどの国よりも進歩したが世界は混乱状態になりヴィブ [続きを読む]
  • デッドプール2 ネタバレ
  • デッドプールはローガンのラストシーンを模したオルゴールにスイッチを入れてガスを充満させて燃料タンクの上で寝そべり、タバコの火を引火させて大爆発を起こしてバラバラに。6週間前。世界中の悪党を刈っており、悪党ゲイルをパニックルームへと逃がしてしまう。恋人のヴァネッサとの記念日に悪党の襲撃がありヴァネッサを殺されてしまう。コロサッスはバラバラになったデッドプールを屋敷へと運ぶ。文句を垂れるデッドプールに [続きを読む]
  • レジェンドオブトゥモロー シーズン2 最終話 チームの絆
  • リップはタイムシップを操縦してタイムシップが小さくされていることに気づく。そしてチームを発見し、スターラボにあるアトムスーツを回収してタイムシップを元どおりのサイズに治す。スターラボを突き破り1916年のソンムの戦いへと向かうのであった。チームは自分たちと会わずにチームの任務の手助けをするという。運命の槍をキリストの血で破壊すれば自分たちは時空の歪みによって消えてしまうとリップは言う。レイはキリストの [続きを読む]
  • レジェンドオブトゥモロー シーズン2 第14話 月面着陸
  • 1965年のマンハッタンにリップはコマンダーに運命の槍を守る任務を任せる。妻や幼い子供たちは自分が任務で死んだと思うだろうとコマンダーは世界を守るために遂行する。チームはカメレオンの異名を持つコマンダーを見つけられずにいたが、資料からNASAに勤務していることを知る。NASAに潜入し、リップはコマンダーに話しかけるが突如殴られて追い出されてしまう。リップは取り調べを受け、チームはコマンダーと再開を喜び合う。運 [続きを読む]
  • レジェンドオブトゥモロー シーズン2 第12話 円卓の騎士
  • 3000年のデトロイト。運命の槍の1つを守るJSAのチャールズの元にリップが訪れて力ずくで槍を奪おうとする。チームはチャールズの死体を発見する。ビクセンはリップを逃したサラを攻め、次のパーツが507年のブリタニアにある事がわかりそこへ向かうことに。ロリーはシュタインがチャールズの研究所から未来の機械を盗んでいるのを見抜いて褒める。チームは騎士グィネヴィアに連れられてアーサー王がいるキャメロットへ連れられる。 [続きを読む]
  • レジェンドオブトゥモロー シーズン2 第13話 本当の自分
  • 最後の1つの槍のパーツはネイトの祖父が持っており、彼の居場所を探る。リップはギデオンを操り船のコントロールを制御不能にして脱出してメダルを手にする。ネイトたちはリップを捕まえるが彼はメダルを破壊する。自爆プロトコルが起動されてギデオンを再起動させて防ぐがタイムシップはコントロールを失って紀元前69997983年の白亜紀に墜落する。そこはレイが当初飛ばされた時代であった。タイムシップの誘導コアが外れて落下し [続きを読む]
  • レジェンドオブトゥモロー シーズン2 第9話 失われた記憶
  • 6ヶ月前。船の破壊は間逃れたがリップは床の一部分を剥がして朽ちた槍を取り出す。それはギデオンすらも知らぬ物でギデオンを強制シャットダウンさせ、呪文らしきことをつぶやき、船のコアにリップは触れる。シュタインはロリーの独り言を聞いてスナートの幻覚を見ていることを知る。ロリーはシュタインに誰にも内緒で治すように頼む。例のアミュレットが紀元前30年頃の物でマンガン、銅、亜鉛を含有。いわゆる青銅でありローマが [続きを読む]
  • レジェンドオブトゥモロー シーズン2 第8話 ギャングの街
  • 1927年シカゴ。ダークとイオバートソーンはギャングのボスであるアルカポネに新メンバーであるマーリンとともに協力すると申し出る。シュタインは歴史の歪みで出現した娘リリーが気がかりで仕方がない。チームは1927年に歪みを検知し向かう。アルカポネの敵のエリオットネス捜査官を発見してレイは護衛をすると言うも警官が現れて彼を護衛する。ネイトはシカゴの警察にはアルカポネの息がかかっていて罠だと言い跡を追うがシュタイ [続きを読む]