ふたみ伸吾(しんご) さん プロフィール

  •  
ふたみ伸吾(しんご)さん: パンとともにバラを
ハンドル名ふたみ伸吾(しんご) さん
ブログタイトルパンとともにバラを
ブログURLhttp://shizuku5342.blog45.fc2.com/
サイト紹介文Author:ふたみ伸吾 二見伸吾 パンとともにバラを
自由文Author:ふたみ伸吾
二見伸吾
日本共産党 府中町政策委員長
広島県労働者学習協議会 講師
広島県九条の会ネットワーク 事務局員

人間らしく生きるために必要なのは、「パン」に象徴される物質的な豊かさと「バラ」に象徴されるゆとりと文化。------  この生きづらい社会を少しでもよくするためにみんなで考えたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2016/08/15 16:22

ふたみ伸吾(しんご) さんのブログ記事

  • 平成29年度決算についての意見表明
  • 月7日から始まった平成30年第4回府中町議会定例会が9月19日終わりました。本会議での平成29(2017)年度決算に対する賛成討論をしました。以下、その討論原稿です。 第54号議案「平成29年度府中町歳入歳出決算の認定について」に賛成の立場から討論いたします。◆歳入――引き続き、人権を守り生活に配慮した徴税を歳入についてですが、一般会計の町税の収納率は昨年度より0.1ポイント下がったものの98.3%です。平成28年度決算審査 [続きを読む]
  • 榎川氾濫と治山・治水 2018年9月議会
  • ふたみ伸吾議員 7月6日から西日本を中心に激しい雨が降り、土砂崩れや水害が相次ぎました。中国5県で178人、広島県は113人の方が亡くなっています。府中町では、10日、土砂と流木が寺山橋でせき止められ、榎川が越水し本町3丁目に濁流が流れ込みました。町内の住家被害は全壊2件、半壊17件、一部損壊50件、床上浸水7件、床下浸水54件となっています。人的被害がなかったのは幸いでした。今回の災害について湯崎英彦 [続きを読む]
  • こうして出来た「いのちをうたおう」日本語詞
  • ◆大晦日に届いたメール2017年12月31日、私(二見伸吾)は実家でビールを飲みながらぼんやりとしていました。そこへ畏友、大熊啓さんからメールが届きました。「Singing For Our Lives」の日本語詞をつくるので手伝って欲しいという内容です。これまで「どすこい」のオリジナルも第1稿は私が書いてきましたが、相方、栗栖慎一とやりとりし、練っていきますので完成品は第1稿の痕跡が残らないこともしばしば。どんどん変わっていく [続きを読む]
  • 3月議会 一般質問は「子どもの貧困」対策です
  • 一般質問は16日(金)と19日(月)の2日間で、私は19日の2番目の予定です。私は「子どもの貧困」対策について取り上げます。府中町は人口5万2千人ですが、発言通告にもあるように、0歳から18歳までの子ども約9700人のうち2000人〜2500人が貧困状態にあります。ここまで深刻化した原因は安倍政権にありますが、町として打てる対策はなんでもして、子どもたちの苦難を少しでも減らさなければなりません。議会は9時半から始まります [続きを読む]
  • 12月議会 一般質問 たいきじどうかいしょうのために
  • 私の一般質問は19日のお昼前後の予定です。質問時間に決まりがないので、何時になるかは分からないんですね。ビラにもあるように保育園の待機児童問題について質問します。1.待機児童問題とは何か2.府中町の待機児童数は深刻な事態3.南保育所廃止の経緯について4.町の待機児童対策5.公立保育園の復活をというのが講演、いや質問の柱です。質問項目は①府中町の待機児童数(128人)は、就学前児童数比で深刻な状況にある [続きを読む]
  • 国保税が5万円も上がる!?
  • 広島県が公表した国保事業費納付金及び市町村標準保険料の試算(平成29年8月31日現在)の結果について、11月24日、府中町議会全員協議会で報告がありました。私は、今年の町議会で国保について2度、一般質問しました(3月議会、6月議会)。国保の県単位化に伴い、国保税が値上げされることについて危惧の念を表明してきましたが、町は「うちはもともと高いから、安くなるかもしれない」というような楽観的な見通しを示してきまし [続きを読む]
  • なんとかしたい!府中南小のトイレ
  • 10月18日、総務文教委員会で現地踏査をしました。①府中南小のトイレの視察、②府中中央小の学童保育施設の視察、③給食の試食がその内容です。まず、担当課長から町全体の学校のトイレについて説明がありました。……以下、下記リンクを 。なんとかしたい!府中南小のトイレ [続きを読む]