万博パパ さん プロフィール

  •  
万博パパさん: 万博公園の楽しみ
ハンドル名万博パパ さん
ブログタイトル万博公園の楽しみ
ブログURLhttp://banpakuhana.seesaa.net/
サイト紹介文万博公園の楽しみいろいろ(*^▽^*)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2016/08/14 22:52

万博パパ さんのブログ記事

  • 万博公園の楽しみ」今回は、バン「鷭」を紹介します
  • 今回は、バンという鳥です。漢字で書くと「鷭」という字を書きますバン「鷭」とはちょっと変わった名前ですが、名前の由来は定説ではないですが、田んぼに棲みついてまるで田んぼの見張り番をしているように見えるので、ついた名前と言われているそうです田んぼや池、沼地に棲み、虫や植物の実などを食べているそうですこの写真は、白い尾羽をグッと上に持ち上げて泳いでいます。おそらく後にいるメスにアピールしているのでしょう [続きを読む]
  • 万博公園の楽しみ」今回は、優雅なはばたき「アオサギ」です
  • 今回は、美しいアオサギのはばたきです。この場所で、鳥さんを待っていると、アオサギがやってきました。いばらく、たそがれていましたが、やがて 退屈したのか大きいあくびをして、どこかへ飛んで行ってしまいました。万博公園で見る事ができる、一番大きい鳥が「アオサギ」です今回は、シャープにピントが合っていると思います。1時間以上待っていましたからこの間にカワセミが前の枝から2回ダイビングしていました。カワセミ [続きを読む]
  • 万博公園の楽しみ」今回は、湧き上がる水
  • 今日は、ある条件が重なった時この様に、万博の池の水が湧き上がるようなことがあります。さて、なぜこんなことになるのでしょうか?ちょっと時間をさかのぼってみましょう数分前、この様にアオサギとシラサギが柵にとまってくつろいでいました。そこに、幼稚園のちびっ子たちが遠足にやってきました。ちびっ子たちのワーワーと歓声がすごいので、白鷺はいやになったのか反対側に体を向けて、どこかへ飛んで行ってしまいましたその [続きを読む]
  • 万博公園の楽しみ」今回は、鳥さん 白鷺です
  • バードウォッチングというほどではありませんが、白鷺の美しい「はばたき」をお届けします。見慣れている鳥ですが、この様に一つ一つを形に撮ると、それぞれに美しいと思いませんか?(ピントが今一つですが、急に飛び上ったのでご容赦ください。この埋め合わせは後日...)これは、上の写真から順に、飛び上る時の連続撮影です。いかがでしたか鳥が羽を広げると、それぞれに美しいですね!まるでダンスをしているようですね!! [続きを読む]
  • 万博公園の楽しみ」今回は、カエル(蛙)
  • 今回は、カエルです。こんなカエル(蛙)も万博公園に棲んでいますこの写真で大きさがわかりますか?実は、5〜6cmありますこの写真でおおよその大きさが想像できると思います。最初は、でかいアマガエルだ!とびっくりして、娘にメールするとあっさり否定されました。「それはモリアオガエルだよ」ですって!このカエルは森の木の上に住んでいるそうです。吸盤が写真のように大きいと思っていたら、木の上に棲むから吸盤が発達 [続きを読む]
  • 万博公園の楽しみ」今回は「秋の彼岸花」
  • 万博に彼岸花(ひがんばな)が咲き始めました。この写真は、大きいプラタナス並木がある西大路の中ほどに咲いています。これから、最低気温がもう少し下がってくると、ぶわっと咲くでしょう写真を綺麗に撮るには、撮りたい綺麗な形の花を見つけたら、背景(色、状態)を気にしながら、撮る角度も変えながら撮ってください。この花はもろいので触らないようにご注意ください。触るとすぐに痛みます。他の方、次の方も気持ちよく見れる [続きを読む]
  • 万博公園の楽しみ」今回は、バードウォッチング「イカル」です
  • 今日は、バードウォッチングです。この鳥は、「イカル」といいます。漢字では、「斑鳩(イカル)」と書き、法隆寺がある斑鳩の里のイカルです。北海道から九州まで日本全国で見られますが、なぜか「イカル」の名前がついています。「聖徳太子」がお気に入りの鳥だったそうです。大きさは、文鳥より一回り大きいサイズ、スズメより二回り大きい全長23cmくらいです意外に大きい、小鳥サイズを少し超えています太く大きなくちばしが [続きを読む]
  • 万博公園の楽しみ」今日はトーテムポールです
  • 今日はちょっとかわったものを紹介しますこの写真 なんだかわかりますか?「トーテムポール」といいます。「なに!題名にあった」はっはっはこれの大きさは、4〜5mあります北アメリカ大陸 先住民の多くが作る彫刻の柱のことで、先祖から代々伝わる神話や伝説、戦、婚姻、葬式など、その家の歴史を氏族と縁の深い人や動物などに表して柱に刻んだ「紋章」と考えられています万博開催以来のトーテムポールがまだ立っていました。 [続きを読む]
  • 万博公園の楽しみ」まだまだ蓮は咲いています
  • 蓮はまだまだ楽しめますよこの様に小さい蕾(つぼみ)が、つぎつぎできているのでまだ、10日ぐらいは楽しめると思います蓮の花を撮っていたら、突然手前の水面にウシガエルが現れました。目と目があったのですが、カエルは何故か動かないでじっとこちらを見ていました。ウシガエルは、人の拳(こぶし)くらいある大きさです。「モー、モー」と鳴いているのは、このカエルです。この写真のなかに何が見えるでしょうかすごく小さいも [続きを読む]
  • 万博公園の楽しみ」向日葵の開花
  • 万博の向日葵(ひまわり)が見頃を迎えていますまだ、ひまわり畑全てが開花してはいませんが、十分楽しめます。皆さん、向日葵の中で記念写真を撮っています。この花は、見ていて元気が出てくように感じる花ですね夏なのでもちろん暑いですが、まわりには大きい木がたくさん木陰をつくっているので、暑いと思ったら無理をしないで、木陰で涼んでください。また、近くには(ひまわり畑のすぐ北側)カフェレストランもありますよひま [続きを読む]
  • 万博公園の楽しみ」今回は 鳥です
  • 今回は、バードウオッチングです。この鳥を知っていますか?「カワウ(川鵜)」です万博公園の鳥の中では、怪鳥と言ってもいいくらい黒くて大きくて顔が普通ではありません。これが顔の拡大です姿の外観は黒っぽいですが、顔はこの様に意外とカラフルです。目が特徴だと思います。薄い黄緑色でとても美しいですが、くちばしの先端がかぎ状になっていて、捕まえた魚は逃がしません。見ていると、すぐに潜ってしまいました。水から顔 [続きを読む]
  • 万博公園の楽しみ」蓮の花その後、楽しみいろいろ
  • 万博公園、日本庭園の蓮池は数種類の蓮が咲き乱れています蓮は花が大きくゆったりと咲いているので、見ていると何か優雅な気分にさせてくれます。↓蓮池への通路横や近くの草むらには可愛い蝶々が出迎えてくれます↓この蓮池にはチョウトンボがひらひらと舞っています。このトンボは、光の当たる角度により 青色やピンクや虹色に輝きます。皆さんも撮影にチャレンジしてみてください。飛び立ってもあわてないで待っていてください [続きを読む]
  • 万博公園の楽しみ」いよいよ蓮の花が咲き始めました。6/24速報
  • いよいよ優雅な蓮の花が、万博公園−日本庭園の蓮池に咲き始めました。30以上咲いていたと思いますが、20個まで数えましたが、その先は面倒になって数えませんでした。では、6/24(土)の蓮花をお楽しみください時間は、11:30頃で少し遅かったのですが...少し遅く行ったので、元気な蓮は花びらを閉じ始めていました。どうですか?ピンク色、白色、先の方がピンク色など数種類の蓮が咲いていますこの時間は11:30ころだったので [続きを読む]
  • 万博公園の楽しみ 【蓮花の開花予想】
  • いよいよ 蓮の花が咲くシーズンがやってきました。個人的には一番好きな花です。大きくて、優雅で、セクシーな感じの丸みと淡い色合いのグラデーションがとても気に入っています。昨年より1週間程度は遅い感じですが、蓮のつぼみが写真のようにずいぶん大きくなってきました。来週末(6/17,18頃)頃には、ちらほら咲き始めると思います。まだまだ、朝晩の気温が低いので、この最低気温しだいですねところで、蓮池をまだ知らない方 [続きを読む]
  • 万博公園の楽しみ【蓮花、スイレンの花の楽しみ時間】
  • これから初夏の花のシーズンになります。その代表的な花が、蓮の花とスイレンです。この花を見に行くときは、時間に注意してくださいスイレンはもう咲いていますが、夏にかけて次々と咲きます。蓮とスイレンは、ちょっと変わっていて昼間ずっと咲いているわけではありません。昼11時〜12時頃から花びらが閉じ始めて13時頃にはほぼ閉じています。まず、スイレンはこのようになります。花が水面にも写っていて、美しいですね11時頃そ [続きを読む]
  • 万博公園の楽しみ」春の花盛り 菖蒲
  • 万博公園の 花情報5/27の「菖蒲田」速報です日本庭園内東にある蓮池周囲の菖蒲田に菖蒲が咲き始めました今は3部咲き程度ですが、6/3頃にはほぼ満開近くになるでしょう追加!に、紫陽花(アジサイ)も6/3頃には、いろいろ咲き始めます前回の藤棚から見るとこの様に見えます。写真奥が蓮池で、手前に菖蒲田が見えます菖蒲田には、田のなかに通路があり、間近で菖蒲を楽しめますよ今 咲いている菖蒲はこのようですが、これからピンク [続きを読む]
  • 万博公園の楽しみ」春の花盛り 藤
  • 万博の藤の報告です(藤の花は既に5月連休で終わっています)万博の今年の藤は、見事に咲いて 色も綺麗でした藤棚は、日本庭園に3ヶ所あります。日本庭園正門を入って、左側へ行くと100mくらいで見えてくる「州浜」(すはま)に2つあります花はもう散っていますが、この道の先に見えていますあと2か所は、正門を入って右へ行くと200mくらい先に1か所あります。最後の1ヶ所は、日本庭園東の端にある蓮池北側の少し小高い所にあ [続きを読む]
  • 万博公園の楽しみ」春の花盛り<br />その④ ポピー です
  • 今回は、「ポピー」の開花情報です(最新5/14)とはいえ、「咲いた!」というのではなく、「まだ、咲いている!」という最新情報です。ポピーの咲いているところは、万博の西の方にある「花の丘」です満開の時のポピーを下に2枚紹介します(この状態は、もうありません。また来年までお待ちください)今の状態は、下の様なのですが、 ...撮り方によって、この様ないい雰囲気にもなります。そして、こんなバラのようなポピーも [続きを読む]
  • 万博公園の楽しみ」春の花盛り<br />その③ サツキ
  • つぎはサツキです。万博公園内にツツジはいたるところで咲いていますが、サツキは、若干少なめです。でも、あちこちに咲いています。今回の写真は、「春の泉」と「ひょうたん池」で撮っています。サツキを紹介するついでに、花の撮り方についても紹介します上の様にただ「綺麗」と撮っても、色はきれいですが、花の一つ一つが埋もれています。少し目線の位置を下げて水平にみると、下の様に花が浮き出てきますもう一つピントの合わ [続きを読む]
  • 万博公園の楽しみ」の<br />春は、色々な花が咲き乱れます
  • 春は、公園内も花盛りです。今年は、少し遅くなったので、開花情報ではなくいろいろな花の紹介をします。5月連休中に終わってしまいましたが、まず「菊桃」を紹介します。江戸時代からある花だそうです。菊のような花びらであることから「菊桃」と呼ばれます桃の実がなります菊桃の木の場所は、日本庭園正門前(南側)バラ園の西側の通路横にあります。見逃した方は、これから実のる 桃の実を見るか、来年の花を楽しみにお待ちく [続きを読む]
  • 桜 その② 変り種
  • 遅い桜情報ちょっと変り種の桜まず、八重さくらの老木です次は、カラフルなバラのような桜です桜の最後は、「枝垂れ桜」ですこの花がキュートで、今年から大好きになりました。ソメイヨシノの様にあっさりしていなくて、少し艶やかで八重桜の様にしつこい花びらではなく 色も美しい!!いかがでしたか?この枝垂れ桜は、今年の冬に植えられています場所は、「西大路」にほど近い 「桜の流れ」という所に柳を数本撤去して10本くら [続きを読む]
  • 一ヶ月ほどお休みしていた、「万博の楽しみ」です春 その①少し遅いですが、まず 桜からこんな幹の所の桜はとてもけなげに見えませんか?桜の豆知識:上の桜の花には中心の色が濃いくなっているものがありますが、「この花はもう少しで散ります」1日以内に散るでしょう。中心の色が花びらと同じように薄い色の花は、まだまだ元気で「まだ散りません」2,3日は咲いています下のような葉桜もきれいですね私は、この葉桜の若葉色 [続きを読む]