みすたーオート さん プロフィール

  •  
みすたーオートさん: オートレースの法則
ハンドル名みすたーオート さん
ブログタイトルオートレースの法則
ブログURLhttp://autoracenohousoku.blog.fc2.com/
サイト紹介文オートレースを中心に競馬・競艇・競輪の予想を毎日公開中。本命から大穴車券の狙い方まで完全ガイドします
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供95回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2016/08/16 06:38

みすたーオート さんのブログ記事

  • 2017年10月13日(金) 飯塚オートレース 予想
  • 仕事から帰宅して驚いた。なんと2日目は降雨なし。最終レースこそ小雨斑走路の公式発表だが、終日絶好の良走路でレースが行われていた。そんな中、初日からの連勝ゴールを決めたのは荒尾聡ただ一人。今節は心機一転で新車に乗り換えており、それが功を奏した格好だ。他では田中茂や佐藤貴也、軽ハンの佳元光義らが好仕上がり。一方、金子大輔と篠原睦は優出こそ決めたが、機力は今一つの状態で、どこまで立て直してくるかが焦点と [続きを読む]
  • 2017年10月12日(木) 飯塚オートレース 予想
  • 本日から飯塚での3日間シリーズが開幕。明日の2日目は5R以降で準決勝戦が行われ、勝者のみが優勝戦へ駒を進めることができる。良走路の初日は、最高ハン最アウトの8号車が安定した走りを見せ、全12Rのうち10Rで車券に貢献した。しかし、明日以降は天気が下り坂。当然ながら不安定走路を得意とする選手が台頭してくる。12日(木)の天候は飯塚「雨のち曇り 60% 22℃」5R 準決勝戦△ ① 伊藤 弘幸  0  ② 田島  [続きを読む]
  • 2017年9月21日(木) 飯塚オートレース 予想
  • 21日(木)の天候は飯塚「曇り 10% 29℃」9R 特別一般戦  ①淺田 真吾◎ ②谷津 圭治○ ③森  且行  ④齋藤 撤二  ⑤佐々木 啓▲ ⑥笠木 美孝  ⑦岡部  聡△ ⑧西原 智昭【二連単】 2−3  2−6  2−8【三連単】 2−3−68  2−6−38【穴車券】 6−2  6−3  6−810R 選抜戦  ①五所  淳◎ ②加賀谷建明  ③丹村 飛竜  ④桝? 陽介  ⑤内山 高秀○ ⑥ [続きを読む]
  • 2017年9月20日(水) 飯塚オートレース 予想
  • 20日(水)の天候は飯塚「曇り 20% 26℃」9R 準決勝戦(枠番選択)  ①谷津 圭治  13位▲ ②岩見 貴史   5位◎ ③中村 雅人  12位  ④吉原 恭佑   4位  ⑤齋藤 撤二  20位○ ⑥永井 大介  21位  ⑦新井 惠匠  28位△ ⑧篠原  睦  29位【二連単】 3−6  6−3【三連単】 3−6−28  6−3−28【穴車券】 3−28−6  6−28−310R 準決勝戦( [続きを読む]
  • 2017年9月19日(火) 飯塚オートレース 予想
  • 19日(火)の天候は飯塚「晴れ時々曇り  0% 30℃」9R 二次予選◎ ⑧浦田 信輔○ ⑦早川清太郎▲ ⑤池田 政和△ ②遠藤  誠初日の湿走路を2着で乗り切った⑧浦田。順延となった2日目は、限りなく良に近いブチ走路まで回復したが、機力変調により見せ場なく4着。どこまで立て直すことができるか疑問だが、Sは切れているだけにこのメンバー相手ならば連軸視。対抗は⑦早川。派手さはないが、複勝率が物語っているよ [続きを読む]
  • 2017年9月18日(月) 飯塚オートレース 予想
  • 16日(土)から飯塚で開幕した特別GⅠプレミアムカップ。雨が降りしきる中、初日の競走を終え、2日目は台風の影響により中止順延。ファンはもちろん、選手、関係者あってのオートレース。「人の安全が第一」であり、土曜日の時点で中止を決断したことは賢明である。今節は過去にない番組編成方法を取り入れており、いわば自動番組編成。初日がランク1位から96位までの振り分け。2日目が初日の着順を基に振り分け。3日目は2日間 [続きを読む]
  • 2017年8月15日(火) 伊勢崎オートレース 予想
  • 伊勢崎ナイターで開催されているSGオートレースグランプリ最終日。一時期の絶不調から脱出し、かつての強さが戻ってきた永井大介は準決一番時計でバイオリズムはメンバー中最上位。一方、SG5連覇&SGグランドスラムが懸かる鈴木圭一郎は初日から整備の答えが出ずに調整に苦しんだが、何とか優勝戦にまでは漕ぎつけた。見応えある優勝戦になりそうだが、最終日は無情にも雨予報。降る時間帯や降水量にもよるが、湿走路なら地 [続きを読む]
  • 2017年8月8日(火) 飯塚オートレース 予想
  • 11日(金)からのSGオートレースグランプリを目前にして、S級不在の4日間開催が飯塚にて開幕した。今節の注目は何と言っても33期新人選手の初陣である。中でも中村杏亮は、選手養成所の最優秀選手に輝いており、高い注目を集めていたが、その中村をはじめ本日デビューを果たした6選手のうち、誰一人として白星を挙げることはできず、勝負の世界の厳しさを痛感する結果となった。しかし、先日のダイヤモンドレース開催中でもそう [続きを読む]
  • オートレーサー33期生
  • 先日の伊勢崎・浜松開催からオートレース33期生がデビューを果たした。今後、明日19日(水)から山陽、22日(土)には川口、そして来月7日(月)に飯塚と順次お披露目となる。今回の新人選手は31期や32期と違い、青山周平や鈴木圭一郎などの即戦力スーパールーキーは不在。それが良い悪いではなく、一走するごとに成長していく姿を見守っていきたい。ここでは、全場33期生の検定タイムと指導員をまとめてみた。【伊勢崎】伊藤 正真  3 [続きを読む]
  • オッズパークプレミアムパーティ2017 in 福岡 〜その2〜
  • オッズパークプレミアムパーティへの参加を決意してから約3週間。ついにその日はやってきた。私の地元から車で1時間半をかけ、会場となるホテルオークラ福岡へ。受付を済ませて会場に入ると、ステージがあり、それと向かい合わせるように招待者用の椅子が並べてあった。ちなみに全席自由。程なくして開宴時間となり、司会進行を務める3名の方々が登場。左から、橋本悠督さん(小倉競輪実況アナ)AKIちゃん(飯塚オート3代目 [続きを読む]
  • 2017年6月30日(金) 飯塚オートレース 予想
  • 日本列島は梅雨シーズン真っ只中。「雨は堅い」と言われて久しいオート業界だがとんでもない驚愕配当が飛び出すときも、この雨の日だったりする。その理由は、雨の降り方が弱かったり、強風が吹いていたり、走路温度が高かったりする場合試走と本走で走路状況が大きく異なり、思わぬ選手が車券に絡むから。直近の山陽3日間開催の最終日、1Rの宮地朗がまさにソレである。さて、わずか1日の非開催を経て、明日から迎えるは飯塚オ [続きを読む]
  • 2017年6月18日(日) 川口オートレース 予想
  • GⅡ川口記念はこのあと優勝戦を迎える。夕方から降り出した雨の影響で現在は湿走路。ナイター開催で日が暮れ気温も下がっているだけに、乾くことはないだろう。12R 優勝戦 4,100m(8周)△ ① 影山  伸  0  ② 益  春菜  0  ③ 渡邉  篤  10  ④ 佐藤 裕二  10▲ ⑤ 佐藤 貴也  10  ⑥ 早川清太郎  10◎ ⑦ 永井 大介  10○ ⑧ 鈴木圭一郎  10S順 ② ① ③ ⑤ ⑦ ⑧ ④ ⑥本命は、先日1000 [続きを読む]
  • 2017年5月20日(土) 浜松オートレース 予想
  • 浜松でのGⅠゴールデンレースも3日目までが終了。ここまで、無傷の3連勝を飾っているのが、地元新エースの鈴木圭一郎と飯塚の浦田信輔の2名。また、オール2連対の永井大介がそれに続く形となっている。この永井。連日S速攻が見事に決まり、安定した成績が続いているが、元来は浜松走路を苦手としており、一気にメンバーが濃くなる準決勝戦以降は過信禁物だ。19日(土)の天候は浜松「晴れ 10% 27℃」9R 準決勝戦◎ ⑦ [続きを読む]
  • 2017年5月3日(水) 川口オートレース 予想
  • SGオールスターオートレースもいよいよ最終日。今節は、最重ハンの選手が滑りに手を焼くシーンが多く見られたが、ハンデ短縮の影響もあって、ベスト8にはおおよそいつものメンバーが顔を揃えた。優勝戦は枠番選択だが、V最右翼で1番権利の鈴木圭一郎がなんと8号車をチョイス。本人なりに勝算があってのことだろうが、やはり規格外の新人はやることも大胆だ。すんなり優勝すれば「さすが」と、もしも敗れてしまえば「なぜ内枠 [続きを読む]
  • 2017年4月22日(土) 山陽オートレース 予想
  • 平成29年度最初のGⅠレースは山陽の名物平成チャンピオンカップ。今節は春の陽気に誘われて走路温度が上昇し軽ハンが大威張り。特に2号車の出目が際立っている。22日は準決勝戦が行われるが、吉田幸司、小林瑞季、辰巳裕樹、押田和也、小里健太の5名がハンデ重化。準決勝戦はすべて0、10mの短ハンデ戦となっており、この3日間とは違うレース展開になりそうだ。22日(土)の天候は山陽「曇りのち晴れ  0% 22℃」9R 準決 [続きを読む]
  • 2017年4月17日(月) 浜松オートレース 予想
  • 新年度に突入し、早や2週間が経過。ここ筑豊では桜も散り、昼間の気温もグンと上昇して、新緑が映えている。これからは重ハン勢が苦しむ季節の到来。思いきって軽ハン軸の穴を狙っていきたい。この4月からは浜松の鈴木圭一郎がS級1位で、ナンバー1勝負服を身にまとってレースに臨んでいる。初日から他車を突き放す圧勝で、その勝負服に恥じぬ走りを魅せている。また、年末のSSトライアルで落車し、骨折療養中だった中村雅人 [続きを読む]
  • 2017年3月26日(日) 伊勢崎オートレース 予想
  • 2014年の3月からこのブログをはじめ、今月で丸3年。毎日みなさんに閲覧していただき、ついに1万回を突破できた。ただただ感謝するのみです。これからも出来る限り更新していきたいと思っていますので、どうぞ温かく見守ってやってください。26日(日)の天候は伊勢崎「雨 80%  7℃」飯塚「曇り 20% 15℃」9R 特別一般戦(伊勢崎)◎ ⑧竹本  修○ ⑥中野 政則▲ ③下平 佳輝△ ⑤松井 大和【二連単】 8−6 [続きを読む]
  • 2017年3月19日(日) 山陽オートレース 予想
  • 1月12日のお正月開催以来、2か月ぶりの山陽開催は特別GⅠプレミアムカップ。最近のオート業界では、グレードレースの最終日を日曜日もしくは祝日にすることが多くなっているが、今回は平日の水曜日。昔はSGでもこうだった。さて、注目の初日は主役どころがきっちりと活躍し、堅い決着が目立った。また、競輪とは違いオートレースではなかなかお目にかかれない同着が発生。しかも1日に2回というから珍しい。12Rの1・2着は [続きを読む]
  • 2017年3月12日(日) 川口オートレース 予想
  • GI開設65周年記念グランプリレースもいよいよ最終日。前回覇者の鈴木圭一郎が初日から大暴れで完全Vに王手をかけた。3日目までの様子を見る限りライバル不在の様相であったが、ここにきて永井大介が機首を持ち上げてきた。銘柄級ではもう一人、木村武之も優勝戦の切符を何とかゲット。しかし、大幅な機力上昇がない限り、優勝争いを演じることは厳しいだろう。12日(日)の天候は川口「晴れのち曇り 10% 12℃」9R 特別一 [続きを読む]
  • 2017年3月6日(月) 浜松オートレース 予想
  • 最近はめっぽう忙しく、週末も慌ただしい日が続いていたが、本日は久方ぶりの休日らしい休日。午前中は愛車のスタッドレスタイヤをノーマルタイヤへ交換。そして午後からは飯塚本場参戦。場内は、通常開催にも関わらず活気づいており、ホッと一安心。しかし安心したのも束の間、車券が見事に空振りの連続。特に最後の3レース。10Rは8−1−4で勝負するも西村義正の超激走に唖然。あそこまで頑張るとは…。11Rは荒尾聡をまった [続きを読む]
  • 2017年2月20日(月) 飯塚オートレース 予想
  • この週末は、久しぶりの2場開催だった。本日最終日を迎えた川口では、地元の大将若井友和が優勝。ハンデ位置は決して楽ではなかったが、渾身のSから好位につけ、さらには1周目3コーナーで決死の切り込み、あとは試走3.25の機力を生かして後続を振り切った。2着の田村治郎や3着の浦田信輔もあのレースぶりならば次節以降が楽しみだ。さて、飯塚では佳境の準決勝戦を迎える。今節の主役は何と言っても青山周平だが、昨年末の落 [続きを読む]
  • 2017年2月12日(日) 浜松オートレース 予想
  • 伊勢崎のシルクカップに次ぐ今年二個目のGⅠ戦、スピード王決定戦が浜松で開催されている。前回大会優勝の金子大輔が公傷により欠場。近況目覚ましい活躍を続ける鈴木圭一郎に加えて木村武之、伊藤信夫、佐藤貴也らに地元の期待がかかっていたが全員優出漏れ。3日目に自落し戦線離脱した青山周平を筆頭に、名立たる強者達も優出を逃しており、優勝戦は大混戦ムードが漂っている。12日(日)の天候は浜松「晴れ時々曇り 10%  9 [続きを読む]