湖畔びとのつぶやき (WHISPER OF LAKEMAN) さん プロフィール

  •  
湖畔びとのつぶやき (WHISPER OF LAKEMAN)さん: 湖畔びとのつぶやき 
(WHISPER OF LAKEMAN)
ハンドル名湖畔びとのつぶやき (WHISPER OF LAKEMAN) さん
ブログタイトル湖畔びとのつぶやき (WHISPER OF LAKEMAN)
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kohanislakeman2016
サイト紹介文Life & universe & Japan & daily life
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2016/08/15 15:03

湖畔びとのつぶやき (WHISPER OF LAKEMAN) さんのブログ記事

  • 第75話. 田舎のデメリット
  • 湖畔人です。野鳥や景観など田舎に住むメリットも多いのですが、一方、死角、人が見ていない場所も多いので、その分、人の醜い本性が剥き出しになる場所でもあります。とくかくゴミのポイ捨てが多いのです。都心ではあまり見ませんが、毎日新しいゴミが道路に、湖畔の土手に、裏路地にポイポイと捨てられているのです、コンビニを利用し湖畔で楽しんだ後にゴミを持ち帰らずにポイ捨てをした印象です。一部産業廃棄物らしき物もあり [続きを読む]
  • 第74話. 冬の湖畔の鳥達②
  • 湖畔人です。今日も少しだけ時間が取れたので日没までの時間、急ぎ足で湖畔を見れたのですが、相変わらずタゲリがトラクターの周りで戯れていました。今日は3羽も見付ける事が出来ました。タゲリだけでなくツグミやハクセキレイ、ムクドリ等も一緒に耕された畑の表面に出て来た虫やミミズを一生懸命啄んでいました。飛んでいたタゲリが急降下して来たので、多分トラクター=餌が豊富と認識しているのでしょう。賢い鳥達です。前話 [続きを読む]
  • 第73話. 気になった音楽⑥ 2002 『Suddenly Yours』
  • 湖畔人です。NHKのニュースを見ると、ここはCNNか中国の国営放送か?と思う程、反トランプ氏の姿勢を崩さず、トランプ氏に関するネガティブな情報を大袈裟に扱うし、米軍の沖縄での過失をこれでもかと騒ぎ立てており、この局は一体どこの国の利害を代表しているのだろう?といつも不思議に思うのです。沖縄から米軍がいなくなって喜ぶのも、トランプ氏が失脚して喜ぶのも2020年には沖縄も台湾も中国に併合したいと明言する中国でし [続きを読む]
  • 第72話. 冬の湖畔の鳥達
  • 湖畔人です。以前も申し上げた通り、タゲリという渡り鳥の観察を冬の楽しみの一つにしているのですが、今も週末に小一時間でも時間が取れれば、タゲリを探しに湖畔に出掛けています。ただ、この時期になると、彼らが渡来して来た頃に見せる団体行動とは違って、彼らも単独行動を取り始めるので、彼らを探すのがかなり難しくなります。ただ、一つだけ高確率でタゲリを見つける方法がありまして、それはトラクターが土起こしをしてい [続きを読む]
  • 第71話. 素材を最大限に活かす(国編①)
  • 湖畔人です。前話でも、前々話でも、人としての自然な欲求に基づいて、まず自分を愛し、自分の家族を愛し、自分が属する会社や自治体や国を愛し、等々と、愛する対象を自分から段々周辺に広げてゆく自然な関心対象の拡大について触れましたが、今回は、国、日本人と日本国についてです。国も個人と同じく、与えられた素材を最大限に発揮したいと思うのです。せっかく頂いた大切な素材です。人材も国土も全て活かし切り、使い切り、 [続きを読む]
  • 第70話. 素材を最大限に活かす(自分編)
  • 湖畔人です。前話でも、人としての自然な欲求に基づいて、まず自分を愛し、自分の家族を愛し、自分が属する会社や自治体や国を愛し、等々と、愛する対象を自分から段々周辺に広げてゆく自然な関心対象の拡大について触れましたが、まずは、一生係っていく所の、この“自分”と言う対象をしっかり活かし切り、有効活用していかんとする事が大事だと思うのです。せっかくいただいた自分と言うこの素材です。死ぬまで付き合うこの自分 [続きを読む]
  • 第69話. 2018年 新しき年を迎えて 
  • 湖畔人です。2018年が始まりましたね。今年も色々ありそうな年ですが、一般人としては、やはり、人としての自然な欲求に基づいて、大切な事、守るべきものをしっかり意識しながら行動して参りたいと思っています。自然な物の考え方として、まず自分を愛し、自分の家族を愛し、自分が属する会社や、自分が属する自治体を愛し、自分の国を愛する、そして、アジアをも愛し、世界が平和である事を祈る、そしてそれら全てを作りたもう神 [続きを読む]
  • 第68話. 今年ももう終わり
  • 湖畔人です。後数十分で2018年ですね。何かドタバタしている内に、あっと言う間に過ぎて行った忙しい一年でした。北は相変わらずの膠着で、アメリカが動く気配はまだありませんね。心配です。放置すればさらに状況は悪化しますので、段々心配になって来ました。最近頻繁にトランプ氏にキッシンジャー氏がアドバイスをしていると聞きます。これが正直、嫌な予感がするのです。霊感とは無縁の私ですが、直感位はありまして、その直感 [続きを読む]
  • 第67話. 気になった音楽⑤ Tears For Fears 『Shout』
  • 湖畔人です。気になった音楽5回目は、ティアーズフォーフィアーズの『シャウト』です。北も今後どうなるか予断を許しませんが、これからもずっと、神を否定し恐怖と快楽で人をコントロールせんとする唯物主義者達、共産主義者達との戦いは続いて行きます。その戦いに負ける事が無いよう、神を信じ愛を重要視し自由を尊び人々の中の神性を見出さんとする一群が必ず勝利するよう、そして中共の専制政治、恐怖支配からの解放と自由の [続きを読む]
  • 第66話. 少し前進 巡航ミサイルと陸上型イージスとシェルターの検討
  • 湖畔人です。日本政府が、射程900キロ超の長距離巡航ミサイルの導入と、その搭載を可能にする戦闘機への改造の検討を始めると公表しましたね。来年の予算に調査費を計上する検討を始めた、という事でまだ調査の検討か、と思いますが、でも遺憾しか言わないよりはマシですね。また、イージス・アショア(陸上型イージス)の導入も決まったようですし、自民党内にもシェルター整備の推進をする方針が示されました。やっとか、と言う [続きを読む]
  • 第64話. 気が付けば最終段階 亡国への道
  • 湖畔人です。北が全米を射程に出来るICBMの実験の成功に続き、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験の兆候を見せていますね。普通に考えれば、この実験が成功すれば、海に潜って行方をくらませ好きな場所(例えばハワイ沖とか、サンフランシスコ沖とか)から突如核攻撃ができる様に成りますので、潜水艦がステルス性を保てる限り敵地先制攻撃も無理になりますし、もうこれで北は無敵となります。ある意味日本が本来獲得すべきだ [続きを読む]
  • 第63話. 正しい英断 ミニストップ
  • 湖畔人です。大手コンビニチェーンのミニストップが、来年から全店舗での成人雑誌の販売中止を決めたそうです。これは大変素晴らしい決断だと思うし、出来ればもっと早く実現してほしかった位です。以前、第6話の嫌いな事(1)でも伝えた通り、一般人が毎日使う小売店にこれほど大量の成人誌を置いたコーナーが存在する国は日本以外にありません。日本だけに見られる特異な状況です。他の国では見たことがございません。そう言った類 [続きを読む]
  • 第61話. 冬の湖畔② 蓮田の色彩
  • 湖畔人です。この秋は殆ど週末晴れる事がなく、いつも曇っていてグレーの空の下、色彩の無い湖畔の魅力は半減どころか10分の1程度に減少し、あんまり湖畔の自然を堪能できなかったのですが、ここ最近の週末は二週連続でとても綺麗な夕空でしたし、休日だった本日も午後遅くから綺麗な青空が広がり、ワンシーズンで一度か二度お目にかかる事が出来る様な、“可能ならこの瞬間を永遠に留めておきたい”、と思わせられる様な美しい夕 [続きを読む]
  • 第59話. 霊性をベースにした普段の生活①−悪意を持つ人との対峙法と祈りについて
  • 湖畔人です。以前第50話でもお話しした通り、このブログにおいては、様々な教えの最大公約数的な真理として、人類が霊的な存在であり、神仏の子であり、転生輪廻の中、様々な経験をこの物質世界で積み、霊性の獲得を目指している存在だと想定していて、その視点から見て、どう世界を見るのが正しいのか、どう生るべきなのかと言う事を考える契機にして行きたいと述べましたが、今日は、ではそう言う思想の元、実際、普段の生活にお [続きを読む]
  • 第57話. 初タゲリ
  • 湖畔人です。今年初のタゲリを確認しました。20羽くらいで固まっているので、また渡来して間もない感じです。相変わらず愛らしい姿を見せてくれます。実をいうと先日欧州の田舎で先に目撃していたのですが、やはり地元で見るは格別です。これから4か月、楽しませていただきます。癒されます。湖畔人 [続きを読む]
  • 第56話. 秋も本番 遅い選挙のレビューとトランプ氏の来日
  • 湖畔人です。また気が付けば一ヵ月が矢の様に過ぎてしまいました。忙しく休む間もなく体も悲鳴を上げています。そんな中、衆院選はとっくに終ってしまいましたが、思いの他、小池さんの勢いは抑えられ、自公が圧勝した結果でした。彼女に特に明確なポリシーがある訳では無く、あくまで清潔感、透明感が現存する権力者より多少勝っている、と言うイメージ戦略だけで戦うことを得意としている政局の人だという事が多くの人に気付かれ [続きを読む]
  • 第54話. 日が短い
  • 湖畔人です。9月はとても忙しく、大好きな湖畔の散策もできず、やっと、今日の夕方時間が取れそうだと思い、5時半頃、買い物ついでに湖畔に向かうと、もう湖畔の田園は薄暗く、鳥も何も良く見えないのです。つい先日までは5時半と言えばまだまだ明るく十分バードウォッチングが出来る時間帯だったはずなのに、気付けばもう10月、日も短くなり、5時半でもう日が落ち、薄暗いのです。何かガッカリだし、時が経つ速さに驚いています。 [続きを読む]
  • 第53話. 祝・9秒台
  • 桐生選手、やりましたね。日本人で初めて9秒の壁を破った男となりました。スゴイ!ご存知の通り、今の日本陸上短距離男子はタレントが豊富で、所謂、群雄割拠状態です。サニブラウン選手、山県選手、ケンブリッジ選手、多田選手と、誰が最初に9秒台を出しても不思議でない状態でした。その中で、陸上の神は、桐生さんに微笑みかけましたね。桐生選手は世界選手権の100m日本代表から外されており、腐ってもおかしくない状況でしたが [続きを読む]
  • 第52話. 『Guess I'm Dumb』
  • 湖畔人です。物騒な状況がやって来る前に以前から一度やってみたかった音楽に関するブログです。私は、無類のPOPS好きなのですが、今日は、夏の終わりを感じさせる曲の一つについてのお話です。子供の頃は、湖畔ではなく、海辺に住んでいたのですが、周りにはビンテージのビートルやカルマンギアにサーフボードを載せて走るハイセンスなお兄様やお姉様方が沢山いらして、彼らが聴いていたのが、山下達郎さんや大瀧詠一さん、それに [続きを読む]